龍門渕家


一「お帰りなさいませ、透華お嬢様」ペコリ

純「お帰りなさいませ。お荷物預かりいたします」ペコリ

透華「ただいま戻りましたわ」

京太郎「お邪魔します」

純「…お帰りなさいませ」

京太郎「少しお世話になります」

透華「堅苦しいことは抜きにして、前回も申し上げた通り京太郎様は我が家のように」

京太郎「そういうわけには」

透華「もし気になるようでしたら、人払いも検討しますが」

京太郎「平気です平気です!」

純「ま、メロメロな透華はその方が都合いいかもな」ボソッ

一「うーん、でもボクとしてはあまり」

透華「聞こえてましてよ」

純「やべっ」

一「今お飲み物ご用意しまーす!」

透華「まったく……」

京太郎「あはは、仲いいですね」

透華「当然ですわ。ですが、分別は弁えないと、龍門渕家当主として務まりませんわ!!」

京太郎「立派だなあ…」

透華「もっと褒めてくださってもよろしくてよ。例えば、こんな風に」ギュッ

京太郎「と、透華さん!?」

透華「いくら私といえども、重圧に耐えられない時だってありますわ」

京太郎「ま、まずいですって」

透華「京太郎様、私に少し温もりを///」

純「飲み物持ってきましたー」

京太郎「ほっ……」

純「こちらストレートのアップルジュースでございます」

京太郎「ありがとうございます」

純「コレが仕事ですので、お気になさらず」

京太郎「あ、ほら透華さん、飲みましょう」

透華「……もう」

純「須賀様、透華お嬢様には婚約者がおられますので、あまり不埒な真似は

控えていただきたく」

京太郎「す、すみません!」

純「いえ、どうやら知らなかったようなので、次から気をつけていただければ」

透華「じゅ、純!! 口が過ぎましてよ!!」

一「お嬢様、全てはお嬢様と当主様のためでございます」

透華「一!」

一「気持ちはわかりますが、次期当主としての振る舞いを」 

国広一 E48 好感度は普通よりちょっと低め。デレデレな透華が心配。

京太郎「そういえば、萩原さんは」

透華「ハギヨシなら衣の傍にいますわ。それとどうして私から距離を?」

京太郎「衣? あ、離れているのは誤解されると迷惑かと」

衣「衣を呼んだか?」

京太郎「あ、衣さんって咲と対局してた」

衣「咲の知り合いか?」

京太郎「というか中学からの悪友? 友達?」

ハギヨシ「須賀様は清澄高校の生徒でございます」

衣「おお、ならば衣とも友達だ。友好の握手をしよう」

京太郎「よろしくお願いします」ギュ

衣「手が大きいな。衣の手がすっぽり納まってしまったぞ」

京太郎「あはは、ハンドボールやってたからかもしれません」

衣「ハンドボール?」

京太郎「えっと、サッカーの手バージョンですよ」

衣「おお、衣もキャッチボールなら出来るぞ!」

京太郎「へえ、女の子でキャッチボールって珍しいですね。あ、そうだやります?」

衣「望むところだ!」

透華「一、衣には何も言わないのかしら?」

一「衣様には婚約者はいらっしゃいませんので」

透華「ムキー!!」

京太郎「グローブってあります? あと柔らかいボールって」

ハギヨシ「あるにはあるのですが……」

京太郎「何か問題でも…あ、手に合うグラブが無いとか」

ハギヨシ「いえ、技術的な問題が」

智紀「キャッチボールはやめた方が良い…」

京太郎「えと、初めまして?」

透華「智紀、良い所に来ましたわ」

智紀「何か問題でも…」

透華「一と純が変ですわ!」

純「変って」

一「全てはお嬢様のためを思ってのことで」

衣「衣とキャッチボールするのは嫌なのか?」

京太郎「あ、いえ…そういうことじゃ」

ハギヨシ「須賀君は大阪から帰られたばかりで、疲れていらっしゃるので」

衣「そ、そうだったのか」

京太郎「あ、はい。すみません」

衣「ならえっと、麻雀、麻雀は」

京太郎「えっと、東風だけなら」

衣「よし、やろう!」


背伸びをして京太郎の手を握った衣を見て、透華は混乱した!

