番外編 白望のみのバレンタイン

白望「今日はバレンタイン」

京太郎「そうだな」手を握っていて

白望「…チョコレートくれないの?」

京太郎「いや、待て白望。それは俺が貰う立場じゃ…」

白望「…違う。異性が他人に好意を伝える行事」

京太郎「あぅ…いやまあ、用意はしてあるんだがな」

スッ…チョコを取り出して

白望「ありがとう」

京太郎「どういたしまして」

ビリ…チョコレートを取り出して

パク…

白望「美味しい…」

京太郎「なら良かった」

白望「…京太郎、髪にゴミついてる」

京太郎「まじか…どこだ?」髪を触って

白望「とってあげるから屈んで」

京太郎「おう、ありがとう」屈んで

白望「…うん」顔に手を添えて

チュ…

白望「チョコレート、あげたから」

カン!