特別編
side千里山
※日記発見から中身拝見までの流れは省略します

■月◎日

今日、竜華さんと怜さんから同時に告白された

2人とも話し合った結果こうなってしまったし、どっちを選んでも恨まない、とまで言ってくれた

正直嬉しい。2人の素敵な人からここまで想われてるなんて、男としてこれほど嬉しいことは無いだろう

だが、二者択一、どちらか1人を選べ?

そんなこと、すぐに選べる訳がない

だから、俺は少し考えて、場を和ませる冗談のつもりでこう言ってしまった

「どうせなら、両方いただきたいですね」

なーんちゃって、そうすぐ言うつもりだった

しかし、2人はそれを聞いて、あろうことか、笑顔になった

「ええの!?ホンマ!?」「いやー、正直ウチらもそれもアリやって話してたとこなんやで?」すっごくいい笑顔で話す2人

「せやったら」「善は急げやで!」そのまま2人に両手を掴まれ、引っ張られる俺

「両方いただきたいんやろ?」「やったら、すぐに味あわせたるで?」

……最高だった



竜華「いやー」テレテレ

怜「京太郎ったらなー」テレテレ

泉「……え?2人とも?両方って……」

竜華「もう泉!何言わせるつもりなん!?」

怜「2人仲良く、京太郎のものになったっちゅうことや」

泉「えぇぇぇ!?」

セーラ「あー、やけに2人とも京太郎とべたべたしとる思うてたら……」

浩子「まさか両方とは……どっち選ぶか五分五分やと思うとったのに……」

竜華「京太郎、体力あってな?」

怜「元気やから、な?」

泉「先輩と同級生のそんな話聞きたなかったですよ!?」

セーラ「泉、諦めや。もうどうにもならんわ」

浩子「……いや、どうにかなるかもしれませんよ?」

セーラ「フナどういうことや?」

浩子「2人もOKなんやろ?……後3人増えるくらい、どうってこと無いかもしれんってことえです」

泉「……え?」

竜華「あー……どやろ?」

怜「いけるんちゃう?ちゅーかアレを2人で受け止めるんもきついし?」

セーラ「……ちょっと京太郎のとこ行ってくるわ」

浩子「ウチも行きますよ。ほら、泉行くで」

泉「……え?え?ホンマに?」

翌日、京太郎は5人ハーレムを完成させていた