京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「いつの間にかいなくなってました、なんてシャレにならねぇし……なんとか目立たないと」

京太郎「そうと決まったら早速行動開始だ」

京太郎「孕ませレイプとかいいかもな……へへ」

京太郎「どうせ消えゆく身だ、なら今のうちに好き勝手なことしてから消えようじゃねーか」

京太郎「っと、する人物決めてなかったな」

京太郎「誰にしようか悩むなー…人数が多すぎるし」

京太郎「すいません、一つお尋ねしたいのですが」トントン

菫「ん?」

京太郎「白糸台麻雀部部長の弘世菫さんですよね?」

菫「誰だ君は?どうして私の名前を知っている?」

菫「……おや?確か君は清澄の……すまない、名前は何て言ったかな?」

京太郎「須賀です。須賀京太郎です」

菫「ああ、確かそんな名前だったな。今度は覚えておこう」

菫「それで私に何か用事か?」

京太郎「はい、あのですね」

菫「何だ?」

京太郎「突然だがレイプさせてもらうぜ!」ガバッ

菫「!?」

京太郎「おお、すっげーいい匂い!」クンカクンカ

菫「貴様……これは何のつもりだ!?」

京太郎「髪の毛サラサラですねー」ハミハミ

菫「離せっ!」ブンッ

京太郎「おっと」パシッ

菫「っ!?」

京太郎「女性の方は普通平手ですよ?今グーで殴ろうとしましたよね?」

菫「あまり……見くびるなよ小僧が!」ブンッ

京太郎「うおっ!」ヒョイ

京太郎「今度は蹴りですか。まるで猛獣みたいな人ですね」

菫「もう一度だけ言う。私を離せ!」

京太郎「いや、それは孕ませ後で離すんで」

菫「なっ……」

京太郎「ちょっと大人しくしててください」バキッ

菫「ぎゃっ!」

菫「げほっ、げほっ!……お前!」ギロッ

京太郎「いいからとっと脱ぐんだよ!ほら!」ビリビリッ

菫「うわああっ!」

京太郎「おお、なんて透き通るような真っ白な肌なんだ……!」

京太郎「これは舐めなきゃ罰が当たるってもんだ」ペロペロ

菫(うぇぇ、気持ち悪い!)

菫(どうしてこんな奴なんかに……)

京太郎「とまぁ、前戯はここまでにして一発やっちまっていいですよね?」

菫「お、おい待て……!やるって……何をだ!?」

京太郎「決まってるでしょう?ナニですよ」ボロン

菫「ひっ!そんなもの近づけるな!」

京太郎「それじゃ行きますね」

菫「やめろ……やめろおおおおおおっ!!」


――
――――


京太郎「くっ……!また出しますよ菫さん!」

菫「………」ブツブツ

京太郎「うおっ!」ドビュル

京太郎「……おおおおおっ!搾り取られるー」

菫「………」ブツブツ

京太郎「菫さん何か反応してくださいよ、面白くないじゃないですか」

菫「…ろす……殺す……殺す」

京太郎「何か怖いこと呟いてるな」

京太郎「そんな人には、こうだ!」グリン

菫「ひぎぃっ!」

京太郎「なんだちゃんと反応できるじゃないですか」

菫「あっ…あっ……うあああ」ジョロロ

京太郎「ははははっ、あの白糸台の部長ともあろう人が漏らしてるぜ」

菫「もうやめて……やめて………くれ」ポロポロ

京太郎(まぁ、流石に何回か中に出したし孕んだだろ)

京太郎(この辺で勘弁してやるか)


菫「………」ブツブツ

菫「………………ははは!」

菫「ははは……!あーっははははははは!!」

菫「あはははははははははははははははははは!!」



京太郎(うわ……股から精液出しながら白目向いてるし)

京太郎(ありゃイっちゃってるな)

