初夜


「私の初めて、京さんにあげるっす。ふ、ふぅ・・・」

プツンッ、
意外とあっけなく切れてしまって、身体と身体がぶつかりあって、乾いた音を立てた。

「ふ、ふぅ・・・ふぅ・・・っ、どうっすか? ちゃんと入ってるっすか?」

「モモの中、温かくてフワッしてて溶かされそうだ・・・っ」

「んっ・・・上手く入ってるならよかったっす・・・・あぅっ、そんな奥にはっ」

グリグリと亀頭で深奥を探られる。
その切っ先からカウパー液が染み出していると思うと、その一滴たりとも逃すものかと身体が震えてしまう。
一滴残らず吸い尽くしてしまいたい―――、女の本能か、膣壁が別の生き物のように蠢き始めた。

「はあぅっ、お、奥触られると変な気がして・・・ん、ふぅっ」

「モモの中、グニグニ動いて・・・・もう、我慢できないっ」

「あ、だめっっす、そんなに暴れられたらっ」

ぐり、ぐりぐりっ、押し付けられるようなピストンにフッと意識が遠のき、自然に甘い吐息が漏れてしまう。

(あぅ・・・っ、せ、背筋が・・・っ)

ゾクゾクとした悪寒にも似たものに身体が震えてしまう。

「そんなに奥ばっかり責められたら、私、私・・・・・・っ」

調べた知識でリードしてあげようと思ってたのに、それ以上に男の子の肉棒は力強かった。
ゾクゾクと背筋に悪寒が走り、

「あっ、あっ・・・あっ」

腰が溶かされそうなくらいに熱くなって、肉棒に貫かれるがままになっていた。
騎乗位になってるから、暴れ馬に揺すられるようになってしまってる。
モワ・・・・・ッ。
そんなときだった。
ふんわりとしたアンモニア臭を感じたのは。
いつも嗅いでる匂いだけど、ベッドの上ではあまりにも場違いすぎる。
「あっ、いやぁ・・・・・・っ」
しゅいいいいいぃぃぃぃぃぃ・・・・・。
お漏らししていたのは桃子自身だった。
男根に貫かれて秘裂の感覚が吹き飛んでしまっていたのだろうか。

「あっ、あぁっ、あうっ!」

膣と一緒に尿道まで広げられてしまったとでもいうのだろうか。
どんなに股間に力を入れても尿道はしまってくれない。
最愛の相手のお腹に向けておしっこを放ってしまっている。

