京ちゃんとあわあわのいろんなとこ洗いっこ

東京都 某浴場

<キャッキャッ グヘヘ

京太郎「ほんっとに淡の肌は綺麗だな~」ゴシゴシ

淡「ちょっと!変なこと言わないでよ…恥ずかしい…///」

京太郎「でもこんなに柔らかいしスベスベだぞ?」ペロッ

淡「ひっ…!アンタ今舐めたでしょ!!」

京太郎「え?俺何かしたか?」

淡「何しらばっくれてんのよ!今おもいっきり私の背中舐めたじゃない!?」

京太郎「あのさぁ…俺が麻雀で疲れてる淡にそんな事するわけ無いだろ?」

淡「嘘、嘘、嘘!何でそんな嘘つくのよ!!」

京太郎「………チッ、ウッセーナ」

淡「へ?…ちょ」グイッ

チュッ

淡「~~~~ッ!?」

淡「(やだっ…舌はいって…)」チュウウウ

京太郎「……」チュッチュッ プハッ

淡「あ………」トローン

京太郎「俺がもっと綺麗にしてやるからな、淡!!」

淡「えっ……でも…」

京太郎「なぁ、もう正直になれよ」

淡「…………」

淡「はい…お願いし……あっ…ん…」

エロ無しヤマナシ続きなし

京太郎「ん~しかし淡の体は柔らかいなぁ」ムニムニ

淡「そんなっ…あっ…ことっ…ん…ない」

京太郎「いやいや謙遜することないぞ、淡」

京太郎「お前(の体)は最高だよ」キリッ

淡「」

淡「そっ…それって…」

京太郎「ん?」

淡「私が京太郎の一番ってこと…?」

京太郎「…」

京太郎「当たり前だろ」ニコッ

淡「~~~///」

淡「じ、じゃ…信じていいの…?」

京太郎「ああ」ニコニコ

淡「もう他の子をみたりしない?絶対に私だけを見てくれる?」

京太郎「ああ、もちろん」ニコニコ

淡「あと、ぜった「もういいだろ早く洗わせろ」モミモミ

淡「んっ…んんっ…はぁはぁ…あんっ…」ビクッ

───


京太郎「お~い?大丈夫か?」

淡「――――」ピクッピク

京太郎「ほんとに洗うだけでこんなになりやがって…って聞こえてねぇか…」

京太郎「"絶対に私だけ"ねぇ…ククッ…もちろん見ねぇよ」ニタァ

淡「……キョウタロウ…ダイスキ…///」


東京都 某浴場の広間

淡「~~♪」

京太郎「(あ~…起きてからすっかり上機嫌になっちまったな…ん…?)」

<ツカレターリュウカヒザマクラシテー マタナントキー

京太郎「(ククッ…そうだな、風呂上りに衆人環視の中で膝枕でもして貰うか)おーい淡!」

淡「なーに、京太郎?」ニコニコ

京太郎「(さぁてどう出るか…)もし良かったら膝枕してくれないか?」

淡「え…こ、ここで?///…でもまだIH終わってないし他校の生徒もいるし…ここはちょっと…」

京太郎「(まぁそうだろうな…クククッ…見てろよ)」

京太郎「なぁ…淡…」

淡「へ?」

京太郎「君(の膝枕)が欲しい!!俺には(膝枕が)必要なんだ!!」ダキッ

淡「!!?!////」ギュゥゥゥゥゥ

京太郎「(さて、止めだ…)」パッ

京太郎「淡、いいよな?」ミミモトボソッ

淡「……はひ///」ポォ~