玄「えええ!? お姉ちゃんがそんな病気に?!」

宥「うん。だから、私は須賀君のおちんぽ無しじゃ生きられなくなっちゃったの」

玄「い、言い方が卑猥なのです! でもSOA!」

宥「これ診断書」


診断書【須賀京太郎の男性器依存性 別名:スガチンポスキスキ病】
  • ちんぽに依存中
  • 処方箋は須賀京太郎の男性器のみ


玄「」

宥「あったかぁーい」

玄「うぅ、どうせならおもちならよかったのに」

宥「おちんちんの方があったかくて、硬くていいよ?」

玄「硬さはともかく! 暖かさはおもちの圧勝に決まってるよ!」

宥「ううん。ちんぽだよ」

玄「おもち!」

宥「京太郎君の太くて硬いおちんぽ様だって」

玄「ああああもぉぉぉぉやめてぇぇぇ!!」

宥「?」

玄「はぁ、はぁ……そこまで言うなら、確かめてみるしかないよ!!」

宥「え?」

玄「須賀、京太郎君のおちんちんと!! おもち!!」

 どっちが、暖かいのか!!

玄「ちん×ぽこ!! 開催!!!」

宥「えー?」


.    \丶      ,     /.!  / ,.ィ  ,    _  -‐   ̄            ̄  ‐-  ._       ` ー- , -
.      ヽ.ヽ  ,ィ  ./ l .//  .j '" / /!-‐ '"´       ,. -‐   ‐- 、              ‐ ._
      {ヽ.l l ./ { / .l/ '   ' ,イ     !           ////////////,ヽ                 、     ー-
     `、ヽ .l   !'        ,' ,'     j     _ -‐,.'///////////////ハ          , -‐ ⌒ 、` 、   ` 、
       }ヽ l  :   '   / ./      /' ,.、'"- '"   //////,ハ'///,lヽ/////ハ        .:::::::::::::::::..  、  \
     j  ヽ ',  :. / ,. -〈_ イ.    r 、 i .l     /////V/{ ∨/,ハ.‐V////ハー- _   、 ::::::-‐   丶_ ー- 、 ヽ    _- 、
  ヽ丶.{   〉_jー-' '"      }.     '. ','"l .l_ ,. -ー {'i///ハィf;示 `ヾ 示;卞l'//ハ    Tー- >、:::::....    `ヽ 丶_.ヽ
.   ',  ゝ .,' 、  , ' ,. ' ⌒  ',  ./ 、 , j .l   ,.イ  !.l'//,{ vzリ     .vzリ リ//∧‐- ._ノ   : ゝ、:::::::::::::::::::...../,.ノ { 、   ヽ
    、  ,j、_  ; j / ,.イ   ヽノ  , '.    ', ´,.-‐'" ///ハ      '    ノ///∧   `  、.;  .! ヽ  ハ ,.'./,- 、  .} ,ィ,   ヽ、
    _ヽ. { 、__` Y ,.イ ノ/  ',  ', ;l .!,.. '   ゝ -‐ー、////ハ   {  ̄ }  //////,ヘ、      \ ノ ! ト/ j /  /  ._ ノ,イ ` ゝ
    \ ` )ゝィ'",.ー;  ̄   .ノ /、 lイ、 l._,.ィ'' <///////> _` ´_ イ////////,\      ヽ ト、  /r ,./::ー',:  ) ノ
       ` ; `  '", '   /",..イ  .ノ ' `|| '" ,.'  `</-、///-, 二 ‐V///////////> 、    ,.-ー'  /./':::::::ノ /、-ァ   、
.        ノヽ  ,: 'ヽ  ,.イヽ,.' ,. イ _`‐l| |l イ    .l、  ;  `ヽ./ ,.-‐_-ヽ//‐- 、///////,> 、 .f,、ヽ,..、:::::l/:';::::::'r-、',. ヽ'.l     ヽ
.     r'、ヽ.'" r 'ノ /イ:::::/ '/ _, ―=ニ  .ニ=―   l.', l.;  r―-ヽ{r'"   \ ./ .V/////////,> 、' .i ヽ:::::::::/,.イ   / !   ト、
.      ( ゝ- '"     .ノ::::/;  //'  .,.ィ/l| |l///,>.、 ヽ .ノ   }   ,ィ、` 、    ',  .l'/////////////,\ニ.}:::::::'":::r'_ ,.イ! .l    .{
      ヽ_,..,-― ーイ:;:::::;'..l ,'/ ,.ィ'////,ll///////,\.; '   ./-‐イ/ l.ゝl,{    l  .l'///////////////,ヽ!  -_-‐',..イ  l `  ゝ
        ヽ!  .{ ト!::!::::l,ト! ,'.'/'///////l'/////////    ⌒ ∧/l__,.lハ    l / !//////////////,ヘヾヘ   ̄ ´    l    '
           j,j::::::::トj ,.イ/'////////////////{          o   ヾ!    ',  {'///////////////ハ. V',.        l  .ト、'
          ヽ、;:;:;:ノ.}'// ./////////////////ハ:..      , :.     !.     \ }'/////////ハV///ハ. V}         ;   ! `
              ,ハニ二,// .///////////////////,ヽ:::::::::::::::::::  ヽ:::::::::',       .jV///ハV//ハヾ////!. jリ        ,
.          ( { 、  , !/ '//////////////////////iー     o  ` ーヽ     .八////ハ∨/,ハ V///! ,ソ      ,    ゝ
              ` ` l{ .{////////////i///,i////,l/,l           `iヽ .イ//ハ'///,ハ∨//,!. }'//リ          ,   .ハ.}
                 ゙、 l////!'///,i///l l///{////,l/,!            l//!///! V////,!. !//リ !'//         /   .{ ノ
               ヽ∨//,l////l///l V//V////,r'       o.       Vl.}//,リ }//リ}/! .}/// ノ/          /  ; j
                  \ハ、/ハヾ'/,{ ヾ'ハ\'//リ             iノ/.jソ .j//ノj,リ ノ/ソ            /    j .;
                    `"'ゝー-ゝ ヾ、  ``ー `./                   ' '  .// '゙ '"´          
玄「絶対に!! 勝つっ!!!」バーン















