煌「愛宕さん、行ってしまいましたね」

透華「ええ。でもきっと大丈夫ですわ」フフ

煌「はい。私もそう思います」

透華「さて、問題は京太郎ですわね」

煌「そうだ、京太郎君!」ユサユサ

京太郎「う、うーん」

煌「よかった。無事で」

京太郎「う?」キョトン

煌「私達がわかりますか?」

透華「アナタの龍門渕透華ですわよ!」フフフ

京太郎「うー?」

 モジモジ

京太郎「お姉ちゃんたち、だれ?」

煌「」

透華「」

京太郎「おかぁさんどこ? ねーねー」グイグイ

煌「あ、あはは、まさかこれは?」

透華「幼児……退行?」

京太郎「おなかしゅいたぁ」

煌「あ、あの、須賀君?」

京太郎「ねーねー。おねえちゃん、ごはんちょーだい」グイグイ

煌「」キュゥーン!

    _      _  , -――- 、  _     _
      ≦       Y   , .,ィ i  Y      ≧
    =-  ̄ - ―{   メ、ハ_,iィ i }―  -  ̄―=
                ト レ(,___) (___)ト j
               、_| ゚ ト--:イ u|_ノ   ッェェェエァァァァラァァァイ!! ァァァァァァ!!
               \_.!、:::::,!_ノ         ※新井ボイスで再生ください
               , -vー|`二' |、_||_
            ( ´ )  vf__.j.v|.r┴、
          i! | |!   | | | {⌒ } i!
           ./| |  .| | |.!_7/〃
          `<| ト}.   | | { / /
              i! し'/'   ヽ/ |、_ノ
            〃/      ハ i!
           く        ハ、
         〃 /`ー---――'く
           /./   | ハ  ヽ \ ヾ
        <  /   ii  ハ    \ _>
         `ヽ、_,/⌒V__ノ´T´
           〃 / /       |  | i!

煌「この子は!! 私が面倒を見ます!!!」バーン












第十九章【すばらっ! 大好きなお姉ちゃん!】


 京太郎のラブホテル監禁事件より十数分後


透華「……まず、一つ」イライライラ

煌「はい」

京太郎「あー、煌お姉ちゃん! あー」キャッキャ

煌「ふふっ。少し静かにしててくださいね」ナデナデ

透華「アナタは京太郎のなんですの?」イライラ

煌「私ですか? そうですね、私は京太郎君の……」ナデナデ

京太郎「わーい」

煌「アレは、私がまだ長野にいた頃の話です」

透華「その前に! 私にも京太郎をナデナデさせて欲しいですわ!!」ダンッ

京太郎「ひぅっ」ビクッ

透華「あっ、ちちち違いますのよ! ほぉーら、こっちへおいでー」クネクネ

京太郎「やだ」プイッ

              ,r'´ ̄ ̄ ヽ
       /丶  _//∧      l'⌒ヽ-、_
      /  .|ヽヾ、7/ i|     ヘ_/^ヽヘヘ
     /    |,⊥ミ∨/l|      ト、  └ユ
     !    .i    ト、  ヘ ヌ二¨   ヽ   !
     l    |L_   ゝヽ_/>ャ=ヽャ‐   \-、
     i   '7_,.≧=- }} ′ `   ヘ.    \ヽ
     j   ff'"⌒ヽ ノ   、_,.ィi レ、    l ヘ!
.      ノ   7弋   , ,    爪从 . i    l
.    イ    ハ  tt彳′        l j    ∧
   //   ! ト、       _   ‐ュ   /7   ∧ヘ
.  /,ハ    ヽヽヘ   f二´-‐'' "   / /    / ヘ ヘ
  { { ヘ    丶 ゝ _       /∨  /   ヘ ヘ
  ヘ!  ゝ     \  `  ┬-‐'  /!  ィ′     ヘ ヘ
       丶、_  \  广弌irく  l l 〉────'┼‐-、
         !| \   Y/ /V ≦ヽl ∨       l   ト
         !|   ハ l| ィイ' 7ソトミ、 ヽヽ ヽ.       l   l
        厶イ  j ∧/ //ハヽ\∨lルl       l
       f´ i   ノ/ ∧∨//  ヾ 、 ゝ'.ノ         l
透華「」

