衣「ハギヨシ、今すぐ衣ケータイを手に入れてくるのだ!!」

ハギヨシ「子供ケータイですね、畏まりました」

透華「京太郎様!!」

京太郎「透華さん」

透華「ああ御労しや……このようにクッションの上で正座など」

京太郎「別にクッションの上なので平気なのですが」

透華「夫を立てられない妻は失格ですわ。私に譲りなさい、衣」

衣「断る!」

透華「衣!!」

衣「だいたいトーカは許嫁がいるだろう。あの匹夫で我慢せよ、家柄はよかろう」

透華「くくく、おーっほっほ! 片腹いたし、片腹いたしですわ!」

衣「な、なにを」

透華「あのような男、こちらから婚約破棄しましたわ」

京太郎「そ、それってまずいんじゃ」

透華「京太郎様が私を娶ってくだされば、それで解決しますわ」

京太郎「め、娶るって俺はまだ未成年」

透華「関係ありませんわ!」

衣「ずるいぞトーカ!」

藤田「衣に旦那はまだ早いと思うぞ」

衣「ゴミ雀士!」

藤田「藤田靖子だ。それに少年、衣は私のだ」

靖子「君の様な大男に衣を渡してなるものか」 G08 「衣を…訴訟も辞さない」

京太郎「お、大男!?」

透華「さあ京太郎様、私と駆け落ちを。もしくは婿入りを」

京太郎「だ、だから俺は」

藤田「どうせ瑞原プロが太鼓判を押した一物で衣を壊す気だろう。え、どうなんだ?」

衣「こ、衣が壊れるのか?!」

京太郎「な、何言って」

透華「そうですわ。それに……まさか京太郎様、瑞原プロなどの年増が好みで」ワナワナ

京太郎「あ、あれはただ一緒に風呂に」

透華「ふ、風呂ですって!?」

衣「ずるいぞ! 衣ともはいるべきだ!」

藤田「だめだ! 衣、衣は私と」

衣「断る!」

藤田「少年、一体衣にどんな催眠術を……教えろ!!」

衣「衣を傀儡にする気か!?」

純「まさか透華たちにも」

京太郎「催眠術って、そんなことできるわけ」

透華「京太郎様、風呂とは、風呂とはどういう」

京太郎「だから……」

咲「京ちゃん、お風呂なら私も」

京太郎「げぇ」

咲「今日は合同練習の日なんだよ」

京太郎「き、聞いてないぞ!」

咲「和ちゃんがメール送ったらしいけど」

京太郎「今確認してみる……ついさっき届いたことになってるけど」

咲「そうなの?」

京太郎「まあとにかく、咲達がいるってことは」

藤田「なんて日だ……衣に会えると楽しみに来てみれば、寝盗られているなんて」

衣「衣は寝た覚えなどない! それより京太郎、衣の夫ならばそれ相応の自覚を」

藤田「私は認めん!」

衣「黙れゴミ雀士!!」

透華「京太郎様は私の、私の運命の」

藤田「衣の心をこうまで操るなんて……」

和「JSTT会に入会しますか? あの憎き男から取り戻すために」

藤田「入会しよう。だが私が入ったことで、その会の名は少々おかしく」

和「この際名などどうでもいいでしょう。問題はあの男です」

藤田「確かに、彼を社会的に抹殺しようにも」

和「それは私たちの愛すべき人にもダメージが及んでしまいます」

和「大阪支部の人もそれは喜びません」

藤田「大阪支部?」

和「ええ。竜華さんとフナQさんが代表として、今は勧誘活動を」

藤田「それほどまでにあの男は」

和「部員として優秀でも、あの男は害です」












大阪

フナQ「な、代行はんも男は嫌いやろ?」

代行「でーもー」

竜華「そ、そや。最近ぼやいてたやろ? 末原ちゃんが冷たいって」

代行「そうなんよ~。妙におめかししてるから聞いてみてもなー、全然教えてくれへんの―」

由子「最近付き合いが悪いのよ―。それに私だけ仲間外れで、話に入っていけないのよ―」

竜華「それも全部この男のせいやで」

代行「写真?」

由子「沢山あるのよ―」

フナQ「な、悪い男やろ? こいつがなんもかんも悪いんですわ」ククク

由子「この子が皆の言ってた」

代行「末原ちゃんがお熱なの~?」

竜華「須賀京太郎、女を誑かすだけ誑かす、最低の男ですわ」

代行「ふーん」








代行「そやな~」

由子「う~ん、確かに写真の顔はスケベっぽいのよー」

竜華「な、この男は悪なんや」

代行「え~」

フナQ「みんなで大阪を守りまっせ」

代行「この男の子今どこにおるの~」

フナQ「長野か、はたまた何処かでぶらりと女を」

代行「悪い男やなー」

フナQ「そうなんです!!」

由子「この写真貰っても良い?」

フナQ「?」

竜華「もしかしてJSTTに」

由子「考えておくのよ―」

代行「判断材料としてこの写真は貰っていくで~」

フナQ「良い返事を期待してますわ」ククク

