京太郎「こんちわーっす、って和だけか」

和「こんにちは、須賀君」シャカシャカシャカシャカ

京太郎「あ、和、レッドペッパーの臭いがすごいわ、シャカチキは程々にな」

和「ええ、これが最後の一個ですから」シャカシャカシャカシャカ

京太郎(やっちまったなぁ……)










京太郎(始まりは先週のことだった)

京太郎「いやー悪いな和、教本選ぶの手伝ってもらって」

和「この位気にすることないですよ」

京太郎「それでもなんかお礼がしたい!というかあわよくば好感度をあげたい!」

和「素直は美徳ですけどタイミングを選んでください!……それなら、あの」

京太郎「ん?マック?」

和「その、食べたことがないんです……須賀君がよければ一緒に」

京太郎「もちろん!奢らせてくれ!」

和「そ、それは悪いですよ」

京太郎「マック位買う余裕は……うん、ギリある」

和「ギリギリなんですか!?」

京太郎(と、ここまではよかった)

京太郎「さあ、めしあがれ!って言ってもマックだけどさ」

和「い、いっぱいありますね」

京太郎「ああ、余ったら俺が食うし、好きなだけ初マックを堪能してくれ」

和「そ、それじゃあ……まずはどれを」

京太郎「そうだな……まずはなんと言ってもコレかな?フライドポテト(L)」

和「そのかっこえるってどうやって発音を……いただきます」

京太郎(こんなところでも手をあわせるのどっちマジ天使)

和「……!!な、なんですかこの、熱くて、しょっぱくて!シンプルなのにいくらでも食べられる!」

京太郎「ははは、量はあるから落ち着いて食えよ……そうそう、それと熱いならこれを飲むのがいいぜ」

和「これは……喉がビリビリするのに、甘くて……よけいポテトが止まりません!」

京太郎「おー、コーラも初だったのか」

京太郎「ま、ポテトだけで腹を膨らましたら勿体ない。ポテトの相棒はコーラじゃなく、コイツさ」

和「ごくり……それが、はんばーがーというヤツですね」

京太郎「いや、正しくはダブルチーズバーガーだ」

和「ダブルチーズ……?」

京太郎「この業界ではダブチという、まあその名の通りチーズもパティも二倍っていうスペシャルなバーガーさ。初心者にこれはちょっとキツいかもしれんが」

和「ば、馬鹿にしないでください!いくらポテトとコーラが美味しいからといって肉をパンに挟んだだけ……チーズがあって量が二倍になってるからといってこの程度に負けません!」

京太郎「めしあがれ」

和「もう……むぐ」




和「んほぉおおおおおっ!?ダメ、ダメ、ダメです!この味ダメ負けちゃう!チーズと肉しゅごい!」

京太郎「ピクルス部分とあわせて食べてみ」

和「うそっ!変わってます食間も風味もなんでぇ!?なんでこんなに美味しいですかぁ!?」

京太郎「さらにポテトとコーラだ!」

和「ぁあ~!しゅごいぃぃぃ!勝てるわけない!こんなのはんそくですぅ!とまらない!はしたないのにがっついちゃいます!」

京太郎(箱入り娘である和の新鮮な反応についついやり過ぎてしまった部分はある)

京太郎「これはマスタードとバーベキュー、ソースにつけて食うのさ」

和「ソースにつけた位でこんな安い肉が……んほぉおおおおおっ!?」

京太郎(十数年間、触れたことのない化学調味料と体に悪そうなものいっぱいの食事)

京太郎「ほーらよく聞けーこれがシャカシャカだ」 シャカシャカシャカシャカ

和「こわい!こわいです!こわいのにぃ、お腹空いちゃいますぅ!」

京太郎(食べ終わった後、和は)

和「こ、これからは毎日マックです……もうマックがないと生きていけません」

京太郎(ドハマリしてた)

京太郎(今では優希のタコス、和のマックってな具合でもう卓の両サイド食事してこっちも腹が減るというもの)

和「ふふ、優希……マックを食べた私は」

優希「ま、まさか私みたいに!」

和「特にそういうわけではありませんが満足感に溢れています、ロンです」

優希「じぇ~!?」

京太郎「は、腹が減って集中できねえ」

咲「大丈夫?京ちゃん」

和「よければこれ、食べてください」

京太郎「これ、和の弁当じゃ……いいのか?」

和「ええ、私は昼をマックで済ませましたから」

京太郎「昼もマックなのか!?」

優希「間違いなく太るじぇ、のどちゃん」

京太郎「んー、大丈夫じゃないか?俺ちょっとむっちりしてる方が好きだし」

咲「京ちゃんの趣味は!」
優希「聞いてないじぇ!」

京太郎「お、おう……」

京太郎(それから一週間、恐れていた事態が発生した)

京太郎「え?ブラのサイズが2上がった?」

和「///」

咲「なんで!?」
優希「しかもウエスト変わってないし!?」

京太郎「いや、よく見ろよ。このギリギリスカートの上に肉がこう、ぷにっと」

和「そろそろ怒りますよ、須賀君?」

京太郎「はい……」

咲「で、でもその程度で済むなんて……」

和「毎日、お昼になると近くのマックまで走ってましたから」

京太郎「一番近くでも坂下ってしばらく走らんといかんぞ……」

優希「のどちゃんがアホになってたじょ……」

京太郎(その後、清澄麻雀部ではプチマックブームが起きたが一週間ほどで終了した……今ごろ咲と優希はダイエットで忙しいだろう)

京太郎「あれ、今日はマックじゃないんだな」

和「ええ、目的は達成しましたから」

京太郎「?」

和「一緒に麻雀の勉強しましょうか、須賀君」


カンッ!