「うぅ、ごめんなさいっす、今すぐ拭くっすっ」

立とうとしても、腰が抜けてしまったのか脚に力が入ってくれなかった。
バージンなのに、初めてなのに。
腰を抜かされて、おもらしまでしてしまうだなんて。

「モモにお腹溶かされそうだ」

「ごめんなさい、ごめんなさいっす、汚いっすよね・・・おもらししちゃうなんて・・・」

「そんなことないよ。モモのおもらし、温かくて気持いい」

「そんなの嘘っす・・・・って、う、ううぅ!?」

思わず驚いて声を漏らしてしまった。
身体の内側で、メキメキと肉棒が大きさを増してきたのだ。

「あっ、ああああぁぁ・・・裂けちゃう・・・・っす・・・・・・っ」

おしっこをかけられて萎えてしまったと思ったのに。むしろ肉棒は力強くそそり立っている。


「うぅ、京さんのおちん○んにおかしくされちゃいそう・・・っす、は、はぐぅっ」

思いっきり突き上げられて、背筋を弓なりに反らしてしまう。
ぷるん、と胸が揺れて、ピンと勃起した乳首が上を向く。

「あっ、あっ、あぁっ、そ、そんなに強くされたら、私おかしくなっちゃ・・・っ、んはぁっ、らめ、奥、ばっかり・・・・ぃぃ!!」

相手の身体に向けて倒れこみそうになるのを必死に我慢してると、ゾクゾクとした寒気に鳥肌が立ってしまう。

「手、繋いで欲しいっす・・・っ」

探るように両手を繋ぐ。
ごつごつしていて硬かった。

「はぁぁぁぁ~~っ」

手を繋いだだけで、妙な安心感がこみ上げてくる。
ブワッと膣内の奥から、肉棒を溶かさんばかりの熱い体液が降りてきた。
それは女の身体が限界に近づいていた証だった。

「んっ、んふぅっ、いっちゃう・・・・っ、もう限界・・・っ」

「俺もっ、もう、モモの中、ふんわりしてて熱くて・・・うっ、うぅ」

ピストンされるたびに意識が飛びそうになる。
さっきまで処女だったのに、破瓜の痛みがどこかに飛んでいってしまったみたいだった。
気が付けば馬乗りになり、京太郎に応えるように腰を振ってしまっている。

「うぅ、飛ぶっ、飛んじゃうっ、そんなに突かれたら、もうっ、くっ、くううぅぅぅぅぅぅっ」

こみ上げてくる絶頂感を、すんでのところで抑える。
そうしていると、ドロドロとした餡かけのような火傷しそうなほどに熱い本気汁が溢れ出してくる。
自分でもわかる。
あともうちょっとで達してしまう、と。

「モモに溶かされ・・・るっ」

「もっとっ、も、もう壊れちゃうくらい突いて・・・・あっ、あっ、あっ、くっ、くううううぅぅぅぅぅぅっ!!」

せめて大声だけはあげまいと声を抑える。
けれども一度燃え上がった女体はそれを許してくれなかった。
ギュッと抱きしめると、クリトリスまでもが潰れ、全身に電流が駆け抜けていった。

「あっ、あっ、あっ、おっ、おおおおおおおお!? 京さん、京さんっ、うううううぅぅぅ~~!!!」

クリトリスから全身に電流が走り、プルンと乳房が波打つ。

「あっ、ああああ!? お、おかし・・・いいぃ・・・っす・・・ぅ!?」

くたぁ・・・・・・・・、直後には、背骨が抜かれてしまったように、京太郎の身体へと倒れこんでしまっていた。
気が付けば、京太郎の顔がすぐそこにある。

「うっ、うっ、うっ、ま、まだお腹の痙攣、止まらないっす・・・・はぁうっ」

「お、俺も・・・・・っ」

ドクッ、ドクンドクン!!

急におちん○んが暴れ回ったと思うと、膣内に熱い感触が広がった。

「っ・・・ごめん・・・・モモ」

「でも、モモの膣内、まだふんわりして締め付けてきてて、モモみたいに優しく包まれてるみたいだ」

「もう・・・生意気っすよっ」

それでもちょっとだけ嬉しくなってしまう。

「もうちょっとこのままで・・・っす」

馬乗りで恥ずかしいけれど。
腰が抜けて動くことができなかった。
それにいまだピクピク動き続けている膣壁が、おちん○んを離したくないと言わんばかりに食いついてしまっている。
男の硬い身体に、女の柔らかい身体をギュッと押しつける。
こうしているとなんだか熱い愛液と同じように、ドロドロに溶けて一緒になれるような気がした。








ポッキーゲーム


京太郎「あの…照さん?」

照「ふぁに?」

京太郎「その口に咥えてるのは…?」

照「ふぉっきー」

京太郎「そんなの見れば分かりますけど……」

照「ボリボリ」

京太郎(なんかハムスターみたいだなぁ)

照「…京太郎が遅いから我慢できなくなった」

京太郎「俺も咥えるんですか?」

照「もちろん」パクッ

照「ふぁやく」

京太郎「あ、はい」パクッ

照「ふふっ」ニコッ

京太郎(照さん…やっぱり綺麗だn)

照「パクパクパクパクパク」ボリボリボリボリ

京太郎(ちょ…はえぇ!)

京太郎(早く離れないt)

ズキュゥゥゥーーーン!