透華「あ、衣! お待ちなさい。京太郎様は私の」

衣 A89 この温もりは、父上、母上といた時のようだ

衣「トーカも混ざるのか?」

透華「当たり前ですわ! それより智紀、あの二人を叱りなさい」

智紀「……なぜ?」

透華「明らかにおかしいですわ!!」

純「お嬢様の尻が軽いと、龍門渕家のイメージ、尊厳に関ります。それに失礼ですがオレ、私としては彼はあまり」

透華「京太郎様の悪口は許しません事よ!! ほら智紀も私の味方を」

智紀「私は」

歩「あ、あの」

透華「歩も丁度良いですわ!」

歩「え、えっと、なにがでしょうか?」

一「あの金髪君のことだよ」

歩「あ、ああ」

純「智紀も思うだろ? あいつからはどうも変な流れって言うかなんつーか」

智紀「思わない…」 A89

歩「私も好青年で素敵だと思います」 B70

純「はぁ!?」

透華「ほら見なさい! 京太郎様は素晴らしいお方ですわ」

純「二人は味方だと思ったのになあ」

智紀「ただ、人目は気にするべき…」

透華「智紀!?」

歩「そ、そうですね。お嬢様には婚約者の方が」

透華「あんなもの形だ「ストップ」」

透華「一、何するんですの!!」

一「透華少し興奮していたから。それと、彼もう行っちゃったよ」

透華「はっ……お待ちになって―!!」

純「国広君はオレの味方じゃ」

一「もちろん。ボクは純くんの味方だし、彼のことはあまり好いてないよ」

純「だよな、なんであいつらあんなに」














衣の部屋


ハギヨシ「卓の準備はできていますよ」

衣「御苦労!」

京太郎「相手は衣さんと」

透華「負けませんわ!」

純(目覚まさせねーとまずいだろ)

京太郎「透華さんと純さんですね」

純「井上です」

京太郎「あ、すみません。下の名前で呼ぶことが多かったから」

純「随分なタラシでいらっしゃるようで」

京太郎「たらしって」

透華「純!!」

衣「衣の友を侮蔑するのは許さんぞ!」

透華「いやいや、あって数回の男にそこまでお熱ってほうがおかしいだろ」

京太郎「まあまあ、時間もないですし始めましょうよ。ね?」

透華「きょ、京太郎様がそうおっしゃられるなら」モジモジ

衣「うん!!」

純「けっ」

歩「あ、あの……どうして井上さんは須賀様を」

智紀「キャラかぶり?」

一「違うと思うよ(ああ透華、目がハートマークに……頑張れ純くん)」

純(オレの感がそう告げてるっつーか、絶対この男は不味いって)

歩「あれ、萩原さんは」キョロキョロ

透華(純、京太郎様をバカにしたこと、許しませんわ)

純(こいつのカッコ悪い所を見せれば二人も目覚ますだろ。おっしゃ!)




対局結果

京太郎 1位(ぞろ目あり)

純   2

透華  3

衣(ぞろ目もどき) 最下位の順になります。




京太郎「えっと、お疲れさまでした」1位

純「」

衣「こ、衣が海底まで辿りつかないなんて」

透華「」焼鳥

京太郎「あ、あの」

智紀「……強い」

一「じゅ、純くん、2位だよ。2位」

純「ツモや直撃避けただけじゃん……和了ったのも断幺のみだし」

京太郎「あ、あの、なんかすみません」

衣「見事、見事だ! 魔物と見間違う、イヤ、魔物を打ち滅ぼす神の御子」

京太郎「? 何だかよくわからないけど、大げさですよ」

衣「もう一回、もう一局」

京太郎「裾引っ張らないで欲しいです。あと、時間が」

衣「むむ、衣も流石に時は」

京太郎「また来るので」

衣「約束だぞ!」

京太郎「はい」

京太郎「じゃあ今日は失礼しますね」ペコリ

ハギヨシ「須賀君!」

京太郎「あ、萩原さん」

衣「あ、ハギヨシ、京太郎は凄いぞ!」

ハギヨシ「大変なことになりました……」

京太郎「大変なこと?」

ハギヨシ「こちらに……あと、透華お嬢様と衣様。お呼びがかかりました」

透華「!」

衣「衣もか?」

ハギヨシ「はい。これは命令です」

京太郎「および? 命令?」

ハギヨシ「着いて来て下さると助かります」

京太郎「? まあハギヨシさんの頼みなら別に」













龍門渕家

父「……」ゴゴゴッ

透華「お父様……」

衣「衣も呼ぶとは、どういう風の吹きまわしか?」

ハギヨシ「旦那様は、彼について話があるそうです」

京太郎「」

ハギヨシ「失礼ながら、先ほどの対局を隠しモニターで見ていらっしゃったのです」

透華「まさか、京太郎様を処罰する気じゃ」

京太郎(ま、まさか不貞行為で……)