京太郎「お姉ちゃん、おっぱいないもん」スリスリ

煌「すばらららっ……//」カァァ

透華「……花田さん」ギロリ

煌「!?」ビク

透華「さぁ、早く話すといいですわ」フフフフ

煌「は、はい」ビクビク











 七年前 

 花田家


煌「え? うちの一族が忍者?」

花田母「そうなのよ煌。私達の家は代々、須賀家に仕えていたのよ」

煌「嘘だよね?」

花田母「それがマジなの」

煌「ふ、ふぅーん……? それで須賀家っていうのは?」

花田母「元々はある神社の本家だったんだけど、今は廃れているそうよ」

煌「神社……」

花田母「それでね、その当主を陰ながら守るのがお母さんの家――篠●家の使命なのよ」

煌「それは分かったけど、それが今更どうしたの? 昔の話じゃ」

花田母「実は今もその使命は続いているの」

煌「はい?」

花田母「貴方が十歳になった時から、彼を守るメイド忍者にならなければならない」

煌「SOA」

花田母「アナタには悪いと思っているわ。私も、今の須賀家当主が結婚するまでは……辛かったわ」

煌「?」

花田母「あ、そうそう。結婚したらもう見守る必要無いの。要は、当主を裏から支えるだけでいいのよ」

煌「そう言われても」

花田母「大丈夫よ。私の代はパッとしなかったけど、今代は結構可愛い子だから」

煌「うーん」

花田母「じゃあさっそく、実物を影から見に行くわよ」

煌「はい」


花田母「散ッッ!!!」シャッ

煌「あー! 待ってー!」タタタタタッ



花田父「……アイツ、忍者だったのか」ポツーン









 須賀家

花田母「遅いわよ」

煌「お、おかぁ、ハァハァさん、が、ぜーぜー、早いだけで」

花田母「テレポートできそうな声なのに情けないこと言わないの」

煌「SOA」

花田母「ほら、あそこに次代の須賀京太郎様がいるから」

煌「えー? どこー?(正直言うと、あまり興味が)」

花田母「あれよあれ。ふふ、可愛い子ねー」

煌「(どうせ変な子なんだろうなぁ。それだったら……)」チラッ




咲「京ちゃーん!!」

照「あっそびましょー!!」

少女「あっそびましょーい!」

                    __
             __/      \
              >          `ヽ
            ∠_ /     /   〉/ハ=-
             // /  // / /i  ヽ
              i ̄__/ ./|ニミ、`ヽ // i  ',
       r==ュ、,,,,  ノノ{ ヘY.  |::i!。ハノ//| ! i  |
       /ニニニニニ`≧、,,,ゝ、     ̄   iマ|/ i ! |
      i三ニニニニニニニニ`ヽ!      - ハ|ノ ハ|
      」三ニニニニニニニニニニ\ ! ̄マ   /ィ//
    /三ニニニニニニニニニニニニ三\ ¨-‐
    〈三三ニニニニニニニ三ニニニニ三\
     寸三三三三三ニニニニニニ三/
        7三ニニニニニニ=-‐‐‐‐寸〉
       {三ニニニニニ/      キ}
         〉ニニニニ/        }
      /ニニニ/        . :/i
       /ニニニ/       . : ://
      ./ニニニ/     . : : :/ニi
京太郎「おいーっす!」スタタ 


 ※どう見ても小学生の京太郎です


煌「……」



               _     ,. . :―,――- 、     _     __
               // 、_,. :´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ //}   /: : :`ヽ
       ,. :´:`ヽ、  //イ: : : :,: : : : : : : : : : : : : : : : :V//! /: : : : :_: : :\
      /: : : : : : : :`//: : : ,: : /: : : : : :,ハN: : : : : : : : : :V/-、: :,. イ:´: ーヽ、: \
:、     /: : : : : : :_:_:_/:,: : :/: :イ: :/: イ: /:::::::,:.:,:l: ト,: : l: : :V//: :_:,.-―-、: : }\: :\
\,   /: , ´ ̄   /<{イ: l:イ: /:|: /ト'、从!:::::::::l ,.斗 }: :.!,: :lリ//}: :`、   ',: :.l  \: :\
  \ /: イ     /: : : !:/从l:./l/ ̄`ヾ-':::::'ー'イ ̄`ヽl:./:{/-' 、: :.:\  ':,: |   ',: : ∨
.   /:/、    /: ,: : : :,l'/ l从!{  o      o   } l: :/   〉:\: :',   }:|   /: : /
  /:/、: \_/: /: : /   ,r、!   _,....       ....__ ,-、'   /:/  ':,: :\.l:| __,/: :,.イ
  /:/ \: : _,/:/イ     {l(ハ      '       ハl}   /:/    ',: : : ̄: : : :, ´  ',
 ,:./    ̄: :/:/        ー ',    ,_ , _,、   ,イ-'   {: {    ',: : : : :,イ
':/   _/://:/ ,  _     ゝ  {_ ^__,} , イ     l: : ',    ヽ- '´: :|
ー- '´:_:_/ /:/ {:L_,.: :/   ,...._ > . _ . < _,.....,__.  L: : :ヽ、      ',: 、____
 ̄ ̄     /:/   ̄/:/  /l:..l:..:..<   > <´  >:..:..:l:..} ',  `ヽ、_: : ー- 、 、: : : :,.. -
      /: :{___/:/ _,/  |:..|:..:..:.\ / || \,/:..:..:..:|:.|   、_    ` ̄ `ー ニ: '´、
        {: : : :_,..- ' {     |:..|,:..:..:..:ト、 || //:..:..:..:..|/ ,   }           `ヽ: }
        ̄´    /    ∨:..:..:..:..ヾ、 || //:..:..:..:..:..、 /  〈             }:/

 ※はい。どこからどう見ても小学生の煌さんですね? 






