久「大吉ちょうだい」

まこ「自分のがあるじゃろ」

久「私のまだ見てないから! 大丈夫! 交換で!」

まこ「意味がわからんわ……それでいいじゃろうが」

久「だって、わかってるの?」

まこ「なにがじゃ?」

久「私、賭けてるから」

まこ「は?」

久「大吉引いたら来年新入部員が入ってくるって」

まこ「ほうか。 大吉出るといいのう」

久「大吉じゃなかったら来年新入部員ゼロよ!? いいの!?」

まこ「なんでそんなデメリットの方が強い願掛けの仕方したんじゃ!?」

久「ほら……私、分の悪い方に賭けると毎回勝っちゃうから」

まこ「……それなら今回も勝つじゃろ」

久「でも、おみくじの大吉とかけっこう多目に入ってて凶とかの方が少ないって聞くじゃない?」

まこ「ふむ……まあ、たしかに聞いたことあるわ」

久「それなら、まこの大吉もらった方がいいでしょ?」

まこ「だからおみくじってそういうもんじゃないじゃろ!」

久「でも! これでもし大吉じゃなかったら……私は女子高生としての生活を! 部活動にかけた青春が大会にも出れずに終わっちゃうのよ!?」

まこ「部活にかけるもなにも活動実績ゼロじゃろ……もう個人戦出ればええんでないかのう」

久「私は団体戦出たいのー!」

まこ「はいはい、勧誘頑張ろうねぇ」

久「むー……ちょっと、まこ冷たくない? 私がこんなに頼んでるのに!」

まこ「だから自分で引かんと意味ないじゃろうが……」

久「いいのよ! 私とまこの仲でしょ!? まこが引いたんなら私が引いたようなものじゃない!」

まこ「それならわざわざ交換せんでもええじゃろ」

久「あ、そっか! やったわまこ! 来年こそ団体戦出場! そして全国制覇よ!」

まこ「話が飛躍するのう……ま、夢は大きい方がええわ。 とりあえず、そのおみくじ見てみたらどうじゃ?」

久「そうね……それじゃあ見てみよ……」

まこ「どうした?」

久「ここでもし凶だったら、大吉打ち消されちゃったりしないかしら……」

まこ「はぁ? なにをアホなこと言うとるんじゃ」

久「いいからちょっとタンマ! ここは慎重に……」

一太「……いいから早く見ましょうよ」

久「あっ!」

久「ちょっと、なにすんのよ!?」

一太「いつまでも話が進みそうになかったので」

彩乃「いちいち染谷さん困らせるのやめてあげてくださいよ」

久「大丈夫よ、私たち愛し合ってるから」

まこ「どこから突っ込めばええんじゃ」

菜月「会長はなにをお祈りしました?」

久「そりゃあ……って危ない! こういうのって言ったら叶わなくなるって言うもの! 来年部員入らなかったらどうするのよ!」

彩乃「……今実質言っちゃいましたけど大丈夫ですか?」

一太「あ、おみくじ大吉でしたよ」

久「ちょ、いきなり情報量増やさないでよ! 大丈夫なの? これ!」

まこ「とりあえず言っちゃったとしても大吉二つでセーフでええんじゃないかのう」

久「……そうよね、大吉2つもあればオッケーよね! で、なんて書いてあった?」

一太「待ち人来ず」

久「大吉なのに不吉!? 良いところだけ教えてよ!」

一太「無病息災ってありますよ」

まこ「なんとかは風邪引かないって言うからのう」

久「なによもう! あ、もしかしてまこって好きな子はいじめたくなるタイプ?」

まこ「いつも世話してやっとるじゃろうが」

菜月「あ、今のはちょっと怪しいですね?」

彩乃「会長のこと好きなんだー」

まこ「……まあ、ふたりがキツかったら部活やめとるわな」

久「……そ、そう?」

一太「なに照れてるんです?」

久「……べ、別に照れてないけど?」

まこ「…………なんかこっちが恥ずかしくなってくるんじゃが」

菜月「っていうか、会長も染谷さんのこと大好きですよねー」

彩乃「染谷さんの話ばっか聞くからねー」