父「京太郎、様?」ゴッ

透華「い、いくら御父様とはいえ、許しませんわ!」

母「入婿の癖に、子供相手になにを格好付けてるのかしら?」

母「後は私が。貴方は下がっていなさい」

父「……」

透華「お母様!!」

ハギヨシ「透華お嬢様」

透華「ええい、ハギヨシ! ハギヨシが隠し撮りなどするから」

ハギヨシ「申し訳ありません」

母「さっさと本題に移りなさい、ハギヨシ」

父「後は頼んだ」

母「勿論」

透華「お父様! まだお話は」

ハギヨシ「ですが、旦那様は処罰する気ではありません」

衣「ほう、衣を恐れていた男とは思えなんだ」

母「勿論私も、処罰する気など毛頭ありませんわ」

ハギヨシ「本題に移らせていただきます」

京太郎「ほ、本題?」

ハギヨシ「須賀君の処遇についてです」

京太郎「お、俺の?」

ハギヨシ「少々素性を調べさせていただきました所、須賀君いえ、須賀様は名家出身だと」

透華「京太郎様が!?」

京太郎「名家ってそんな……爺さんの頃にはもう没落したし、今はちょっと土地あるくらいの」

ハギヨシ「謙遜は結構でございます」

ハギヨシ「そこで須賀様、須賀様のご両親に確認をとった結果」

京太郎「け、結果?(君呼びじゃなくなった)」

ハギヨシ「須賀様は」

母「本日をもって天江衣、貴女の婿とします」

京太郎「む、婿!?」

母「魔物には監視する男が必要、そうでしょう?」

京太郎「こ、困ります」

衣「京太郎は衣が嫌いなのか?」

京太郎「き、嫌いと言うことではなく」

透華「そ、そんなこと許しませんわ!」

母「透華には関係ないことよ」

透華「ありますわ!」

京太郎「透華さん?」

透華「きょ、京太郎様の意思も無しに」

母「龍門渕家はそれだけ力が強いことは、貴女もよく知ってるはずよ」

透華「っ……」

衣「衣は構わないぞ?」

透華「衣!!」

京太郎「えっと、俺はお互いを」

母「それはコレから知ればよろしくて?」

京太郎「それは……」

母「卒業までの2年とちょっと、仲を深めるには十分じゃないかしら?」

透華「こんなこと、私は、ぜぇったい認めませんわ! 京太郎様、こちらです」グイッ

京太郎「わっ」

透華(何もかも勝手すぎますわ)プンプン

京太郎「で、どこへ」

透華「京太郎様を駅までお送りしますわ」

母「……衣ちゃんは嬉しいわよねー」

衣「うん!(透華には悪いが、利用できる物は利用させてもらうぞ)」

母(衣ちゃんかわいいわ~)