煌「」キュキューン

花田母「どう? 可愛い子でしょう?」

煌「そそそ、そこまではなくもないというか、なんというか」モジモジ

花田母「なんというか?」

煌「すばらっ!!」カッ

花田母「そう。よかったわ」


京太郎「今日はどうすんだー?」

照「どこでもいい」

咲「うーん」

少女「湖がいい! 湖がいい!」

京太郎「じゃあ湖でいっかー! 行くぞー!」タタ

咲「あ、待ってよー!!」

照「待ってー」

 タタタ

煌「(こっちにくる!?)」ドキィーン

京太郎「ん?」ピタッ

煌「!!」

                     -=
             >  ̄`       `ヽ
           /
          /                   ミ=‐
       _彡  / ./       /           \ ヽ
      >-/  /      /   i            ヽ \
     ///  , /  /  //   i     !         ',.  \
   /ニ∠ニ= イ/ ,/  // / イ     i     i  i ヽ ̄
  /ニ三三イイ/ //  ≠{‐y-/、|   i  i     |  i厂
  /三三三/∠ ィへ| /| .| /∨|{ i //.{ i /-.i_ i.   |  |!\
.../ニニ三三{ニニニi fヽ|/ !/iム_  i! ∨/| .!/|//i } .!  i i. |i‐-`-
イ三三三三{ニニ∧、〈i ≦ニ==ミ、  ∨i __|/ } ハ |  } |! ト!
ヽ三三三三{三Υヽ  ..:.:.:.:..     、!≠==ミ、 }| /! | |
 }、ニ三三三{三i  ト        ,   :.:.:.:.:.:.`/ }/.:| ハ|
 ニヽ三三三{三i‐-{∧   r-          /彡//!  <こんにちわー♪
  ニニYニ三三寸  i∨ヽ  丶   フ    イ三// i
=ニニニ}ニ三三三\八ム、 \        イ三ニ// /
-=ニニ}三三三寸三\厶\ >   ≦ア. : .:{ニニ///
=ニ三}三三三ニ寸三ニヽ \{、  //. : . :/三/
ニ三三三三三三寸三ニ \ ヽ,/'. : . : . /三〈i
ニ三三三三三三三寸三三\. : . : . :./三/
ニニ三三三三三三三寸>-‐´: . : . :イ彡'


煌「」キュキュキューン


;;;;;;;;;;;;|: : : :/: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : .......:::::::ヽ:ヽ;;;;;;;/ : : \
;;;;;;;;;;;」: : :/: : : : /: : : : : : : : : : : : :...:::::::::::::::::::: : : :\!/'‐-、: : :ヽ
;;;;;;;;;{: : ::/:::.... /: : : : : : : .. .......:::::::::: : : : : : : : : : : : : V;;;;;;;;;;;\: : \
;;;;;;;;;l: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : :.∨;;\;;__;ゝ: : }
、_」: :′: : : : : : : : : : : : : : iへ∧: : : : :| : : : !: : : : : : : :∨;;;;;): :人: :.l
;; \: :l: : : : : : l: : : : : : : : : :〃~`´!: : : : l: : : :ハ: : : : : : : :i| ̄: :/  }: :l
 ̄T'゚`l: : : : : : |: : : :j: : : |: :l:!   } !: : :.|: : /: :l: : : : :ヽ、l|: : /   l:V
 ̄:::::: {: : : : : : |: : : ハ: : !: :l|     lハ: : :レヘ: : }│/: : : ハ」: :(  /:/
\>-、l: : : : |: :A‐-ト==j-∧{__,   }l| ‐'7=テトV: :l/l: : : :l !人 ∨: :/
「'//rヘY: : :.l: :l ヽ/_」二z_ハ  u ノ レ,ィ7ネソ ノ:.:ノ: ハ: : :N  ∨: :/
Y( (´〉l: : 人l=ィ=テ7_;;ラF      -`"´ レ'フ:./: .}: ://_ /: :/:.\
丶\ぃ_l: /  ` ヽ ゞ=-'′        // i/レ' : : レ':/ ,`i: :/\: .:ヽ
: : ヽ_ゝ_レ′ /  ̄ / / / } //__j_: : : :/: :/   .l、'  ) : : }
: : : : \ ̄l\ u/ / / /     / ヽ _` 、:./     l ヽ/ : : /  (な、なんという……すばらっ)
: : : : : : \!  ヽ、   t‐-- 一'_,フ ´   丶.` 、 \   /  l: : :/
\: : : : : : )\   >、 _   ̄ フ´       ! \ ヽ ヽ      l: /
  ).: : : : ハ   \   ヽ二>′        ヽ、 / { |     |′
 /: : : /: : :ヽ   \    /      __ ,ィ勹、 〉 人 l      ハ
/: : : :人: : : : \   \ ./     ,イ′/`\// i ´    / }
: : :/  \: : : : )    ∨      i′!/    `‐′  }    /   l