久「ちょっと! 違うでしょ!? 麻雀部の話だから!」

彩乃「ふたりの部活なんだから実質染谷さんの話じゃないですかー」

まこ「……もっと他のネタあるじゃろうに」

一太「会長、部員入るの楽しみにしてましたから……今年、染谷さんが来てからほんとに楽しそうでしたよ」

久「ちょ、ほんとやめて! やめなさい!」

一太「これからも仲良くしてあげてくださいね」

久「あんたはどういうポジションなのよ!? 親かなんかなの!?」

一太「娘を持つならもっと素直でかわいい子がいいんですけどね」

菜月「……副会長がロリコンってほんとなんですか?」

彩乃「ぶふっ!」

一太「……ちょっと待って。 それ誰が言ってるのかな?」

まこ「……まともな人だと思っとったんじゃが」

久「……へ、へぇ~? な、内木……副会長、って……ろ、ロリコンだったんだ……」

一太「会長! なんの恨みがあってそんな根も葉もない噂を!?」

久「わ、私じゃないし……ちょっと、犯罪は犯さないでよ……?」

一太「完全に笑ってるじゃないですか! 変な噂広げないでくださいよ!」









――――――

久「そういえば去年の今頃からよね、内木副会長ロリコン疑惑が広まったのって」

一太「……竹井さんのお陰で菜月にしばらく距離置かれるわ彩乃には散々いじられるわで大変だったんですけど?」

久「あ、そう? そういえばあんたがロリコンって話、麻雀部でも広がってるわよ」

一太「ほんとなにしてくれちゃってんですか!?」

久「インハイの時……2回戦の時に動画送ってくれたじゃない? あのときムロちゃん見切れてた上にマホちゃんばっか映してたから……」

一太「僕はマイク持って立ってたじゃないですか! カメラ持ってたの僕じゃないでしょう!?」

久「あ、そうだっけ? まこまで納得してたからもうそういうもんなんだなーと……」

一太「あなたが流した噂でしょう!?」

久「ちょっとした冗談だったんだけどねー」

一太「こっちの身にもなってください ……それにしても、染谷さんにそういう扱いされるのはかなりへこみますね……」

久「みんな『染谷先輩が言うならそうなんだろうなぁ……』みたいな反応してたわよ」

一太「染谷さんの信頼度には納得ですけどね? 1年生の子たちともほとんど話したことありませんし……」

久「日頃の行いもあるんじゃない?」

一太「例の動画は誤解だって言ってるでしょう!? 日頃の行いって言うなら竹井さんよりよほど……」

久「私だって日頃からちゃんとしてるでしょ?」

一太「…………」

久「ちゃんとしてるでしょ!?」

一太「あはは、面白いこと言いますね。 ユーモアのセンスがありますよ」

久「なにも面白いこと言ってないわよね!?」

一太「ああ、そういえば今日はおひとりで? 麻雀部のみんなは?」

久「雑な話のそらし方するわね!? ……今から集まるのよ。30分後にここに集合予定だから」

一太「そうですか……集合場所には早く来るんですね? 学生議会の仕事も早めに終わらせるようにしてくれてれば僕も楽だったんですけどね」

久「一応期限内に全部終わらせてたでしょ? っていうか私が楽するためにあんたと組んだのに働きすぎたら意味ないじゃないの」

一太「信頼してくれるのはうれしいんですがね……会長の認可が必要な書類が溜まる度に僕や染谷さんのとこに苦情来てたんですから……」

久「へ? 彩乃んとこならわかるけどなんでまこに生徒議会の苦情がいくのよ?」

一太「竹井さん、染谷さんの言うことなら聞くでしょう?」

久「……適度にサボってたのが申し訳なくなってきたわね。 まこには謝っておかないと……」

一太「僕に対して少しも申し訳なく思ってないのが気になるんですけど?」

久「細かいことは気にしないの! で、あんたは一人? 寂しいやつねー」