 第二十一章【何これチン百景! 阿チン賀のドラゴンロード!】 


京太郎「宥さん。これ、どうぞ」

宥「ふふっ、ありがとう」ニコッ

京太郎「……これからは、定期的に写メ送りますから」

宥「うん。あったかぁいの待ってる」

京太郎「早く、治るといいですね」

宥「一生治らなければいいのに(うん、そうだね!)」ニコッ

京太郎「」

宥「あったか~い」


 コソコソ


玄「……」ジィー

                 ____
           ,. :.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.ヽ:.:.:\
.        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ′:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:./l:.:.:.:.:.:.:.|:|\:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.
      i:.:.:.:i:.:.:.:.|:.:.:.:.:l:.:.:/:.:./ .|:.:.:.:.:.:/|:l___|:.l.:.:|:.:.:.:.|:.:i
      |:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:|:./}/⌒|/l:.:.:/ 从 |:.l.:.:|:.:.:.:.|:i:|
      |:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:|ィ仗芋ミ }/ ,ィf:丈かノ:.:.:.: l:|:|
      |:.:.:.:|:.:.:./ :.:.:.:.l と)こソ     と):こソ |:.i:.:.: 从|
      |:.:.:.:|: :/ |:.:.:.:.:|             |:.|:.:.:.:.|
      |:.:.:.:Ⅳ{. |:.:.:.:.:|  """    '   """ }:.|:.:.:.:.|
      |:.:.:.:l:.圦.|:.:.:.:.:l            / :|:.:.:.:.|
      |:.:.:.:|:.|: :l|:.:.:.:.:ト、    '⌒^`   , イ:.:.:|:.:.:.:.|
      |:.:.:.:|:.|:i ll:.:.:.:.:.i:|`     __  ィ:.:.:.:.|:.:.:.l:.:.:./
      |:.:.:.:| 八||\:.:.i:|       |:.:.:.:.l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:/
      |:.:.:.:|:.:.:.:.|.:.:.|\厂`ー、  | ̄}|:.:.:.: |:.:.:.|/|
      |:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:|       厂Ⅵ ̄¨ァ┬|:.:.:.:.:.|ー-
    / ̄ ̄ ̄ |:.:.:|\__/\ i\___}_|:.:.:.:.:.|   ヽ
.    /  \    |:.:.:|  {:::::::::::::ー={ }=‐:::::::}:.:.:.: |  | }
玄「(おねえちゃんが変態になっちゃったよぉ)」グスッ

 病気だから仕方ない……それは分かってる
 でも、お姉ちゃんが須賀君のおちんちん中毒になってしまったと聞いて、お父さんは……


松実父「須賀京太郎を殺せば宥も死ぬ……ぐ、ぐぅぅぅうっ」ブツブツブツ

玄「ご覧の有様なのです。あぁ、どうすればいいいのかなぁ……」

 とにかく、お姉ちゃんを須賀君のチンポから救わなきゃ!

玄「そうと決まれば相談あるのみなのです!!」タタッ


京太郎「ちょっ、宥さん!? 引っ張らないでください!! あいたた!! いたきもちぃ!?」ギリギリ

宥「あったか~い」コスコス











 阿知賀女子


 ジャラジャラ

穏乃「あー! やっぱり和は強いなぁー!」

和「穏乃もすごく強くなりましたね」

憧「当然じゃない。和に会うためにみんな頑張ったんだから」クスクス

久「同じくギリギリで全国出場した同士、共感できるわねー」

咲「はい。決勝はハラハラしました」

優希「勝ったのは私達だけどな!」フンス

晴絵「次やったら、負けないよ。この子達はまだまだ強くなる」

灼「うん! もっともっと強くならなきゃ!」

 キャッキャ ウフフ

 ダダダダ

穏乃「?」

 バタァーン!!

玄「赤土先生!!」

晴絵「玄? どうしたの急に?」

憧「宥姉の看病をしていたんじゃ……」

玄「それどころじゃないの! 赤土先生助けて!」

晴絵「何やら大変そうだね。みんなは続けてて、私は様子を見てくる」タタッ

玄「前代未聞の大事件なのです!」

 バタン


和「須賀君に何かあったんでしょうか?」

久「心配ね」

咲「京ちゃん……」

優希「うぅ、気になるじょ」


晴絵「それで? 一体なにがあったの?」

玄「そ、それが……お姉ちゃんが、お姉ちゃんが」グスッ

晴絵「宥が?」

玄「こんな病気に」スッ

晴絵「診断書? 一体なんて……」サッ


診断書【須賀京太郎の男性器依存性 別名:スガチンポスキスキ病】
  • ちんぽに依存中
  • 処方箋は須賀京太郎の男性器のみ


晴絵「……え!? 嘘でしょ!?」

玄「うぅ……本当なんです」

晴絵「まさか、宥もこの病気に……そう、なのね」

玄「?」

晴絵「いや、なんでもないわ。それより、このことは誰にも話してない?」

玄「お父さんにだけ」

晴絵「そう、よかった。他のみんなには内緒にしておくこと。分かった?」

玄「(赤土先生もこの病気に心当たりあるのかな?)」

晴絵「……最近、宥の調子がいいと思ったらこういうことなのね」

玄「麻雀と関係があるんですか?」

晴絵「……とにかく、様子を見に行く。話はそれから」

玄「はいっ!」

 タタッ

晴絵「……スガ、チンポスキスキ病――」ドクン


/   __)   }          |:.:|.:.:.:.|:.人     __       人 |:.:.:.|: | | |=====ニニニ/O  Y
  /  / \/  ___________}\ |:.:|.:.:.:.l: :|:.:|:...    ̄ ̄    イ:l:.: :|:.:.:.|: | | |===ニニニ/ `¨´ /|
/ニニニ〉    Y  {ニニニニニニニニY.|八:.:.:.ト、|:.:|:.:.r‐}` ー--‐  {‐ァ: |:.|: : |:.:.:.|: | ∨ニニニニ/     / :|
\===/     |   〉ニニニニニニニニ   \l:_:|-‐'{厂         ア}ー- .:_:|:.: 八|===ニニ/       /  ヽ___/
  \/    /  /====ニニニニニ_ ,. <     |        |    ノ/=ー-、ニニ〈    〃   /ニニニニニニニニニニ
   `¨´ ̄ ̄`ヽ====ニニニニニ〈           |        |            〉/\_//   {ニニニニニニニニニニニ
⌒ヽ ー───ニニニニニニニニニ∧           ヽ       /           ∧    { {____/ニニニニニニニニニニニ