京太郎「おいてくぞー!」

咲・照・少女「「「待ってー」」」

 タタタタ

煌「……」

花田母「……覚悟は決まった?」

煌「決まった」キリッ

花田母「そう。じゃあこれからは一人前の忍者になるべく辛い修行が待っているわよ」

煌「いいんです。彼を、京太郎君を守る為ならなんでもします!!」

花田母「すばら」グッ

煌「すばら」グッ


 それからは辛い修行の日々でした


花田母「さぁ、ここで決めるのよ!」

煌「イヤァーッ!!」

            r=z-、
            ィゞ{| ヘ::ヽ
      ,ィ二ニiト=z`  ∨::',
      ゞ ム_ヾ、 `ヾ、 ∨ヽ、
   _,ィ─=ニ`ヽ二二二二二ニ弋
  ,ィ"ー-─-、_ゞヾヘ 廴`ー气ニゞ ヽ、j`ヽ
 ゝ一ハ>一 >-‐ゞ下、¨ー─--─-、:∧::}
   /::レ:"´::/ ̄ヽ::ヘ:::ヽ、 r-y' ̄""ヽゞⅥ
   \_;;y'”     ヽ:::',ゝ∧_: : :_>弋Wソ
.   ム,,_.,    ,y-==入弋-ゞー`: :ノ: :/}レ
    辷_二二,ノ .,ィ=kjヽ `ゝz /kj∨ヒソ `ゝ                           _   __
       ,ィー´ ̄冫-ヘ=〉__r=、 ィtゥ  ,` i                       __ ,..-===|  } ̄y::::.〉
      /  /~`ヽ ̄"ヽ、`ー、`".._r‐ /} ̄ ̄ ̄~゛`ー─‐--、_     _,..-‐' ̄     _y-─L__iゞイ./
      `ー-く___}    |: :\ノ //l`" / ̄`ー──--‐─‐‐、 _,ヽ __.,ィ´    >-‐ ´      ムイ
            弋-、≦i: : : : ヾソ:.i' ̄    ./`ゞヘ _ ,.ィ-‐`ー”    _.> ´
                 ヽ: : : : : : : :,':.`"ヽーy'..::::::::'ル"     _ y-‐‐'"
.                \: : : : : : : : : :/,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;,}.:.: _,,..ィ' ´
                  ヽ: : : : : : :/:::::::::::::::::::::::i}ィ'"
                   入___,/:::`ヽ::::::::::::::::|
                 r'<,z_:::::::::;;;;;;;≦ / ̄ヽ、_
                 {i/   ` ̄ 斗r‐y"_x=z._   .〉
.                / y-ー─一-'" >}_}  ̄弋ノ
.              /ソ´     _> ´
              〈     _ ,..ィ'"
              `ー' ̄
 肉体の限界を極め、隠密術を学び


京太郎「ふんふーん」

 コソッ

      | ___
      |´: : : : : }: `丶、
      |: : : : : : : : :ヽ: : ヽ
      |: : : : : : : : : :j:く⌒77⌒)
      |: :/i/゙|: :.|: j :| : Y^く\/
      |Vイ |: 人:l/|: : |__人: :\   ハァハァ
      |〒| :|/テ〒|: :んュ:┘ : : ヽ
      |┘   辷ソレV /: : } : :}: : : :、
      |"___ ""__ノイ: (ノ: :人: : : :}
      |_ー─‐' イ  {: : :/   }: :,'
      ,.┴i匸乏_     ∧ : \ /: :/
    {ニ 八_ノ/>、  / :/\ : V: :/
     `T/...//⌒^)( :(.   \: く
      |........{{/  /  \\ (_) :)
      |.......く   {    >>乂:く
      |..../`>‐┘  (⊂ く:<)ノ
      |'´ /        ̄、_/´
      l/.}
      |....人
      |_,,.イ
 一人前になるまで直接の接触は禁じられていたので、背後から見守る日々