代行「今日は有意義なお話ありがとなー」

竜華「前向きにお願いします!」

フナQ「今度は同士として、お迎えしますわ」

由子「検討するのよ―」



帰路

由子「良い写真が手に入ったのよ―」 A83

代行「そやな。まあ入会はせんけどなー」

由子「あの写真は悪意があるのよ―。半裸とか半裸とか」プンプンニコニコ

代行「でもこの顔は愛嬌あってええなあ」

由子「ねー」

代行「それに~、須賀君を落とせば末原ちゃんも大喜びや~」 B79

由子「女たらしなのは不安なのよ―。でもこの写真からもこの男の子の良さがもっと伝わってくるのよ―」

代行(末原ちゃんは善野さんのとこかな? 様子見にいこーっと)






病院

末原「あ、あの、この格好変やないですか?」

善野「大丈夫。可愛い格好やで」

末原「で、でも寝癖とかお化粧とか」

善野「大丈夫。安心して」ナデナデ

末原「で、でも」

善野「でも末原ちゃんの愛しの男の子、どんな人か見せてほしいな~」

末原「で、でも一目ぼれで、写真もなんも」

善野「名前は知っとるんやろ?」

末原「ええ、まあ。主将の家に泊まったことあるらしくて」

善野「まあ「こんな男の子やでー」」

代行「おばんです~。これお見舞いの果物です~」

善野「まあまあ、わざわざ」

恭子「だ、代行その写真」

代行「んふふ~」

善野「この写真の人が噂の」

代行「半裸やエッチな顔もあるけどな~」

恭子「ほ、ほしい……」

善野(普通な男の子やな)D54

末原「監督?」

善野「あ、ああ。ええと思うで。ええと」

末原「ほんまでっか!」

善野「でも、その男の子よりもっとええ男が」

末原「え……」ガーン

善野「う、うそうそ」

末原「ほっ」

善野「まあでも(写真うつりが悪いだけかもしれんし)」

末原「そ、そんで代行、この写真は」

代行「とあるルートからな~、もらったんよ~」

末原「お、教えてください!」

代行「なーいしょ」

末原「くっ」

代行(悔しそうな顔可愛ええな~)




大阪支部の活動は空回りに終わっていた。
















長野

京太郎「ち、近寄るな!」

衣「きょ、京太郎」

京太郎「みんな自分の意見ばっかり……」

智紀「私はメイドだから…貴方を立てられる」

透華「きょ、京太郎様」

京太郎「俺は、俺は!」

透華「わ、私は」

衣「京太郎、衣が、衣のせいで」グスッ

藤田「衣を……貴様ぁ!!」

咲「京ちゃんが魅力的なのが悪いんだよ!」

美穂子「京太郎くん、久しぶりね」

京太郎「美穂子さん」

一「話しあっている所悪いけど、もう他校の生徒来てるよ」

純「そーそー。そんな男ほっといてさ」

京太郎「他校の生徒って」

美穂子「あとは鶴賀女子の人達が来てるわ」

京太郎「鶴賀女子ってことは「お久しぶりっすー!」」

ムギュッ

モモ「全然メールくれなくて寂しかったすー」スリスリ

京太郎「も、モモ、急に背中に抱きつくなって」

モモ「あ、「すまない、モモが迷惑をかけた」」

京太郎「ゆみさん。お久しぶりです」

ゆみ「お詫びと言う訳ではないが、あちらで少し話さないか?」

咲(敵が増えた)

久「ゆみも美穂子も須賀君にメロメロね……複雑な気分だわ」

池田「キャプテンもほら、コーチが呼んでるし」

コーチ「福路ぃ!! 池田ぁ!!」

池田「何で私まで!?」

コーチ「他校待たせてんじゃねーぞ!」

京太郎「あ、ほら。皆さん集合した方が」

コーチ「お前は」













京太郎「清澄の須賀です」

コーチ「須賀、練習の邪魔になるからちょっと外に出ていろ」

池田「あははは、邪魔、お邪魔虫だし」アハハ

コーチ「池田は黙ってろ!!」パチーン

池田「酷いしっ!」

池田「叩かれ損だし……きゃぷて~ん」

美穂子「あ、華菜。ちょっと今はやめてもらえる? コーチ。京太郎くんは邪魔なんて」

コーチ「お前ら須賀がいると麻雀に集中しないだろ」

美穂子「そ、それは」

コーチ「目が泳いでいるのがその証拠だ」

透華「ならば京太郎様は」

一「透華もさ、ほらこっちこっち」グイグイ

透華「あ、お待ちに」

一「まあまあ」グイグイ

智紀「なら私は彼のお世話を」

歩「智紀さんは私と萩原さんの代わりに衣様のお世話を」

智紀「……わかった」

衣「よーし、京太郎との時間を作るために進軍だ―!」

京太郎「雑用とか俺がしないと」

コーチ「そんな心配するな。それより須賀は「じゃあ京太郎くん、練習後に会いましょう」」

美穂子「約束よ」

池田(キャプテン盗るとか須賀、許すまじ……)

池田「コーチもほら、そんな男の指導より」

コーチ「池田より将来性はありそうだな。それに現状でも池田よりは強いだろ」

池田「そ、そんなわけ」

咲「ちなみに京ちゃんは私並みに強いよ」

池田「え゛」

衣「池田、京太郎は衣より強いぞ。それに京太郎は衣の夫だ。無礼な真似は許さん」

池田「え゛え」

コーチ「天江衣より強いとは凄いな。池田も見習えよ」

池田(とんだとばっちりだし……それもこれも全部アイツのせいだし)

透華「ちなみに衣の言っている『夫』は妄言ですわ!! 京太郎様は私の」

モモ「京太郎は私たちのっす!」

咲「私の京ちゃんだよ」

ゆみ「ライバルは多いが、私とモモも負けないよ」

美穂子「うふふ」

コーチ「お前らさっさと対局場に行け!! 須賀に迷惑かけてんじゃねー!!」



久「私も入会しようかしら。靖子もいるし」

和「歓迎しますよ。」

靖子「共にあの男を滅ぼそう」


久「物騒ね」

靖子「そう言って、顔が笑っているぞ」

久「池田さんはどうする? 美穂子盗られちゃったけど」

池田「私も入るし(須賀のせいでキャプテンからもコーチからも散々な目にあったし)」 

和「歓迎しますよ」


京太郎「……わけがわからん」

モモ「京太郎、私が1位になったらご褒美欲しいっす!」

京太郎「ご褒美?」

モモ「はいっす!」

美穂子「それはいいわね」

ゆみ「ああ、すばらしい提案だ」

衣「ご褒美とはどんなことをするんだ??」

透華「定番としては、キスと「京ちゃんと一晩一緒だよね!!」」

京太郎「ひ、一晩!?」

衣「お泊まりか!」

透華「フフフ、素敵な提案ですわ!」

コーチ「大人の前でふざけた提案を」

美穂子「コーチも参加されたらいかがですか?」

コーチ「なに?」

咲「私は構いませんよ」

衣「衣もだ」

コーチ「……しかたないな。須賀を守るために一肌脱いでやる」

透華「京太郎様とお風呂、京太郎様とお風呂」ブツブツ

衣「京太郎と、今宵やっと一つに」

和(私が勝って)

藤田(私がトップを捲れば)

池田「発情した野良猫なんて去勢してやるし! ついでにコーチをボコボコに」

コーチ「池田ぁ!」

京太郎「あの、俺の意思は」

母『話は全て聞きましたわ! 認めましょう!』

京太郎「え、ちょ」

咲「おっきいモニター」

透華「お母様!!」

母『この練習試合で最も稼いだものに、望んだ人との一時を過ごせるスイートルームをご用意いたしましょう』

京太郎「だから人の話を」

母『その部屋には当然、バスルームもご用意しておりますわ』

藤田「衣とその部屋で……」

健夜「よーし」

はやり「俄然やる気が出てきたぞ☆」

野依「負けない!」プンスコ

藤田「!?」

京太郎「健夜さん、はやりさん、理沙さん」

健夜「楽しそうな雰囲気に呼ばれて」

理沙「呼ばれた! ヘリで!」

はやり「京太郎くんいる所にはやりありだぞ☆」

野依「久しぶり、この間はありがとう」

京太郎「あ、いえ」

一(野依プロとあそこまで親しげに……やっぱりタラシなのかな?)

純(そうに決まってるって。立場的に俺たちは入会できねーけど、あの男がたらしで女性の敵なのはわかるぜ)