照「ごちそうさま」ニコニコ

京太郎「うぅ…もうお嫁に行けない…」シクシク

照「大丈夫」

照「京太郎は私が貰うからねっ」








ポンコツと心配性


京太郎「照さん、洗濯機に洗剤入れるときは水量に合わせて」

照「わかった」


京太郎「洗濯物はちゃんとシワを伸ばしてからですよ?」

照「わかってるっ」


京太郎「焼くときはしっかりとフライパンを温めてからじゃないと」

照「わかってるからっ!」



京太郎「    」セイザ

照「なんで怒ってるかわかる?」

京太郎「私めが照さんの仕事に口を挟んだからです…」

照「京太郎のお弁当を毎日作ってるのは誰?」

照「京太郎の着る服を洗濯して干してアイロン掛けてるのは誰?」

京太郎「…照さんです」

照「わかってるなら…ちょっとくらい信頼して」

京太郎「……照さんに怪我して欲しくなかったからです」

照「なら」ギュウ

照「これからも私が怪我しないように見守っててね」ニコッ

京太郎「はいっ!」









てるてるクッキング


京太郎「照さーん」

照「なに?」

京太郎「今日のおやつはどうします?」

照「ホットケーキ」

京太郎「了解っすー」


京太郎「出来ましたよー」

照「待ってた」

京太郎「よいしょっと」ヒョイ

照「やっぱり京太郎の膝の上は落ち着く」スリスリ

京太郎「そうっすか? 自分じゃあんまりわかんないからなぁ」

照「そんなことより、早く食べよう」ワクワク

京太郎「はいはい」

京太郎「照さん、あーん」

照「あーん」モグモグ

照「やっぱり京太郎の作る物は何でも美味しい」

京太郎「いやいや照さんのお弁当には負けますよ」

照「・・・・ばか///」






着せ替え照ちゃん


京太郎「んー」

照「早く決めて」

京太郎「そんなこと言ったって照さんが何着ても似合うのが原因じゃないですか」

京太郎「あーこれも似合いそう・・・」

照「えーまた着るの?」

京太郎「お願いしますっ、これ着てくれたらちゃんと決めますから」

京太郎「あとでジャンボパフェ頼んでいいですからっ」

照「しょーがない」

照「ちょっと待ってて」



照「どう?」E.白ワンピ

京太郎「すっげー似合ってる!可愛さの中に照さんの綺麗さが調和してるっ」

照「そんなに褒めても何もでないから」


※夕飯のおかずが一品増えました








姉に勝る妹など(ry


咲「お姉ちゃん」

照「なに?」

咲「最近京ちゃんはどう?」

照「?」

咲「えっと・・・だから・・・お姉ちゃんを困らせてない?」

照「んー・・・・・」

咲「あるんだったら、ちょっと聞かせて欲しいかなーって」

照「んーーーー・・・・・あるにはある」

咲「なにかあったの?」

照「最近激しくて」

咲「・・・・激しい?」

照「ベッドの上で」

咲「         」

照「京太郎って凄いよね」

照「だって抜かずに[バキューン]だよ?」

咲「         」

照「さすがに私も耐えられないかも」

咲「         」

照「咲、聞いてる?」

咲「         」

照「あ、京太郎」

京太郎「なんです?」

照「今日は負けないからね」

京太郎「望むところですよ。返り討ちにしてやります」

照「ふふっ」


※照さんは返り討ちにあったようですが別のお話です






子供ってなんであんなに可愛いんだろうね


照「咲ー」

咲「なに?」

照「ちょっと京太郎と出かけるから子供の面倒見ておいてくれない?」

咲「またー? いいけど」

照「お願いね」

京太郎「照さーん、行きますよー」

照「今行く」

照「よろしくね」

咲「はいはい、いってらっしゃい」


咲(はぁ・・・なんで私って彼氏の一人も出来ないのかなぁ・・・)

咲(そりゃ京ちゃんみたいな人がタイプだからってさー)

咲(家事が出来てー身長が高くてー優しくてー)

咲(麻雀が出来てーたまーにえっちで)