 現在

煌「という経緯でして」

         , . .-‐ : : ̄: : :‐-
        / : : -‐: : : : : : : : : :`
.        / : /: : : : : : : λ: : : `: : \
       / : / : : : : : : : : :ハ: : : : : :\:ヽ
       .: : / : : /: : :、: : /  |: :!: : : : : :ヽ’
  , . -‐‐マ : !: :.:|: : :/V   |ィl´ : l : : : : Y                /7
. /: : : :, ‐ノ: :|: : /|: :∠|/   / l : /| : : : |:.|               //
/: : : 、{   、ん : | ,ィ':沁ゝ   仏ィミ.j: :/:/|/\             //
|: : : : :\_廴ヽ| 弋_ツ     辷リ//!ヘノ: : : ヽ         r、/ハ
ヽ:.: : : : :.:、--‐寸 ""     '  ""'、レ ′ ): : : : i        ノ ノレく
  \:、: : : :\.  ヽ、  r‐‐ァ    へ`¨´: : : :/ノ      / /イ/¨}
   `ー ̄ ̄  r、|`  `_´   ´ <: : : __//        .{ γ`ユノ
.          _ノ` ‐- _ .「`)、      ̄ //       /` ー-く
       _ ノ \   /` く |` 、                /  / //
     γ     \/`{ ̄}ヽ!ヘ ` ー、         / `ヽ //
     ん-、 、   ヽ `Yヽ.  |   |\       ,     j′
     |二ニ\l    \V.∧ .|   |ニ|`     /       /
     | ̄`ヽニ、     V/∧|   マ/   `¨Y´       /
     |    `、}     ヤ 、∧     i       }        ′
     |     {.      ヤ〉 〈',   j
     |.      l.       Y /ヾ、   }- _       /
     |.      |        |///ハ  |     ‐-- ´
煌「父の都合で転校になったので、今は福岡にいますが……いずれは彼のメイドに」グッ

透華「め、めめめメイドですって!! 一!! 一ぇぇ!!」

一「何?」

透華「メイドですわ!!」

一「うん」

透華「悔しくありませんの?!」ダンッ

一「別に」

透華「純!!! 智紀!」

純「まー、オレは透華のメイドが気に入ってるし」

智紀「右に同じ」

透華「違いますわ! そこは、「須賀が透華と結婚すれば俺達は須賀のメイドだな!」でしょう!?」

純「知らん」

透華「むきぃーっ!!!」

京太郎「あのお姉ちゃんこわい」ギュッ

煌「大丈夫ですよー、ふふふ」ナデナデ

透華「アジョイハ;jvhダ@k@」

一「バグってるバグってる」

煌「まぁ、私のことはともかく……今は京太郎君のことですね」

透華「ええ。精神的ショックによる幼児退行……もうすぐハギヨシが診断結果を」

 サッ

ハギヨシ「お持ちしました」

京太郎「うー? おもちー?」

ハギヨシ「おや、お餅がお好きですか?」ナデナデ

京太郎「うんっ!」ニパッ

ハギヨシ「ふふっ、では後でお持ちしましょう」

京太郎「おもちをおもち?」

ハギヨシ「ええ。お餅をお持ちしますよ」クスクス

    : : .    ヾ 、:     丶: .
    . : :、: .   ‘,ヽ: : . .    ヽ: .
  . : : : ;,;ヽ: .   ',== 、: : : .   ヽ:.
. : :,;才"´  ‘, .   ',   丶: : :.   ‘,.
イ    _- . ‘,   ハ   ‘,: : .   ', :
  ,.ィ"´  . . . .‘,:.  i: : : : : :', : : :   '; :
イ  . : : :,,;。-≦='; :  lミ≧=-} : :   . : :
. . :,:ィ升''"´    _',: : !  ` '''l : :  .: : :
ィ匁'"     ,+±-, :. l、   l : :  i : :
才        rTlllllllllli, : l+  l :   .! : :
       丈llllllllllllli : ll  八 : . .ハ : :
        于+lllllllllllli, :.!   .ヽ : . ヘ : :
、       '±┼十´l:.l    ヽ : . ', :
ミ爻x、            l:l     ,ィx : .
ベ''爻≧ト.,,_       l:! _,,.。ャ爻彡ム: : :
`: 、ヾミミ=爻三圭ニ圭非圭圭彡''"- ',: :
  ` ー` ‐=ニ:三三三ll三ニ≠二 ‐ ! :
           ̄ - l!=ニ= ´   .! :

透華「ハギヨシィ……何を私の前で京太郎とイチャついてますのぉ?」ユラァリ

ハギヨシ「そ、そのようなつもりでは」アセ


智紀「……イイ」

一「!?」

純「おいおい、勘弁してくれよ」

佳織「ハギ京……」カリカリ

歩「滾りますね!」


透華「それで? 診断結果は?」

ハギヨシ「我が龍門渕家専属の優秀な医者に見せたところ」


 ~~

ハギヨシ「いかがでしょうか?」

医者「私は外科なんだけどね? でもまぁ、これくらいなら一日で治せるよ」

ハギヨシ「本当ですか?」

医者「私を誰だと思っている?」キリッ

 ~~


透華「パーフェクトですわハギヨシ!」


煌「よかったですねー」ナデナデ

京太郎「すばら、すばらお姉ちゃんっ!」ギュゥウ

煌「わわっ……//]

