番外編 血のバレンタイン 設定前の週のED後

2月13日夜

岩手 須賀家

京太郎「…なあ義姉さん達」

健夜「どうしたの京君?」

良子「どうしました京太郎?」

京太郎「なんでそんなに張り切ってチョコレートを作ってるんだ?」

健夜「それ本気で聞いてる?」

良子「京太郎は鈍いです」

京太郎「…いや、そんな怒らないてくれよ。去年とかは手作りじゃなくて市販品だったから気になって」

健夜「…京君の為だよ」

京太郎「俺の?」

良子「京太郎、今年のチョコをもらう相手をシンキングしなさい」

京太郎「義姉さん達と宮守の皆…白望から本命ぐらいかな」

健夜「…ふざけてる?」

京太郎「ふ、ふざけてないぞ!だいたい他県の人から貰えるとか考えたら自意識過剰だろ!」

良子「はぁ…京太郎、私達の予想では今年の京太郎がもらうチョコレートは30オーバーです」

京太郎「…そんなアニメみたいな展開があるわけないだろ」

健夜「あるんだよ」

京太郎「……モテモテだな、俺」

バチコーン…ハリセンで頭を叩かれて

良子「タラし過ぎです!」

京太郎「す、すいません」

健夜「それで話を戻すと…皆が手作りなのに私達だけ手作りじゃなかったら負けた気になるから」

良子「そうです。私達は京太郎の事を誰よりも愛してます。ポッと出の人達より劣る物なんて渡せません」

京太郎「えっ、あっ…その…ありがとう」真っ赤か

健夜「照れてる」

良子「照れてますね」

京太郎「うるさい!俺はもう部屋に戻るからな」

スタスタ…

健夜「怒っちゃった…私達も頑張らないとね」

良子「そうですね」

ーーーーーーー

??「オリコン一位、人気投票一位、米オリコン一位…ちゃちゃのんは頑張ってますご主人様…だから明日はちゃちゃのんのチョコレートを堪能してくださいね?」