一応これの続編というか番外編です



衣「お祭りだー」

京太郎「だからはしゃぐなって」

衣「きょうたろーきょうたろー色々あるぞ! どれから行こう? なあなぁ どれから行こう!?」

京太郎「だから落ち着けって、迷子になっても知らねえぞ」

衣「むむ、衣の方がお姉さんなんだから迷子になる訳ないだろう!」

京太郎「あーそうですねー ならお姉さん、もう少しおとなしくしていてくれないですか?」

衣「あ!あれ美味しそう!!」ピュー

京太郎「言ったそばから!?」

衣「きょうたろー!これ!これがいい!!」

京太郎「かき氷? 定番なのを選んだな」

衣「お祭りと言えばこれみたいだからな、周りにも食べてる人がいっぱいいる」

京太郎「そっか どれがいいんだ?」

衣「これ!」

京太郎「ん、了解 すいません、このぶどうソーダ練乳金時を一つお願いします」

「あいよ、ぶソー練金一丁」





衣「おいしい」シャクシャク

京太郎「あんまり急いで食べておなか壊すなよ」

衣「むぅ 大丈夫だ! それくらい気を付けて   …!」

京太郎「どうした?」

衣「あたまがキーンってした」

京太郎「大丈夫か?」

衣「きーんって きーん」

京太郎「あったかいものでも食べて体を温めるか」

衣「きーん?」

京太郎「焼トウモロコシでいいか?」

衣「いいぞぉ」




「マイドー」
京太郎「と、よし早く食べな」

衣「しゃぐしゃぐ」

京太郎「頭痛いの治ったか?」

衣「うん、あったかくておいしい上にあたま痛いのまで直してくれるとは、とうころもし侮りがたし」

京太郎「何言ってんだか」ハハッ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


京太郎「さて、そろそろ帰る時間だぞ」

衣「なに!? もうそんな時間なのか?」

京太郎「あぁ、最後に何か買っておきたいものあるか?」

衣「じゃあ皆のお土産を買おう!」

京太郎「ほぅ 何を買うんだ?」

衣「えっとなー」キョロキョロ

衣「!」

衣「そういえばまだわたあめ食べてなかった! これにする!!」

京太郎「えぇ~ それお前の食べたいものじゃん」

衣「そ、そういう訳じゃないぞ! きっと皆も食べたいと思うぞ!」

京太郎「はいはい で、何個買うんだ?」

衣「1人いっこでいいかな?」

京太郎「それだと多すぎる気がするな 3~4個くらいを分ければいいんじゃないか」

衣「おぉ それなら食べ過ぎておなかいっぱいにはならないかもな!」

京太郎「じゃあ4個買っとくか」

衣「うん!!」






―――家に帰って皆で楽しくおみやげ食べた翌日―――

衣「きょおのおやつはーわたがしー♪」(←皆には3個渡して自分用に1つこっそり隠し持ってた子)

衣「!!」

衣「ちっちゃくなってる……」






その後どうして綿菓子が縮んだのかを家の人たちに聞いてる所をはじめ君に見つかり、こっそりおやつを隠してたことについて怒られるのでした