透華「では一晩、龍門渕家で手厚く保護しますわ!!」

煌「確かに部屋も余っていそうですし……京太郎君のお母様にはもう連絡を入れてますので」

透華「決まりですわね。ほーら透華お姉ちゃんでしてよ~?」ニコニコ

京太郎「やだ」

透華「え?」

京太郎「すばらおねえちゃんがいい!」ギュゥー

煌「きょ、京太郎君っ!」パァァ

京太郎「ねね? いいでしょー?」

煌「……ふふっ、仕方ないですね」ナデナデ

              / .::::::::::::::::::::::/ ':;:::::::-‐-::::::::i::::::::::::::::::|:::::::::⌒マ'*;:::::::\
              .' .:::::::::::::-‐-:::i   ':::::::!::::::::::::::ト、::::::::::::: |:::::::::::::: |  \:::i}::ヽ
           ,.i:::::::::::|::::::::::::::::|   \|\ト;..ユ., \}\/::::::::::::::: |   }!:}!::::
         /!::::::::::';:::::::::∧{     ,zf丐:::芯㍉ ∨:::::::::::::::::|  ,゙:/::::::
       ,::::::::::/;:::::::::::V,ィ'丐心      r':::::::}::} ,リ }!:::::::::::::::::::j / .::::::::::
.       /{::::::::;゙ \N::W゙ r':::::}:}       弋ーク  _,.⊥:仁..孑≦::::::::::::::::::::::
.       ,::::{:::: 弋,   ,.:代゙弋ーク           ー-==-::::::::::::::::::::::::::::::::
      !::::`*::;_;:>'´:厶イ     丶     '"""   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ‘;:::::::::::::::::::::::::::::::::} '""     /        r≧;ァ‐-‐ッ:::::;:≠´
        \::::::::::::::::::::::::::;ハ      ̄           /::/  ⌒¨¨´
        \:::::::::::</^Yゝ.             イ::/
           `¨¨¨⌒{:  i   `iト .      イ  Κ
                  i   i         zf´     / \   ,,. -‐…‐-ミ
.                {   |        /ⅵ _/    マ^´          ,
.                |   |-‐‐- -‐ァ゙ ∧_∧         }             ′
.              /{   |    / /  } }       /            }
煌「一晩だけ、ですからね?」

京太郎「わーいっ!」


透華「」

純「涙拭けよ透華」

智紀「どんまい」

一「ちぇっ、つまんないのー」


ハギヨシ「では部屋にご案内しますので」

煌「ありがとうございます」

ハギヨシ「一応ダブルのベッドにしておきます。おそらく、一人では眠れないでしょうから」コソッ


煌「す ば ら」


ハギヨシ「いえ。ではどうぞ」










 客室

ハギヨシ「何かあれば呼び鈴をお使いください」

煌「何から何まですみません」

ハギヨシ「いえ。では私はこれで」サッ

 バタン

煌「出来る……!」

京太郎「ねーねー」グイグイ

煌「はい? なんですか?」

京太郎「絵本読んで!」

煌「絵本ですか? でも絵本は無いので、お話を聞かせましょうか」

京太郎「おはなし?」

煌「ええ。じゃあ、ベッドに行きましょう」

 ボフン

京太郎「ふかふかー」

煌「ふふ、本当にふかふかですね」モフモフ

京太郎「お話! お話!」

煌「はい。では……私が中学時代、お姉さまと慕った方との冒険活劇を」

京太郎「?」

煌「少しムズカシイでしょうか? では、私が新聞部として」

京太郎「しんぶん?」

煌「これもダメですか? では、私の知人の宇宙人が体験したToLoveるな日々を――」

京太郎「聞きたい!!! 聞きたい!!」

煌「もう、しょうがないですね」ヨシヨシ








 十数分後

煌「それで彼は女性のスカートの中に手を――」

京太郎「ん、うぅーん」ネムゥネムゥ

      /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
    __/: : : : : : : ∧: |: : : : : : : :l
.  /: :′: l: :⌒ / |: |⌒: :|: : : rト
 /: :.:/|: : :.|: : :./   !八∧:.|: : : 圦: :\
 !: :V 从: :Yんハ    んハY:./::ハ : : :.
 : : : \ ∨弋::ソ   弋::ソノ/≦.ノ: : : :}
 \: : : >ハ ,,,  '   ,,, <: : : : : : : :/
    ̄   ト    (ヽ  イ  >: : :./
        r ≧ -<、   ̄ ̄
     / ̄| \ ノ |\
煌「あら、眠たくなってきましたか?」