一太「どうせ地元なんだから誰かしらに会いますよ。 彩乃と菜月にはさっき会いましたよ」

久「え、一緒だったの? 私声かけてもらってないんだけど!」

一太「最近勉強忙しそうにしてたから気を遣ったんでしょう。 そもそも麻雀部のみんなで初詣! って張り切ってましたし」

久「それはまあそうなんだけど……こっちとしてはちょっと複雑でしょ? 私だって学生議会の一員なのに……」

一太「それなら部活のみんなと! なんて学生議会のみんなに言わなければいいんじゃないですかね?」

久「……全くもってその通りね」

一太「僕はもう帰りますけど、あの子たちはまだいると思うんで会ったら声かけてあげてくださいね」

久「もちろん! まだ朝早いのにもう帰っちゃうの? ゆっくりしてけばいいのに……」

一太「帰って勉強します。 受験が終わってから気がすむまで遊びますよ」

久「ほんとバカみたいに真面目ねぇ……おみくじぐらい引いてったら?」

一太「……凶引きましたけど」

久「うそっ!? 超レアじゃないの! 見して見して!」

一太「もう結んできましたよ……少し縁起悪いですけど、まあレア物引いたから幸運だと思うことにしときます。 それに的中率も微妙みたいですし」

久「そうなの?」

一太「去年は待ち人、たくさん来たでしょう?」

久「……ふふ、そうだったわね。 あれ? じゃあここに御参りしてもあまり効果ないんじゃ……」

一太「……今からでもお諏訪さまに……いや、縁起を担ぐよりも素直に勉強した方が……」

久「あはは! ま、適当に頑張ってね。 今年もよろしく」

一太「ええ、よろしくお願いします。 それでは」

内木くんが帰り、少し手持ち無沙汰になる

それにしても、相変わらず真面目一辺倒なやつだ

もう少し……なんというか、遊び心? を持ってもいいと思うんだけどね

とはいえなんだかんだ優秀で面倒見もいいし、2年連続で生徒議会に勤めたということもあって校内では意外と人気もあるらしい

後輩にけっこうモテるなんて話も聞くから世の中わからないものだ

久「内木くんねぇ……」

よく考えれば付き合い自体はまこより長いのよね……

いいやつだけど……変なやつだし

久「ないわね、うん」

信頼してるし、いろいろ任せられるやつではあるけど……

今のところは、ただの仲のいい友人だ

京太郎「竹井せんぱーい!」

久「あら、須賀くん」

須賀くんは意外と時間にはきっちりしている

中学までハンドボールをやってたらしいし、運動部はそういうところしっかりしているものね

京太郎「明けましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします!」

久「おめでとう! こちらこそよろしくね! 今日も集合早くて感心だわー」

京太郎「いや、お正月ですし? 早めに来て晴れ着の女の子でも眺めてようかと思って!」

久「……あ、そう」

……この子、やっぱりちょっとおバカね

そういうこと言わなければもう少し……いや、中身がこれだから言おうが言うまいがたいして変わらないかな

京太郎「竹井先輩もせっかくなんだからおめかししてくればよかったのに」

久「私も女の子だしそういう気持ちもあったけどね……忙しい時期だしあまり浮かれすぎるのもねぇ」

京太郎「……女の子?」

久「ひっぱたくわよ?」

京太郎「あ痛っ! ひっぱたいてますよ!? 冗談じゃないですか!」

久「冗談でも言っていいことと悪いことがあるのよ」

久「で? 須賀くん的に今日の本命は?」

京太郎「和ですね。 次点が染谷先輩です」

久「なるほどねー」

京太郎「あの二人、そういうの好きじゃないですか? でも用意してくるなら和-優希-咲、染谷先輩-竹井先輩のラインで見てたんで……これは和に期待するしかないですかねー」

