特別編
side永水
※日記発見から中身拝見までの流れは省略します

△月◇日

今日は霞さんと明星ちゃんに映画に誘われた

ホラー映画らしく、俺が真ん中の席ということで期待していたが……期待以上だったぜ

序盤からもう両腕に感じる柔らかさと圧倒的な大きさ

もう内容なんて頭に入らず、映画中はずっと両腕に全神経を集中させていた

終わった後改めて2人を見ると、内容が怖かったのはマジだったらしく、2人とも涙目だった

怖いから腕に抱き着かせて?と両方から言われるとかね、もう俺今日幸福すぎて死ぬんじゃねーのと思った

2人とも、涙目で上目づかいで、さらに恥ずかしさもあるからか少し赤くなってて、何この2人マジ可愛かった

帰り道、両腕に伝わる感触と、可愛い2人のことを考えながらなるべく明るい道を帰った

俺、明日からも頑張れる気がするよ



初美「ほほー、まーたー胸ですかー?」

霞「いや……これはね……ちょっと本気で怖かったのよ」

巴「珍しいですね」

春「ん……この前本当にあった怖い話を余裕で見てた」

霞「ちょっと……西洋のはねー……」

小蒔「分かります分かります。ちょっとこちらと違うから怖いんですよねー」

巴「あー、なるほど。分からなくはないですね」

初美「ですねー。でも、胸は?」

春「アウト。私がやる」

初美「はるるもアウトですっ!!」