天江衣の婿(暫定)になりました。













須賀家

京太郎「母さん!」

須賀母「あら、お帰り」

京太郎「何勝手に」

須賀母「別に良いじゃない。どうせあんた、誰が好きかなんて決められないんだから」

京太郎「は!?」

須賀母「彼女もいないんだし、ちょうど良いでしょ」

京太郎「勝手なことを」

須賀母「文句あるなら一人に絞りなさい」

京太郎「俺はもっと時間をかけてだな」

須賀母「なら衣ちゃんぴったりじゃない。ちっちゃくてかわいいし、あんたが結婚できるまでには2年以上あるじゃない」

京太郎「ふざけ……はぁ」

カピ「~~?」

京太郎「寝る……疲れた。おいで」

カピ「♪♪」トコトコ




深夜

京太郎「……はぁ」ナデナデ

カピ「~~♪」

京太郎「俺はただ(おっぱいの大きい)一人の女性を好きになって」

京太郎「ゆっくりと時間をかけて仲良くなって…結婚。そしてその人のために汗水たらして働いて」

京太郎「幸せな家庭を持ちたかっただけなのにな……」

京太郎「それがどうして……」

龍門渕母『天江衣の婿よ』

京太郎「衣さんも嫌いじゃ無いけど、いきなり許嫁って。はぁ、なんでこんなことに」

カピ「~~?」スリスリ

京太郎「あ、ごめんな。こんな事愚痴る気なかったんだけど、誰かにしゃべりたくてな」

京太郎「悪い悪い。もう寝る。お前もケージに入って寝た方が良いぞ」

カピ「♪~♪」

京太郎「でも、いつかきっと(そんな女性に)」

京太郎「出会えるはず、だよな。その時こそ理想の女性を迎えれるように」

京太郎「相応しい男になって……うわっ」

京太郎「お前いきなりのしかかりするなんて、どこで覚えたんだ? ったくしょうがないな……今晩だけだぞ」

カピ「♪」

京太郎「嬉しそうな顔しやがってまったく、甘えん坊なんだから」ナデナデ

京太郎「お前だけは俺のこと、応援しててくれよ。おやすみ」

京太郎「……」zZZ

カピ「……」zZZ




ギィィィ

「…が…京…嫁…」ニヤッ

番外編 終わり















プロ編

はやりの家にお呼ばれされた京太郎は、来て早々瑞原はやりと戒能良子プロと対局することになった。

結果は当然最下位。しかし

京太郎「お、お疲れさまでした」

はやり「お疲れ様☆」

良子「ありがとうございました」

京太郎「あはは、やっぱり勝てませんね。プロには」

良子「ノ―ノ―。君はすっごく興味深いですね。あの九種九牌は鍛えれば役満手にもっていけます」

京太郎「マジっすか!?」

良子「イエス」

京太郎「よーし」メラメラ

はやり「久々に会えて嬉しいぞ☆」

京太郎「俺の方こそ、連絡できなくて」

はやり「調子はどう?」

京太郎「あはは、(襲われたり勝手に婚約者できたり)相変わらずってところですね」

良子「このメランコリーな顔、グッドですね」

はやり「でしょ! 京太郎君すっごくかわいくて~」

はやり「どの牌捨てるか悩むところとか、やっと決心して牌を捨てた後のため息とか」

はやり「和了った時にね、はやりの顔見てニコって、ニコって笑うの☆」

はやり「も―すっごく可愛い!!」

良子「そうですね」

はやり「もー、良子ちゃん聞いてるの?」

良子「聞いてます聞いてます。私としては、振り込んだ際のフェイスが」

はやり「それでね~」

良子「聞いてませんね、はやりさん」

京太郎「あ、あの」

はやり「なにかな?」

京太郎「せ、せめてそういう話は、俺のいない場所でしていただけると」

はやり「きゃ~、京太郎君顔真っ赤だね☆」

良子「照れているんでしょう。ベリーベリーキュートですね。よしよし」ナデナデ

京太郎「か、戒能プロ!?」

はやり「あー、良子ちゃんずるい! はやりもする!」ナデナデ

京太郎(なんだこれ……)

京太郎(久々に指導してくれるというから来てみたらいきなり自宅に招待され、私服のはやりさんに)チラッ

良子「癖になりそうですね」ナデナデ  A85

京太郎(私服の戒能プロに撫でられる。しかも密着されてるから胸が、おもちが当たって……天国か!)

はやり「京太郎君また強くなって、はやりも嬉しいぞ」ムギュッ

京太郎「は、はやりさん(う、腕にあたってます、あたってます)」

はやり(あててるんだぞ☆)

良子(イエス)

京太郎(直接脳内に?!)

