リクエスト if 宮守勢と義姉さん達と海に行く。

京太郎「青い空、青い海、そして美少女達…俺、生きてて良かったと真面目に最近思うですよ」

塞「はいはい、そんな馬鹿な事を言ってないでさっさとBBQセットを組み立てなさい」←緑のビキニ+パレオ

京太郎「あっ、それなら全部終わってますよ。あと、シロさん用の巨大浮き輪と胡桃さん用のそこそこの浮き輪、日焼けクリームも皆の者とエイスリンさん用のもありますし、パラソルやその他諸々の飲み物とかも全部できてますよ」

塞「…改めて京太郎が化け物に見えるわ」ハァ…

京太郎「なにいってるんですか、男ならこれくらいできて当たり前ですよ?」

塞「世の中の男が君見たいならそれはそれで恐ろしいよ」

京太郎「??」

豊音「きょーたろーくん?」←黒のビキニで走ってくる

京太郎「ああ、駄目ですよ豊音さんあんまりはしゃぐとこけ…」

トン…バタン!

京太郎「ああ…大丈夫ですか?」

豊音「だ、大丈夫だよ?」グスン…

胡桃「豊音、先に行ったら駄目だよ!」←学校指定スクール水着

シロ「…ああ、怠い」←水色のビキニ

エイスリン[追いかけている絵]←白のスクール水着にパレオ装備


京太郎「…眼福だな」ツー←鼻血を垂らす

塞「…変態」

豊音「た、大変だよ、京太郎君が鼻血垂らしてるよ!」

胡桃「何時もの事だから大丈夫、大丈夫」

京太郎「大丈夫ですよ、豊音さん。それよりもそのビキニよく似合ってますよ。普段着があんまり露出が少ないから肌がより綺麗に見えますし」

豊音「あ、ありがとう」カァァ…

胡桃「また京太郎のジゴロの毒牙が…」

エイスリン[蛇の絵が書かれている]

シロ「…だる」

京太郎「あれ、なんで胡桃さんはスク水なんだ?確か水着を買…」

胡桃「あー、それよりも京太郎のお姉さん達は何処にいるんだろ?」

塞「誤魔化したな…」ジト目

豊音「誤魔化した…」

胡桃「ご、誤魔化してないから!あれは今度京太郎と遊びに行く時に…はっ!」

塞「ほう…遊びに行くのか?」

豊音「気になるの…」

胡桃「わ、私は何もしらない!」ダッ…

塞「豊音!」ダッ…

豊音「大丈夫!」ダッ…

京太郎「皆、元気だな」

トントン…

京太郎「うん?」

エイスリン「に、にあう?」モジモジ

京太郎「oh、 very good」

エイスリン「Thank you」真っ赤

シロ「………京太郎、おんぶ」

ガシ…

京太郎「えっ、あっ、シロさん、それは色々と不味い!」

シロ「…怠くない」ダラぁ

健夜「し、シロちゃんは京君から離れるべきだよ!」←紺のスク水タイプ

良子「久しぶりの海ですね…」←赤のビキニ

シロ「……フッ」←健夜の全体を見て鼻で笑う

健夜「…!久しぶり怒っちゃおうかな?」ゴッ…!

京太郎「はいはい、そんなつまらない事で怒らない。でも残念だな…健夜義姉さんのビキニ見たかったんだけどな」

健夜「うっ……京君のご飯が行けないんだー!」ダッ…

京太郎「なんだったんだ?」

シロ「京太郎が悪い…」

エイスリン「きょーたろー」[サンオイルを塗っている絵]

京太郎「…それは駄目だ」

エイスリン「ブー(拗ねている絵)」

シロ「私も怠いから塗って」

京太郎「俺、用事を思い出した…」

ぎゅう…

シロ「逃がさない…」

京太郎「…あれ詰んだ」

胡桃「京太郎がオイル塗ってくれるの?」

豊音「私も塗って欲しいよ?」

塞「わ、私も…」

良子「私もお願いします」

健夜「わ、私も…」

京太郎「……あれ、でも役得なんじゃ」

カン!