晴絵「あの悪夢が、再び――起こるっていうの?」ゾク


 松実館


京太郎「」ゲッソリ

宥「あったか~い」ツヤツヤ

玄「お、お姉ちゃんが妙に艶やかなのです!」

晴絵「これは……どうにかしないとまずいね」

宥「?」

晴絵「ちょっとお祓いに連れていってくるから。須賀君の様子を見ていてくれる?」

玄「は、はい!」

宥「あ、須賀君……」

晴絵「いいから宥はこっちよ」グイグイ

宥「あーん」ズルズル

 ポツーン

玄「……」

       ≦:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ:: :: ::.::.::ヽ
      ク:.:::.:::.::: : :: i: :: :: :: :: :: :: :: : : :ヾ: : :.::.::.ハ
     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::i
     /  ヾ:::::::::::i i:::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::::::ヒ.i
    /ソ|`::::::::::∥::i |:::::::::::::::;| .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 .  ∥ |::::::::::::ハ::|. {:::::::::::::::|  ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |::::::::ヾ|`|/ヽ|ソヾ:::::ハ|ー≦\::::::::::::::::::::::::::::|
      |::::::::ハ ィ.爪ハ  .ヾ:i  イ斤心 }:::::::|ヽ::::::::::::::|
.     |::::::::::::i 弋っリ       込:::リ.|:::::::i |:::::::::::::::|
      i:ハ:::::::::| xx  ,     xx .,i:::::::ヒ」:::::::::::::::|
      o .i:::::::::i              u |::::::::|:::::::::::::::::::|
      i::| ト::::::ヽ.    _      i::::::::|:::::::::::::::::::::|
     ノ:|:| |.:.ヾ::::::::ゝ 、   .,孑≦|::::::::|;;;;;;::::::::::::::::|
     /ノ |  |.:.:.:i::::::::::::::::ソ` 夭  /|::::::ソ:::::,:::::::::::::::::::|
        |ゞ:::::i::::::::/ ゝ仆'   i:::ソi|/|.:.:.:.:.:.i:::::::::::::|
       |:.:.:ヾ、:广 レへ /ヽ .i:// ノ.:.:.:.:./::/ヽ、::|
        |.:.:.:i:::::| 尸ヽ一イ ̄刀  /.:.:.:.:./:::/  .ヽ|
       |.:.:.:i::::::|  >  ,卅   /  ノ.:.:.:.:/:::::/   /`.i
      |.:.:.i:::::::/. <ヽ イ  ト-匕ヽ/.:.:.:.:/:::::/   /   .|
玄「こ、これで須賀君と二人きり」ドクン

京太郎「み……み、ず……」カラカラ

玄「……か、覚悟してね須賀君!! これも、お姉ちゃんを救う為なんだから!!」

京太郎「……うっ」ガクッ

玄「誰か来ないように……まずは私の部屋まで運ぼう」グイグイ









 玄の部屋


玄「ふぅー、重かったー」

京太郎「」

玄「(よ、よくよく考えれば男の人を部屋に入れるのって初めてかも)」ドキ

京太郎「ぁ、ぅぁ……」

玄「か、勘違いしないでね! これは、その……じ、実験をする為であって!」カァ

京太郎「みず……みず」

玄「私は、須賀君のことなんて、なんとも思ってないんだからね!」

京太郎「」ガクッ

玄「(え? そんなに落ち込むなんて……)」ドキッ

京太郎「」

玄「……うぅ、やりにくいよぉ」

京太郎「」

玄「と、とにかく! 勝負をする以上は真剣勝負!! 手加減なんてしないんだから!」

京太郎「」

玄「……おもちと、おちんちん! どっちが暖かいのか!!」

京太郎「」

                      -――-
                . . : : : : : : : : : : : : `丶、
                   / :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                  . : : :/:/::.::.::./::.::.::.::.::.::.::.:: : ヽ::.::.
            /::/::.:: /::.::.::./:|::.::.::.::.:|::.::.::.::.:i.::. ::.:
            ,'::/::.::.: i:.::.:: / │::.::.::.::|\| .:: |::.| ::.i
             |::i::.::.:|::.|::`ト|  | :|::.::.::.L イ::.::|::.| ::.|
             |::i::.::.:|::从≫=ミ|八 .::. 抖=ミ从::| ::.|  
             |::i::.::.:|::.:|{ rJハ  \_{.rJハ }|::.:| ::.|
            V|::.::.|::.:| 弋ツ    弋ツ ::. | ::.|
            /Ⅵ:|::.:|'. ::、::、  '   ::、::、 /|: | ::.|
             ,::/゚|::.l :.仏     __     厶|: | ::.|
            .:/::.:|::.| :.|:个: . .  ‘ ’   . :介/::/::八
          /::{/{∧::.::.i.::|〈  {≧ ‐≦}  |/::.::.: /ヽ::..
            / ::.::/ _V^>、|∧ ∨ーヘ. /iレく∨ ∧.::.、
.           / ::.::.」 // \く>、∨|  /∨rく_ン⌒∨ |::.::.\
          /::.::. 〔/ //⌒7┴ヘ_,//ー| ̄\\.\ 〕 .::.::.:\
       /::.::.:/       〈  -={_}=ー 〉`     \ .::.::.::.::\
.      /.::.::/{          人_,/| |\_人       ト、.::.::.::.::.: \
玄「今ここで! 決着を付けてみせる!」バァーン!