咲(出来れば金髪がいいなぁーなんて考えてるから彼氏が出来ないんだろうなー)

咲(にしても京ちゃんの子供、かわいいなー)

咲(金髪でー優しそうな目しててーお姉ちゃんと京ちゃんの子供だから麻雀だって覚えるだろうし)

咲(あ・・・・もしこの子が大きくなって私がそれまで一人身だったら京ちゃんの子供と結婚すればいいのか)

咲(なーんてね)

咲(はぁ・・・彼氏欲しいなぁ・・・)

咲「一日だけ京ちゃん貸してくれないかなー」

照「貸してあげようか?」

咲「!?」ビクン

照「いいよ、咲なら」

咲「ええ!? でも京ちゃんのことも考えないと・・・」

照「さっき出先で京太郎が『咲に子供の面倒みてもらったりしてるから埋め合わせしないとなー』って言ってた」

咲「それほんと?! 嘘じゃないよねっ!?」

照「お姉ちゃん嘘つかない」キリッ

咲「ちょっと京ちゃん借りるねっ!」ダッ

照「んーえっちなことしちゃダメだからねー」

咲「わかってますー」

<ン? サキ?
<キョウチャンデートシヨウデート!
<ハッ!? イミワカランシ チョッヒッパルナッテ!


照「あー言わなきゃよかった」

照「京太郎、ごめんね。明日埋め合わせするから」


※翌日照さんが京太郎から離れなかったのは別の話です








ポンコツ姉は大胆?


京太郎「動かないでくださいね」

照「うん」

京太郎「照さんの髪の毛はいつ触っても綺麗っすねー」チョキチョキ

照「毎日ちゃんと手入れしてるからね」

京太郎「やっぱり大変ですか?」チョキチョキ

照「そんなことない」

照「こうやって京太郎が褒めてくれるから」

京太郎「・・・・なんか照れますね」チョキチョキ

照「照だけに?」

京太郎「ノーコメントで」チョキチョキ

照「むー」

京太郎「はいはい拗ねないでくださいー」チョキチョキ

京太郎「こんなものかなー」

照「んー?」

京太郎「少しだけ梳いただけっすけどどうっすか?」

照「ちょっと前から見て」

京太郎「前からですか?」

照「うん」

京太郎「はいっと、前にきましたけど?」

照「どう?」

京太郎「んーいいんじゃないんでしょうか?」

照「もっと近くじゃないとわからないでしょ」

京太郎「うぃっす」

照「・・・・・」


チュッ


照「いつもありがとね」ニコッ






新婚旅行


照「やっと落ち着いたね」

京太郎「そうっす・・だな」

照「ふふ・・・敬語まだ抜けない?」

京太郎「そりゃ・・・だってずっとそうだったし・・・」

照「いいんだよ、京太郎」

照「私たち夫婦なんだから」

京太郎「照さん・・・」

照「だから、照さん禁止」

京太郎「っ・・・・て・・・照///」

照「なんで照れてるの? ベッドの上じゃあんなに呼んでるくせに」

京太郎「それは・・・その・・・だって・・・///」

照「私は京太郎に照って呼ばれるの好きだよ」

照「なんか、京太郎と同じ立場になれたみたいで」ニコッ

京太郎「照さ、照はそういうときばっかズルいよなぁ」

照「惚れた弱みだね」

京太郎「うぐぐ・・・・何も言い返せない・・・・」

照(なんてね、私はずっと京太郎のこと好きだったよ、告白されるずっと前から)