はやり「この前は一緒にお風呂に入っただけだけど、今度こそ背中流してね☆」

透華「と、年増の癖に京太郎様と入浴なんて」

はやり「今言ったの誰かな★」

健夜「京太郎くん、卵焼きと太巻き作って来たから、後で一緒に」

理沙「決着は対局場!」

はやり「そうだね☆」

咲「これは……本気出さないと」ゴッ

衣「最悪共闘も視野に、咲」

咲「うん、わかってる」

京太郎「」

野依「この写真にかけて負けないから私のこと待ってて」

咲「ツーショット!?」

野依「あの時の温もり、忘れない」

モモ「意味深な発言!?」


母『さあさあ、対局場へ向かいなさい!』











対局場


池田「げっ、またプロが」

咏「よ―京太郎」

戒能「久しぶりですね」

京太郎「お久しぶりです」

咏「元気ねーじゃん。せっかく師匠の私に会えたんだぜ? またアレしてくれよー」

戒能「アレといえば、あの時以来頭の中から京太郎の硬くて勇ましいアレが」

京太郎「その言い方には御幣が」

咏「あっははー、わっかんねー」

ワハハ「ワハハー、人気者だな―」

まこ「自慢の後輩じゃけえ」

京太郎「あ、あの」

咏「何も言うなって。だいじょーぶ。おねーさんが京太郎をゲットしてやっから」

戒能「ノーノー。ゲットするのは私、戒能良子です」

咏「わっかんねー」

戒能「ちなみに京太郎とは裸で付き合った経験ありです」

咏「なぁっ、京太郎! 私を断ってこんな女と」

戒能「またこのボディー、堪能させてあげましょう」

蒲原「ワハハ、蚊帳の外だな―」

京太郎「お、俺は」

咏「座れよ。どっちが若くて強いか教えてやんよ―」

戒能「嫉妬は見苦しいですよ」

はやり「プロとアマの違いを教えてあげるぞ☆」

透華「……」

はやり「治水? でもその程度の能力じゃ勝てないぞ☆」ゴッ

佳織(こ、この卓嫌だな―……なんて言えないよね)

優希(こ、こわいじぇー)

はやり「京太郎くんの荒れ狂うアレを静められるのは、はやりだけだぞ☆」

透華「京太郎様の妻は私が、私ことが相応しいのですわ」




健夜「JSTTだっけ?」

藤田「は、はい」

健夜「面白い名前だし方針も面白いね」

藤田「ですよね!」

和「そうなんです! 全てはこの世に平和を」

健夜「けど京太郎くんの悪口は許せないかな」ゴォッ

和「ま、待ってください! この会は」

健夜「問答無用」

文堂(サイン欲しいなんて言えない、雰囲気ですね)

咲「藤田プロ程度の実力なら」

理沙「甘い」

咲「わ、私が勝ったらその写真消してくださいね!」

理沙「イヤ! 宝物だから!」

衣「咲、ゴミ雀士と同格と思うな。敵は強大だ」

理沙「私こそ勝って、京太郎と過ごす!」

咲(この威圧感……負けない!)ゴッ

衣「衣こそこのハギヨシの買ってきた衣ケータイで、京太郎との蜜月を過ごすのだ!」

咲「衣ちゃんずるいよ!」

理沙「勝つのは私!」プンスコ

津山(カードにサインを)

美穂子「久は私の味方よね?」

久「え、あはは」

ゆみ「私だろう?」

久「え、いや~」

美穂子「私よね、久?」

ゆみ「久、親友だろ?」

久「そ、そうね」

美穂子「久!」

ゆみ「久!」

久(す、須賀君のバカ―!)

一「修羅場だね、竹井さん」ボソッ

久「く、国広さん助け舟、助け舟出して」

一「御愁傷様です(透華の婚約を破棄してくれた事は嬉しいけど、飛び火は振り払わないとね)」

ゆみ「久、私の方が彼に相応しいと思わないか?」

美穂子「私よね?」

久「え、えっと……あははは」







未春「何だかどの卓も凄い熱気ですね」

深堀「うん、オーラが……」D57

未春(まあ文堂さんはプロに夢中みたいだけど、私は違う!)

智紀「この卓で稼げるだけ稼ぐ……」

未春「私もこの卓で稼げるだけ稼がないと」A93

久保「私がいるのに良い度胸だな、お前ら!!」

未春(ついでにあの鶴賀の人をあの卓で叩きのめしてくれれば)チラッ

未春「!!」









東1局

佳織「えっと白を……やった、ツモです! 親だから1.5倍でダブ東、対々和、四暗刻? あの字牌で清一って出来るんでしょうか?」

東東東、南南南、発発発、西西、白白白

優希「そ、それ……ダブル役満だじぇ」

はやり「四暗刻と字一色……だね」

佳織「え、でもダブル役満ってルール上では出来ないんじゃ?」

はやり「こ、この合同練習では、盛り上げるためにアリアリに……」

佳織「じゃあ、48000+48000で、3で割るから、32000オール?」

はやり「や、やるね」

優希「ダブルアリで飛ばされたら終了とか、鬼ルールだじぇ」

透華「しょっぱなから……恐るべし、恐るべしビギナーズラック」

佳織「え、えっと、お疲れさまでした」

はやり「京太郎くんへ道が~」グスッ

透華「京太郎様~」グスッ

佳織(そんなにあの男の子良いかなあ……)チラッ

京太郎「咏さんお茶です。戒能プロは紅茶ですね、はいただいまおもちを~」

佳織(でもあの子結構可愛いかな? 胸大きい人好きって噂だし)

佳織(智美ちゃんの家で見たビデオで『私の胸がそんなに気持ち良いの? もっと触りたい? このダメな子!』と

かやってたけど、男の子って好きなのかな……?)