京太郎(今のうちに他のトコへ急ぐか)イソイソ














ピンポーン


咲「はーい!どなたですかー!?」ガチャ

咲「……ってなんだー、京ちゃんか」

京太郎「なんだは無いだろ、なんだは」

咲「えへへ…そうだね、ごめん。それで今日はどうしたの?」

京太郎「いやー、用事っていう用事は無いんだけどさ」

咲「なにそれ。用事もないのに来たの?」

京太郎(うーん、何て言おうかな)

京太郎「好きだよ、咲」ボソッ

咲「……えっ?」

京太郎「聞こえなかったか?じゃあもう一回言うからな」

京太郎「この俺、須賀京太郎は」

京太郎「宮永咲を世界で一番愛しています」

咲「えっ?ぇっ?えええっ?」

咲「ええええええー/////!?」ボン

京太郎「よかったら、返事を聞かせてもらえないだろうか?」

咲「ちょ、ちょっと待ってよ!突然にもほどがあるってば!」

京太郎「咲!」

咲「は、はいっ!」

京太郎「頼む、返事を聞かせてくれ」

咲(うう……そんな真剣な眼で見られると逃げ場ないじゃん)

咲「ごめん、私まだ分かんないよ……そんなの」

京太郎「……そっか」

咲「あ、でも勘違いしないでね!?私は別に京ちゃんのこと嫌いとかそんなんじゃ!」

京太郎「咲」ポンッ

咲「わふっ!」

京太郎「ありがとな、正直に伝えてくれて」ナデナデ

咲「京ちゃん……」

京太郎「今言ったことは忘れてくれ。そんで、また明日からいつも通りだ」

咲「………」

京太郎「時間取らせて悪かったな」

京太郎「じゃ、またな」

咲「あっ………うん。またね」

咲(なにこれ!?こんなシチュエーション小説の中だけじゃなかったの!?)ドキドキ




京太郎「振られちまったか」

京太郎「ま、まぁ次があるよな」

京太郎「やって来ました北海道」

京太郎「野も気温低い方だけど、やっぱ北海道は別格に寒いな」ズズッ

京太郎「ここで何をしようかな」

京太郎「ナンパでもするか」

京太郎「ここならいくらナンパしても俺の顔知ってる奴なんて出てこないだろうし」

京太郎「あわよくばムフフなことも……!」

京太郎「……おっ、早速女子校生の集団を発見」

京太郎「どの子に声をかけようかな」

京太郎「ねぇ、そこのキタローヘアーがお似合いのキミ」

成香「………?」

京太郎「キミだよキミ」

成香「えと、私でしょうか?」

京太郎「そうそう。つい可愛かったから声かけちゃった」

成香「はぁ」

京太郎(反応イマイチだな)

京太郎「ねぇ、よかったら今から俺とお茶でもどうかな?」キラーン

成香「お茶……ですか?」

京太郎「うん。君の事たくさん知りたいな」

成香「お断りします」

京太郎「ええー、どうして!?」

成香「知らない人についていくなと先輩方に言われていますので」

京太郎「いいじゃねーかちょっとぐらい、なぁ?」

成香「本当にすいません……お断りさせていただきます」

京太郎「ちぇっ」

京太郎(小動物みたいな顔してるくせにしっかりしてるな)

京太郎(仕方ねーな。んじゃ、別の奴狙うか)