京太郎「うん」ボー

煌「では布団を被りましょうねー」

京太郎「お姉ちゃんはー?」

煌「私もすぐに入りますよー」

京太郎「?」

煌「(匂いは大丈夫かな?)」クンクン

京太郎「早く早くー!」

煌「お待たせしました」モフッ

京太郎「えへへっ」ギュー

煌「ひゃぁっ……//」

京太郎「おねえちゃん、いい匂いがする」

煌「(嬉しいけど、恥ずかしい)」カァァ

京太郎「んぅー」スリスリ

煌「(というか、こんなに近くて、大きな体に抱きしめられててててて)」ボムッ

京太郎「……スゥ」

煌「……?」

京太郎「……」スゥスゥ


煌「……すばらくない」ムスッ

京太郎「……」スヤスヤ

煌「……アナタに仕えると決めて七年近く」ナデナデ

 色々なことがありました
 まさか、私の後輩がアナタと仲間になるなんて――思いもしなかった

煌「そのお陰で、直接会って話す機会が出来たんですけどね」

 京太郎君は知らないでしょうけど、私はずっとアナタのことを

京太郎「……」ゴロン

煌「メイド忍者という立場上、私はアナタと結ばれることは許されません」

 だから――
 せめて、せめてこの瞬間だけは

煌「京太郎君の隣で、一人の女として……」

 スッ

京太郎「んぅ……」

煌「……」ドクン


 ドクン ドクン


煌「キス――しちゃっても、いいですか?」











 翌朝


煌「……」スゥスゥ

京太郎「んー?」ガバッ

 キョロキョロ

京太郎「あれ? ここ、どこだ?」

煌「んぅ」ギュッ

京太郎「ん?」チラッ

煌「きょう、たろぉ、くん……」


               /⌒ _>、/⌒ Y¨¨¨  、
             /´> ´   ,    }      \
             , ´    /     :    、   ヽ
            /     /  '      |  |   ∨    :.
          ー‐イ' /  /  | | l     }  | |  |     .
                / '   ' / |{ |    / /| }  l  |    |
           // / { |-+-|、  | ,-}/-}/- /  }    {
             / ,..イ , 从,ィ=从{ l / ィ=tミ}イ/ /_   从
            ̄´  |∧  {  Vリ ∨'   Vり /' /- }  / }
               / 从ム   ,      ム,イ-、/l ,
                  :.            r ' /|/
                 八   __ _     / /
                     、         イ Ⅵ
                    \___  イ   |ヽ
                   「 、 |    r <///|
                   |/}_」    |//(_)//|_
               , <///〈      ,」////イ////> 、
          r--- <////////∧   /////////////////> 、_
京太郎「……」

煌「ん? ふわぁ……京太郎君?」

京太郎「……」

煌「京太郎君?」

京太郎「やっ」

煌「や?」



京太郎「ヤっちまったのかよぉぉぉぉぉ!!!」

煌「はへ?」

京太郎「うわぁぁぁぁ!! くそ!クソクソクソ!! なんでだよ! なんで覚えてないんだ!!」

煌「???」

京太郎「ていうかなんで花田さん!? オレ、確か絹恵さんにレイプされたハズじゃあああ!!」

煌「あっ、なるほど」ポン

京太郎「一晩で二人連続とか! しかも覚えてないなんて最悪だオレぇぇぇぇ!! うわぁぁぁん!!」

煌「ふふっ。少し、面白いので……このままにしておきましょうか」クスクス











 三十分後


透華「とまぁ、こういう事態でしたの」

京太郎「そ、そうだったんですね……色々ご迷惑をおかけしました」

煌「いいんですよ。子供になった京太郎君、可愛かったですから」

京太郎「うわぁ、恥ずかしいぃ。そんな姿見たくねぇ」


衣「このDVDはなんだ?」

一「イイモノだよ」フフフ

 カチッ

テレビ「スバラオネエチャーン」


京太郎「!?」


衣「?! こ、これは……」ゴクリ

智紀「こんなこともあろうかと」

衣「なんだこれは……どうすればよいのだ!?(胸の高鳴り)」ドキドキ

一「ブルーレイに落としてよ」

智紀「OK」

衣「後悔噬臍!!! なぜ、なぜ衣はこんな大事な時に……!」ギリギリギリ

   ./ ./       /                        ハ
  / ./  /   ./  /                ',           |
 ./ ,/  |   /  .!      |  |         ハ           !
 i 〃   !  ! !   | |      !   |   |     | |        |
 | ||   |  | |   i! i!      |  !   i!    i! l        |
 | ||   |  | |   ハ !      |   ト.   .ト、 |   ||!|          |
 | ||   |  | | ` ト.!ト、    ト、 | |  .斗七i¨ ̄||リ        ,{
 .Ⅶ   !  i!.ト、 | .|{`ヾ.   | 斗匕  i! | ハ  /}'          ,'∧
  ヾ、  |  从/芹乞ぅミ \  ',  ≠r笊乞ぅミx./       //,∧
     \ \  《 う:::::爿  `ー\. う::::::::爿 》       ////∧
      \ヘ\ゝ乂辷ン       乂辷ン  ′     { /////,∧
     ./ `\{                 .′     ∨//////∧
     /   .八      '            .′        ∨//////∧
    ./   /  ,ゝ    ,   、       ,.!         ∨//////∧
   /   /  /  >...        _....::´::|            ∨//////∧
  ./   /  /  /   >ァ r   ´  ./|          ∨//////∧
衣「仕方ない。もう一度強姦未遂をすれば、幼児化を……」ブツブツブツ

