第十六章【ステルスは捨てるっす!! お願い私を見て!】 アフター

ゆみ「それでな、須賀の奴はスタバでの注文がなんたるかを」

智美「ワハハー。その話はこれで三十二回目だぞー」

ゆみ「そうだったか? いや、嬉しすぎてつい……//」カァ

睦月「だいぶ仲がが進んでるようですね」

佳織「いいなぁ」

智美「これじゃ付き合うのも秒読みだなー。どうするモモー?」ワハハ

桃子「……いいんじゃないっすか?」

ゆみ「え?」

桃子「アイツ、そんなに悪い奴には見えないっす」

智美「隕石が降るぞー」ガタガタ

睦月「遺書を書かなきゃ」ゾクゾク

佳織「新作を書き上げてないのに……」ブルブル

桃子「どういう反応っすか!」プンプン

ゆみ「……! モモ、まさかお前――」ティン!

桃子「!」ドキッ

ゆみ「そう……か。それで、いいのか?」

桃子「……」コクコク

ゆみ「……なら、私が口を挟む問題じゃないな」

桃子「私は、別に」

ゆみ「だが、それはあくまで先輩としての話だ。女としての私の意見は違う」

桃子「!!」

ゆみ「私の惚れた男だ。侮るなよ」ジッ

桃子「……」

智美「(侮るな? 認めたからこそ、邪魔をしないんじゃないのかー?)」

佳織「(どういう意味だろう?)」

睦月「(なんだか分からないけど、分かったフリをしておこう)」ウム


桃子「……それでも、私は!」キッ

       /::::::::::/:::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::/:ハ:::!::::::::::::::::::ハ
.      /::::::::::/:::::::/:::::::::/!:::::::::::::::::/:/ !::!:::::::::::::::::::::::,
      |::::::::::::!::::::/!:/::::/ .!:::::::::|:::::;'!:i  .!::!::::::::::::::::::::::::,
      |::::::::::::!::::/_!ハ::::|_,、!:::::::::!::::! !:! _j:ハ::!:::::::::::::::::::!
...    j::::::::::::|::イ ! _ヽ!-、!ハ:::::|:!::! リ`´/`´!:|:::::::::::::::::::|
     i:::::::::::::ハ:| ,,イ行心ヽ ヽ:!ル' ィ行心ヽ!::::::::::::::::::|
     |::::::::::/::/! ! r:::':::r::}      r:::':::r::}l:ト:::::::::::::::::!
     !::::::::/::::! | r‐、::_:V         乂:_:r‐、 !:::::::::::::::::|
    ,::::::::/::::ハ | `"////      ////`l:!,:::::::::::::::::::!
     !::::::/:::::::::::,         '        l:!::::::::::::::::::::!
.   ,::::::/:::::::::::::ハ              //:::::::::::::::::::::,
   .,::::::/::::::::::::::::::::>、     ´ ̄`     ィ/::::::::::::::|::::::!:i
   i::::;イ::::!:::::::::::::::::::::::`::-,.. __ <!:::::::/:::::::::::::::::!:::::i::|
   |::/!::::::!::::::::::::::::::::!:::::::_|      _.ト;::::l::::::::::::::::::/::::ハ!
   |:ハ:::::|:::|::::l:::::::::::ト、イ`''ー 、.rハ´  ヽ!::::::::/:::/::::/  |
   l'  !::::|:::ト、:ト、,ィ´! |  ハ__Y__ハ   /ハ::::/:::/:::/  .j
桃子「先輩に、私の気持ちは分からないっすよ!!」ダダダダッ

ゆみ「モモ!!」

 バタン

ゆみ「……歯がゆいな」クッ

 今はまだッッッ!! 慌てるような時間じゃないッッッ!!!