京太郎「なぁ、そこのお姉さんはどうだ?」

揺杏「え?今度は私?」

京太郎「うん。よかったら俺とお茶でもどう?」

揺杏「何て言うか、節操ないねーアンタ」

揺杏「……まぁ、私は別にいいけどさ」

京太郎「本当に!?よっしゃー!」

爽「おーい、揺杏。お前何言ってんだー?」

由暉子「やめといた方がいいと思いますけど……」

揺杏「え?だってナンパとか初めてだしさ、面白そうじゃん」

誓子「そういう問題じゃないと思うけど」

揺杏「だーいじょうぶだって、ちょっとお茶飲むだけでしょ?」

京太郎「おう」

揺杏「ほら?あー言ってるんだしさ、心配しないで先に学校行っててよ」

爽「……そこまで言うなら止めないけど、後でちゃんと連絡しろよ?」

揺杏「じゃ、どっかの茶店に入ろっか」

京太郎「うーん」

揺杏「どした?行かないの?」

京太郎「……やっぱりさ。お茶じゃなくて別のにしていいか?」

揺杏「え?いいけど、別のって何?」

京太郎「ほら、ここだ」

揺杏「ほー…ーこんな所に温泉リゾートなんてあったんだ」

揺杏「ずっとこっち暮らしてたけど知らなかったよ」

京太郎(そりゃ実はラブホだからな。女子校生には縁が無いだろ)

京太郎「ここで足湯にでもつかって、ゆっくりしていこうぜ」

揺杏「いいね足湯、さんせー」


―――――


揺杏「はぁぁぁぁ、気持ちいいなー」

京太郎「ドクターフィッシュとかも居るから美容にも聞くらしいしな」

揺杏「マジかーちょっとは肌綺麗になるかなー?」

京太郎(へへ、すっかり油断しきってるな)

京太郎(ここで俺がするべき行動は一つ……)

揺杏「送ってくれてありがとね。完璧なデートだったよ」

京太郎「ああ、喜んでもらえてなによりだ」

揺杏「あれだけエスコートできるなら、ナンパとかしなくてもモテるだろ?」

京太郎「ほっとけよ」

京太郎「それより早く部室行ってやれ。みんな心配してるんだろ?」

揺杏「うん。それじゃ、またね……金髪の兄さん」

京太郎「おう、達者でな」



揺杏「ただいまー」

誓子「揺杏!!」ガシッ

揺杏「えっ、ちょっ、なにさ?」

誓子「何も変な事されなかった!?」

揺杏「いやー別に何も。むしろ楽しかったし」

由暉子「……口封じされてるとかじゃなくて本当にですか?」

揺杏「いやいや、お前らドラマの見すぎだって」

爽「それならいいんだけどさー。ま、無事に帰ってきてくれて良かったよ」

揺杏「……あっ!?しくじった!」

成香「どうかしましたか?」

揺杏「やっべ、名前!」

揺杏「名前聞くの忘れてた!」

京太郎「まぁ、それにしてもだ……」

京太郎「レイプに告白にナンパと結構好き勝手やってしまったけど大丈夫かな……俺消されたりしねーかな」

京太郎「……いや弱気になったらダメだ」

京太郎「今日も一日、頑張るぞ!」










ピンポーン


京太郎「っと、誰だろ?」

京太郎「はーい!今でまーす!」タッタッ

京太郎「お待たせしました、どちらさまでー?」ガチャ

菫「こんにちはだ、須賀京太郎」

京太郎「………」

京太郎「うわあああああ!!ひ、ひ、ひっ……弘世菫!?」

菫「久しぶりだな」

京太郎(何で!?どうしてコイツが俺の家知ってるんだ!)

京太郎(この前の復讐でもしに来たのか?!いや、ていうかそれ以外無いだろ)

京太郎(とっ……とりあえず逃げ……!)ダッ

菫「おい、待て!」ガシッ

京太郎「すいませんでした!!許してくださいどうか殺さないでください!!!!」

菫「あの日以来なぁ……キミのせいで身体の疼きが止まらないんだよな」

京太郎「すいませんすいませんすいま………へっ?」

菫「この責任、どうとってくれるつもりだ?」

京太郎「……」

菫「なっ!?」

京太郎(そもそもレイプされ男の家に訪ねてくるかよ普通……)