京太郎「あ、あの、俺お茶淹れてきます!」

はやり「もう、はやりはお茶なんかより」

京太郎「あ、ティーポットとか茶葉は全部用意してあるのでご心配なく。台所お借りします」

良子「用意周到ですねー」

はやり「なんといっても、はやりの弟子(兼未来の旦那様)だからね」フンス

良子「Oh…」

はやり「引っ越してはくれないけど、家に来てくれるってことは愛されてるってことだよね」

良子「引っ越し?」

はやり「うん。京太郎君にはやりの家に住まない?って前に聞いたんだよ☆」

良子「がっつきすぎですよ、はやりさん」

はやり「若気の至り。はやりも若いからしょうがないよね!」

良子「そ、そうですねー」

はやり「それにしても、自分の家の台所に男の子がいるって素敵だな~」

良子「妄想が捲りますか?」

はやり「はやや~」ニコニコ

良子「トリップしてますね……しかたない」スクッ

京太郎「えっとやかんは」

良子「やかんはこの棚ですよ」

京太郎「あ、戒能プロ」

良子「良子で結構です」

京太郎「ありがとうございます。あ、座っていただいて」

良子「私もお客ですから、手伝い程度は」

京太郎「ありがとうございます」

良子「その、はやりさんとはどこまで?」

京太郎「どこまでとは?」

良子「その、あんなんでもガードの固いはやりさんが自宅に招くなんて、京太郎はもう肉体関係を?」

京太郎「ガード?」

良子「この業界って肉体関係だけを望む男も多いんですよ」

京太郎「肉体関係だけ……それはきついっすね」

良子「そんななかではやりさんは上手くゲスな男を避けてきたものの、君に対して妙な執着を」

京太郎「俺にって」

良子(まあ私としても君には興味が)

良子「とにかく、はやりさんは意外と初心です」

京太郎「う、ぶ?」

良子「そんな彼女との関係、差し支えなければプリーズテルミー」

京太郎「えっと、実はもう下3」

京太郎「実は、ご褒美だってはやりさんからキスを」

良子「リアリー!?」

京太郎「え、ええ。テンションあがってしちゃったんだと思うんですけど」

良子「そうですか……なら、私も先ほどの対局でのご褒美をあげなければなりませんね」

京太郎「よ、良子さん?」

良子「落ち着いて。私は20歳。ヤングです。ほら、肌も綺麗ですよ

京太郎「し、知ってます。か、顔近い、お、俺やかん見なきゃ」

良子「火を止めれば大丈夫。背伸びは少し辛いですが、京太郎の首に手をかければ、あら不思議」

京太郎「よ、良子さん、からかうのも」

良子「京太郎の顔が私に少しずつ、少しずつ近づいて(京太郎の唇をテイスティング)」

京太郎「か、戒能プロ」

良子「良子です。京太郎、私のご褒美を受け取って」






ガシッ

良子「くださ……」チラッ

はやり「はやや?」ニコニコ

良子「じょ、ジョークですよ?」ニコッ

はやり「★」

良子「そ、ソーリー」

はやり「お客さんは座っててね」

良子「お、おーけー」トボトボ

はやり「京太郎くんもそこに座って」

京太郎「あ、すみませんお茶ならスグに」

はやり「座って!」

京太郎「す、座りました!」

チュッ

はやり「キスしたいなら、はやりに言うこと///」

京太郎「は、はやりさん」

はやり「はやりとの約束、わかった?」

京太郎「は、はい!」

はやり「じゃあこの話はお終い。クッキー焼いてあるからお茶受けに食べよっか」

京太郎「お茶すぐ用意します!」

はやり「うん☆」

良子(結局自分がしたいだけじゃないですか……アンフェア、不公平です)

京太郎「はやりさんのクッキー美味しいですね」

はやり「京太郎君が来るから張りきっちゃったぞ☆」

良子「アップルティーもグッドですね」

京太郎「喜んでもらえて嬉しいです」

良子「京太郎、あーん」つクッキー

京太郎「良子さん?」

良子「私のクッキーは食べられませんか?」

はやり「はやりが作ったのに……それなら」

京太郎「はやりさん、クッキー口に咥えてどうし」

良子「なら私も。京太郎、食べたい方をどうぞ」

京太郎「ふ、二人とも、高校生をからかうなんて」

京太郎「って、この二人目が本気だ……」

京太郎「ま、まあ……」パクッ

はやり「♪」

良子「京太郎」ジトッ

京太郎(初対面の人にそれは、ね……)

