大阪に戻った私は、感謝の手紙だけを書いて須賀君の家に送った

 名前も書かへんかった

 ただ一言

『助けてくれて、ありがとうございました』

 それだけ

 他に沢山書きたいことはあった

 でも、書こうとしてもあの女の言葉が頭をよぎってしまう


 私は――


絹恵「……」


 いつからか、彼の存在そのものを頭の中から消そうと必死だった
 ふと目を閉じれば思い浮かぶ須賀君の顔

 それを頭を振ってかき消し、別のことを考える


 最初は無理やと思った


 でも、人間ってのはよく出来てるもんやなぁ
 次第に記憶は薄らぎ――一年もする頃にはなんも考えんようになった

絹恵「……」

 もう、二度と会うことはない
 思い出さなければ、何も起こることは無い


 そう――思っていたのに










 全国大会会場

洋榎「かぁー!! 負けたぁー!!」

絹恵「ごめんなさい。私のせいや」

恭子「アホ。そないなことあらへん」

由子「みんなの負けなのよー!」

漫「うぅ」グスッ

絹恵「……私、飲み物を」

洋榎「うちも散歩や散歩!!」

郁乃「みんな~気にしたらアカンからね~?」


 バタン


絹恵「(私のせいで、お姉ちゃん達勝てへんかった)」ギュッ

 もう、お姉ちゃんとは一緒に戦えない
 私はこれから――何を目標に頑張ればええんやろ


絹恵「……はぁ」


 ダカラサー  モウ、キョウチャンッタラー


絹恵「……?」


 話し声?
 誰が話してるんやろうか?


絹恵「……あっ」ドクン



京太郎「そういうこと言う奴はこうだぞ!」

咲「あぅーやめてよぉぉ」

         ,  ´    /V    <⌒`
        /,     /   ∨      ̄\___
       ' /       '     ∨   、 < ̄ ̄´
       / /    ,  |      V   l | V \
     '  .'  / l |  | l     | } 、 | }  、`
     |  |  { |{ |  {∧ l   |//V /   \
     } ∧ ∨从>-、从  |'___}イ }、r----
     /イ' 从 {  =====∨\ }  ̄  |ノ `\   ____
      乂  \           リ    |  ,. : :´: : : : : : : : : :`: : : .
       \__、              人/: : : : : : : /: : : : : : : : : :`: 、
     /⌒7/{込、  ,  ―--‐  イ/: : ,: : : : : :/: /: :/: : : : : : : : : : ヽ
     /////\\//≧   __ ィ///: : : :/ : : : /|_/: :/: :/: :/): : : : : : : .  っ
    {////// V///// ̄} //////,--、/: : :/_ /`ー'--'-/-く: : :/: : : : : :.  っ
    ///>-//}/////// ()//// 〈  {: /  ===   /:イ: //\': :/: : : : :|
   ,'////////≧=--- 、////////⌒ー--}         |://:/}:\: / : : ,
   {////////////////// ̄}¨´  r‐―ノ       /' /、/イ: /`/: :
   ` <_////////////// |    〉               ヾ>jイ:イ: : /
      |//// -=<__()__ノ--≦:く     ,....::⌒\        /: : : : :,
      |////////////////////乢\  `ヽ、:.:.:У     ,:⌒V:∧: :{
      |////////////()//// ̄Vノ >,   __      ,イ_ノ/ \|
      ////////rく(ヽr,// く...、......∧---/........\/: イ ̄ }://イ
      //////// し'--く/  {:.:`\....、 /........//r、/ )-、
      ,'/////////ノ---' \  ` ー-`、∨.....イ/r'-、 ーく
     //////////∧            [二] ̄  ∧_二}´

絹恵「須賀く……ん?」ドクン





京太郎「ヒヤヒヤさせやがって!」

咲「だって末原さん強くて……」

京太郎「でも咲なら大丈夫だったろ?」ニッ

咲「……うんっ」


 コソッ

         , - ------ 、
        /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::',
    ハ:::::::::::::::i   o ',::::::::::::::::::::::::::i
     i:::::::::::::::::::::ヽ_ ノ:::::::::::::::::_:::::::,'
    ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/o ',:::/
     ゝ-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i__ ノ/
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
   ./:::::::::::::::::::::::::::r ニヽ::::::::::::/
ー、/:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽィ′:::/
:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ギリィッ
:::::::::::::::',:::::::::::::::::::、:::::::::/
:::::::::::::::::i::::::::::::::::/` ̄´
:::::::::::::::::i:::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i