京太郎「身体が疼いてるんだったら一人で家で自分を慰めればいいじゃないですか」

菫「誰のせいだと思ってる!?キミが私をこんな風にしたんじゃないか!」

京太郎「俺はあなたをレイプしただけであって調教とかは別にしてません」

京太郎「つまりあなたの疼きを収める義務は俺には無い」

菫「そんな……!頼む、あれ以来身体が疼いて仕方がないんだ!」

京太郎「それならそこら辺のおじさん捕まえてヤらせてあげればいいじゃないですか」

菫「キミじゃなければダメなんだ!!」

京太郎(面倒くさい人だな)

京太郎「とりあえず、もう俺には関わらないでください。それじゃ」キィィ

菫「あっ!待って……待ってくれ!」


バタン!!


京太郎「チェーンと二重ロックもつけて、と」ガチャン

京太郎「……ああ、怖かった!」

京太郎「普通はレイプした奴にもう一度犯してくれとか来ないだろ!」

京太郎「とにかく、これからは夜道に注意しないと……」

京太郎「次は何をしようかな」

京太郎「長野にいたら弘世さんが怖いから大阪に来たぞ」

京太郎「それにしても流石に大阪は人がたくさんいるな。長野とは大違いだぜ」

京太郎「さーて、可愛い子はどこかに居ないかなっと」キョロキョロ

ドンッ

京太郎「いって!」

怜「……」

京太郎「えっ」

京太郎(な、なんだ?急に女の子が寄りかかってきたぞ)

京太郎「あの……どうかしましたか?」

怜「……」

京太郎「返事が無いな」

京太郎「まさか死んでるんじゃないだろうな」ペチペチ

怜「勝手に殺すなや」

京太郎「うおっ!」

怜「すまんなぁ兄ちゃん。急に意識無くなってそのまま倒れこんでもうたわ」

怜「ご迷惑おかけしてしもたけど……堪忍してくれへんか?」

京太郎「ああ、それは別にいいですけど」

怜「おおきに。じゃあ、私はこれで」フラフラ

京太郎「いやフラフラじゃないですか!」ガシッ

怜「ええんや、こんなのいつものことや」

京太郎「肩貸しますよ。捕まってください」

怜「それは兄ちゃんに悪いわ……気持ちだけ受け取らせてもらうで」

京太郎「いいからいいから」スッ

怜「あっ……」

京太郎「ね?こうした方が楽でしょう?」

怜「せやなぁ……えらい楽でええわ」

京太郎「少しでも負担が軽減できるなら幸いです」

怜「ホンマええ兄ちゃんやなぁ、涙でてくるわ」

京太郎「はは。困ってる人が居たら見過ごせない性質なんで」

怜「じゃあ、目的地まで少しだけ世話になるな」


――――――
――――


ピロリロリン♪


竜華「なんやろ……怜からメールて珍しいな」

竜華「………!?」

竜華「この女は預かった、返してほしければ指定された場所まで来い……」

竜華「あかん、怜が!怜が危ない!!」


―――――
――――――――


竜華「怜!!」ダッ

京太郎「こんにちは、初めまして。清水谷竜華さん」

竜華「っ!あんたが怜を攫ったんか!?」

京太郎「はい」

竜華「怜はどこや!?今すぐ怜を返さへんとしばくで!!」

京太郎「心配しなくても園城寺さんは無事ですよ」

京太郎「ただし……」

竜華「ただし、なんや?!」

京太郎「園城寺さんを無事に返して欲しければ……」

京太郎「分かってますよね?」ジロジロ

竜華「!」

竜華(嫌な目つきや……完全にうちの体をジロジロ見るおっさんと一緒の目や)

セーラ「竜華、警察呼んできたで!」

竜華「セーラ!ようやった!」

ファンファンファン

京太郎「警察!?お前、園城寺さんがどうなってもいいのかよ?!」

竜華「アホか!怜が大事やけ来たんやないかい」

竜華「もうあんたに逃げ場はないで。さっさと怜を帰し!!」

京太郎(くそ……こんなことなら警察呼ぶなら殺すとでも付け加えてりゃ……!)

