番外編 京太郎と淡

京太郎「ふぅ…流石に一月の夜は冷えるな」

淡「そうだね…ねえ京太郎、もうちょっとだけそっちに寄っていい?」

京太郎「今回だけだぞ」

ダキ…

淡「やった!京太郎は温かい…」

京太郎「淡は相変わらず冷たいな」

淡「私は冷たくてもいいの。京太郎が温めてくれるでしょ?」

京太郎「そうだな…でも俺が暖かく成りたかったらどうすればいいんだ?」

淡「その時はまたこうやって抱き合って、毛布でまるまれば完璧だよ!」ドヤぁ

京太郎「…それも悪くないな。あっ、流れ星!」

淡「えっ、嘘どこ!?」

京太郎「ああ…消えて行った」

淡「うぅ…京太郎は何かお願いしたの?」

京太郎「したぞ」

淡「なんてお願いしたの?」

京太郎「…秘密だ」

淡「えー、ずるいよ京太郎!」

京太郎「聞いたら笑うから絶対に言わない」

淡「笑わない、絶対に笑わないから!」

京太郎「…また淡と星見にこれますようにって願ったんだ」

淡「えっ?」

京太郎「だからまた淡と星見ができるようにって願ったんだよ」

淡「ふふ…あははは!」

京太郎「だから言いたくなかったんだよ!」

淡「ご、ごめん、ごめん。だってそんな当たり前のこと…」

京太郎「……」プクぅ


淡「京太郎、こっち向いて」

京太郎「……」振り向く

チュ…

淡「また二人だけで来ようね、星見に」

カン!