咲「!?」ビクッ

京太郎「ん? どうした咲?」

咲「う、うん? 何か、殺気みたいなものを感じて」

京太郎「はぁ? 小説の読みすぎじゃねぇか?」

咲「鈍感な京ちゃんにはわからないよ!」

京太郎「そういうもんか?」

咲「だからモテないんだねー」

京太郎「う、うっせ! その内彼女くらい作ってやらぁ!」ダダダッ

咲「あ、待ってよー!」

京太郎「うるせー! 今から自販機でジュース買うんだ! 付いてくんな!」

咲「もぉー!」


絹恵「……」ジィー




 自分でも不思議なくらい、心が落ち着いていた
 いや、きっと壊れてしもうたんやな

 抑えに抑えていた感情が、想いが――堰を切ったように溢れ出したんやから


絹恵「須賀君……須賀君須賀君須賀君」


 好き


絹恵「大きくなっとる……あははっ、麻雀部におったんかぁっ……♪」


 好き好き


絹恵「運命やなぁ。須賀君がまさか、私と同じ麻雀を選んでくれるなんて」ドキドキ


 好き好き好き好き


絹恵「分かっとる。須賀君は、私を追いかけてきてくれたんやろ? そうやなぁ?」クスクス


 好き好き好き好き好き好き好き好き


絹恵「せやったら、私も――同じ気持ちやから」


 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


絹恵「須賀君のこと――だぁいすきぃ」



 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き


絹恵「じゃあ、まずは――」ユラァ

咲「しょうがないなぁ……私だけ先にみんなのところへ――」

絹恵「(須賀君のこと、もっと知る為に)」グググッ





咲「えっ?」

絹恵「協力、してくれるやろ?」

 ∨ニ弍ニ    ヽム い  /  - 、     ヽ} // イ  .,ィ==、
  ∨ニ㌦ニ-     ヾ、 ぃ  {/    \      {   ',   {{     , - - 、
  `ヾニニニヘ    ヽ  ヘ  {        \    ヘ   ヽ  `ー -/       \
    マニニヘ`   ヽヘ ヾ,ヽ      -‐ー‐-   ヽ   `  _ノイ   イ  ̄ヽ ',
     ∨ニニx、    マム ヘ \  /       \ `  _,, イ   /へヽ    '  ,
     ∨ニニニ    マム ㌦    {{   ィ ''' ‐- 、  ー-   /  ト、  〉、 __,}  }
      ヾニニニ    マム マニ-   ヾ {   ,ィ '"   ̄  > '" ⌒` ーヘ ¨ ` rへ,ノ リ
       \ニニ、    `ヾ マニム   ヾ  /      /  '' ̄     >=>"、,ノ `ヽ
         マニニ   ヽ }弍ニニ    .{ /{  イ/        >:::'"    `` ゝ-、‐'__)
          マニニ、   ヾ㌦ニニム    ヽ{ ヽ/ /   -->':::::::::::` ‐  ,_       \__,)、
           ',ヾニニ    ㌦マニニム    \ /   ,  '   > __     フ 、   \ー’
           ヽ\ニx    マニニニ-     , '  イ        ヽ.  ー '"   へ、  ヾー-、
             \ヾニ、   マニニニニム  / /           ノヘ    `` ァ_,,ノ へ   `  }
               マム、   Vニニニニ}\,            イ  :}    /、     ` __,ノ
                マム、  ∨ニニニリ  \       -- "   .人_,ィ'へ \
                 ヾム   ∨ニニノ    ヽ      r、 ,__, ィ    `マ´ ゞ⌒ヽ
                  ヾ㌦  ヾノ       <    /          ‘マ´ノ   }
                  ∧㌦   ',       マ_ヾ、           `ヽ __,ノ
                     ハ ㌦  ',       \``ーゝ、
                 /;;;;;;ヘ ヽ   ',        ヾ、;;;\
                /;;;;;/;;;;;;;ヘ  \ ヽ          マ;;;;;\
              ,,;;;;;;;;;;;/イヽ;;;;/ヽ    ヽ        };ヘ;;;;;;;;}
             , '---';;;;'  `´  ヘ  ヽ  ヽ       ハ;;;ヘ;;;ノ
             \;;;;;;;;;;{;;;;;'    \\  \ \    人;;;;;;;;ヘ
               ゝ;;;;;;;;;;{.       \\  \ \./;;;;};;;;;;;;;;;ヘ
              ’ 、;;;;;;;;;,          \\ー  - ";;;;;;;;;;;|;;;;;;:/
         ヽヽ     \;;;,       .\\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> ´
          \\     `,        \\\ー- ´
          ヽ \\     ,         i \\\
                    ,        ,  \\
                              ,      .\
 バキィッ

咲「ふみゅっ!? きゅぅー」

 バタン

絹恵「……」ガサゴソガサゴソ

 カチカチカチ

絹恵「ふふふ、これが……須賀君のアドレスと番号」クスッ

 待っててな須賀君

 私が、ちゃぁんと須賀君のこと

                    -─━━━‐
                /. . . . . . . . . . . . . . . . .`
                . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
              / . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \ . . . ヽ
                , . . . . . . . ./ ̄`  . . .\ . . . .ヽ. . . . .
                  i. . ./ . . /       \ . . . . . . . . . . . . :
                  |. . i. . :/         \. .|. . . . .| . . .│
                  |i . |. i |          -――| . . . . . . . . |
              |i.│Ν―-       -  iИ. . . |. . .i i|
                |i八|   -     ィチ灯 |i . . .|. . .i i|
                  |i. .K不灯ミ  〃 ∨)ツ リi . |│ . i i|
                    |i. 〔ト ∨ツ》= -====行!. i|│ . . i|
               |i 小==  ,     ///|i. .i │ . . i|
                 |i. |八 //   、 ,     |i. i:. .|. . .|八__ノ|i  /|
                   |i.i. .个 .        /|i i| . |. . 丶. . .厶イ. |
                     |i. . .| . .|> ,_,,..  ´ __|i i . .|:. . . . . . . . . ..,ノ
               |ト--リ. . .i. . j__ノ八|__r< :|i | .八. . . . . 乂|/|
            |\_乂__厶. . j. ./|  /⌒} 八 i从. . . . ー=彡. . .,;人
             乂. . . . . . . . . ./ [/{{     ∧八_.\. . . . . . . .ブ
             ァァ--=彡  __....{{____,,∠..__ ̄\  ー=ァァ彡   |
.               〈人 }/ /¨¨¨ア不¨¨¨¨¨\   /  /  く|
               /  У  {{__/イ | |\___}} ∨       |
              /   /     ̄/│  |    ̄ ̄´  j/      丿


 ア イ シ テ ア ゲ ル
















 全国大会会場 女子トイレ


絹恵「……」カチカチカチ

 あの宮永咲から、須賀君のメルアドを手に入れて
 私は須賀君にどんなメールを送るかを考えていた

 いきなりメールを送って驚かんやろうか?

 ふふふ、でも須賀君ならきっと喜んでくれるやろ

絹恵「……」

 出来た
 まず、最初のメールはこんなもんで


【送信 タイトル 覚えていますか】

 覚えていますか
 目と目が会った時を


絹恵「……どんな反応やろうか」

 これだけじゃ私とは断定出来へん
 だからこそ、興味を持ってくれるんとちゃうかなぁ

絹恵「そして徐々に私だと分かる内容にして」

 最終的には――ふふっ

絹恵「送信――」

 楽しみや
 早く、返信が来ぃひんかな



 ブーブーッ



絹恵「来たっ!!」カチカチ


【返信 まくろす?】

覚えていますか
手と手が触れ合った時


絹恵「!!!!」




 手と手が触れ合った時?
 もしかして――私が腕の折れた須賀君を支えた時のことを!?

絹恵「き、気付いてくれたんや!! 私やって!!!!!」ウルウル

      /                  \
                       \
    /   /                \  ヘ
    ,'   ./     /´゙`\         ',
            /     \           }
    ,  ,'    , '           \          i
         ,             ' 、     }
   ! ,'  /`` ー‐丶    -- '"  ∨    !  |
   ! {  ,' __  __      _,,,   __V       |
   , ,」z=f"徒笈㍉、      ,。s===、ニミ、  ,'
   ,〈::{/卞 { .::ij:: } ヾxzzzイ/ { .::ij::. リ }:::} 7
   ', V', ,乂ッ,ノ  ノノー‐、ヘ 弋ュ,少う/::/     i|
   ハ ヾミュ___  彡"    ` ミx,__ _彡",' 7  ,'  i
       ',  ̄      ’     ̄    ハ7  ,'
     V .ハ                 从  .7!  ',
     V. 入   r ~ ~ ーvォ  //   仆、  V
     __,V   >  `  --  ' イ } /   7   >s。、
   ∨   V    Y´ >ォ __, イ   ハ           \
   , '    }   i!   {         / ',   {       i!  ヘ
  .〈     }   i}    ヽ     ノ  ヘ   i       ノ
  i}    ノ   7    /⌒ヽ_ イ \  ヘ  !    |      ヘ
  /_,,,/     ,'   /ミュ、   } 彡、 ヽ {    i/
絹恵「奇跡や……須賀君、ありがとぉ」グスッ

 やっぱり、私には須賀君しかおらん
 好きぃ……大好きぃ

絹恵「私の素直な気持ちを! 須賀君に伝えるんや!」

【送信】

 それ初めての
 愛の旅立ちでした

絹恵「あの瞬間――私と須賀君の全てが始まった」ドキドキ

 ちょっと詩的に書いたけど、変に思われへんやろうか?
 あぁ、緊張して胸がドキドキしてきた


 ブーッブーッ!