京太郎(けど今はそんなことより逃げるとのが先だ)

京太郎「捕まってたまるかよ!」ダッ

竜華「あっ、待ちや!逃がさへんで!セーラ手伝ってや!」

セーラ「おう!任しとき!」

京太郎「はぁっ……はぁっ……」タッタッ

京太郎「……ははははは!逃げきってやったぞ!」

京太郎「あんなポリ公なんかに捕まってたまるかってんだ!」

京太郎「けど、大阪にいたんじゃまたいつ見つかるか分かんねーし、さっさと出た方がいいな」

京太郎「東京まで来れば流石に大丈夫だろ」

京太郎「来たのはいいけど、何をするかが問題なんだけどな」

京太郎「それにしても風すっげーなここ。都心なのにこんなに吹いてんのかよ」ブルッ


~~~~♪


京太郎「?」


~~♪~~~♪


京太郎(歌声?どっから……)

京太郎(……ひょっとしてあれか?)


明華「A A A A~♪」

明華「O O O O O O~♪」

明華「AAAFFF~♪」

京太郎(何語?さっきから風起こしてるのもあいつなのか?)

明華「AAAAA~♪」

京太郎(まぁ、それはともかく……よく見ると可愛いな。ヨーロッパ系か?)

京太郎(ちょっとお近づきになってみよかなーっと)タッタッ


京太郎「あのー、すいません」

明華「LLLLL……?……?」

京太郎「あっ、その、えっと」

京太郎(やべ、よく考えると俺日本語しか話せねーよ)

京太郎(英語ですらさっぱりなのに……こういう時は何ていうんだ?)

京太郎(レッツレイプオーケー?それともファックオーケー?)

明華「はい、何でしょうか?」

京太郎「って……日本語話せるのかよ!」

明華「ええ、簡単な会話ぐらいならお話しできますよ」

明華「それでどうかしましたか?」

京太郎(なんだよ、それなら話は早いじゃねーか)

京太郎「一発ヤらせろ!!」

智葉「ほう」ガッ

京太郎「いでっ!?」

智葉「ウチのモンに向かって大層なこと言ってくれるじゃないか」ギリギリ

京太郎「いででででで!!」

京太郎(なんだなんだ!?いきなり出てきてなんだこのごくせんは!?)

智葉「大丈夫か明華?」

明華「え、ええ。私は何も」

智葉「じゃあ問題はこの馬鹿の始末か」ギロ

京太郎(怖っ……!)

智葉「強姦未遂は犯罪だ。それなりの覚悟をしておくんだな」

京太郎(くっそ!また失敗かよ……けど)

京太郎(まだ捕まるわけにはいかねぇんだよ!)

明華「サトハさん、許してあげてもいいんじゃないですか?」

京太郎「へ?」

智葉「おい……馬鹿な事を言うな」

智葉「けじめはちゃんと取らせろ。さもないとまた同じことをするぞコイツは」

明華「いえいえ、そんなことはありませんよ」

明華「ね?」

京太郎「お、おう……」

明華「もうこんなことしないって約束できますか?」

京太郎「ああ。するする」

明華「私との約束ですよ?」

京太郎「ああ、約束だ」

明華「成立ですね」ニコッ

明華「彼を離してあげてください。サトハさん」

智葉「……はぁ、本当にお人好しだなお前は」

智葉「行け。二度と私たちの前に姿を見せるな」パッ

京太郎「はーい」

京太郎(なんだか知らねーがついてるぜ!)

京太郎(外人さんよ一つ教えといてやる)

京太郎(約束は破るためにあるんだよ……次会った時が楽しみだ)

京太郎「結婚するのじゃダメですか?」

菫「……すまない、もう一度言ってくれ」

京太郎「いや、今どう責任取るつもりだって言ったから……」

京太郎「それなら結婚して責任を取ろうと思いまして」

菫「……」

京太郎「弘世さん?」

