IH決勝前 清澄高校控え室前廊下

穏乃「ううっ…決勝に進めた嬉しさでまた和に会いに来ちゃたよう…」タッタッタ

穏乃「でも…ようやくここまで来た…全国の舞台で、もう一度みんなと遊ぶんだ!」タッタッタ

???「はぁ~ホント人使い荒いったらないぜ、あの部長は…」

穏乃「わわっ!危ない!!」キキー

???「へっ?」

ドンッ

???「いつつ…すみません、よく前見てなかった…あれ?」

穏乃「」キュ~

???「気絶してる…どうしよう…」

???「……はぁ」

穏乃「………はっ!」

???「お、目が覚めたのか、どこも痛いところは無いか?」

穏乃「うん…どこも(ええーっ!!私今、知らない男の子にお姫様抱っこされてる~!!)」

???「そりゃよかったよ、(ジャージの)お姫様」ニコッ

穏乃「~~!!」///

???「そういや時間は…やばっ!もう先鋒戦が始まっちまう!!…一人で歩けるか?」

穏乃「あ…」シュン

???「…優希にタコス渡しにいかないと」ブツブツ

穏乃「(ああっ…行っちゃう…そうだお礼するには名前、聞かないと!)」

穏乃「あ…あのっ!」

???「ん?」クルッ

穏乃「な、名前、教えてください!」///ムキャー

京太郎「ははっ、俺は清澄高校一年の須賀京太郎だ!じゃあな、『穏乃』!!」フリフリ

穏乃「///」ブンブン

穏乃「須賀、京太郎か…清澄って和と同じ学校だったよね…」

穏乃「また、会えるかな」///

穏乃「(…あれ?何で私の名前、知ってたんだろう?)」



咲「……………」<ジャアナ!シズノ!

咲「確かあの子、阿知賀の大将だよね…そういう事しちゃうんだと…ふーん…」

咲「絶対に許さない!絶対に、ゴッ倒す!!」

名前:
コメント: