特別編
side白糸台
※京太郎は昔から照と知り合いという設定です。日記発見から中身拝見までの流れは省略します

×月○日

今日学校に行ったらやけに視線を感じる

後、なんかヒソヒソ話してるのを見るし、男友達からはめちゃくちゃ叩かれた

そのまま放課後、部活に行くと、部室に入った瞬間みんながこっちを向いた

全く身に覚えがない状態だったが、先輩の1人が虎姫ってマジか?と聞いてきた

なんのことか分からなかいと言うと、とにかく虎姫の部屋に行けと言われた

そのまま虎姫の部屋に行くと、部屋の『須賀京太郎専用ハーレム』というプレートが掛かっていた

なんだこりゃー!!とマジで大声を出してしまった

近くを歩いていた人がえ?違うの?とか聞いてきたけど違うに決まってると言った

だが、昨日から掛かってて学校中の噂になっているらしい

朝からの事全部に合点がいった。犯人誰だー!!

そのまま部屋を開けると照さんが居た

照さんは営業用スマイルでこう言った

「おかえりなさいご主人様」

犯人は照さんだと確信した

その直後に来た菫さんも自体を今知ったらしく、激怒していた

照さん曰く、ちょっとした悪戯だったらしい。悪戯で済んでねーよ

菫さんと俺の話し合いの結果、照さんは1週間お菓子抜きが決定した

照さんがすごい絶望的な顔をしていたが知るか

ちなみにプレートは『宮永照、ただいまお菓子断ち中』に変えといた

誠子「あぁ、これか……クラスのみんながやけに良かったねとか言ってきたな」

尭深「私は『胸は一番だしね』って言われた」

淡「私はふつーだったなー」

菫「お前らまだいいだろ……私なんかえらく心配されたぞ。本当に大丈夫か、とか疲れているんじゃないのか?とかばっかりだった」

誠子「真面目な弘世先輩がハーレムって、ありえませんしね」

菫「全くだ」

照「あの時の一番の被害者は私」

菫「黙れ愉快犯」

照「普段みんながくれるお菓子も無かったし、京ちゃんが手回しして家でもお菓子ないし……辛い日々だった」

淡「あはは。おかげで部活の時何人も飛んでたよねー」

菫「まだいい方だろ。下手に騒ぎが広がってたら須賀が刺されていてもおかしくないぞ」

尭深「ちょっとシャレになってないですね」

照「……京ちゃんをこのままマネージャーにする予定だったのに仕方ないか」

誠子「どういう作戦だったんですか」