京太郎「(意識が朦朧としていて、何て喋ってんのか全然聞こえない)」

玄「……じゃ、じゃあまずは……体温計を」ガサガサ

京太郎「……」

玄「こうやって、胸の間に挟んで」シュルッ

 ムニッ

玄「ちょ、ちょっとイヤらしく見える……かなぁ……//」カァァ

京太郎「(なんで玄さん、胸の谷間に体温計挟んでんだろう)」ボー

玄「……」

京太郎「……」

玄「(ち、沈黙がキツイのです)」ドキドキ

京太郎「うぁ……ぁ」カラカラ

玄「す、須賀君はお姉ちゃんのことをどう思ってるのかな?」

京太郎「……?」

玄「(あれ? なんでこんなこと聞いちゃったんだろう)」

京太郎「わか、ら……ない(なんて言ったのか)」

玄「そ、そっか。まだ会ったばかりだもんね」ホッ

京太郎「?」

玄「(なんで私、ホッとしちゃってるの? 別に、須賀君とお姉ちゃんがどうなっても……私には)」

 ズキン

玄「っ! じゃ、じゃあ須賀君は誰が好きなのかな? 和ちゃん? 咲さんかな?」

京太郎「……え?(またよく聞こえなかった)」

玄「こ、答えて……//」ドキドキ 

京太郎「……く、ろ……さ、ん?(なんて言ったのかもう一度教えて)」

              /:..:..:..:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.:.ハ:.:.:.:j:.:.:.:.} ゚。:|\ :.:.:.:.:.|:..:。:..:..:..:.\
                /:..:..:..:/:.:.:.:.:.:.:.:/|__;.ム斗:./  |:.:.:.し:.:.;\_}:.:|__ ゚。.:.:.:.|:.:..゚。:..:..:\:.゚。
            /:..:..:..:/ :.i:.:.:.:i:.:/│:./  |:.′ |:.:.:.:.:.:./  Ⅵ   :。:.:.:|:.:.:..:。:..:..:..:}ⅵ
              /.......:.:.,:.:.:.:|:.:.:.:レ彡|:./三ミ:{、  | :.:.:.:./ 彡=リ三ミト、 :.:.|:.:.:.:.:゚:..:..:..:| リ
           /:..:..:.:.: ′:.:.|:.:./〃 リ   リヾ:、 :.:.:.:./.〃      ヾ:、リ .:.:.:.:i:..:..:..|
             /:..:..:.:. イ:.:.:.:.:.| /il{        }li }:.:./ il{        }li | .:.:.:.:|:..:..:∧
          /:..:..:./ :|.:.:.:.:.:リ il{        }li l/ il{        }li | :.:.:.:.|:.:.:..:.∧
           /:..:./..:.:.:.|.:.:.:.:.:.|  ミト、     ィj/     ミト、     ィj/ | :.:.:.:.|:.:.:.:..:.∧
         j:./ .:..:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|   ゞ=====彡       ゞ=====彡  │ :.:.:.|:.:.:.:.:..: ∧
         イO/:.:..:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|////////////////{ :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:..:..∧
      /:..// .:..:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|、         r――――― 、    ι  ノ :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.. ∧
    /:..:..//:..:..:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.\ ι   |         |        イ:|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.゚:,:.:.:..:..∧
   /:..:..:..// .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:个:. .   ノ ---―‐  ____}   . .:个:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:゚。:.:..:..:∧
  〃:..:/|〃 .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ハ:.:.:.≧==- __  -==≦:.ハ.:.:j:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|i:..:.:.:.:.∧
 /:../  l/ :..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:/  }:.:.:.:.:/ {    } \:.:.:.:/  }.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:}ト :.:..:..:..∧
玄「(はぅあぁぁぁぁぁっ!!!!??!)」ドキィーン

京太郎「?」

玄「な、なっ、なぁっ!? 急に何を言うのかな!?」ドキドキドキ

京太郎「……(長い経験からわかる。これ、確実に伝わってない)」

玄「そ、そんなこと言っても!! 私は――わ、私は!!」

 ピピピピピピピッ

玄「!!」

京太郎「……?」

玄「あっ……体温計が」サッ

体温計「38度」

玄「び、微妙な数字……(ドキドキしてたから平熱よりは高い、かも)」

玄「(でもここは自信たっぷりに!)」キッ

京太郎「?」

玄「見て! 私のおもちは38度だよ!!」ドヤッ

京太郎「(熱があるって言いたいのかな? 玄さんも風邪なのか……)」

玄「あ、謝るなら今の内だよ? さぁ!」

京太郎「……あの、俺は、問題無いの、で(玄さんも休んでください)」

玄「俺は問題無い!? 私の記録が大したことないって、言いたいの!?」ムカッ

京太郎「(やっぱり伝わってないっぽい)」

玄「ふぅんだ! それなら! 須賀君のおちんちんの温度も測ってあげる!」

 ガシッ

京太郎「(え? な、何を……?)」

玄「……っ」ゴクッ

 ドキドキドキドキ

玄「ぬ、脱がすからね?」カァァ

京太郎「(なんで俺、ズボン脱がされてるんだろう)」

 スルスルスル

玄「……わわっ!? 男の人のパンツ! お父さんのとは結構柄が違うんだ……」ドキドキ

京太郎「(めっちゃパンツガン見されてる)」

玄「うぅ……これも、脱がさなきゃ勝負出来ないんだよね」モジモジ

京太郎「(何をする気なんだろう? 汗を拭いてくれるのかな?)」

玄「お姉ちゃんを助ける為だもん! 私は、やるよ!!」ガシッ

京太郎「!?」

玄「やぁぁぁぁっ!!」

 スポォーン!!

京太郎「(パンツ脱がされたー!!)」

玄「ど、どうだ!!」カッ


京太郎の京太郎「」ドドドッドドドドドドドドドッドドドドドドドッ


玄「ひ、ひぃぃぃぃっ!?」ズザザザザッ

京太郎「(めっちゃ後退りされた)」ガーン

玄「大きい……! しかも、あれ? こんなにそそり立ってるものなの?」チラチラ

京太郎「(熱が出てきたせいか、また臨戦態勢になってるな)」

玄「うわぁ……ドクドク脈打ってて……黒くて、硬そうで……」トロォーン

京太郎「?」

玄「はぅぁっ!? ち、ちちちっちがうもん!! これはそういうのじゃないから!!」アセアセ

京太郎「???」


玄「よ、よし! じゃあこの体温計を!」スッ

京太郎「(え? タオルじゃないの?)」ビクッ

玄「……あれ? どこに挟めばいいんだろう?」

 キョロキョロ

玄「考えてみれば、棒状だから挟めるハズがないのです」ズゥーン

京太郎「(何をする気なんだろう)」ビクビク

玄「タマタマさんなら挟めそうだけど、それは目的が変わっちゃうし」ツンツン

京太郎「~~~っ!?」ガクガク

玄「あっ、この穴なら挿せるかも」

京太郎「え?」

玄「えいっ」キラーン


 ブスッ


京太郎の京太郎の鈴口 IN 体温計「」

京太郎「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!」ガタガタガタガタガタ

玄「え、ええええええっ!?」ビクゥッ

京太郎「」ビタァンビタァンビタァンッ!!

玄「須賀君が白目になりながら、ビチビチと魚みたいに跳ね出しちゃったよー!!わーん!!」グスッ

京太郎「lmkぐぉh@jdmmpvq;あkpqj;kqmこhl」ガクガクガク

 ガクッ

玄「す、須賀君?」

京太郎「」チーン

玄「気絶、しちゃった……」

                 ____             ___
            ,, :´ : : : : : `: .          /    \
            . : : : : : : : : : : : :\     {___j⌒ヽ  ゚。
          /: : : : : : : : : : : : : :.ヽ     ___,ノ  ノ
       { : : /: : : : : /: : : : : |: : : : : : : : い   /  --- ´
.       / \__/: : :.ィ: /!: : : : :.ハ : : : : :‘:,:  ‘, ゚. 乂,ノ
      /ー―――:{ |: i |: : : : : | ∨:.:|: : : |: : : :|: ゚◯
.     / : : | : : :|丁¨{丁{│:.:..: : i| ¨v:丁¨`:|: : : :|: :.゚
    i: i: : |: : : |ハ!ハl リ い、 :小 乂{\: |: : : :|: : i
    |:ハ :|: : : | ,ィ宍ミト } \:..゚。ィ宍ミトぃ..: : :|: : |
    || |: |: : : |〈 _)トJi:|    `¨ _)トJi:| 〉|: : : |: : |
    || |: |: : : l ,込rク      込rク  :.: :...|: : |
    リ |: |: : : |i 。            。 |: : : |: : |
.       {: } : : ト:.:':':':     ′   :':':': イ: : :.l: : |
        C|: : : |:ハ      へ      /::|: : :。.: : !
      /:||i: : :{: 个: .     ̄       イ: :,゚: :.,゚: : :.|
       |: ||ハ: : :。: : : i >  ___  ィ: : : :i{: /: :/: : : j{
       |: ||: :゚。: :゚。: : i r‐|     |┐: : }/: :/: : : :ハ
       |: ||: : :゚。: :゚。/ \   / \:/: :/: : : :.,゚: :゚,
       |i ゚。>''ゞミ{    ,八八    ノイ、|: : : : |: : :|
     ィリゝヘ    r=====ミ___,ィ=====ュ  |: : : : ト、:..|
玄「何かやり方を間違ったのかな?」