絹恵「来たッッッ!!!!!」パカッ



【返信 誰? 大輔?】


 I Love you so



絹恵「あっ」ドクン

 I

 Love

 you

so

絹恵「私を、とても、愛している……?」カァァァァッ

 す、須賀君も同じ気持ちやった?!
 私のことを……愛し、愛してっ

絹恵「嬉しぃ、うぅっ、うわぁぁぁんっ!!」バタバタバタ


 隣の個室 


照「……出ない。うるさい。気が散る」イライラ







絹恵「フゥーッ、フゥーッ!!」ハァハァ

 お、落ち着くんや私!
 これで両思いやって分かったんやから、ちゃんとアプローチせな

絹恵「私の……想いを!」カチカチ

 好き、だけじゃ足らへん
 愛してる、でも全然や!

絹恵「……うぅっ」カチカチ


【送信】

 「愛してる」の言葉じゃ 足りないくらいに君が好き


絹恵「……//」カァッ



 その頃


京太郎「誰だ?」カチカチ

久「あら? どうかしたの?」

京太郎「いや、知らないアドレスからメールが来て」

久「ふぅーん?」

優希「あの放課後のロッカーじゃないのか?」

久「っ」ドキ

まこ「流石に違うじゃろ」

京太郎「俺の中学の友達かとも思ったんですけど。そいつ、よくラブソングの歌詞を送ってきたんで」

和「え? ラブソング?」

京太郎「ああ。それで俺は知ってる曲なら歌詞の続きを返信して遊んでたんだよ」

和「ま、まままままさか女性ですか!?」

京太郎「んにゃ、男だよ」

久「(ホモォ……)」

優希「ほっ」

和「もぉ……」ホッ

 ブルブル

京太郎「ん? またか……って、やっぱり歌詞じゃないか!」カチカチ

まこ「京太郎、相手がわからんなら返信はやめた方が」

京太郎「そうですかね? じゃあこれで最後にします」カチカチ


【返信 大輔じゃないの?】

 愛してるの言葉を 100万回君に送ろう


京太郎「よし、これでオッケー」


 女子トイレ


絹恵「ファァーッ!!!」ガタァーン!!!

 ガタンガタガタガタタタタタ!!!

照「ぁぁぁぁっ!!」イライライラ










 白糸台 控え室

 ガチャッ バタン

照「……」

菫「随分と遅かったな」

誠子「お疲れ様です」

堯深「お茶をどうぞ」

照「いらない」イライラ

淡「テルー? どしたのワサワサ」

照「なんでもない」イライラ

菫「(あの日か? いや、それは三日前だったと聞いてるが)」ウーン

誠子「(怖いから触れないようにしておこう)」

堯深「(右に同じ)」

淡「あー! もしかしてテルー! 便秘?」

照「」

誠子「あっ、ちょ! おまっ!」

菫「なんだと!? それは本当か!? なぜそれを早く言わない!!」

堯深「あの、そこに食いつかない方が」

菫「すぐにキャベツの千切りを用意しろ! 決勝に響いたら大変だ!」

照「菫、大丈夫だから」

淡「便秘の気持ちって分かんないなぁー。あわいちゃんはいっつもすぽーんってなるけど?」


堯深「は?」

誠子「殺すぞ」

照「死にたいの?」

 ゴゴゴゴゴ

淡「しゅ、しゅみましぇん」ビクビク

菫「私に任せろ! 食技を極めた私の千切りは音速を超える」トントントントン


照「……(この苛立ちは決勝の先鋒戦でぶつける)」プルプル










 女子トイレ

絹恵「はぁ、はぁっ……//」プルプル

 100万回の愛してる
 須賀君、そないに私のことを好きでいてくれたなんて

絹恵「もう、ダメぇ……こないなこと言われたら、気持ちが抑えられへんってぇ」ハァハァ

 カチカチカチ

絹恵「須賀君が100万回のアイシテルをくれるんなら、私は――」

 100万回の好きを、送らんとな

絹恵「好き、好き好き好き」カチカチカチ

【送信】

 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き 
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
 好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き

絹恵「今、1218回……あと99万8782回……うふふっ」クスクス




京太郎「うわぁ、しくったなぁ」

久「どうなったの?」

京太郎「やっぱりこれ、なんか迷惑メールの類だったっぽいですね」

まこ「ほれ、言ったじゃろうが」

和「アドレスを変えたらどうですか?」

京太郎「そんなことしなくても、迷惑メールのリストに入れるから大丈夫」カチカチ

優希「世の中便利になったものだじょ」

 ガチャッ

咲「ただいまもどりましたぁー」グスグス

京太郎「咲!? どうしたんだお前!?」

咲「えっとね、気がついたら床で寝ててね……うぅっ」

和「頭に大きなたんこぶが!? 転んだんでしょうか?」

咲「分かんない。ただ、気を失う前に何か……ボールが二つバインバインしてたような?」

久「ボール?」

優希「犯人はのどちゃんだじぇ!!」

和「どうしてそうなんですか!?」

京太郎「でもよかった。お前が無事で」

咲「うん」

京太郎「ごめんな、俺がお前を一人にしたから……」

咲「大丈夫だよ! でも、これからはあまり一人にしないでね?」

京太郎「ああ。約束するよ」ナデナデ

                         ______
                   ,. : : : :´: : : : : : : : : : : : : `: :.、
               , . : ´: : : :,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : ://: : : : /: : : : : : : : : : : : : : ヽ: ヽ
              ̄ ̄ ̄/': ': : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ∨:.、
                 //: /: : :--/-|、 : |: : : : : |: : : : : : : : : :.
               / /: :': : : : :,:  l: |: : : |: : : : : |:i: : : : : : |: : :|
                      /: : :|: : : :/_ l: |: : : |: : : :`ヽ、: : : : : |: : :|
                 |: : /|: |ィ´斧ミ从: : ∧:{、 : : |:|\: : : :': : :.'
                 |: /イⅥ:{ 比::(_,   、{ ィ斧ミ:/:|:|: ヽ: /: : /
                 |'  |:/|、|弋zソ     ん::::(_ ∨:}: : :/: : /
                  |Ⅵ :.:.:.:  ,  弋こソ l/|: :イ: : ,
                    人   、     :.:.:. /: j' ,ノ/:/
                      、    ´    ム:イ-' /:イ
                      / ::`:::-,--==≦「イ:/:イ
                    { {:::::::::∧  , -┴::::ヽ
                    | ∧:::::/ ノ /:::::::::::::::::::::\
                    | {:.:.、/¨/:::::::::::::::::_::::::::::\
                    | Ⅵ:{/::::::/´>----、\::::::
                    ∨、ー'-<:.:.:/     ヽ\\|
                    { /、ノ、:.:.// __  . \}
                    /:.:.「   ´ {/ ̄ ̄\ |  |
                      /:./:.|     |         |  |
                       /:./:.:.{、   |         |  |
                   /:.:.{:.:.:.| :.   |     /:   |  |
                     {:.:.∧:.:.| 、  |   ,.:   |  |
                    |:./ \〉 }  ,   /     { ∧
                  _|'___   /  {       |   \
               /{::::{{::::::::::::`∨    ,         |    ヽ
                _>〉:||::::::___∧、   :.       |      }
            ,  ´  {::::{{ ̄::::::::::、 \  l         |    ノ
咲「えへへっ♪」





絹恵「返事が来ない……なんでや?」

 私の愛の気持ちが届いてへんの?
 ちゃんと100万回送ってへんから?