京太郎「お飲み物を、ってあれ対局は」

優希「終わったじぇ……」

京太郎「まさか、あ、皆さんリンゴジュースです」

優希「すまんな、受け取るじぇ」

京太郎「妹尾さんもどうぞ」

佳織「あ、ありがとう。いただくね」

京太郎「まさかはやりさん達が負けるなんて……」

佳織「あ、そうだ。須賀君、だよね?」

京太郎「ええ、そうですけど」

佳織「私のおっぱい、触りたい?」

京太郎「ええ!?」

佳織「あはは、そんなに驚くなんて正直な男の子なんだね。かわいい。あ、耳貸してもらえる?」

京太郎「な、何を急に」

佳織「このダメな子。エッチ」ボソッ

京太郎「せ、妹尾さん!?」

佳織「顔真っ赤で林檎みたいになってるよ。意外と初心なのかな?」

京太郎「か、からかわないでください。俺もう行きますから!」

佳織「あ、もう(焦ってる顔やっぱり可愛い。なんだか癖になってきちゃうかも。あの動画みたいに、自分好みにって)」 

佳織「勝てばもっとあの顔が見られるのかな?」 G22 サディズムに目覚めました

京太郎「な、なんだあの人……けど触りたいかどうかといえば、触りたい。そういえば、下3の人はどうなってるかな」

まこ「ん、京太郎どしたんじゃ?」

京太郎「咏さん」

咏「お、応援?」

京太郎「まあそんなところで、様子を見に」

咏「じゃあ座れって。ほら、ここに」

京太郎「イヤ、流石に雀荘みたいには」

咏「あの時京太郎に辱「わかりました」」

咏「嬉しいねー。聞いたか、戒能プロ」

戒能「ふん、今は私がトップ。勝利の際には京太郎からキスが……って、なにしてるんですか!」

咏「お兄ちゃんに座ってるんだけど?」

戒能「お、お兄ちゃん!?」

まこ「京太郎も断ればよかろうに」

京太郎「まあ少しだけなんで。って、染谷先輩調子良さそうですね」

まこ「まあ、あの時の対局で一皮むけたっぽいからのう」

戒能「ひ、膝の上に……な、なんて羨ましい」パチッ

咏「おっ、ローン! 18000」

京太郎「お、咏さん!」

咏「ぎゃっくてーん!」

戒能「シット!」

咏「らしくねーミスじゃん。わっかんねー」

戒能「い、今すぐ彼から降りなさい!」

咏「ノー! 知らんけど、ノー! ハリーアップ!」

戒能「むぐぐ」

京太郎「あの後も戒能プロは咏さんのトーク、戦略に翻弄されトップから陥落した。そしてその隙を先輩、咏さんは逃さなかった」

咏「おっつかれー」トップ

まこ「くっ、後少しじゃったのに」2位

戒能「京太郎、今度は私にも」3位

京太郎「え、ええ。わかりました」

咏「残念だけど、こいつは私専用だからさー」

戒能「くっ」

京太郎「そういえば、池田さんは」

咏「ああ、あの猫っぽい子なら」

戒能「京太郎を去勢去勢うるさかったので」

まこ「黙らせた。(麻雀で)」

池田「や、焼鳥なんて聞いてないし」4位 焼鳥

咏「去勢されたら私との子供が産めなくなるっつーの」

戒能「イエス。京太郎のモンスターは誰にも渡しません」

咏「その口ぶり、経験者っぽく振舞うのはやめた方が良いぜ―」

戒能「経験者ですから」

咏「なに!?」

戒能「バスルームで彼の熱く太いモンスターを私は……って、いつまで座ってるんですか! 三尋木プロスタンダップ!」

京太郎「よ、良子さんは触っただけです。やってない、やってませんから」

咏「それも問題だっつーの!」ウリウリ

京太郎「う、咏さん、こすりつけないで」

咏「あんな女より、私の方がいいだろ?」

京太郎「う、咏さん……」

咏「私と暮らせば、もっと良いこと」

京太郎「お、俺給仕に戻りますから!」ガタッ

咏「うわっ、急に立つなよ」

京太郎「すんません、でも失礼します」

戒能「……京太郎は少々エレクトしてましたね」

咏「はやりさんが大赤字スタートの今、私がトップとればゆっくり味わえるってね」

戒能「最後に笑うのは私です。オーケー?」

咏「わっかんねー」

戒能「わからせてやるので結構です」

咏「言うねえ」


京太郎「プロも真剣って……下3の人はどうしてるかな」

はやりグループ