菫「その、なんだ?キミは結婚するということがどれだけ大変かを分かって言ってるのか?」

京太郎「えっ?」

菫「須賀君のご両親と私の両親双方が学生結婚を認めるとは思えないし学校のこともある」

菫「お金だって莫大に必要だ。簡単にできるとじゃないし、第一にキミはまだ十六だろう?」

菫「だが結婚することに関しては異論は無いぞ」ボソッ

京太郎「は、はぁ……意外にリアリストなんですね」

京太郎(何だかすごい冷静に反論されたな。さっきまで身体が疼いてどうこう言ってたのに)

京太郎(でも確かに弘世さんの言う事も一里ある。俺には結婚できる金も無いし年も若い)

京太郎(こうなったら……)

京太郎「逃げましょう」

菫「はっ?」

京太郎「俺と菫さんで、遠くの地へ行って、そこで二人で式を挙げましょう」

京太郎「それなら両親の承諾は必要無いし世間体も気にする必要も無い」

菫「ちょっと待て!話が飛躍しすぎだ、そんなことできるわけないだろ!」

菫「すぐに私たちの捜索願も出されるだろうし、まだ親のお金で食べている身なんだぞ?資金だって……」

京太郎「何とかなりますよ、人生意外と」

京太郎「ほら行きますよ」ギュッ

菫「お、おい!」

菫「しかも何の用意も無しに行くのか!?」

京太郎「大きな荷物持ってったって邪魔になるだけですよ」


京太郎(大層な短歌を切ったのはいいものの……)

京太郎(どこに行こうかな)

京太郎「ここが福岡かー、東京や大阪までは無いにしても中々都会ですね」

菫「ああ……本当に来てしまった……」

京太郎「そんないつまでも気にしても仕方ないですって」

京太郎「もう俺達は世間から抜け出したんですから」

菫「それは分かってる。しかし、完全に受け入れるまで時間がかかりそうだ……」

菫「福岡に来たのはいいが、今から何をするんだ?」

京太郎「それは……」

京太郎「誰も来なくて、誰も居ないところに行って……家を建てましょうか」

京太郎「そこで二人でひっそり暮らしましょう」

菫「……テレビの見すぎじゃないか?」

菫「家なんてそう簡単に建てれるものじゃないだろう」

京太郎「やってみなければ分かりませんって」

京太郎「捜査網がここまで来る前に急ぎましょう」

菫「はぁ……分かったよ」


―――――
――――


菫「随分山奥まで来たな…」

京太郎「ここら辺なら良さそうですね」

菫「本当に家を建てるなのか?」

京太郎「でなけりゃこんなとこまで来ませんって」

京太郎「こんな山奥なんだから人もきやしませんよ」

菫「それは本当か?」

京太郎「へ?」

菫「……私は先ほどから見られてる気がするんだがな」クルッ

哩「っ!」ビビクン

菫「出て来い。さもなければ木ごと射抜く」

哩「………バレとったんね」スッ

京太郎「え?だ、誰だ!?」

京太郎(あと、菫さん弓なんてどこに持ってたんだ?)

菫「その制服、新道寺……」

菫「いや、顔を見れば分かる……お前は白水哩だな?」

哩「そういうあんたは弘世菫やね?白糸台の部長の」

菫「答えろ。なぜ私たちをつけてきた?」

哩「……答えな分からんか?そんなん決まっちょるやろ」

哩「制服着た二人の男女が山奥に入るとこなんか見てみんしゃい」

哩「普通はどけん見ても何かあるっち思うばい。自殺するのかと思われてもしゃーないやろ」

菫「む……」

哩「地元モンとしてはそげんなこと冗談やなかとよ」

京太郎「い、いえ、別に俺達はそういうことしようとは……」

哩「じゃあ、あんたらここで何しよったん?」