久「咲と優希もいるじゃないのよ」

京太郎「ははっ、あのふたりを見てどうするんですか?」

まこ「また失礼な話をしとるのう……」

久「まこっ! おはよう! 今年もよろしくねっ!」

京太郎「おはようございます! 今年もよろしくお願いします!」

まこ「よろしくのう」

京太郎「ちぇ、染谷先輩も通常営業ですかー」

まこ「営業……ああ、店でしばらくそういうん着て接客すれば……!」

京太郎「そしたら毎日遊びに行きます! つか暇なんで手伝い行きます!」

まこ「ええんか? 助かるわ」

久「っていうか、須賀くんは咲と優希のなにが気に入らないのよー」

京太郎「気に入らないとかじゃなくって、だって……ねぇ?」

まこ「同意を求められてもなんも言えんわ」

久「結局胸でしょ?」

京太郎「まあそうですね」

久「さいてー」

まこ「最低じゃな」

京太郎「……竹井先輩に言われてもなんとも思わないけど染谷先輩に言われるとキツいですね」

久「……私の周りの男どもはみんなまこのこと好きよね」

京太郎「染谷先輩優しいんですもん。 誰かさんと違って」

久「……まこは須賀くんを甘やかしすぎよ!」

まこ「あんたがナチュラルに厳しいからのう」

久「むー……そんなことないもん! まこは私にももっと優しくしてよ!」

京太郎「全然優しいじゃないですか……むしろ染谷先輩が甘やかすからこんなんになっちゃったんじゃないですか?」

まこ「すまんのう」

久「こんなんとはなによ、こんなんとは!」

久「須賀くんのくせに生意気~」

京太郎「足を踏むのやめてくださいよ! 痛いですって!」

まこ「恥ずかしいからあんまり騒がんでほしいんじゃが……お、3人とも来たようじゃな」

久「ほんとに? 咲、和、優希ー! こっちよー!」

優希「おはよーございまーすっ! 今年もよろしくお願いしまーす!」

咲「明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします」

和「明けましておめでとうございます! すみません、遅れてしまいましたか?」

まこ「明けましておめでとう、わしらが早かっただけだから大丈夫じゃよ」

久「今年もよろしくね! 咲、久しぶり! 東京はどうだった?」

咲「久々に家族揃って過ごせてよかったです。 お姉ちゃんともちゃんとお話しできたし……あ、今度部室におみやげ持って行きますね」

京太郎「今年もよろしくな! ……はぁ、結局みんな普段通りか……」

優希「なんだ? そんなに私の晴れ着姿が見たかったか?」

京太郎「お前の晴れ着とかこれっぽっちも興味ねーから!」

和「年末年始と立て込んでしまってしっかり準備できなかったんですよね……」

まこ「うちの店でしばらく衣装にする予定なんじゃが……」

和「是非お手伝いさせてください!」

京太郎「っしゃあ!」

咲「でもそれって打ち辛くないですか?」

まこ「でも晴れ着とか、正直すごく着たいしのう……」

和「ですよね! 大丈夫ですよ、なんとでもなります!」

優希「最悪晴れ着に似せたコスプレ衣装でも着ればいいじぇ」

咲「それはなんか違うんじゃないかな……?」

優希「それと京太郎!」

京太郎「ん? なんだよ?」

優希「のどちゃんの晴れ着姿が見れそうだからって浮かれているようだが考えが甘いじぇ!」

京太郎「……どういうことだ?」

優希「今日みんなが晴れ着を着たかったにも関わらず、特段おめかしもせずに集まったその意味をちゃんと考えるんだな!」

京太郎「……意味がわからないんだけど。 忙しかっただけだろ?」

咲「いや、私に言われても……」

久「まったく、仕方ないわねぇ……つまり須賀くんがさっき言ってたようなことを女の子たちも考えてるってことよ」

京太郎「……どういうことですか?」

久「……わざわざお洒落して須賀くんに見せてもねぇ」

京太郎「…………あ、そういう……そういう……」

優希「脈はないじぇ」

咲「そう落ち込まないでよ……えっと、そのうちいい人もできるよ、たぶん」

京太郎「適当に慰められるともうどうしょうもない感じがするからやめてくれ!」

まこ「よし、みんな揃ったことだしそろそろ中の方行かんか? 詳細は後で詰めるとして……」

和「はい! 時間あるときはいつでもお手伝いに行くので……」

まこ「かわいい衣装、用意しとくけぇの」

久「私も受験がなければ遊びにいくんだけどねぇ……」

咲「手伝いに、じゃないんですね……」

京太郎「神社の作法ってどんなんでしたっけ?」

久「二礼、二拍手、一礼ね」

和「道の真ん中を歩いてはいけないと言いますが、これだけ混雑していると無理がありますよね……」

優希「いっぱい人が来てるんだし、きっと神様も喜んでくれてるじぇ」

