京太郎「もう麻雀部にいても俺の存在意義は無いよな……」

京太郎「なんだかんだで和目当てで入っただけだし、ここらが辞め時かな」



京太郎「ちわーっす」ガチャ

咲「あっ、京ちゃん」

優希「おおー犬!ちゃんと今日は来たな、えらいじょ!」

京太郎「ちゃんと毎日来てるだろ……」

久「こんにちは須賀君」

京太郎「あ…どうも……部長」

久「来てもらって早速で悪いけど、あなたに買い出し頼んでもらっていいかしら?」

久「えっとねぇ……今日はクリーナーと何か甘い物を」

京太郎「無理ですよ部長。今日は無理なんです」

久「無理?えー、どうして?ひょっとして今日は体調が悪かったりする?」

京太郎「俺、今日限りで麻雀部辞めるんで」

久「ほうほう、麻雀部を辞めると……それはそれは」

咲 久 優希「!?」

京太郎「これ、退部届です」スッ

京太郎「ハンドボールで全国を目指すからです」

久「ハンド……ボール?」

まこ「はて?なんで急にハンドボールなんぞに目覚めたんじゃ」

咲「……京ちゃんはこう見えて、中学の時ハンドボールで県大会決勝まで行ってるんです」

まこ「ほぉ!それはすごいの」

優希「初耳だじぇ」

和「わ、私もです」

京太郎「はは……一応、清澄に入る前に色んな所からスカウトは来てたんだ。全部断ったけど」

久「どうして?清澄に来たってハンドボールなんて有名じゃないのに」

京太郎「それは、やっぱり咲をほっとけなくて…」チラッ

咲「えぇっ?!わ、私?」

京太郎「でも、もう俺が居なくても大丈夫そうだし、俺もあいつみたいに自分に合った人生を歩もうかなって思って」

京太郎「だから麻雀は今日で終わりにします」

咲「京ちゃん……」

京太郎「部長。退部届受け取ってくれますよね?」

久「………」

久「あなたの人生よ、好きにしなさい」

京太郎「ありがとうございます……お世話になりました」

咲「ぶ、部長!」

優希「どうして引き止めないじょ!?」

久「私には須賀くんを引き止める権利なんてない」

久「それに、本人もそれは望んでないみたいだし」

和「……あの、須賀くん」

京太郎「和にも色々世話になったな。麻雀教えてくれてありがとな」

和「いえそれはいいんですが…本当に辞めてしまうんですか?麻雀部」

京太郎「ああ」

和「私が入って、優希も入って、それからあなたが入って……ずっと盛り立ててきた麻雀部を」

京太郎「そうだよ」

和「……分かりました。なら、もう私は何も言いません」

優希「わ、私は絶対認めないじょ犬!飼い主を捨てて遠くへ行くなんて許さないからな!」

久「遠くって大袈裟ね優希は。清澄にいるんだからいつでも会えるでしょ?ねぇ、須賀くん」

京太郎「………」

久「……まさかあなた」

京太郎「実は」

京太郎「体育推薦転入で白糸台へ行くことになってます」

優希「ぎゃぽ!?」

咲「そんな……嘘でしょ?だって、そんなこと昨日まで一言も!」

京太郎「ウソじゃない。もう手続きも全て済ませて、東京に行く準備も済ませてある」

まこ「ちゅーことはずいぶん前から麻雀部だけじゃなく清澄も辞める気やったってことじゃな」

久「……私が麻雀部を辞めるのダメって言ってたらどうしたのかしらね?」

優希「ふざけるな!!そんな話聞いてないぞ!」ガシッ

京太郎「うわっ!」

優希「京太郎は清澄だじぇ!白糸台なんかに行かせたりしないじょ!」

京太郎「お、おい!足に引っ付くなって!靴とかの汚れがついちまうぞ」

優希「首を縦に振るまで離れないからなー!」ギュウウ

まこ「まるで駄々っ子じゃの」

和「ゆーき……」

京太郎「……困ったな」

咲「……」

京太郎「ああ、咲。ちょうど良かった、お前からも何か言ってやってくれ」

咲「一つさ、ルール追加してもいいかな?」

京太郎「何だよ」

咲「京ちゃん達三人は十万点持ちのスタートで私は0点からのスタートってことで」

優希「じぇ!?」

咲「それ以外はいつもと同じルールだよ」

和「さ……咲さん、いくらあならでもそれは無茶ですよ」

久「随分イカれたルールね。で、何の為にそんなルールを作ったの?」

咲「特に理由は何もありませんよ」

京太郎「清澄に留まってもらう、とか言うんじゃないだろうな?」

京太郎「そんな賭けに乗るつもりは無いぞ馬鹿馬鹿しい」

咲「もう、本当に何もないってば!」

京太郎(持ち点が0点なんて何企んでんだ咲は)

京太郎(俺だけじゃともかく優希も和もいるってのに、一回でも和了されたら終わりじゃねーか)




―――――
――――


和「………」

和(誰も振り込まない……)

優希「………」

優希(誰も和了しないじぇ……)

咲「あ、またみんな聴牌で流局だよー」

咲「これじゃ中々終われないね」ニコッ

久(驚いた…これ支配なんてそんなレベルじゃないわ……)

まこ(全員が全員聴牌するものの誰も和了できないとは。天江衣の一向聴地獄みたいじゃのう)

京太郎「咲……そろそろ」

咲「え?」

京太郎「もう俺の負けでいいからさ、やめにしないか?」

咲「何言ってるの京ちゃん」

咲「この一局が終わるまでは清澄に居てくれる約束だよね?」

京太郎「そ、そうだけどさ……」

咲「ならこの一局が永遠に続けばずっと清澄に居られるよね」

京太郎(い……いや流石に冗談だろ……冗談だよな?)

京太郎(しかし、俺はいいとしても……)

和「………」フー

優希「うう…頭がクラクラしてきたじぇ」

京太郎「咲、二人とももう限界だ。やめよう」

咲「ダメだよ。そしたら京ちゃんがいなくなっちゃう」

京太郎「そんなこと言ってる場合かよ!」

京太郎「和も優希もお前の大事な友達だろ!」

咲「早く終わらせたいんだったら和了すればいいじゃん」

京太郎「お前……」

京太郎「本当に咲か?」

咲「あはは、何言ってるの」

咲「私は京ちゃんがよく知ってる、読書が趣味の地味でドジな宮永咲だよ」

京太郎「っ」ゾクッ

京太郎(咲は……こんな奴じゃ無かった)

京太郎(ドジで地味だけど、一緒に居るとすげー安心できる女子だったけど……いまはただただ怖い)

咲「あ、また聴牌で流局だよー!」

京太郎(……いや、咲を麻雀部に連れてきたのは俺だ)

京太郎(くだらない理由で連れてきて咲を変えてしまったのは俺のせいじゃないか)


咲「本当に………麻雀って楽しいよね!」




カン