絹恵「わかったで、京ちゃん。これから、毎日少しずつでも100万回達成してみせるから」

 だから、待っててな?
 100毎回の好きを送ったら必ず――








 一ヶ月後 姫松

 ザァァァァ

洋榎「そ、そないなことがあったんか……」

絹恵「うん。だから、お姉ちゃんが須賀君とメールしてるって聞いた時は本当に――」


             ____                                 ____
        _,. ,ィセ:;ア――― ‐≡ミ                        ィ≡‐ ―――エ;::-、.,_
.         /´,'::/     __    ヾ;:ミ、 ヽ              ,r' ミ:;/     __    ハ::',`\
       ., '  .i::;′  .,ィ::::::::::ヽ     'ハ. ヽ              /  ハ'   .,ィ:::::::::::ヽ    ';::i.  ' ,.
       |  .!:|    i:::::::::::::::::i     !:!.  、           ,.   .!:!     i:::::::::::::::::i   |:!.  |
       ',  !:!     ヾ:::::::::::ノ   ./::}   ',          ,'   {::l.   ヾ:::::::::::ノ     !:!  ,'
          .', ';:、      ` ´    ,.タ:;′ ., '           ' ,.  ;:ム.,      ` ´     、:;' ,/
         ヽ. マ>...、___,...ィタ::/ , .ィ               ゞ , ゙i::ムェ...,___、...<タ .,r'
          ``゙ ‐-==== -‐ ゙´´     ......            ``゙ ‐- ====-‐ ゙´´

絹恵「憎くて憎くて仕方なかったなぁ」ボソ

洋榎「待ちぃ! 大体、絹はまだ須賀と直接話したことすら無いんやろ!?」

絹恵「それで?」

洋榎「せやったら一度話そうや! そしたら、須賀も!!」

絹恵「分かってないなぁ、お姉ちゃんは」

洋榎「は?」

絹恵「須賀君はね、優しいの」

洋榎「お、おう?」

絹恵「だから、本当に好きな私とのメールを我慢してまで……お姉ちゃん達に付き合ってる」

洋榎「いや、それはナイナイナイ」

絹恵「可哀想。私とこんなにも愛し合ってるのに」

洋榎「もしもーし、絹さーん? お薬の時間やでー」

絹恵「だからね。私、須賀君を助けてあげようと思うの」

洋榎「……はい?」

洋榎「何をする、つもりや?」

絹恵「ふふふ、知りたい?」

洋榎「当たり前や! 京ちゃんに何かしてみぃ! うちが許さへんで!!」

絹恵「……ゴメンネ、お姉ちゃん」

 スッ!

洋榎「しまっ!?」

絹恵「先に――眠ってて」ドスッ

洋榎「ぐぁっ!?」ガフッ

 フラッ

絹恵「鳩尾にゴールキーパーのパンチング。耐えられるわけがないよ」

洋榎「き、絹ぅ……!!」ギリギリ

絹恵「!!」

洋榎「ようも、やってくれたで……この、馬鹿妹がっ!」ググッ

絹恵「そんな、どうし――!!」

洋榎「これがうちの!! 必殺技やぁぁ!!」シュバッ

絹恵「(フック!? いや、アッパー!? 中途半端な構えを――!?)」バッ

洋榎「っらぁぁぁ!!」

                     |.l
                       l .|           /
           \            ! }        //
           \\        .,, / │   .,i / /
             \ \    i、 巛  !  , '/./  /
              \ `.-、 l`、|   !/ 〃 ,/
                \ `'-.ゝ         ./ //
             ッ \             / /
           ____Z                 ̄'''―--z__
  ──==二二二__     , ,         r────────
               _.;;彡-ッ  , .'゙ ,.'       .,,,,、 \
           '"´  / ,. , ' ,.'     ..  ..\¨''ーニ;;、、
               ,.;;ン‐″/  ,'.,   .l  ゙!l>、  \   ´
             ,..广   /.  ,'/!  .i'i.|.',  l `'-、. `'-,
          "      /  ,'/,!  l゙ リ ヽ  l  .  `'-、\
                 /   .i |  l   ..ヽ |      `'''ゝ
              /    i .!  ,!    ヽ,|
              /    i. │ /      ヘ
               /     i  | /
            /     .{. |/
             /       l. |′
 バキィィ!

洋榎「決まったで!! うちの勝ち――」 

絹恵「っ……スマッシュなんて、いつ打てるようになったの?」グラッ

洋榎「えっ」

絹恵「じゃあね――お姉ちゃん」

 ドガッ

洋榎「く、そ……京ちゃん」フラフラ

 バタン

絹恵「……」ジンジン

 痛かったよ、お姉ちゃん
 でもね、私の心はもっともっと痛いの

 だから、ふふふ









 清澄 部室

 ガチャッ

京太郎「……お疲れ様でーす。ってあれ? 誰もいないな」

 シーン

京太郎「俺が一番ノリかー」テクテク

机「」

京太郎「ん? なんだこれ、クッキー?」

メモ「お腹が空いたでしょう? 手作りなので食べてください」

京太郎「おお、ありがてぇ」スッ

 モグモグ

京太郎「作ったのは部長かな? いや、流石にないか」アハハ

 ゴクン

京太郎「あー、うまかった」

 グニャーン

京太郎「あれれーおっかしぃぞー」フラフラ

 ガクンッ

京太郎「足が、もつれる……?」

 ガチャ

??「……」クスクス

京太郎「だ、誰……だ?」フラァ

??「すぐに楽になるからね。須賀君」クスクス

京太郎「う、ぁ」

 バターン!!

