特別編
てるてる日記

※本編とは完全に別のものです。別の世界線とかそういうのです


×月○日

咲がないてかえってきた

またまいごになったみたいだ

こまった妹だ、わたしは2回に1回しかまいごにならない

なんかしらないおとこのこが咲の手をひっぱってきた

そのおとこのこが咲をつれてきてくれたみたいで、お母さんとお父さんが「ありがとう」っていってた

わたしはしゅくだいがあったからいえなかったけど、あえたらお姉ちゃんとしていわなきゃ!



△月□日

きょうがっこうからかえったら、咲がおとこのことあそんでてびっくりした

このまえ咲をつれてきたおとこのこだった

なまえはきょうちゃん、わたしの2こ下で、咲とおないどしだった

きょうちゃんに咲のことで「ありがとう」っていって、咲ときょうちゃんとわたしでいっしょにあそんだ

たのしかったし、またあそべたらいいなー



●月◇日

咲が小学校に入学した

それはおめでたい。だけど、入学式から帰ってきた咲はちょっと悲しそうだった

どうしたの、って聞くと「京ちゃんがいなかった」って言った

京ちゃんは、別の小学校に入学したみたいだった

わたしも悲しいけど、京ちゃんと会えないんじゃないし、大丈夫だよ、って言ってあげた

その後は咲とお菓子を食べた

でも、京ちゃんとも食べたかったなー



▽月■日

咲が京ちゃんを家に連れてきた

久しぶりに会ったけど、京ちゃんは元気そうだった

お菓子を持ってってあげると、私のこともおぼえててくれたみたいだった

そこからは私も一緒に遊んだ

ちょっとだけ麻雀を教えてあげたけど、むずかしかったみたいだった

咲やお父さん、お母さんとはよく打つし、京ちゃんとも打てたら楽しいだろうなー



◎月☆日

図書館に行くと、久しぶりに京ちゃんにあった

外で遊んでそうなのに、なんで図書館にいるのか聞くと、読書感想文のためだった

でも、あんまり本読まないからどうしよう、って言ってたから、いっしょに読みやすい本を探してあげた

選んであげた本をがんばって読もうとしてたけど、やっぱり私が読んでる本はちょっとむずかしかったかな?

外の公園に出て、いっしょにお菓子を食べながら読んだり、内容を教えたりしてあげた

京ちゃんはこれで書ける!って喜んでた

良かった



★月▲日

今日、本当に久しぶりに京ちゃんに会った

最後に会ったのが小6で、私が中学に入ってからは初めてかな?

しばらく懐かしく思い出話をした後、今度私とお母さんだけ引っ越すことを話した

京ちゃんは残念そうにしてたけど、私だってもう京ちゃんに会えないのは残念だ

東京にいるから、東京に来たら会おうね、ということと、咲とはこれからも仲良くしてね、って約束した

京ちゃんが居てくれるなら、内気な咲も大丈夫だろう

さよなら、って言ったけど、京ちゃんが大きな声で「またね!!」って言ってくれて、ちょっと嬉しかった

もしまた会えたら、きっとかっこいい男の子になってる?なんて、本の読みすぎかな

でも、また会えたらいいな



4月×日

今日は入学式

今年から、白糸台が共学になった

私はもう3年だからいいかもしれないけど、今年からの生徒たちは色々大変かな

部員の勧誘で、私は本を読んでいたかったけど、菫がうるさいから一応顔を出した

案の定、たくさんの1年生がいた

淡の他に面白い子はいないかな、って思ってたらビックリした

長野にいるはずの京ちゃんが居た

最後に会った時から4,5年は経ったかな。京ちゃんは私が思っていた以上にかっこいい男の子に、いや男の人になっていた

すぐに京ちゃん、って呼びたかったけど、他の1年生も多かったから今日は止めておいた

京ちゃん、麻雀部に来てくれるのかな

明日からがいつもより楽しみになった



カンッ!!