照「ほら京太郎、こんなところで悩んでないで外にいこ?」

照「色んな場所に二人で行って」

照「色んなものを二人で見て」

照「色んなことを二人で感じて」

照「色んなことを二人でしよう」

照「だって私たちは夫婦なんだから」ニコッ


そう言って微笑む彼女はきっとこの世界の誰よりも綺麗だった――――。






新婚旅行2


照「旅行と言えば京都」

京太郎「仕事の関係で関東の方は結構行ってるし」

照「でもUSJにも行きたい」

京太郎「やめましょう、京都関係ない上に作者が死ぬ運命しか待ってない」

照「じゃあやめる」

京太郎「そうしてくださいお願いします」

照「敬語」

京太郎「あ、はい」

照「次使ったら罰ゲームね」

京太郎「ぐぬぬ・・・・わかりまし、わかった」

照「それでよし」

照「京都といえば八つ橋」

京太郎「あー確かに修学旅行の時、照に買っていったっけ?」

照「うん、美味しかった。でも生八つ橋も食べたかった」

京太郎「いやーあれは日持ちしないから修学旅行行って帰ってきてそこから照に送るとなると」

照「修学旅行先で送ってくれれば良かったのに」

京太郎「その手があったか!」

照「食べたかったなー」チラッ

京太郎「はいはい、買うって」

照「京太郎大好き」

京太郎「はいはい」

照「本心なのに」テルーン

京太郎「はいはい」ナデナデ

照「んっ」スリスリ

京太郎「というか、食べ物のことしか頭にないのか・・・・」

京太郎「はい、生八つ橋」アゲル

照「ありがとっ」モグモグ

京太郎(なんか八つ橋って照さんの胸に似てr)

照「なんか言った?」ニコッ

京太郎「い、いやなんでもないっす」ガタガタ

照「八つ橋に失礼」

京太郎(バレてたー)

照「京太郎は考えてることがすぐ顔に出る」

照「でもそういう分かりやすいところ好きだよ」

照「あ、でも、私の胸は八つ橋より柔らかいから」

照「毎日触ってるんだから分かるよね?」

京太郎(店前で何いってくれちゃってんのーこの人ーー!?)

照「京太郎はからかい甲斐がある」

照「やっぱり京太郎を好きになって良かった」ボソッ

京太郎「照さん?」キョトン

照「んーん、なんでもない」

照「ほら次の場所行くよ」

京太郎「待ってくれって、咲の分も買うんだからっ」アセアセ

照「時間は待ってくれない」

京太郎「分かってるってば」

照「ふふっ」





     /    .:: : .:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::: : : i
   /          / .   /::.:::::    .:::;:イ :/:.::::::::::::::::!   !
  // ..::::_ /: .::::::::/::::::::::::;:イ::;ィ:::::::::::::::::://::/:::::::::::::::::/:: . : :!
 /;/´ ̄ /: .::::::/:;:-‐/T77i ̄:::; -‐' /::7ナー-、_:::/:::レ::!: |
 ´    /: :.:::∠:::イ   ___!:::/   /ノ!ナ|::::::://::::::::::::: :!
      /.:::::::::::::::::;ヘ! ァ"7::::::::iヾ     '´,;-ァ=!::;ィ、 /::::::::/::: : !
     /;:イ::::::::::::::::{ヽ|.'{  b::::::::!      h::::レ:::i>'::::::::/イ:: : !、 ずっと前から大好きだよ
    // /:::::::::::::/::|  ! ` ゝ:::ン_        ,!'_::::;ン/:::::::/ i::: : 、ヽ、  京ちゃん
   .!/ !/:::::::::/:::::ヽ i   , , ,   ,     , , , i:::::::/ /:::::: : : iヽヽ
   / /::::::::::/:::::::::::゙、_|              |:|:::/_ノ:::::::::. : : ゙、 \ヽ
    /:::::://::::::::::::::;ハ     _  _     !:i:::、::::::、::::::::. : : :i  ヽ!
  ∠./‐' /:::::::::::/   > 、      ̄    /v、::ヽ:::丶:::::::.. : :!
       /::/::::/ _,ノ:::::::::` r 、     ,  イ、/  ' !::::/\::::.、: :!
     /::/;/  `ヽ、__;ィ:|:ー-`〒´-‐:':´::|    レ'  ヽ;ハノ
    //        _,..-'´:|::::::::::::||:::::::::::::::::!丶,、
        _,... -―'::´:::| :::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::|:`ー-、