哩「わざわざこんな福岡の辺境まで来て何もないっちことはなか?」

菫「……」

京太郎「……」

菫(おい、何て言うんだ?まさか正直に言うんじゃないだろうな?)

京太郎(そんなことできませんって)

京太郎(見られてしまったからには仕方ないから……)

京太郎「ここは口封じにヤってしまいましょう」

哩「!?」

菫「………」

京太郎「不満ですか?」

菫「不満だ……が、けどこの際仕方ない、許す」

哩「なんつーこと言っとんねあんたら!?それ以上近づい」

菫「悪いな」ドシュッ

哩「がっ!」

哩(はっ……!?)

京太郎「すいませんね。見られたからには口封じさせてもらいますよ」グイッ

哩「げほっ、げほげほっ!よせ!!」

京太郎「菫さんが見てる前なんで前戯無しにいきますね」スッ

哩「ひっ……!やめ、こげんことしてどげんなるか……!!」


――――――――
―――――――


姫子「あああああああああ!!痛い痛い!!!」

煌「すばらっ!?」ビクッ

哩「ううっ……姫子……姫子ぉ……!」グスッ

哩「ごめん…ごめん……姫子!」

京太郎「何で犯されてるのに女の名前言ってるんですかね?」パンパン

菫「そいつのリザベーションとやらの所為じゃないのか?」

京太郎「リザベーション?」

菫「私が知ってるのは感覚を共有することしか知らないがな」

京太郎「へぇ、いいじゃないですか白水さん。俺もリザベーションしましょうよ」

哩「ふざけるな、誰がお前なんかと!」

菫「いいじゃないか。そうしたら口封じにもなる」

京太郎「俺達姫子さんより深い関係になったんですから、できますよね?」グリッ

哩「ひうっ!?じょ、冗談じゃなかと!絶対お前なんかと……!」

京太郎「うおっ!?」

哩「っ!?」

哩「ま、まさか……」ガクガク

京太郎(なんだこれすっげ、気持ちよさが格段に上がったぞ!)ブルッ

京太郎「てことはリザベーションクリアですね、白水さん!」

哩「あ……ああ……」

哩「うわあああああああ!!」

京太郎「で、でもこれじゃすぐに出ちまいそうですね」

京太郎「もう膣内でいいですよね?!」

哩「ダメだっ……ダメだダメだ!!」ガクガク

京太郎「じゃあ遠慮なく、出しますよ!」

京太郎「うっ!」ドビュル

哩「あっ!!あああああああああ!!」ビビクン


哩(姫子……ごめん………)

哩(コイツのリザベには勝てんやったよ……)

――――――
―――――


姫子「」ブクブク

仁美「姫子が泡拭きながら倒れるばい」パシャパシャ

煌「のんきにしてないで救急車!!」

菫「私たちがここに居ることは一切他言無用だ、いいな?」

哩「……よか」

菫「よし。約束できるなら行っていいぞ」

哩「………」トボトボ

京太郎「……」

京太郎(何だかな、人生めちゃめちゃにされて上にリザベまで強要されて)

京太郎(ちょっと可哀想だな……よし!)

京太郎「哩さん!」

哩「……?」

京太郎「一緒に暮らそうぜ」

哩「……えっ」

菫「何!?」

京太郎「どうせなら、もう一緒に暮らしましょうよ」

京太郎「俺達リザベで繋がっちゃったわけだしね?」

菫「おい、京太郎!それはいくらなんでも……!」

京太郎「いいじゃないですか菫さん。後であなたもたっぷり可愛がってあげますから」クイッ

菫「あっ……そ、そうか?それならいいんだが」

京太郎「それで、どうします?哩さん?」

哩「……」

哩「断る!!」

京太郎「ええー!?」

菫「まぁ、そうだろうな」

哩「お前のリザベーションなんかに私は負けない!」