純「ダメに決まってるだろ! いい加減にしろ!!」

衣「うぅぅ~!! 衣もキョウタローを甘やかしたいぃぃ!!」バタバタバタ

ハギヨシ「おやおや、困ったものです」

透華「でもよかったですわ。元に戻って」ゲシゲシ

京太郎「あの、なんで蹴るんですか?」

透華「私を傷つけた罰ですわ」フンッ

京太郎「???」

透華「それより、お腹が空いているでしょう? 食事を用意しましたわ」

京太郎「やった! 俺もう腹がペコペコで」

透華「ちょうど海外から取り寄せた貴重なフルコースでしてよ」

京太郎「へぇー、それはなんかスゴイですねー」

透華「特にこのエアとペア、それとアトムにGODは……」

京太郎「うまそうだなー。でも朝からこれだけの量は……いや、食ってやる!」

 ワイワイ アハハハ


煌「……」ズキン

 これは、わかっていたこと
 元に戻れば、京太郎君にとって私なんて――取るに足らない知人の一人

煌「(私の、臆病者――)」

 後悔するくらいなら、あの時――唇を奪っておけばよかったのに

煌「(本当に、馬鹿)」ウルッ



京太郎「あ、そうだ」ポン

                     ____
               ,. ´ __    `¨¨ヽ
            ,   ̄`  /  ヽ       `ヽ
           /  _     ,:   ∨   、    :.
          / /,´      /    |    ヽ     .
       / //'  ' /  ' /   l| | :  :  ∨   :
       l// / , / ' l| | |     | | |  |   |   |
     _/ ィ / { l |__|_{ |∧   }/ ' / l  |   ∧
      ̄  {〃  Ⅵィ斧从 } /-}/-/、 , /-、 ∧}
          / ,  从 Vり ∨イ ,イ斧ミ、}/ /⌒ } | '
           / イ从 l ム        Vり ム'  ノ/}'
         ´    \∧  '        ,r ' /
               、  v   ァ    / 从/
                     \ `こ     イ  _|、
                  ` r  ´   //∧
                     /|     /////∧
                「  |   //////////> 、
              , </∧ /   {///////////////> 、
            , </////// ∨__∨//////////////////>、
京太郎「さぁ、早く行きましょうよ! すばらお姉ちゃん!」

煌「え?」

透華「!?!?!?」

智紀「!?」

一「わお」

純「おいおい」

ゆみ「お姉ちゃんだと?」

歩「滾りますね!」

煌「きょ、京太郎君?」

京太郎「って、あれ? 俺、今なんで……」

透華「お、おおおおおおねえちゃん!? 透華お姉ちゃんはどうですの!? おすすめですわ!」

衣「衣だ! 衣をお姉ちゃんと呼べキョウタロー!」グイグイ

京太郎「わわっ!? ちょっと待ってください! 俺だって混乱してて!」

歩「滾りますね!」

純「ちょっと黙っててくれ」

透華「きぃぃぃ!! 今日こそは思い知らせてやりますわよ!!」

京太郎「だから誤解ですって!!」


 ギャーギャー


煌「……」ポカーン

 私のこと、すばらお姉ちゃんって……
 もう、忘れ去られたものだとばかり

煌「ふふ、そうですよね。どうなろうと、京太郎君は京太郎君」

 幼児退行していようと、していまいと須賀京太郎という人を――私は好きになったんだから

煌「この気持ちは――大切にしなきゃ」ギュッ

::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::.. ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ハ
:::::::::::::::::::::::::::\::: ,ィ‐ 、:/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::|
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::\/ニ、ハ{:::::|:::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:/::::::::::::::|
 ヽ::::::::::::::::::::::::-、::::::>} ∨!:::::::::::://::::::::::::::/::/:://:::::::::::|
  \::::::::::::::::::::::::\〆   \|\!/ |_ ,-‐'// //::::::::::::/
    \:::::::::、:::::::::::::\__       `ヤ、 /  /.//:::://
     |::\_ヽ──‐ '   |∧ヽ,   ヾ  //:::::/ヽ
       〉:::             `     〈 >/:::〉:::|
     _/                    ヽ<-‐'::::::::}
  ./∨              ヽ     /─`:::::::::/
 /   \     / 、        `    ∠`ニ:::/
 ̄ヽ    \   /\  丶    /
 ヽ \    !ヽ { /|    ` -
煌「京太郎君っ!」

 だって私は――

京太郎「へ?」 グイッ

 雀士である前に

煌「子供じゃなくなったなら、こういうこと――してもいいんですよね?」スッ

 メイドである前に

透華「あ、ああああああああっ!!!」

 忍者である前に

煌「んっ」

 チュッ

京太郎「!?」ドキッ

 一人の――

煌「……ふふっ♪ すばらですっ」クスクス


 女の子、なんですからね? 


第十九章【すばらっ! 大好きなお姉ちゃん!】


 カンッ