http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343573329/



和「あの方は危険です。私のエトペンだって蹴り飛ばされたんです」

咲「そだね・・・。丸いものを見ると何でも蹴るっていうのはよくないよね」

優希「京太郎で実験してみるじぇ。行くのだ、犬!」

京太郎「いぃ!?またそういう役回りなのかよ・・・」

咲「頑張ってね、京ちゃん」ニコッ

京太郎「咲・・・」

京太郎(あいつの笑顔を見てると、ああ、こいつのために何かしてやりたいって気持ちになる・・・)

京太郎(これは惚れた弱みなのかもしれないな・・・)

咲「あ、ほら、愛宕絹恵さんが来たよ」

京太郎「よっし、オレに任せとけ!」


絹恵「・・・・・・・・・」テクテク

京太郎「・・・・・・・・・」テクテク


金玉が愛宕絹恵と交差するとき
物語は始まる・・・!


京太郎「普通にすれ違っただけだったんだが」

優希「チッ、使えない犬だじぇ!」

京太郎「お前なあ・・・」

咲「でも、どういうことなんだろう・・・?まさか情報に誤りがあった・・・?」

和「そんなオカルトありえません!愛宕絹恵は男性の睾丸を蹴り潰すということは世論だって認めています!」

咲「だよねぇ・・・」

京太郎(咲はあからさまにガッカリしている・・・。なんとか元気付けてやりたい・・・)

京太郎「だったらさ・・・」

咲「ん?何、京ちゃん」

京太郎「オレがボクサーパンツ一丁で金玉をアピールしながらその子とすれ違ったらいいんじゃないかな☆」キラッ

咲「京ちゃん・・・」

京太郎(よし!咲の高感度が急上昇したのを感じたぜ!)

咲「それじゃあお願いできるかな?」

京太郎「ああ、任せてくれ」


愛宕絹恵「・・・・・・・・・」テクテク

京太郎(来たっ!よし、腰を振って金玉をアピールしながらすれ違えばいくら何でも・・・)

京太郎「・・・・・・・・・」クイッ クイッ

愛宕絹恵「!?」ビクッ

京太郎(反応あり!これは来るのか!?来ちゃうんですかー!?)

愛宕絹恵「あかんあかん」ササーッ

京太郎(どうしてだ?まるで危険人物を避けるかのように距離をとってそそくさと立ち去ったぞ・・・?)