京太郎「」ブクブクブクブク

玄「体温計も抜けちゃったし……どうすれば、いいんだろう」ウーン

玄「……(体温計じゃダメってことだよね)」

 そうなると、後は直接触って確かめるしかない……

玄「あ、アレを触る?」

京太郎の京太郎「」シオシオシオ

玄「あれ? ちっちゃくなっちゃった」

 こうしてみると、すごく可愛い……かも

玄「……つんつーん」ツンツン

京太郎の京太郎「」ピクッピクピク

玄「あはっ、面白ーい」ツンツン

京太郎の京太郎「」ピクンピクン

玄「刺激すればするほど硬くなるんだ……ドクドク脈打って、暖かく」ゴクッ

 つまり、最高に硬くなった状態で計測するのが――フェアってことだよね

玄「どうすれば、もっと硬くなるのかな?」

 レディースコミックだと、胸を触らせたりするけど……
 須賀君は気絶してるし

玄「……く、くくく口でするのは――まだ早い、し……//」カァァ

 そうなると、後は……

玄「!!」ピコォン


 アムロ「その時、玄に電流走る」


玄「そっか、そうだよね。女の武器は……ここ」スッ


 アムロ「松実玄のおもち。当時の価値にして、約二億」


玄「直接対決が……おのぞみ、ってことかな?」フフ





 体温計を用い、温度を測る
 そんな機械的な勝負なんて誰も望んではいない

 望むのは完全なる決着

 意地と意地
 肉体と肉体の熱いぶつかり合い

 その先に待つ、栄光を掴む為に!!

 お互いに全力を尽くす!!

玄のおもち「……私は、引けない」

 松実玄
 彼女が背負うのは、全世界の女性のおもち

 その柔らかさ、温もり、母性
 それら全てを内包するおもちを持って、彼女は男の象徴に戦いを挑む

インタビュアー「勝ち目はありますか?」

玄のおもち「当たり前なのです。おもち is GOD」

インタビュアー「しかし、相手はあのバベルの塔ですよ?」

玄のおもち「そんなもの、へし折っちゃうんだから!」


 史上最胸のおもち!
 松実玄のおもち、見参!!!



 対する、須賀京太郎のバベルの塔!

 熱き鼓動、脈打つ魂!
 長さ、太さ、硬さ、温度!!

 どれを取っても一流の彼のちんぽこは、何者にも破れることは無い


インタビュアー「勝算はどうですか?」

京太郎の京太郎「必ず勝ちます」

インタビュアー「しかし、相手はあのおもちですよ?」

京太郎の京太郎「関係ありません。女であろうと、男であろうと、なんであろうと。俺に貫けないものは無い」

インタビュアー「最後に視聴者に一言」

京太郎の京太郎「俺のチンポを天を貫く!!」 

 天 チン 突 破 グランラチン!!
 まさに、男の中の男の武器!!


 勝つのは女性の象徴、慈愛のおもちか!?
 それとも、汚れ切ったバベルの塔か!?


 運命の一戦が始まる!!










玄「……」シュルッ パサッ

京太郎「……」スッポンポン

 これで両者は互いに裸
 生まれたままの姿で睨み合います!

玄「……うぅ」モジモジ

 まずは玄選手、京太郎選手に近づきます

玄「ま、負けないよ?」ドキドキ

 宣戦布告ですね
 対する京太郎選手の返答は?

京太郎の京太郎「……」ピクン

玄「!!」

 なーんとチンピクでの返事です
 口を開くまでも無いという、意思表示でしょうか

玄「……お互いに、フェアプレイを」スッ

 そして挨拶も終わり、玄選手が握手を求めます

京太郎「」シーン

玄「っ」

 しかし京太郎選手応じない
 これは玄選手、屈辱です

玄「ふ、ふん!」ガシッ

 しかぁし、意に介さずに玄選手は汚れたバベルの塔を掴んだ!!
 これは試合前の挑発か!?

玄「ぁっ」ドクン

 ドクン ドクン ドクン ドクン

玄「ふぁっ……あったかぁい」ドクンドクン

 おぉぉっと? 玄選手の顔が緩んでいくぞー?
 これはどういうことでしょうか?

玄「なに、これ……熱っ、え? これが、おちんちん、なの?」ジュン

 まだ半勃ち状態の須賀チン●の前に、玄選手はさっそくメスの顔だ!!
 これは早くも勝負が決まりそうです!

玄「う、うぅ……まだ、負けてないもん! それに、全力の君じゃなきゃ、意味が無いし」ググ

 堪えたー!! 素晴らしい精神力です!
 しか既に、玄選手は大洪水は間近! 試合は行えるのか!?

玄「……絶対に、チンポなんかに負けないっ!!」

 気合を入れ直した玄選手が両手をおもちに添えて、京太郎選手のバベルの塔に近づける!!

京太郎の京太郎「カマーン」

玄「……っ」ゴクッ

 スッ

玄のおもち「イクワヨー」プルン

 そして今!!
 ついに!!!

 京太郎選手のチンポを!! 玄選手のおもちが!!


  フニュン


 包んだ!!!!!