京太郎「美穂子さん達は」

ゆみ「京太郎、見ていてくれたのか」

京太郎「実は今来たばかりで」

ゆみ「そうか。いやしかし、見ていてほしかったよ」

京太郎「点差は……って、圧勝じゃないですか(妹尾さんといい、鶴賀学園強すぎないか?)」

ゆみ「ああそうさ。まあこれも全部、愛の力だな」

「私も早く対局したいっすー愛の力お見せしたいっすよー」

京太郎「ゆ、ゆみさん、それにモモまで!?」

ゆみ「京太郎を一番大事にしているのは、美穂子ではなく私、加治木ゆみだよ」

京太郎「対局相手は部長に美穂子さんに国広さん」

美穂子「きょ、京太郎くん、私は」

京太郎「美穂子さん……」

美穂子「私は貴方をとても愛しているのに……とても大事な人だと思っているのに」ポロポロ

美穂子「こんな結果しか出せないなんて……」

久「美穂子……」

一(ボクがとんだせいなんだけど、みんな同じくらいぼろ負けだったし仕方ないよね)

美穂子「ごめんね…ごめんね、京太郎くん……」ポロポロ

京太郎「美穂子さん……」

京太郎「美穂子さん……ハンカチ、どうぞ」

美穂子「ありがとう、やっぱり優しいのね京太郎くん」

京太郎「いえ……」

美穂子「次はきっと、次はきっと勝ってみせるわ。貴方の隣に立つために」

久「あら、美穂子はもう私を捨てるのかしら?」

美穂子「久も好きです。だからこそ両方、両方を笑顔で手に入れてみせます!」

ゆみ「私こそモモを手に入れたように京太郎を渡す気はないよ」

美穂子「次こそ勝利を手にします」

ゆみ「受けて立「返り討ちにしてやるっス!」」

モモ「私を見つけてくれる京太郎は、先輩と同じくらい大切っす!」

ゆみ「モモ……」

モモ「私と先輩のツートップが、この合同練習の勝利者っす!」

一「良い雰囲気っぽいけど、この空間ちょっと異質だよね。一人の男をとり合うとか」ヒソヒソ

久「完全同意だわ」ヒソヒソ








ハギヨシ「ある者は愛しの人を手に入れるため」

ハギヨシ「ある者は愛しの人を守るため」

ハギヨシ「またある者はまきこまれて」

ハギヨシ「三者三様、思いは様々。されど勝利者は一人……」










健夜「私が現状トップだよね」

衣「くっ、だがこれは超えるべき、越えなければならない山!」

健夜「山って」

咲「一人じゃ勝てなくても、衣ちゃんとなら削れる、削れるかも!」

衣「行くぞ咲!」

咲「うん!」

健夜「楽しみだなあ、どんな対局になるんだろう」

池田「さ、最悪な卓だし」









美穂子「三尋木プロ、京太郎くんに対する態度は許せないモノがあります」

咏「文句あんなら力で来いってねー。それにそっちこそ、京太郎とデートもどきしてたみたいじゃん。彼女でもねー

のに、わっかんねー」

美穂子「いずれ隣に立つんです。京太郎くんのため、焼き鳥にされた華菜の敵、とらせていただきます」

咏「ふーん、あの猫っ子みたいに叩きのめしてやんぜー」

津山「ああ三尋木プロのサインも欲しい、けど彼も……」

咏「あ、そーだ。優勝した暁には次の麻雀カードの収録で私は京太郎とのツーショットにしよーっと」

津山「そ、それは」

咏「激レアだろ? しかも充電スタイルでさ。そん時はサイン付きでやるよ」

津山「ホントですか!?」

咏「本当本当」

文堂「ほ、ほしい!」

はやり「健夜ちゃんを削らなければトップは無い。けど現状厳しい今、この卓で稼げるだけ稼ぐ! 本気で行くよ!」

和「と、トップになれなくても、咲さん達をトップから引き離せば」

靖子「そ、そうだ。あの男から」

はやり「ならはやりに協力してくれるかな?」

靖子「そ、それは……」

はやり「和ちゃんならわかるよね? はやりみんなの点棒沢山欲しいな★」

コーチ「舐めるなよロートルが!!」

はやり「は★」

コーチ「未成年である須賀は、私が守る!」

はやり「弟子に手は出させないよ」ゴッ







良子「野依プロ、好調のようですね」

理沙「彼のためだから、彼は私に可愛いって言ってくれた、だから」

良子「ほう、ですがその程度で彼を?