??「さぁ。今から楽しい楽しい」

      /               \
     , '            \   ヽ
     ,               ヽ   ヘ
         __               、
   7     /  ``  、        ヘ
         /        ヽ\        ',
      ,'          > \    }
   |  7_        ,ィ'" ', .∨      }
   {.  ,' ``       ,.   ,ィV    | |
   ',  {  ‐-      ´ ,ィ='=オ}    i| |
    ', ィ≧==z。、.   / 巧::ij:::} |    i| |
    《 ヘ V:::::ヾ==く   乂 :::ノ i!     i
    ',ヘ ヘ 乂:::ノノ ̄`ヾzzzz二==!
      ー-‐"  '        i   ,'!
     マ 入    __ ,    /i     .| {    ヽ
      マ  >   `ー ´  イ  i|   ,'  i     } }
      マ    } > - '"   ,ィ'{  { i! i     ! |
  {    }    .i  / } r '"   .|  i. ', ヘ.   ノ.,'
  {ヘ   ノ  }   ノ'"{ A V ヘ.     ',  ', ヘ   ̄´/
  ヘ `ー"   ノ ノ // ミュ 彡ヘ   ヘ.  ヘ  ` ー " ヽ
    `ー-" / .{/ >ii<  ヽ _,ィへ  ー '"   ヘ
   `ーァ イ    / 〃ヾ \      >- '"
    ∧  }    /  / .ii ヘ  ヘ     /         }
    /. y'    {_,ノ  ii ヘ,__ノ    ,'  }
   ノ ,      〃   .ii           !   ノ   ,
  ,  ,      〃 /  ij            /
 ,   {     ´  7             }      ,
 ヘ  ',       {            ノ!
  ー}、 ヘ       ',          / .,'      }


絹恵「二人きりの時間だよ?」









 ラブホ照


京太郎「……んっ?」

 どこだ、ここ?
 俺は今――ベッドの上にいるのか?

京太郎「確か、部室でクッキーを食べて気分が――」

 そうだ、思い出した
 それで俺は気絶して――!

京太郎「くそ! どうなってんだ!?」ジャラッ

 って、なんじゃこりゃ!?
 鎖で繋がれるじゃねぇか!

 しかも、俺裸だし!!

京太郎「誰がこんなこと――」

??「知りたい?」

京太郎「え?」

. /   ,.'  ,.'          / /    \、    .',
/   ,'  .,'          / ,ィ       ヾ     i
   i   !           /' .//         ':,     .!
   l  .!        /_// {          l!     l
   l  l          ,' {' ̄ ‐- ..,,      ,,.-‐l l   l
   .! l       l    ‐- 、`    ´,,.  l.!    l
   ! !       l-z=≡=-ミ      ,.-=≦´  .!
    l! !      l/,イノ:i:::j:::::lヾ、     ,:'ィ::j::::}`)}  リ
   .i ! !      lヾ '; : :¨ : ノ=-..、  八:¨: ノ¨ハY.,'
 . .i ! .l      ト「{`ー‐''    }:;ニ;{.  ̄ ,' .///
  .l  l .l      l ヽヽ、'''   _ノ/  ヽ::.......'ノ//
.   l   ! l     .l  `ー==一''′  '  ̄ 厂/
.   l   ,! l     l:、      、_,,    , ' /
  l  ,' l l     l .\           / ./
  ! ,' .jl l       l   `::...、     ,.イ   ./
  .l .{/.l.l     .l   ./\≧ー-イ .i   /
  l 人 .l.l     .!\ ,'   \ノノ! .l  ,'
 j/ ∧ l.!     l  .\、  r } l .! .i
:'- 、 .∧!!     l   ,`ー〈  '., |..l  l
   \  l!       l  /、  {\ \l  l
絹恵「やっと起きてくれたぁ」ギュッ