京太郎「という結果となった」

和「どういうことなんでしょうか?」

咲「京ちゃんがボクサーパンツ一枚で腰を揺らしてアピールしながら近付いたのに・・・」

咲「興味を示すどころか逆の反応を示して足早に立ち去った・・・」

優希「これの意味することとは一体・・・」


和「まさか・・・!」

京太郎「何かわかったのか和?」

和「カムフラージュですよ」

優希「カモがフランスでジュレを食べた?」

咲「それは無理があるよ優希ちゃん・・・」

和「本来なら興味津々で、今にも蹴り潰したかった・・・。でも、それを隠すためにあえて逆の反応をとったのだとしたら・・・?」

咲「つじつまがあう・・・」

京太郎「でも、普通の格好だとそのまますれ違っただけだったし、さっきみたいに自ら餌となっても逆の反応を取られたんだぞ?」

京太郎「今度は一体どうしろっていうんだよ」

優希「ふーむ、これは難しい問題ですな」

和「確かに・・・」

咲「愛宕絹恵さん・・・。一筋縄ではいかないってことか・・・」

京太郎「一筋縄・・・?そうか!」

和「その顔は何か思いついたって顔ですね、須賀君」

京太郎「まあな」ニヤッ

優希「一体どんなアイデアなんだじょ?」

京太郎「オレが縄で縛られたまま愛宕絹恵さんとすれ違うのさ。もちろんパンツ一枚でな!」

咲「そうか!相手はパンツ一枚に縄で縛られてるとなると、ナッツクラッシャー絹恵にとっては据え膳食わぬわ恥の状態・・・」

和「確かにそれならあるいは・・・」

京太郎「それじゃあ早速誰かオレを縛ってくれ」

和「私は縛るスキルを持っていないので・・・」

優希「ちょうちょ結びしかできないじょ」

咲「私もそういう縛り方はわかんないよ~」

京太郎「参ったな・・・。あ、そういえば縛りが得意な人がいたなそういえば」

優希「ああ、あいつか!あのミイラ女!」

和「東海王者の対木もこは卑猥な縛りの達人だという風潮ですね」

京太郎「さっそく頼んでみよう」

咲「私に任せて。麻雀の横の繋がりでなんとかなると思う」

京太郎「そんなこんなで縛ってもらえたが、包帯でか・・・」

京太郎「これはこれでアリなのか・・・?」


京太郎「お、愛宕絹恵さんが通ってきたぞ。咲のリサーチ通りだ」

愛宕絹恵「・・・・・・・・・」テクテク

京太郎「・・・・・・・・・」ヌッ

愛宕絹恵「わっ!?って、何やその格好は・・・///」

京太郎(何故恥らう?こないだのパンツ一枚の方が露出は高かったはずだが)

愛宕絹恵「あかんあかん。あかんあかん」スタスタスタスタスタ

京太郎(また足早に立ち去ってしまったか・・・)

和「また失敗ですか」

優希「本当に役に立たない犬だじぇ!」

京太郎「面目ない・・・」

咲「おかしいな・・・。ちゃんと人通りのない道で遭遇するように京ちゃんを向かわせたんだけど・・・」

京太郎「咲は悪くない!」キリッ

咲「京ちゃん・・・」

優希「おい犬、何咲ちゃんと見つめあってんだよ」

和「そうですよ。結果も残していないくせに」

京太郎「なっ、そんなんじゃねぇよバカ!」

咲「クスッ」

京太郎(咲が笑った・・・。オレはその笑顔だけでまだまだ頑張れる気がした・・・)

咲「次は裸でやってみよっか」


胡桃「ちょっとそこ!うるさいよ!」

優希「やばい!クルミ割り人形の異名を持つという風潮の鹿倉胡桃だじぇ!」

和「逃げますよ!須賀君はうかうかしていたら睾丸が割られますよ!」

咲「京ちゃん、私たちは先に逃げるからあとで合流しよう!」ドヒューン

京太郎「みんな待って!オレは包帯で縛られてて素早く動けないっていうのに・・・」

胡桃「大丈夫?」ヒョコッ

京太郎「ひ、ひぃっ!?」ガタガタ

胡桃「こんなにおびえて・・・。その包帯、さっきの子たちにやられたの?」

京太郎(優しそうな言葉に騙されちゃダメだ!現に眉毛は怒ってるような気がする・・・)

胡桃「おーい」

京太郎(咲の為に金玉が蹴り潰されるというのならオレはそれで構わない!)

京太郎(だが、こんな咲の命令とは無関係なとこで割られるのだけはイヤだ・・・!)

京太郎「お願いします・・・。見逃してください・・・」ぺっこりん


胡桃(あいつらによほど酷い目に遭わされたんだな。優しくしようとする他人すらも信じられなくなっている)

胡桃「大丈夫、怖くない」

京太郎「ひっ、よ、寄るな寄るなー!」

胡桃「包帯で縛られた格好でジタバタしてもどうにもならない」

京太郎(終わった・・・)

胡桃「解いてあげる」シュルシュル

京太郎「えっ・・・?」


京太郎(そんな・・・何で・・・。鹿倉胡桃はクルミ割り人形の異名を持つという風潮がある程の凄腕の潰し屋・・・)

京太郎(それなのにどうして・・・)

胡桃「何故こんな人気のない路地であいつらにこんな格好させられてたのかは聞かない」

京太郎「・・・・・・・・・」

胡桃「下着一枚では歩き回るにも不便でしょ?これ」

京太郎「これは・・・貴女の体操着・・・?」

胡桃「それはあげる。これからはこんな場所に来ないように」

京太郎(そう言って微笑んだ彼女は、まるで天使のようだった・・・)