理沙「違う!彼は、彼といると心が暖かいから! 勝って私は彼と過ごす!」

良子「ならばそのドリームはココでジエンドですー」

理沙「新人なんかに負けない!」

透華「わ、私こそ京太郎様と無理やり入浴した不埒な女性とは」

良子「……ふっ」

透華「あ、貴女今どこを見て笑いましたの!?」

理沙「胸!」

透華「言わなくてもわかりますわ! ええい、龍門渕家の名にかけて、戒能プロ貴女を倒しますわ!」

良子「なら私は京太郎のナニにかけて、この卓で圧勝しましょう」

理沙「下品!」プンスコ

良子「ふふっ。カモン」

モモ(早期に消えられれば、私にもワンチャンあるっス)

良子「見えてますよ」

モモ「えっ」ビクッ







ハギヨシ「既に勝敗が決し対局を楽しむ、次に活かそうとする者もいました。またあるものは記念にと彼に話しかけ」

ハギヨシ「宴もたけなわトップ争いは熱をあげていくなか、私は彼に優勝者を迎えるために部屋へと……」

ハギヨシ「そして対局終了が近づくにつれ、対局場には様々な雨が降り注ぐ」

ハギヨシ「全対局終了を知らせるベルが鳴った時、私は」

ハギヨシ「頬を染める優勝者の手をとり、彼の待つスイートルームへと案内……」











ハギヨシ「須賀様、優勝者様をお連れいたしました」

ガチャッ



京太郎「お疲れ様、ホットタオルです」

京太郎「あはは、いきなり抱きつかれるとはよほど疲れたようですね」ナデナデ

京太郎「集中力が切れた? お疲れ様」

京太郎「飲み物は何になさいますか?」

京太郎「え、嫌じゃないのかって? 無理やりは嫌いだって聞いた?」

京太郎「俺の事をここまで思って戦ってくれた人に、嫌悪感なんていだきませんよ」

京太郎「だから俺はこの日、この一夜貴女のモノになります。」

京太郎「さあお嬢様、何をなさいますか?」

京太郎「風呂には薔薇を、ベッドは最高級の羽毛が使われており、貴女を優しく包み込み」

京太郎「まずはお風呂? わかりました。この須賀京太郎、誠心誠意今宵貴女を慈しみ、貴女を愛しています」

京太郎「え、疲れて歩けない。自分で体を洗えない? その口調やめて? わかった」

京太郎「服脱がせるな」

京太郎「ああ、俺ですか? 俺は指定されたバスローブだけなんで」

京太郎「恥ずかしいって、凄く綺麗な体ですよ」

京太郎「凄く顔が真っ赤になってますよ。ほら手で隠さないで、俺に全てを見せて」

京太郎「見せるならキス? ん、これでいい?」

京太郎「おでこは卑怯って、じゃあこれでどうだ」チュッ

京太郎「湯船熱かったら言ってな」

優勝者を抱きよせるようにしての入浴、湯船の熱か、嬉しさ、恥ずかしさか、優勝者は恥ずかしそうに俯き、京太郎

に身を預ける。けれどなれない優勝者はすぐに湯船を上がろうと提案し

京太郎「次は体を洗う? オッケー」

京太郎「あいにくスポンジやタオル類が無いため、手で洗うな」

ニュルッ

京太郎「御身体の隅々まで、綺麗に」

「!?」

シミ一つない体に手を伸ばし、脇、首、お腹、胸、下半身と全てに手を伸ばし石鹸をすりこんでいき

京太郎「え、自分ばっかり恥ずかしいって俺は……って、驚くよな」

あまりの恥ずかしさに京太郎の方へ振り向くと反りかえり膨張したモノが

京太郎「生理現象みたいなもんだよ」

京太郎「驚かせて悪いな、触ってみるか? じょーだんだって。ほら体を洗ったら次は」

京太郎「ベッド、行こうぜ」ボソッ

京太郎「隠すなよ、見えないじゃん。にしても借りてきた猫みたいだな」

ベッドでは優勝者に覆いかぶさるような体勢で、彼女に全てを見せるよう愛の言葉をささやく

京太郎「そう、それでいい」

健気に頷き、京太郎と小鳥のようにキスを啄ばむ。

京太郎「好きだ、愛してる」チュッ

柔らかく紅い唇、桜色の乳房への口付け

京太郎「今宵だけの夢、楽しもうぜ」

京太郎「俺の物もいつも以上に興奮してるみたいで大きくなって、きついかもしれないけどさ」

優勝者も京太郎のいつも以上に膨張した物を見て、ごくりと唾を飲んだ

京太郎「大丈夫、怖がらないで。優しくするから」チュッ

京太郎「そうそう、いつもの…に戻ったね」

京太郎「好きだよ」




ハギヨシ「見せられないよ!」



翌朝、二人は裸で用意された果物をつまんでいた

京太郎「どうだった? はい、あーん」

マスカットの皮をむき、口へと運ぶ。

京太郎「色々痛気持ち良い? あはは、ごめんごめん」