 ムニン

京太郎「ふぁっ?! な、なななっ?!」

絹恵「ふわぁっ……いい匂いぃ」サスサス

京太郎「ちょ、やめっ! って、愛宕絹恵さん!?」

絹恵「うん。そうだよ。須賀君の絹恵だよ?」ハァハァ

京太郎「(何がどうなってるんだ? どうして絹恵さんが俺の首筋をハスハスしてんだよ!)」ドキドキ

絹恵「すごぉい、須賀君の首筋って逞しいんだね」ペロッ

京太郎「っひぃっ!?」ゾクッ

絹恵「んちゅっ、んぅ……」レロォーン

京太郎「んひゃぁぁっ?!」ガチャガチャ

絹恵「んふふっ♪ おいしっ」ペロッ

京太郎「ちょ、やめてください!!」

絹恵「どうして? 須賀君、気持ちよく無い?」

京太郎「そ、そういう問題じゃなくて!!」

絹恵「あ、そっかぁ。まずはゆっくり……ステップアップだもんね」

京太郎「はい?」

絹恵「んぅっ」チュー

京太郎「んぅぅぅ!?」チュー

絹恵「ぷはっ。あははっ、これすごく気持ちいぃね」ホヘラ

京太郎「(なんで絹恵さんが俺にキスを!? 嘘だと言ってよサーキィ!!)」ガタガタ

絹恵「寒い? なら、私が温めてあげる」シュルッ

 パサッ

絹恵「どう、かな?」プルン

京太郎「わーぉぅ」ビンビン

絹恵「よかった。喜んでもらえて」スリスリ

京太郎「ひゃぁぁっ?! ダメですってば!!」

絹恵「これはえっちなことじゃないよ。凍えてる須賀君を温めてあげるだけだから」

京太郎「え」

絹恵「だから全然悪いことじゃないの」

京太郎「あ、そっかぁ」



 ※ これは人命救助活動です 決してR18ではありません







京太郎「(っておかしいだろ!! 全裸の男女が肌をこすり合わせてんだぞ!!!)」

絹恵「逞しいなぁ。スポーツやめて結構経つのに……」スリスリ

京太郎「なんでそれを!? というか、え? なんで標準語?」

絹恵「おかしい? ごめんね、まだ慣れてないからアクセントが変かも」

京太郎「そういうことじゃなくて。普通に大阪弁でいいのでは?」

絹恵「……だって」グッ

 ギリギリッ

京太郎「っつぅ!?」

絹恵「関西弁は嫌いなんでしょ? だから私は標準語になるの」ギリギリ

京太郎「ちょ、待ってください! 俺は別に!」

絹恵「あ、ごめんね。痛かった?」

京太郎「す、少し。腕の古傷から――血が」ジンジン


絹恵「あっ」ドクン


京太郎「でも、これくらいなら」


絹恵「あ、ぁっあぁぁぁあああああああああああああああああああっ!!!」

京太郎「!?」

絹恵「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ」ガタガタガタ

京太郎「絹恵さん?」

絹恵「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ」

京太郎「お、落ち着いてください!!」

絹恵「あぁぁぁぁ!!! 私の、私のせいで!! また、またぁぁああああああ!!!」

京太郎「(また? まさか――)」

絹恵「傷口、痛いよね。苦しかったよね? ごめんね」ペロッ

京太郎「っ!?」ゾクッ

絹恵「んぅ、ちゅぅ、れろぉ……じゅる、んちゅぅ」チュルチュルチュル

京太郎「くぅ……」

絹恵「こんなに、痛そうな痕が残って……ゴメンナサイ」チュッピチャピチャ

京太郎「もういいですから!! やめてください!!!」

絹恵「あはっ、須賀君の血……おいしぃ」ハァハァ

京太郎「(やばい、この人完全に狂ってる)」

絹恵「ねぇ、須賀君。私、ダメな子だよね?」

京太郎「え」

絹恵「好きの数も、まだ100万回くらいじゃ足りなかったの」

京太郎「好き? 100万回?」

絹恵「せっかく須賀君は100万回も愛してるって、言ってくれたのに」

京太郎「(そんなに言ってたら死んでまう……って、これはまさか)」

絹恵「はぁ、はぁ……須賀君。好きぃ、愛してるのぉ」ギュゥ

京太郎「組み立てろ。パーツを、あともう少しなんだ」

 あの時
 アレが始まった時のことを思い出せ!!


~~~


【送信 タイトル 覚えていますか】

 覚えていますか
 目と目が会った時を


咲「えっとね、気がついたら床で寝ててね……うぅっ」

京太郎「そんなことしなくても、迷惑メールのリストに入れるから大丈夫」カチカチ

京太郎「そこの美人さん! 今のうちに逃げて!」


~~~~

京太郎「!!!」

         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \
京太郎「そうか、そういうことだったのか」

絹恵「え?」

京太郎「俺に数多くのメールを送り……今、こうして拉致監禁している人物」

絹恵「?」

京太郎「その正体【ラブソングメーラー】は! この中にいるっ!!」デーン 

絹恵「ラブソングメーラー?」

京太郎「そう。ことの始まりは簡単なことです」

絹恵「うん」

京太郎「犯人は、ある理由から俺の連絡先を知りたかった――そして、たまたま通りかかった俺の知り合い」

絹恵「……」

京太郎「宮永咲を気絶させて、連絡先を奪った」

絹恵「そうだよ」

京太郎「そして、最初に愛を伝えようと愛を綴ったメールを送る」

絹恵「送ったよ」

京太郎「だが、ここで不幸な勘違いが起こった。俺は、そのメールを古い友人のものからと勘違いしてしまったんだ!」

絹恵「え」

京太郎「俺の返信はラブソングの歌詞の続き。それを犯人は愛の言葉だと誤解する」

絹恵「誤解?」

京太郎「100万回の愛してるを送られたと思った犯人は、すかさず100万回の好きを返信しようと企む」

絹恵「……」

京太郎「だが、それがかえって逆効果となり――俺はそのメアドを迷惑メールに設定しまった」

絹恵「迷惑、メール?」

京太郎「犯人は俺にメールを無視されたと勘違いし、逆上した」

絹恵「別に怒ってないよ」

京太郎「狂気に駆られた犯人は、俺を拉致し! その欲望をぶつけようと企んでいる!」

絹恵「そろそろエッチしてもいい?」

京太郎「そして! そのメールを送っていた人物――【ラブソングメーラー】の正体は!!」

絹恵「正体は?」

京太郎「愛宕絹恵!! アンタだよ!!!」バーン

絹恵「そうだけど?」

京太郎「え?」

絹恵「?」

京太郎「ここはさ、『ははは、なんで私が犯人なの?』みたいなさ」

絹恵「だって、別に否定することじゃないし」

京太郎「あ、そうっすか」

絹恵「うん」

京太郎「で、でも!! 今ので分かったでしょ! 俺は別に絹恵さんに愛してるなんて!」

絹恵「それはショックだね」

京太郎「でしょう!? だからほら! もうやめましょう、ね?」

絹恵「でも、私が須賀君を好きな理由はそれじゃないから」

京太郎「! やっぱり、二年前のことですか?」

絹恵「……やっと、思い出してくれたんだね」ギュッ

京太郎「あの時の、美人さんが絹恵さんだったんですか?」

絹恵「うん。助けて貰ってからずっと――ううん、その前からずっとずぅっと好きだったの」

京太郎「どう、して? 俺と面識なんて……」

絹恵「須賀君は知らないだろうけど、私は……須賀君のハンドの試合を見たことがあってね」

京太郎「ハソドの!?」

絹恵「かっこよかったなぁ。もう一瞬で虜になって、須賀君のファンになって」

京太郎「……(そうか。だからあの会場にいたんだ)」

絹恵「でも、私のせいでその須賀君はもう見られなくなった。私の、せいで」

              ,    ../', .
       .、、    ..,'.',   ./ .|     ,,
       .ヽ\  ..、'ー、_ ../<~ヽ,..、__//
        ヽ ミ、_ノ)  .`:_,,ノ ..'`  ヽ'
        ..1  ./''  ´`、__,,,,, ..rー'ニ=く、
         | / ,,。  .ヽ‐・" .`~´、____,)
       _,,ノ,.'  ノ  ..,、__,.,,。‐‐    ..ヽ
      `ヽ.´ー‐''フ´  r'ー'~´..__,,,a ..iェェェ´'ー,
       ..| /´ ,,  ||\  __|j~j ..|f、 r´
       ノ,'_,,ョ,〆j  .|'~~ ____ ~  `.)i/
     .<´.~   ..|  ..|.i゙゙゙ー‐、_ヽ、_//|
       `、__   `゙゙エ・´ '、`ー‐'~ . ̄..`'ヽ、
       )~ ヽ、  ,,,,,,,,,、 .\_,・‐ェ~'  ノ.j,'
      ./   .〉、_ `i  ix´~ヾ゙/_,,,。´ェ'´
     .c'   ,/.,| `ー' ..__,,,,‐',・'ー'・ー、、(
     ..,i  /.'´ゝェュ ../、‐゙゙゚´,,,.  ,,,Jjヽ、
     ..| /./´   / ..ノノヽニ〆,*´~‐´_,・‐
     ..| |/‐、  /  ///.´、____ノ゙' ̄ヽ`。
    ..i´  `j,i ..r´ ..//..|、.      ..,,ノ..ノ
    ..ゝ__/,゙/~、__ノ/,。‐、エェニニニニニミv'、'
       ''´   .| /´  ヽ ../   `\ヽ
            |./    ヽ/      `'`
            `'     ..'
京太郎「それは違うよ!!」