宥「うぅ……」

晴絵「目が覚めた?」

宥「こ、ここは?」キョロキョロ

晴絵「車の中。今から松実館に戻るところ」

宥「え? どうして車に?」キョトン

晴絵「なんとか治療出来たようだね」

宥「あの、私は?」

晴絵「悪夢を見ていただけ。気にしないでいいよ」

宥「?」

 キキーッ

晴絵「着いたっと。さぁ、降りて」

宥「はい」

 ガチャッ バタン

晴絵「玄ー! 戻ったよー」

 シーン

晴絵「? 玄ー?」

宥「玄ちゃーん?」

 タタッ

                  -─………‐-
                  ´              `丶、
              /                    \
           /                     \
           ,′.: .: .: .: .:/ .: .: .: .: .: .: .: .: .:\ .: .: .: .: .: .:ヽ
            .: .: .: .: .: .: .: .: .: :/ .: .: .: .:| .: .: .: .: .: | .: .: .: .:ハ
           i.: .: .: .:i: (  Y| . :|/⌒U.:│i .: .: .: |.: : | . : | .: .: i
           | .:| .: : i: ヽ || .: .: :|.:.: .: .:∧| .: .: .:i|⌒:ト: |│.: .:i|
           | .:| .: : i .: U | .: .: :|.:'⌒:/ :| :|.: .:八.::│.: リ.:.: .:i|
           | .:| . ) j i .: i | .: ´.:|/|/  |/|/ _∨l/|/.: .:∨|
           | .:| .:(_,ノi .: N .: .: :| ,..二.      ,..‐=ミ│ .: : iリ
           | .:| .: : ii.:.:N: .: .:≠^⌒`        | .: .: :|
           | .:| .: i八:.:ト| .: .: :|        、 /::/::. .: .:|
           | .:| .: i.:.iヘ:|.| .: .: :| ::/:::/  ____    j.: .: .:|
           | .:| .: i.:.!.: o|: .: .: |     {  ∨   .:'|.: .: .:|
           | .:| .: i: ∨八|.: .: |> .  u__ノ  イi |.: .: .:|
            j.:│ .: .:│ .:∧| .:{__`_ ┬<: .:Vi |.: /| |
          ,'.: .: : .: .: |/l人人 :∨゙   \ト∧.: .: :i |:/ :|/
           / .: .: .\.: .: .: .: \ヽ{     「∨トヘ: .: ∨
        /.: .: .: .: .:.i\.: .: .: .: ヽ \.  |_」儿_∧.: .: :.
          /.: .: .: .: .: .:i/\ . : .: . ヽ \人≫、}レ'ヘ:.: .: :.
.         / .: .: .: .: .: :/ ___ \ . : .: .ヽ  〈  ,z={}∧.: .: :.
        / .: .: .: .: .: :/{/   `ヽ \ . : .: :.  マ´ _八_.ム.: .: :.
.       / .: .:. .: .: .: /:V       \.:.: .: :. ゙T   |\∨.:.|
      / .: .: .: .: .: :/.: .|       |   ∨ .: |  L........|\「|.:丿
玄「お帰りなさい」ドロッ

晴絵「遅れてごめんね。でも、もう宥は大丈夫だから」

玄「そうなんですか?」

晴絵「ただ、アレは感染する場合はあるのよね……玄は今日宥に触れてない?」

玄「はい。お姉ちゃんには触れてません」

晴絵「そう。なら一応大丈夫だとおもうけど……気分が悪かったりしない?」

玄「全然、むしろ――スッキリしてます」フフ

晴絵「ならよかった。じゃあ私は一度、学校に戻るから」

玄「はい」

宥「???」


 ブロロロロロ

玄「……行っちゃったね」

宥「あの、玄ちゃん? 私、今日の記憶がまるで無いんだけど……」

玄「大丈夫。すぐに思い出せるから」

宥「?」

玄「待ってて。お茶でも淹れてくるから」トタタタ

宥「あ、うん」

 フワッ

宥「ん?」クンクン

 なんだろう、今の匂い?
 いか? キンモクセイ? なんだろう、懐かしい匂い……

                 _
           _ -‐ : : : : : : ‐- _
            /: : : : : : : : : : : : : : : :\  ?
           ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
         ': : : :{: : : :i{ : { : : : } : : : : : : : : }:',
        {: {: : :{: :i{: ハ: :{ : : : }、: : : : :}: : :}: :l
        {: { : : Vハ{ V\{V \j^ 、}: : :}: :|
        {: {: : : {  ∩     ∩  }: : :}: :l
        {: {: : : {  ∪     ∪  }: : :}:/
        Ⅵ: : : {             }: : :}'
        ',{: : : {              爪 :}
        {: : : {≧=‐   ̄  -=≦: : :/
        ∧ : : ',⌒      ⌒/: : /\
        ,   ', : ',        /: : /     、
.       {    ', : ',        ,': : :/     }

宥「?(寒いからこたつにでも入ってよっと)」ソソクサ

 ガラッ

宥「ふんふふ~ん」

 ボフッ

宥「あったかぁ~……くない」

 ズキッ

宥「なんでかな? 私が求めてる暖かさは……これじゃ、無いような」

 ペラッ

宥「? あれ、これって……玄ちゃんの日記?」

 こんなところに出しっぱなしにして……お父さんに見られちゃうよ?

宥「しまわなきゃ……でも、ちょっとだけ気になるなぁ」

 ここ数日の記憶が曖昧だし、何か記憶を取り戻す鍵になるかも?

宥「前に玄ちゃん、私の日記を勝手に読んだことがあったし……」

 少しくらいなら、いいよね?

宥「……」ドクン

 ドクン ドクン










●月■日
今日、部室でしずちゃんと憧ちゃん、灼ちゃんとポーカーをやった
憧ちゃんってば、やたらついていたけど、きっとイカサマだよ!
もー、私達をばかにしてー!


宥「あぁ、この日は確か憧ちゃんの提案でポーカーをやったんだよね」クスクス

 憧ちゃんが終始悪い顔をしていたから、私もアレはイカサマだと思うなぁ

宥「ふふっ」ペラッ


●月▼日
今日、お父さんからおねーちゃんの世話を頼まれた
ぐるぐるとマフラーを巻いた姿は、まるで雪だるまみたい。
暖かいのがいいってことでココアを淹れたら、おねーちゃんったらアイスコーヒーみたいにゴクゴク
舌がやけどしちゃうよぉ


宥「べ、別に普通だよね? ココアくらい……」ペラッ


●月●日  七時
今朝5時頃、宇宙服みてえな防護衣を着たおねーちゃんに突然たたき起こされた
なんでも、今日は過去最大に寒いと感じるらしい
おねーちゃんの寒がりときたら、遂にこのレベルに!
夜も寝ないで麻雀ばかりやってるからこんな事になるんだね、きっと

もう、今日は清澄の皆さんが来る日なのに……


宥「あ、これって今日の――」ペラッ


●月●日 十一時
久しぶりに清澄の皆さんに会えてすごく嬉しい!
でも、清澄の須賀君が風邪で倒れちゃったよぉ!
おねーちゃんのお世話も大変だけど、須賀君の面倒もしっかり見なきゃ!
えへへ、頑張ろうっと♪


宥「須賀、君……」ドクン

 ドクン ドクン






●月●日 十三時
大変なことになった。おねーちゃんが須賀君のアレを、手で扱いてるのを見てしまった!
慌てて話を聞いたら、おねーちゃんの様子はどこかおかしい
恍惚としていて、まるで何かにとり憑かれてるみたい
須賀君と一緒に病院に連れて行ったけど、診断結果は――


あ、あんな病気ありえないのです!
私がおねーちゃんのことを元に戻さなきゃ!


宥「私が、須賀君の? アレ?」

 アレってなんのことだろう?
 それに病気って……

宥「続きを見れば、わかるかな?」



●月●日 十四時
赤土先生に頼んで、おねーちゃんを須賀君から引き離した
この隙に、須賀君のアレが大したことないって証明してやる!
あぁ、おもちの神様――祝福してください


宥「おもち?」

 また変なことを……須賀君、大丈夫かな?