「でも幸せ」

京太郎「そっか。よかった」



コンコン

ハギヨシ「須賀様、お時間です」

京太郎「もうそんな時間か……」

京太郎「泣かないで、お願いだから」

ハギヨシ「そのことでお話しがございます」

京太郎「話し?」

ハギヨシ「大阪の人々がやってきました。」

その言葉を聞き京太郎は身構え、先ほどまで交わっていた優勝者も京太郎に寄り添い抱きついた

ハギヨシ「どこから聞いたのか、噂を聞きつけやってきたご様子です」

京太郎「で、でも」

ハギヨシ「龍門渕、清澄高校含め各校、奥様も相手の条件を飲むそうです」

京太郎「そ、それって」

ハギヨシ「奥様曰く、『選ばれるのがだれにせよ、付き合うには体の相性も大切。コレを機に身を固めろ』とのことです」

京太郎「あ、あはは」

空笑いする京太郎の頬を撫で、大丈夫だよと落ち着くようキスをする優勝者

京太郎「あ、ありがと。『次も勝つから心配しないで?』」

ハギヨシ「優勝者様もお着替えを用意しておりますので、そちらに着替えて対局場へ」

京太郎「お、俺は」

ハギヨシ「須賀様は今来られると混乱を呼びますので、後ほど私が迎えに参ります。では後ほど」

ハギヨシ「食事はこの後すぐ杉乃さんが持ってまいりますので、そちらを召し上がり下さい」

京太郎「わ、わかりました」





ハギヨシが出た後すぐに、気合を入れ直すと優勝者も着替えて出て行ってしまう。







京太郎「どうしてこんなことに。けど、あの人のようにこうまで俺を愛してくれるなら、俺の望んだ……」

京太郎「いや、でもこれってやってる事最低じゃ」

歩「お食事をおもちいたしました」

京太郎「あ、ありがとうございます」

歩「きゃっ」

京太郎「あ、すみません、服着てないの忘れて」

歩「い、いえ……こちらこそ」ドキドキ

京太郎「杉乃さん、でしたっけ?」

歩「は、はい」

京太郎「俺って、最低ですよね。思いを寄せられても、好きな女一人決められない」

歩「そ、それは」

京太郎「あげくこんな体だけの関係、俺の一番嫌いな軽薄で」

歩「そ、そんなことありません!」

京太郎「杉乃さん……」

歩「歩で結構でございます。それに奥様の仰ることも一理あり、私だってできれば、じゃなく」

歩「と、とにかく相手が幸せならそれでいいと思います!」

京太郎「でも」

歩「そ、それに須賀様は考えすぎだと」

京太郎「考えすぎ?」

歩「須賀様は自身が思われているより慕われております。だからこそ様々な人々と触れ合い、相手を知ることも大切だと」

京太郎「歩さん……」

歩「と、とにかく須賀様は正しいことをなさいました!」

京太郎「そう言っていただけると助かります」

歩「朝食はここに置いておきますね」

京太郎「よかったら一緒に食べますか?」

歩「ええ!?」

京太郎「一人での食事も寂しいものですし」

歩「よ、良いのですか!? ではなく、そ、そのような真似」

京太郎「あ、果物もありますよ。ほら」

歩「……」


歩「で、では失礼して」チョコン

京太郎「どれ食べます?」

歩「須賀様はどのサンドイッチを食べますか?」

京太郎「じゃあ俺は卵で」

歩「で、ではお口を、あ、あーん」

京太郎「ええ!?」

歩「め、メイドですので。ど、どうぞ」

京太郎「じゃあ、あむっ。……美味い! 歩さんが作ったんですか?」

歩「は、萩原さんです」

京太郎「やっぱあの人料理上手だな~、タコス作りといい」

歩「おかわりはどうなさいますか?」

京太郎「俺はともかく、歩さんはどれを食べます?」

歩「わ、私は余った物で」

京太郎「それはさすがに…そうだ、パ二―ニはどうですか? チーズとかトマトとか、色々入ってるし」

歩「で、ではそれをいただきますね、はむっ」

歩「美味しい!」

京太郎「ですよね! それにベッドで食事って何だかぜいたくな気分で」

歩「確かに、家ではできませんね」

京太郎「そうですね。あ、次は何食べます?」

歩「と、ところで須賀様」

京太郎「須賀で良いですよ。なんですか?」

歩「お召し物を着られた方がよいかと。目のやり場に困ってしまいます///」

京太郎「す、スグ着替えます!」

歩「あ、急に立ち上がられたら、ひゃ///」

京太郎「す、すんません!」

歩(2、2度も見ちゃった……ど、どうしよう)

歩(お、男の人の物ってあんな形を……)




歩「トラブルもありましたが、朝食はとても楽しいお時間になりました」