絹恵「……」

京太郎「アレはあの三人組のせいなんです。ちなみに、慰謝料がっぽがっぽ貰って、今じゃ」

絹恵「今じゃ?」

京太郎「わりとお金持ち」

絹恵「そうなんだ」

京太郎「だから、絹恵さんが気にすることは無いんですよ!」

絹恵「分かった。じゃあ、もう腕のことは気にしない」

京太郎「よかった。あと、俺が嫌いなのはあくまで頻繁にメールで送られてくる大阪弁であって」

絹恵「うん」

京太郎「女の子が可愛い声でしゃべる大阪弁はむしろ好きです!!」

絹恵「そっか。じゃあ、元に戻すけど、ええかな?」

京太郎「っしゃ!! じゃあ俺を離してください!!」

              \\ \   ヘ     ',      i
           ,ィ      ' ,ヘ   ヽ  ヘ      ム      |
        /         ヘ,   マ  ',
       /          ぃ   マ  ,    キ
.     /            斗‐  V
    , '          ,.。≦´  }   ∨ キ    ,     :
.   /, '       ,.。if升三≧==--- 」__}
  //    ,.。ifン´圭圭ニニ===≪≪三三:ヽ
     ,.。ifン´彡'"::i i::    キ   }iii〉 `,;○;;Y   ,
   ,.ィ'´rイ{     .::i i::.     i}   ,'//   };;;;;;;;;i    ,     i!
   ィ㌢ キ,      ¨     4'   〃'   i!;○;;i!
  ,㌢   ’- 、      ノ  /    ム;;;;;;7
  ,㌻      ノュ,,_,, イ           ム;;;;;7    i      i!
  i{       `  ̄ ´          ム;;;;7            i!
  ミュ                      ム;;;7     ii      i|
  ヾミュ、                   ,.。斗;;;;;:/
   ` 、ミュs、  _ _,,  -‐=ニ壬三三彡{        ii      i|
     ` 、三三三三三≫-- ''"´  ハ i!
                        ハ i               |
絹恵「嫌や」

京太郎「ふぇー><」

絹恵「あのな? 言っておくけど」

京太郎「はい」

絹恵「須賀君とのメールでのやり取りには誤解があったかもしれへん」

京太郎「だから俺は最悪な奴なんですってばぁー!! やだぁー!!」ガチャガチャ

絹恵「あの時のことも、私に責任は無いのも分かっとる」

京太郎「なら!」

絹恵「だけどさァ――いくら私に非が無かなろうと……私が須賀君を好きなのは変わらないやろうがぁ!! あぁ!?」ガンッ

京太郎「」ビクッ

                                                    ガ゙チャッ    スタスタ>

絹恵「ここから先は一方通行や!! 貰うで! 須賀君の純潔!!」

京太郎「いやぁぁぁああ! 照さぁぁぁん! 助けてぇぇぇ!! 透華さぁぁぁん!!!」ガチャガチャガチャ

                                                     ソローリ

絹恵「先っちょだけや! 先っちょだけやから!」ガシッ

 グニッ

京太郎「なんかネチネチしてるぅぅぅ!! わぁぁぁぁぁぁ!!! 」

絹恵「イケる!!」グプッ

??「いけないっすよ」


        ,、
        `'
    { rァ (
   ノ)  _ノl
   j ニ='⌒′
  ./ {_r-'´
  {  r~' rァ (`ァ

絹恵「えっ!?」

 ドガッ

絹恵「うっ」ガクッ

京太郎「」チーン

??「……」スタスタ


 パサッ

京太郎の服「」

 ガチャッ

手錠「」パカーン


??「……」タタタッ


 ダダダダダッ

 ガチャッ バターン!!

煌「京太郎君!!!」

絹恵「」チーン

京太郎「」オチンチーン

煌「きゃっ!?」カァ

京太郎の京太郎「」ビンビビビビビビーン

煌「こ、これはなんてご立派な……//」ゴクッ

    「L....     /. . . . . . . . . . . . ........:::::::::::\:::::((_::....丶、
. -== 「 ̄    /. . . . . . . . . :ハ::::::::::::::::::::::::::::くヽ::::ヽ\:::: . ヽ
   (o|      '...............::::::::::::| 丶:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::'   ::. . . :.
    jノ {]{]   {::::::::::::::::::::::::::::|\::\::ト :|\ハ:::::::::}:::::::l ノ . . . }
   l:l  =l:l=  ∧_ >::l::::::v从|   ト√ィf'亦ヽ∨jノ::::::;/. . .:::::リ
   l:l (:o::r'  /:::::Y::::::::|Vz示ミ、   弋辷ソ x-‐ '"´. ..::::::::::::/
       ̄   /:::::::八|\| 〈 化:ノ)        ̄   >..:.::::::::::::::::/
       ヾ〉 :::::::::{  ` `  `ー" 、       <::::::::::::::::ノj/
      |:L { \::乂_ノLム | | l l    、    /;厂 ̄
        ⊃八. . . ..........:::: ∧  ij   < ノ     イ/
        ̄  \:::::::::::::/  >  _      // \
            r、`ー-'^`        ≧=く/    / ̄⌒ヽ
      r 、  _ヽ\             \_|_∧   /      ',
      λに._ ヽ\、 V     / ̄//イ //ヽ /       i
   .と ィ1 |/\ヽ   }    /   〈/i_{// /_          }
  と/人>'´ ,{ (|, -―〈    /  j  {::::ノ  /::::::`ヽ     |
   `  ) / ノ′丶  _\ /\/  /::/   /- _:::::::::.  / .,
    ((!__(丶         \/   /:;/   /    ヽ::::V   /
    ヽ丶 \           ー <;;;l{   /      ∨   {
煌「はっ!? そんなことを言ってる場合では!」ササッ

 ガサガサ

煌「早くここから脱出を」ササッ

京太郎「」

 ババババババッ

煌「ヘリも到着したようですね」

透華「京太郎ー!! 私でしてよー!!」

煌「龍門渕さん!」

透華「とぅっ!」

 シュタッ

透華「京太郎!!」

     / /       /    ├-、
    / /    /     ノ     レi 〉
   //    /    /      N ' /
  /;'   /   //    / /!|.| /
// // r='/   ,   ナメ ハ!.| i
/.//   《/     i,.cイナソノノ ! ト、
//     メ、      !  `′{ リ ノ !))
/    //メ、!    | __ ノ/ /  ノ(
.   ///ノ,ハ   |_ / ノ /_/
 //-‐=<\ ゙、  |/ / /
// ∧  \\\ハ  i! 〈 (
/   /  \  \! i |. | 丶、ヽ
 、 /    \\ト-V ノ    ヽノ
  \    \ 〉/ /    ノ
    ヽ      ヾ、(
     ゙、  \  Vイ
      ゙、  \ Y!
        i    ` ! ゙、
透華「あぁ、なんて酷い……」ウルッ