京太郎「これでいいですか?」

はやり「え~、全部食べてくれないの?」

京太郎「ホント恥ずかしいんで、勘弁してください」

はやり「う~」

京太郎「可愛い顔してもダメです」

はやり「か、かわいいって」

京太郎「はやりさんは美人なんだから、そんなことしてたら何時か襲われますよ」

はやり「京太郎君になら大歓迎だぞ」

京太郎「はぁ……」

良子「京太郎、私は嫌いですか?」

京太郎「良子さん、嫌いなわけないじゃないですか。ただ、会ったばっかりでその・・」

良子「なるほど…これならどうですか?」グイッ

京太郎「うわっ」

京太郎を自身の方へ引き寄せた良子は

良子「関西では流行っていると聞いたので」

京太郎「や、やわら……じゃなくて、膝枕!?」

良子「ふふっ、なんだか流行っている理由が分かる気がします」

はやり「よ、良子ちゃん、それはずるいよ!」

良子「はやりさんも御希望なら、後で膝貸しますよ」

はやり「そーじゃなくて!」

京太郎(すっゲーいい匂い、香水? よくわかんねーけどいい匂いだ)クンクン

良子「あっ、京太郎。あまり匂いを嗅ぐのはバッド、いえ……モア。モアです」

はやり「~~」

良子「苦虫でも噛みましたか?」

はやり「よしこちゃん、その顔すっごくムカムカする!」

良子「ソーリー。あまりに至福だったので」

はやり「京太郎くん!! 京太郎くんってば!!」

京太郎「は、はい!」

良子「あ、もうエンドですか」

はやり「そんなに大人の膝枕が良いの?」

京太郎「そ、そういうわけでは」

良子「やはり京太郎は私の事を」シクシク

京太郎「い、いえ、むしろファンだったり」

はやり「良子ちゃんも嘘泣き禁止!」

良子「おっと、ソーリー。ジョークです」

京太郎「な、なにがなんだか」

はやり「京太郎くんもあんまりフラフラしていると、はやりが監視するからね!」

京太郎「か、監視!?」

はやり「監視!!」

良子「はやりさん、犯罪はバッドですよ」

はやり「犯罪じゃないぞ★」

良子「Oh……(とてもバッドな顔をしてます)」

はやり「京太郎くんもはやりの弟子なら、師匠の言う事は絶対だよね? 絶対だよね?」

京太郎「は、はやりさん、こ、怖いです」






甘えん坊はやり


京太郎「ぶ、ぶどうです」

はやり「あーん、みずみずしくておいし~」

京太郎「お、おかわりは」

はやり「それより手が止まってるぞ」

京太郎「は、はい」ナデナデ

良子「はやりさん、私も彼に膝枕されたいのですが」

はやり「やだ~。京太郎くん、ぶどう欲しいな」

京太郎「ど、どうぞ」

はやり「京太郎くん皮もむいてくれるから好きだな」

京太郎「す、好き!?」

はやり「大好きだぞ」

京太郎「あ、ありがとうございます///」

はやり「じゃあ次ははやりがブドウを食べさせてあげるね」

良子「はやりさん、口にくわえられても食べづらいかと」

はやり「ひょうはほうふーん」

京太郎「じゃあ……」

ぶどうをとるには、唇を近づけ……るわけもなく、指で摘まんで口に運ぶ京太郎

はやり「あー、京太郎君ずるい!」

京太郎「だ、だって」

はやり「甘えさせてくれないなら罰ゲーム! 良子ちゃん、京太郎君を羽交い締めにして」

良子「イエッサ―」ガシッ

京太郎「は、はやりさん、良子さん!」

良子「そーりー。ていこうできません」

京太郎「棒読みじゃないですか!それに胸が」

はやり「きょうたろうく~ん」

京太郎「は、はやりさん……なにを」




ムギュッ

はやり「京太郎君の体男らし~」スリスリ

京太郎「く、くすぐった、ひゅあっ」

良子「おや、耳が弱いようですね。あまがみでココまでとは」

はやり「京太郎君いい匂い~」チュッ

京太郎の胸にキスをするはやり、耳に息を吹きかける良子。

京太郎「は、はやりさん、やめ」

はやり「心臓ドキドキだね。はやりもだけど」

京太郎「は、はやりさん、まじやめ」

はやり「そうだ、京太郎くんこっちだぞ」

京太郎「は、はやりさん?」

はやり「あったかくなろ」

京太郎「あ、あったかく?」

良子「相変わらず広いですね」

はやり「お風呂が広いって素敵だよね」

良子「まあ、確かに」

京太郎「あ、あの俺もう」

はやり「もう、なに?」

良子「はやりさん宅のバスはあったかくて素敵ですよ?」

京太郎「そ、そうじゃなくて」

はやり「?」

良子「?」

京太郎「せめて水着くらい着てくださいよ!」

はやり「??」

良子「??」

京太郎「はてなを増やすな!!」

はやり「まあまあ、とりあえず体洗ってもらおうかな」

京太郎「うわ、ちょ、見えてますから」

はやり「眼福かな?」

京太郎「そ、それはもう、じゃなくて」ドキドキ

はやり「はやりの背中、流してね」

京太郎「は、はい! じゃなくて」

はやり「時にははやりに流されるのも良いと思うな」

良子「なら私は京太郎の背中を」

京太郎「ふ、二人とも、だから前くらい隠して」

良子「本当にスタイル良いですね」サワッ

京太郎「ど、どこ触ってるんですか」

良子「言って良いんですか?」

はやり「あ、はやりは肌が弱いから手でお願いね」

京太郎「」

良子「どうしました?」

はやり「京太郎くん?」

京太郎「あ、あのですね」ムクムク

良子「京太郎、これは一体」

はやり「比較対象がないけど、大きいほう、だよね」

良子「興奮しましたか?」

京太郎「この状況で落ち着けって言う方が無理あるんですよ」

はやり「みゃ、脈打ってるね」ドキドキ

良子「い、いえす」ゴクッ

京太郎「あ、あの」

はやり「だ、大丈夫! 弟子のお世話も」

良子「大人の務めです。では」

京太郎「今日は失礼します!!」

はやり「あ、京太郎くん!」

良子「夜はこれから」

京太郎「ホントにお世話になりました!!」

はやり「待って」ガシッ

京太郎「理性が、理性がやばいんです。だから裸で腰に抱きつくのはやめ」

はやり「爆発しても良いんじゃないかな?」

良子「受け入れる準備はできてますよ?」





京太郎「ホント無理です、はやりさん達にそんな乱暴なこと、無理です」

はやり「はやりたちは別に、きゃっ」

ペチッ

京太郎「やべっ(はやりさんを引き離そうとしたら、はやりさんの顔に)」

はやり「い、いまのって…はややややや」

良子「それにそのような使い方があるとは」

京太郎「す、すんません!」

良子「でもそれは美味しそうですー」ニギッ

京太郎「触らないで! これ以上今刺激が……理性が崩壊したら、きっと」

はやり「京太郎くん」

京太郎「はやりさん」ギュッ

はやり「はやや(だ、抱きしめられて)」

京太郎「今はこれで、許してください。けしてはやりさんを嫌いなわけじゃないんです」

はやり「///」

良子「残念ですね」

京太郎「良子さんも、本当にすみません」

良子「しかたないですね」ギュッ

京太郎「よ、よしこさ」

良子「私もハグで我慢しましょう」

京太郎「わかりました」ナデナデ

良子「んふふ」

はやり(やっぱり京太郎くん、今までの男の人とは違う……はやりのことをこんなに大事に)キュン

良子「……あれが入ったらきっと最高のエクスタシーが」


京太郎「本当にすみません! あと瑞原プロ、また麻雀のご指導お願いします!」

京太郎がはやり宅から出てしまいました。











「やめて!」

酔っ払い「いいじゃんいいじゃん」

京太郎「嫌だなあんな大人……誰も助けないのか」

京太郎「おっさん、おっさんってば」

酔っ払い「ん誰がおっさんだこら!」

京太郎「あんただよあんた。嫌がってんだろ」

酔っ払い「がきはだあってろ」

京太郎「コレ、ケータイ。わかるでしょ?ちょっと大人しくしてくれます? さっき電話したからもうすぐ来ると思うんで」

酔っ払い「げっ、ただ声かけただけじゃねーか」

京太郎「あ、ゆっくりしてけばどうです?」

酔っ払い「覚えてろ!」


京太郎「行っちゃった……」

酔っぱらいが逃げだした

京太郎「……あ、あの、大丈夫ですか?」