●月●日 十五時
あぁ、からだ中 あついかゆい
須賀くんのあれを触ってから、あそこが気持ちいい
いったいわたし どうな、って 


宥「? 玄ちゃんの字が汚く……」


●月●日 十五時三十分
やと ねつ ひいた も とてもうずく
今は ふたりきり すが くんの ちん  くう


宥「これって、私達が帰ってくる一時間前くらい?」


●月●日 十六時
にがい にがい おねーちゃんたちかえってきそう
すがくんの あそこ おもちでなんども こね て
うまかっ  なのです


宥「……」ドクン ドクン



 二十 五 ふん


にがい
うま




宥「ひっ!!」バッ

 バラバラ

宥「なに、これ……」ゾクゾク

 ガラッ

宥「!?」

玄「……お待たせ」ユラッ

宥「く、くくく玄ちゃん?!」

玄「どうかしたの? ゾンビでも見たような顔をして」クスクス

宥「な、なんでもないよ……(さ、さっきのはきっと何かの間違いだよね)」ゾク

玄「はい。ココアだよ。ミルクもたぁっぷり入れてあるから」ニッコリ

宥「わぁい、ありが……」

ココア「ドロッ」

宥「……とう」ゴキュッゴキュッゴキュッ

玄「おねーちゃん。私ね……頑張ったんだよ?」ニッ

宥「っ!」ドクン

 ガシャンッ

                   __
              . -'" ̄     ̄`   、
            /              ヽ、
            /      .  . . . : : : : : : . . .  \
           /    .:r . : ! : : : |: : : : : :゙.: : : : ヽ:.\
        /    .: :| . : : !.: : : :| : : |: : : l!: : : :ハ.:l: : .ヽ
        ,'     ..: :|. : : :l: : :∠L: :l|: : :l:|l: |: :l :| :!: : l:ハ
         !   . :l.. : :|. : : :|:///:/:/|: :/l/リTTヽ: !: :.i!:.|
       ,  l  . .:|.. : :!: : : :!/ "´'" '" ´  l从:!: |: :,'l: !
        |  l . : :|: : :.|: : : :l  ,ィ==、    ,ィ=、リ!: :l:/ l/
         l.  ! . :.:|: : λ: : : !           {: :.| ´
         !.  l . :.:|: :/ |: : : :.l """     , "" l: :.:!
       ,  .| .:.:.|:k  !: : : :.l      ___     |: : |
      ,   .:! : : :!:ハヽl: : : : |    r.{_::::;ノ   ..イ: : :l
       .  : : !: : :|:ハ: :!.: : : :ト 、  \ヾ _..ィ´: |: : :j
        .: : :l : :|'\∨l:ト: : :l   ` ァ、 ヾ.:.:!: :.:|: :./
      '  . : : :.! : : : :.`゙、ヾ\ヾー‐ァtノニヽ: |: :_!_,':!
     .  . ;.r‐''ヽ: : : : : :ヽ、r''ヾ!ヽ'_/─, | ト-y'/_: |
        /    \\: : : : ヘ\:::::::〈 ‐(_!ノ'゙ Y /  ヽ
     ,'  .!     ヽ.\: : :∧<:_:/l  ヽ   .|   λ
     /  .:l         Yヽ: : :K_::::}、  } ノ    l ゙.
    ,  .: l         } ヽ: :.ヽ. Y \  /   Y   !
.   /  . : ハ       ∨  ヽ: ,L/   ヽlヽ   ヽ  !
  /  . :/: :.ヽ       ヽ   Y      `l    丶 l
玄「でもね。勝てなかったの……おもちじゃ、おちんぽ様には勝てないの」クスクス

宥「あ、あぁっ……この、味……匂い、ふあぁっ」ドクン

玄「ふふっ……須賀君は、まだ寝てるよ?」

宥「あ、あ、あ……」ジュンッ

玄「ねぇ、おねーちゃんも一緒にぃ……ねぇ」ギュッ

宥「……」ユラァ

                 =-―…―-ミ
             ,. : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ \: : :‘,
.          .′ : : : /: : : :.|: : : : : : : |: : : : : : :∨∧: : ‘,
        i: : : : : :|: : : :.:.| : : : : : : :|: : :|: : : : :∨∧: : ‘,
         |: : | : : :|: : : |: |: : : : :.:.|: |_:|__: : :.:.:| : ∧ : : :
         |: : | : : :|: : : |: |、: : : :.:|: |、: :\: ̄`ト、:.| i: i
         |: : | : : :|: : : | イ \ : : ト | \: : :\: |: : :| |: |
         |: : |: :.:八:/|: |:  \:|  ,ィf芳丐ミ: : :.:|: :|: |
         |: : |: : : : |\|,ィf示ト  \   `ー‐┘|: : : |: :|: |
         |: : |: : : : |∠込/       ::::::::::::: |: : : |: :|: |
.       八: :|: : : : |\ ::::::::::::::  ’        |: : : |: :|: |
.          ヽ|: : : : トミ_、     、 ノ     イ|: : : |: :|:/
          i|: : : : ∨: : >.      _,. イ二| : : :' :八
         /|: : : : : マ^⌒ヽミ>:::´:::::::::::::::::::::! : / ∧: \
.        /: l: : : : |: :マニ-:::::::::::::‐-=::::::::::::::::// /::::へ、:\
.      /: : |、: : : |\マ=-::::::::::::::::::_彡イ/ : : /::::::::::::::\: :\
.      /.: : :.:人\: :\_\⌒マニ二:::::::_/ : : /-―/\_、: :\
   / : : : />'⌒ヽ: :.\つ―=ミ \  / : : /<ニニニ `ヽ、\ : \
.   /: : : ://{    __、 : : \ニニニ    _,|: : : | ⊂ニ.,_     /\\ : ヽ
  /: : : /|  ./\ //:∧ヽ: : :ヽ  ̄\_彡イ: : :.|   \、\_ノ\   ヽ: :i
宥「うんっ」ドクン








京太郎「……うーん?」パチッ

 あれ? 俺……こんなところで何してんだっけ?

京太郎「あ、そうか。確か……宥さんが暴走して」

 それで、玄さんに運ばれて――

京太郎「って、ここは玄さんの部屋か?」キョロキョロ

 モワッ

京太郎「イカ臭っ!!? おいおい、まさか俺、人の家で夢精しちまったか!?」バッ

 というより真っ裸じゃんかよ
 おいおい、俺なにしてたの?

 つーか、辺りにティッシュボックスが散乱してんだけど
 空箱と丸められたティッシュが狂喜乱舞してんですけど!?

京太郎「なんだよこれ、BAKIーSAGAなの? SAKIがSAGAっちゃったの?」ビクビク

 いや、そんなことあるか!
 寝てる間にやっちまうなんて、そんなオカルトありえません!