煌「無事に保護しました」

透華「ああ! 無事でなによりですわ!」

洋榎「あいたたっ……二人共、助かったでほんま」

透華「いいえ。貴方が連絡してくれなければ、今頃どうなっていたか」

洋榎「絹は、中か?」

煌「ええ。810号室です」

洋榎「そっか。なら、行ってくるわ」

透華「お待ちなさい。アナタ一人では」

洋榎「悪いけど、これは姉妹の問題や」

煌「ですが!」

洋榎「……」


洋榎「うちはな、お世辞にもちゃんとした姉やと呼べるもんやない」

透華「……」

洋榎「淑やかやなし、スタイルも妹に負けて、顔もおもろい」

煌「そんなことは――」

洋榎「コンプレックスが無いわけやない。妹に負けたくないって、思うこともある」

透華「……そうですのね」

洋榎「せやけど! だからって妹を見捨てるような、軽い覚悟じゃあらへんのや!」

                    _
                     /:::: ::..ヽ            /
                 /:::::: : : : :..        /         愛
               ...::  ̄ ̄ ̄ :: >:.、          う   宕
             /::::::::::::::::::::::::: : : : : : : \   .|    ち   絹
            .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :ヽ   |    の   恵
              /:::/:::::::::::::::::::::::i:::::::: : ヽ: : : : : :..ハ  |    妹   は
.            /:::/::::,′:::i:::::::::::|\:::::: : : : : : : : : : :`.i     や
           /::::: : ::i: ::::/|::::::: 八 ヽ::::::::ハ: : : : : : :トi     !
.          ::::i ::::::ト :::{ :::::::::::: 斗 )::::/ j:: : : : : :::| |
         i:|:::i::::::::| Ⅵ\::{\:{ ィ斥云トi: : : : : リ入
.          〉:::i::::::::| ィ斥云ト ヾ  V辷リ j::/::::/}  へ  __  /
          /:::へ::::::〃 V辷リ    `¨  ´イ:::く::::入
        乂{__/::≧=- `¨   ‘    " ′::::〉:: : :\
         `>:ト{:::∧  "   r 、  ,イ i:::/: : : : : : \
              ヾ|::|  >      // |::i\:::: : : : : : :ヽ
              |:::     `こj¨ ´{/八 |::i   ヽ::: : : : : : :\
             {:i  _/  `Y´  У:'ー- 、 }:::::: : : :}\::}
              ヾ´  /   / 八   ::/     `ー- 、  }j
            / ` / 〈_彡ヘ,/ へ _彡      i    \
          /  ./    _, 斗=r'⌒ヾ         |
         /   \j     〃⌒氷{    》      /    八
.       r― '      | __{{_ 〃}i ヾ==''      i  \
.       |/⌒ヽ_  /  r― ' 〃 {{        八   `ー   \
    /       /  ⌒ヽ }   {{ | }}          〉           ヽ

洋榎「向こうはそう思ってくれへんでも、周りが失格や言うても」

 ザッ

洋榎「口先だけでも、あの子の姉でいたいんや――」

透華「……ふふ、誰も否定なんてしませんわ」

煌「はい。させません」

洋榎「おおきにな、お二人さん」スタスタ











 810号室


洋榎「残念やったなぁ……」

絹恵「……お姉ちゃん」

洋榎「知っとるやろ? 京ちゃんを狙うには沢山のライバルがおること」

絹恵「知ってた。でも、まさかここまでとは」

洋榎「恋愛は難しいんや。うちかて、まだ京ちゃんとはキスもしてへんのに」

絹恵「んふっ。なら、私が一歩リードや」

洋榎「はぁっ!? キスしたんかいな!?」

絹恵「うん。気持ちよかった」

洋榎「そっかぁ。悔しいなぁ」

絹恵「……ねぇ、お姉ちゃん」

洋榎「んー?」

絹恵「怒ってないん?」

洋榎「アホ、怒っとるに決まってるやろ」

絹恵「じゃあ、なんで」

洋榎「それはな。絹がうちの可愛い妹やから」

絹恵「!」

洋榎「京ちゃんとおんなじくらい、絹も大事なんやで」

絹恵「……もぅ、やっぱりお姉ちゃんは優しすぎるんよ」ギュッ

洋榎「はぁ、何が悲しくてラブホで妹に抱きつかれなアカンのや」

絹恵「ふふ、お姉ちゃんも脱ぐ?」

洋榎「脱ぐかアホ!! さっさと服を着て、立ちぃ!!」

絹恵「うん」

洋榎「……なぁ、絹」

絹恵「?」

洋榎「……今度やるときは、うちもちゃんと誘うんやで?」ニッ

絹恵「あはは、うん! やるかどうかは、わからへんけど」

洋榎「よっしゃ! これで決まりや!」

絹恵「お姉ちゃん――ありがとう」

 まだ、全てに納得したわけじゃない
 胸の内を駆け巡るどす黒い何かも、消えてはくれない

 でも、おねえちゃんと一緒なら

 私はきっと――もう一度、やり直せると思うんや

絹恵「ごめんね、須賀君」

                /          \
               /         ,,    ヘ
              ,       / / `` 、  ヘ
                    イ /      ヽ   ,
             {  {   / {/     '"´ ∨ i|
             i:  ',  7 ̄「``     ,ィ=ァ i
              ヘ  ヘ  {_,。s=ニ=ュ、__,ィf乏}`i
               ,   キ{爪沁` 〃゙ヽ`=’┤.リ、
               ,  ', ゝ`ニ´‐'"  '   ノ /{ \
               .V     ヘ   ー‐' / /::.',  ヘ
                λ  卜ヘ- ,_  /  /、_    Y
           {、   / }  :} ヘ }  7¨ {  ハ_,ノ}ヽ   ',
           V `ー'  ,'  ,ノ! ノ  { )ヽ{ (: -=イ}.  ,
            〉、  ̄   イ ノ'" `ヽ∧  ヘ、 `ー'" !.  ,
           /    ̄´ V   ノミュ彡、  ヘ ̄ \. !:   ,
         /     ,'  ヽ,_//ハ\` -’ ノ  Y    ,
        イ      7     〃 イ ヘ }}  (   |:   ,
       {        ノ /   ゞノ ii  ヾ   ヽ'" i.     ,
      λ      /ヘ, '       i!   i}     、i!     v
     / ヽ      7 :}          ',         }     ハ
    ,   / ̄ ´  ハ            }      ハ   /
    /   ,      ,  、        ,'         ヽイ
   ,'   /      7  \         ァ-  ´
   ,    ./   > '" {        ̄    /
      ,' r"/    ',            /
.  ,   ./イ;;7        、        /
  ,   r'";;;;;;{       \     /  { 、
    /;;;;;;;;;;∧            , '    ソ〈
 ,  {ヽ;;;;;;/;;;ヘ                /;;;;;〉
. i   Y 7},';;;;;;;;;〉、      /{      ノ;;;;;<
. {   }.{ ヽ;;;;;/;;;;;>、  ./;;;;;;V  >'";;;;;ゝ´
. ゝ  リ ,  ` ー 、;;;;;ノ;;;;¨;;;;;;;;;;;;ノ`¨;;;;;ィ‐、ノ ',
  ヾノ ,       ̄ ヽ_ノ`ヽ_;イ`ー'     }
     |ヘ       ノ      、      _,.ノ!
     ニニ≧s。、__,イ       ヾー===壬ニ-
     -ニニニニニニ7        マニニニニニニニ
    ニニニニニニ=7          マニニニニニム
    ムニニニニニ/            マニニニニニニ
   ムニニニニニ-            ニニニニニニ-
絹恵「今度は、正攻法で行くで?」


 でもその前に、まずはちゃんと謝らへんとな――


第十七章【略奪愛! 何を諦める必要があるんや!?】


 姦ッ!!