野依「だ、大丈夫!」

京太郎「そりゃよかった」

野依「き、君のおかげ!」

京太郎「いえいえ」

野依「それより通報!」

京太郎「あ、さっきの電話なら心配なく。タクシー会社に電話しただけなので」

野依「タクシー?」

京太郎「ええ、タクシーです。駅まで送ってもらおうと思って」

野依「くすっ」

京太郎「あはは、せっかく呼んだんで、自宅まで乗って行ったらどうですか? 変な男もいますから」

野依「君!!」

京太郎「俺は別のタクシー拾うので」

野依「時間は!」

京太郎「明日は休みなので、あるといえば」

野依「お礼!!」

京太郎「お礼って、そこまで言われるほど」

野依「気が済まない!!」

京太郎「……少しだけですよ」

野依「!」パァァァ



野依家

京太郎「結構綺麗なんですね」

野依「物が無いだけ!」

京太郎「そんなことは」

野依「お茶、ジュース」

京太郎「あ、お構いなく。水で良いですよ」

野依「名水!」

京太郎「あ、水道水のつもりだったけどミネラルウォーターもあるんですね」

野依「ある!」

京太郎「けどさっきナンパされてたのに、男連れ込むのって不味くないですか?」

野依「!」アタフタ

京太郎「今気付いたのか。天然なのかな」

野依「そ、それより名前!」

京太郎「俺ですか? 須賀京太郎です」

野依「野依理沙!」

京太郎「へー野依って珍しいですね、野依?」

野依「コレ名刺!」

京太郎「……もしかして、麻雀プロの」

野依「そう!」

京太郎「戒能プロといい、今日は妙に縁がある」

野依「?」

京太郎「ああ、気にしないでください。いただきます」

野依「おかわりもある!」

京太郎「流石に2リットルも飲めませんって」

野依「美味しい!」

京太郎「確かに美味しいですね」

野依「カッコいい」

京太郎「え?」

野依「なんでもない!」プンスコ B79

京太郎「そうですか」

野依「……」

京太郎「……」

野依「……」

京太郎「……」

*1


京太郎「あ、あの」

野依「なに!?」プンスコ

京太郎「お、俺そろそろ」

野依「美味しくない?」

京太郎「い、いえ。美味しいですよ。」

野依「も、もう少し!」

京太郎「いえ、これ以上いては迷惑でしょうし」

ギュッ

京太郎「服の裾?」

野依「迷惑じゃ、ない」フルフル

京太郎「でも」

野依「口下手な、だけ」

京太郎「ああ、なんとなくわかります」

野依「ホント!?」

京太郎「ち、近い」

野依「///」

京太郎「えっと、じゃあ」

野依「話しやすい」

京太郎「野依プロの話も聞きやすいですよ」

野依「そう言ってくれるの君だけ」

京太郎「そうですか? 案外他の皆さんも野依プロの事は信頼していると」

野依「ありがとう」ニコッ

京太郎「もっと自信持って、あ、今の顔!」

野依「な、なに!?」

京太郎「すっゲー可愛かった。年上の人に言うのもなんですけど、すっごく可愛かった」

野依「や、やめて。恥ずかしいから///」

京太郎「本当ですって、野依プロ。今の笑顔、本当に素敵でした」

野依「り、理沙。」

京太郎「理沙?」

野依「と、友達として理沙、でいい」

京太郎「じゃあ、理沙さん」

野依「!」ニコッ

京太郎「あ、また。その顔、その顔本当に可愛い!」

野依「きょ、京太郎のおかげだから、本当に」

京太郎「あはは、嬉しいなあ」

野依「き、記念!」

京太郎「ケータイ?」

野依「しゃ、写真撮ろ。友達同士で写真撮るのは普通、だから」

京太郎「良いですよ。じゃあ」

野依「ち、近寄らないとフレームに」

京太郎「じゃあ、これでいいかな?」

野依「う、うん!」

京太郎「いきますよ、はい」

野依「ちーず」

カシャッ

野依(良く撮れてる……嬉しい)

野依「れ、連絡先交換。写真送るから」

京太郎「ありがとうございます。俺も記念になります」

野依「ま、またね(壁紙にしなきゃ)」

京太郎「ええ。また会えたら」



野依「京太郎、ありがとう」 A80