京太郎「と、とにかく……部屋を出よう」フラッ

 ガラッ

京太郎「!?」

玄「あれ~? どうしたの須賀君」

宥「……どこに、行くの?」

京太郎「あ、え? 玄さん、宥さん?」

宥「ダメだよ。今日は――じっとしてなきゃ」スッ

玄「病人はおとなしくしていてね」ガシッ

京太郎「ちょ、まっ!?」

 ムニュン 

京太郎「ふぁ!?」

玄「ふふふ、私とおねーちゃんの」ムニムニ

宥「よっつのおもちで……」ムニムニ

京太郎「っ」ゴクッ

玄「須賀君の悪い病気をたぁっぷり……搾り取ってあげる」プニプニ

宥「あげる」プニプニ

京太郎「う、うわぁぁぁぁあっつ!?」ハナジブゥゥゥ

玄「ふふっ、じゃあ」

宥「覚悟は」

 ドクンドクン


玄・宥「決まった?」

京太郎「おもちなんかに! 絶対に屈しない!!」キリッ










京太郎「おもちには勝てなかったよ……」ピクピク









京太郎「う、う~ん……もう、出ない、ですぅ」


 ユサユサ


 ――ちゃん! 京ちゃん!


京太郎「ん……?」

咲「京ちゃん! 起きて!!」

京太郎「さ、き? あれ、ここは?」

咲「もう、いつまで寝てるの?」

京太郎「あれ!? 玄さんは?! 宥さんは?!」

優希「?」

和「二人なら部長達と温泉に行ってますよ」

京太郎「へ? ていうか、なんでお前たちが?」

咲「京ちゃんの具合が悪いから、早めに戻ってきたの」

京太郎「じゃ、じゃあさっきまでのは!?」

優希「夢でも見てたんだじぇ」

京太郎「えっ!?」

和「何か悪い夢でしたか?」

京太郎「……よ、よかったぁぁぁぁ」

咲「?」

京太郎「そうだよな。俺なんかがクワドラブルパ●ズリなんで受けられるわけ……」

咲「!?」

優希「じぇ!?」

和「!?!?!?」

京太郎「あっ」

咲「……ふ~ん? そんな夢を見てたんだぁ」ジトォー

京太郎「あ、いや! それは誤解だ!」

咲「ぐすっ、いいもん! 京ちゃんのえっち変態! スケベ!!」

優希「最悪だじぇ! この変態!!」

京太郎「だから違うんだって!! あぁぁぁ!」

和「須賀君は大きいのが好きなんですね」プルン

京太郎「あれ? 和……なんだその青いリボン?」

和「これですか? なんとなくです」プルン

京太郎「……いいな、ソレ」

和「ふふふっ」

咲「……」ゴゴゴゴゴゴ


京太郎「ひぃぃぃっ!?」




 ギャアアアアアアアアアアアアアアア!!

久「あら? 向こうは騒がしいわね」フキフキ

                  _, ,, - ─- ,,
                    , -‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
            __/::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         _,-‐'/:::::;/:::::::::::::::::::::::;;、::::::::::::::::::::::゙:,
       _,ッ':::::::;::::;::-‐'    ..:: ;:::::;//,バ、::::.、:::::::::::ハ
     ,//フ:::;;;/ン::::::::::::::::::::::// ノ   ヾ\::::::.、   i
..    彡''/ ̄\,:::::::::::::::::/,/″    , -─- 、::::,::::::::l
    ノ/      \:::: '〃Z⌒      ‐ ___ヽ:::l::::::::l
    /       、   ヽ;:/_/_      ,/;  ̄`、!:/::::::::|
. /          |    V/゙广'ヾ         |::::::ci 〉:::::::::::|
 厂`、        |     ハ. l::::::ci         ヽ-‐' ;゙:::::::::::|
 {:.:.:.:.ヽ  l    |    .| `ー‐′      ' ' ' /:::::l::::::|
  } .:.:.:\ |   |       l; ' ' '     ′      {::::::l::::::l
 /.:.:.:,ッ'"ヽl.   |      .|\     ,- ¬    |::::/:::::/
 l.;/     ゙、 |        l:::::`: .     ̄     /|:::l:::::/
/        ,| l         |ヽ:::::::`i   . _ , イ:::::::}丿:::l
.       /::∨        |::::\‐ '       |:::::://:::::;!
    ,ィ'- ''"7        |、::::ハ、     ``7::::::::ム、. _
   /   ,イ          | \:::::|`ヽ  , -―'/::::::/   ` 、
 /     /.|    l     |  ゙、:|        |::::/      ゙.
"      _,/|    |    |、   リ         ゞ'     ,、  l
::: ' ":: ̄:/ |     |    |i:、                  /   |

まこ「また京太郎が何かしおったか」

宥「ふふ、元気になってよかったなぁ」ツヤツヤ

玄「私達の看病の成果だね」ツヤツヤ

久「それにしても、二人の肌はすごく綺麗ね」

まこ「この温泉の効能かのぅ? あやかりたいもんじゃが」

宥「ふふ、それは」クスクス

玄「松実姉妹だけの、秘密なのです」クスクス

久「あら、意地悪ねー」

玄「ふふっ。でも滅多に食べらないので――」

久「そうなの?」

玄「はい。だから……」

      ,.': :/:/: : /!|: : ;' |: :__: : :.|: : : :|: :l: . . .ヽ
.     /:, :,': :!:,': ! ||i: : | !l_、:ヽ ̄:ト: : : |.: :l: . : . .゙、
    /:,1:,'.: :|:レ|´l|ヽ: ゙、 ヽ_\l\!: : : :!.: :|: : : . |. l
   ,':/ !:l: : :!:| リニ、 \!イ斥"寸、!: : : :!:ヽ!: : : . !. .!
   {:| |:l: : :|:i:斥寸    弋しソノ|: : : :|:ヽ|: : : : |:. .|
   ヾ !:|: : :抖乂ソ    `""  !: : : :!=、l.: : : :.|. . !
     | !: : :l:! "  ,     /////|: : : :| |!: : : : .!: . l
     |λ: :l:l///          |: : : :| ,ィ.: : : : :|: . .!
      jt |: : |l   _ っ        !: : : j´:|: : : : : |: . .!
    / :| ゙: : |:ヽ/ノ      .ィ.: : :,': :,'.:/: : : :|: . .|
    ,'/l | ゙: :y' ,ィl>... _ ..  ´ l: : /: :/:/: : : : :!: : ハ
    lj ヾ、 ∨/>!: : |: : :}   //|: /´: : : : : ノ: : : .ヽ
         ,'  ´-ヽ:.:|: : :|    "  У: :_ - "´ `ヽ: . .゙、
          l   -テ!:,': _ノ     /: /        \ ハ
       /|   l´/ニ__   /: : ,'          ヽ∧
     ,'  !   !'   `  ,.': : : : :|           ,'. . ヘ
     l.  ノ   ∧     /: : : : ;ィ             /: . . . \

玄「食べられる内に、沢山食べておかないと――♪」クスクス

宥「うんっ♪」


 第二十一章【何これチン百景! 阿チン賀のドラゴンロード!】


 チンッ!!!