菫(ついさっき完敗してただろうがお前)

哩「待ってろ……その内必ず見返してやるけな!」ダッ

京太郎「いつでも遊びにきてくださいね」


――――――
―――――


菫「余計な時間をとってしまったな。夕暮れも近いし、作業に入ろうか」

京太郎「そうですね、二人が住めるぐらいの家だからそんなに時間はかからないでしょうけど」

京太郎「最低でも三日はかかりそうですね」

菫「最初の内は雨風さえ凌げればそれでいい。それから改良していこう」

京太郎「はい。んじゃ、早速とりかかりましょうか」

京太郎(菫と家を建てて何年経っただろうか……)

京太郎(外界から完全に切り離された生活は最初の内はそりゃきつかった)

京太郎(けどまぁ、哩さん使ったりしたしそう不便なことは無かったけどな)

京太郎(夜の方も菫と哩さんで充実してるし……)

京太郎(今じゃ子供の数も)

娘1「父さん、今日もイノシシ狩ってきたぞ」ガチャ

京太郎「おー、またか。お前は母さんに似て弓矢が上手だな」ナデナデ

娘1「えへへ」

娘2「そげんことばっかすっけ傷ばっか作るたい。長女ならしゃきっとし」

京太郎(この博多弁話す子、俺と菫さんの子供のはずなんだけど)

京太郎(なぜか哩さんそっくりなんだよなぁ……)

娘3「姉さん、今日の夜は空いてますか?」

娘2「い、いや……空いてないけ」

娘3「ウソ。私姉さんのことならなんでも分かるもん」

京太郎(娘2にベッタリなのは娘3。この下睫毛は一体誰に似たんだ?)

京太郎(ちなみに残り二人の娘は……)

娘4「………なんですかお父さん?」

京太郎「ん?ああ、いや…なんでもないよ」

娘4「あ、そう言えば昨日も言いましたけど洗濯物は早めにだしてくださいね」

娘4「後から出されると洗うのが面倒になるんで」

京太郎(俺も菫も身長はかなり高いんだけど、随分小さい子が生まれたなぁ)

京太郎(その分おもちはとんでもないことになってるが……これは将来化けるぞ)

娘5「キョータロー!」ダキッ

京太郎「おわっ!」

娘5「アソボウ!キョータロー!」

京太郎「分かったから、頭にのらないでくれ」

京太郎(五人姉妹の末っ子の娘5……金髪なのは俺の遺伝ってことで分かるが)

京太郎(どう見ても日本人じゃないんだよなぁ、カタコトだし。どこで外人成分が混ざったんだ)

菫「ただいま、みんな」

京太郎「おかえり」

菫「すまないな。子供たちのお守大変だっただろ?

京太郎「そんなことはないさ、みんな案外しっかりしてるし」

菫「ははっ、それもそうか」

菫「……久々に家族麻雀でもするか」

娘5「ホント!?ヤロウ!」

娘3「姉さんがやるならいいよ」

京太郎「俺は抜きで」

菫「馬鹿か、まず亭主がやらなくてどうする」

京太郎「んなこと言ったって、コイツら既に俺より強いしなぁ」

京太郎「みんなお手柔らかに頼むな」

京太郎(と言った感じに美人な妻と大勢の子供に囲まれて俺は幸せだ)

京太郎(しっかし、初対面で孕ませようとした相手と結婚するとは思わなかったなぁ…)

京太郎(背景に徹してた人生だったけど、ホント何があるか分かんねーもんだ)

娘1「ロン」

娘2「ロン」

娘4「それ、ロンです」

娘3「うわ、お父さんダサい」

娘5「キョータローダサイ!」

京太郎「あっちゃ……」

娘1「父さんを射抜くのは本当に容易いな」

娘4「そんなんでよく麻雀が強いお母さんと結婚できましたね、不思議です」

菫「いや、お前たち油断するなよ」


菫「ボーっとしていると射抜くつもりが射抜かれてしまうぞ」



カンッ