特別編
本編とは完全に別の世界での下ネタ、というかエロ日記
誰にとは言いませんけど、ヤられたらヤリ返すのが礼儀です

※京太郎以外みんな下ネタエロボケ連発します。パロとかパクなんとか、その辺りです
※キャラ崩壊ってレベルじゃねーぞ、な内容なのでそういうのがNGな人は数レスほどスルーでお願いします
※この特別編に限っては、苦情、文句等は『一切受け付けません』。ヨソはヨソ、ウチはウチ理論コレ最強ってどっかで言ってましたし
※ここまですべて許容できる人のみ、続きをどうぞ


6月9日

部室に行くと部長が寝ていた

そろそろ部活が始まるので起こすとまだ寝ぼけているのかすこしぼんやりとした感じだった

ちょっとグッときた。押し倒したかったがまだ我慢だ

いきなり押し倒すのも悪くないがシチュエーションが大事だ

普段キリッとしているが、だからこそ抜けている時がねらい目だ

寝起きで下着の青色が見えたりしたが、まだ我慢しておこう。誰も居ない時、不意打ちでいこう



07月21日

部活中、染谷先輩がメイド服だった

どうやら制服を汚してしまったらしく、とりあえず持っていたメイド服に着替えたらしい

オーソドックスなロングスカートのメイド服だったが、超ミニスカートのきわどい奴もあるらしい

是非今度着てもらおう

無論主従プレイで

プレイ中は半脱ぎで眼鏡はピロートークで取ってもらおう



08月1日

今日も部活、だが今日は一段と暑かった

暑さで和は服が透けていた。綺麗なピンク色だった。やっぱ暑いと付けないのか

和も流石に暑かったのか少しダレていた

具体的に言えばベッドに横になってスカートが捲れていた。いい形だったな

でも夏休みとはいえ、上も下も付けないのはどうかと思う

今度念入りに調教してやろう。最初は優しく、徐々にならしていこう



8月2日

部活の帰り道、優希が転んでタコスを思いっきり落とした。白だった

流石の優希もこれには涙目だった

泣いてる優希に興奮した

こいつ、ベッドの上でもこんな風に泣いてしおらしくなったりなるのか?

それ以上考えるとそのまま襲いたくなってしますのでとりあえず俺も買っていたタコスをあげた

タコスを頬張る優希が別のモノを頬張っているようで良かった



9月2日

2学期が始まったばかり、今日は部活は休みだ

俺と咲以外、用事があるらしい

どうしようかと考えていると、木陰で本を読んでいる咲を見つけた

少し咲と話そうと思い、近くまで行くと呼んでいる本のタイトルが見えた。官能小説だった

咲に内容を聞くと、幼馴染の2人の話らしい

引っ込み思案な女の子と明るい男の子、2人はそれなりに仲良い友達だったが、ある日不意に女の子が見せた色気に男の子の理性が……



京太郎「……なんだこれ」

久「え?日記じゃない。須賀くんの」

京太郎「俺は日記といえここまで欲望に素直に解放してませんよ。つーかこんな色情狂じゃねーよ」

まこ「いやな?昨日お前が帰った後、机にお前の日記が置きっぱなしだったんじゃよ」

優希「で、読むだろ?」

和「こう、この時はひょっとして、もっとこんなことを考えていたんじゃないのか、という話になりまして」

咲「みんなで京ちゃんの欲望を正しく書いた日記を書いてあげたんだよ?」

京太郎「それ既に俺の日記じゃない別の何かだよ!!」

京太郎「わざわざそれっぽいノート新しく買って書いて!!」

京太郎「ご丁寧に微妙に日記の内容とリンクしてるし!」

久「え?こう、寝起きってグッとくるでしょ?」

京太郎「あの時竹井先輩狸寝入りだったじゃないですか!」

京太郎「下着なんて見えてないし!」

久「えー、須賀くんの隠されたもの見ちゃったから、こう、私の隠されたものを……」ススス

京太郎「スカート徐々に持ち上げない!」

京太郎「染谷先輩はこの日メイド服だっただけじゃないですか!」

まこ「ホントに持って来とったぞ?超ミニスカートのきわどい奴」

まこ「そういえばあの時の奴は無いが、ここに堕天使エロメイドっちゅうのが…」ゴソゴソ

京太郎「それはちょっと止めといてください。他のとこで危ない気がします」

京太郎「和のはもうあの日の出来事の原型ないよね。暑かっただけしか残ってないじゃん」

和「あの日付けてなくて透けさせようとしたのは本当ですよ?」

京太郎「うん、全力で阻止したよね」

和「むぅ……今だって穿かずに…」ススス

京太郎「お前までスカート持ち上げるな!」

和「そうですか、じゃあ」ゴソゴソ

京太郎「脱ぐな!!」

京太郎「優希……普通にタコスやっただけなのになんでこうなるんだよ……」

優希「そうだな……ここにタコスがある」

優希「これを……ほうひははほうひへはいは?(こうしたらそうみえないか?)」

京太郎「タコス咥えて喋らない!」

咲「…………」ワクワクドキドキ

京太郎「……じゃ、解散」

咲「え!?ちょっと京ちゃん!!なんで私には何も無いの!?」

京太郎「お前のこれなんだよ。日記ですらない、小説じゃねーか。つーか途中で終わってるじゃねーか」

咲「書ききれてないだろ!的なツッコミを期待して用意したのに」ドサッ

京太郎「原稿用紙!?それも何枚あんの!?」

咲「つい、書いちゃった☆」テヘ

和「ほうほう……いいですね」ペラッ

京太郎「なんか読んでるし!」

和「なかなか……あ、すいません。濡れてきて原稿を汚しそうなんで、手洗って来ていいですか?」

京太郎「消去!」ビリッ

咲「あぁっ!?なんてことするの!!それコピーとか取ってないのに!!」

和「いいところでしたのに……ちょうど48手を3分の2ほど試した辺りが」

京太郎「どんな内容!?」

咲「和ちゃん読むの早いね。そこから野外で女の子に首輪つける辺りがちょっと自信あって……」

京太郎「もう日記関係ねーじゃねーか!!」


結局エロボケに翻弄され続ける京太郎

そうして日記を読まれたことが有耶無耶にされたことに、京太郎はまだ気付かない


カンッ!!