咲「お賽銭、多い方がいいんでしょうか?」

まこ「多ければ御利益があるってもんでもないらしいがのう」

京太郎「五円でいいんじゃないですか? ご縁がありますように、なんて言いますし……とりあえず小銭出しとかないと」

久「四十五円、とかも言うわよね……結局ただの言葉遊びな気もするけど」

和「お祈りすること、決めましたか?」

咲「うん、私は……」

優希「おっと咲ちゃん! 言ったら叶わなくなるって言うじょ?」

咲「そ、そっか……ありがとう優希ちゃん」

まこ「……去年もあんなん見たのう」

久「ふふ……そうね」

和「去年もこちらに来られたんですか?」

久「地元だからね。 まこと、学生議会の子たちと一緒に来たの」

咲「今日は、学生議会の人たちはいいんですか?」

久「麻雀部で来たかったんだもの。 それに、みんな結局ここに来てるみたいだからね……さっき内木くんにも会ったし」

優希「ほほう?」

京太郎「なるほど?」

久「……なによ、ニヤニヤしちゃって」

京太郎「いや、前から思ってたんですけど……ちょっと怪しいですよねぇ?」

優希「インハイの時も動画とか送ってきてたし……いやーんな関係だじぇ?」

久「別に怪しくないわよ? なにもないって」

和「本当に、本当になにもないんですか?」

久「あら、和が食いついてきたわね? そういう和こそどうなの? 須賀くんとか」

京太郎「!」

和「はい? 須賀くんがどうかしましたか?」

京太郎「和を攻撃すると見せかけてこっちに全力で攻撃するのはやめろぉ! わかっててもちょっと期待しちゃっただろうが!」

咲「……正直無理だと思うよ?」

優希「いい加減諦めたらどうだ?」

京太郎「優希も当然のように矛先をこっちに変えるなよ!」

まこ「ほれ、みんなも京太郎をいじめるのはその辺にして……」

京太郎「染谷先輩……! 俺に優しいのは染谷先輩だけですよ!」

まこ「ほうか? そんなことはないと思うんじゃが……」

優希「なんだ? 優しく慰めてほしいのか? フラれたけどそのうちいいことあるじぇ、気にするな!」

京太郎「いまいち優しくねぇよ! フラれたとか言うな! もういいよ! 俺は染谷先輩と付き合うから!」

久「まこは須賀くんにはもったいないわ! 絶対に渡さないわよ!」

まこ「バカなこと言っとらんで落ち着きんさい……京太郎も、わしにだって選ぶ権利はあるんじゃから」

京太郎「染谷先輩まで!? 俺泣きますよ!?」

咲「またフラれちゃったね」

優希「どんまい」

京太郎「もはや慰める気もないだろ!?」

和「えっと、えっと、新しい恋もすぐに見つかると思いますし、あまり落ち込まずに、その……」

京太郎「一生懸命慰めてくれてありがとう!!」

和「な、なんで泣くんですか!?」

久「……和ってなかなかのなかなかよねぇ」

まこ「もうコントもええじゃろ? 人も多いし、咲は迷子にならんようにな」

咲「な、なりませんよ! ここ、あまり広くもないですし……!」

和「……手、繋いでおきましょうか。 はい、咲さんお手をどうぞ」

咲「だから大丈夫だってば! 平気だよ? 私が信じられないの?」

京太郎「むしろ咲のことを信じてるからだな」

優希「間違いなく迷子になるじぇ」

咲「そんなことないもん!」

久「はい、確保~! 和は反対側よろしくねー」

和「まかせてください! 行きましょう、咲さん」

咲「むぅ……ちょっと納得いかないんだけと……」

優希「じゃあ私は染谷先輩と!」

まこ「ん……優希、手ぇ冷たいのう」

優希「手袋してくればよかったじぇ」

京太郎「……みんな仲いいっすね」

優希「手ぇ繋いでやろうか?」

京太郎「……いらねーよ! 別に寂しくねーし!」

咲「……ねえ、和ちゃん」

和「なんですか?」

咲「そんなに強く手を握らなくても大丈夫だよ?」

和「いえ、なにがあるかわかりませんから!」

久「手を離したら咲いなくなっちゃうし!」

咲「でも、これだと両手が塞がっちゃってお賽銭用意できないし……」

優希「それじゃあ私の五円玉あげるじょ」

咲「あ、ありがとう優希ちゃん…………あの、和ちゃん、竹井先輩」

久「なぁに?」

和「どうしました?」

咲「手を握られてると受け取れないんですけど……」

和「咲さんいなくなっちゃいますし……」

久「私が持っててあげる!」

咲「だからそんなに心配しなくても平気だよ!?」

京太郎「むしろお前はどんな根拠があってそんなに自信あるんだよ?」

まこ「えてしてダメな子ほど自信満々な事が多いんよねぇ」

咲「私、ダメな子じゃないですよぅ……」

まこ「あぁ、すまんすまん……そうじゃなくて……よしよし、咲はかわいいのう」

咲「え? えへへ……じゃなくって、誤魔化されませんよっ! もうっ!」

優希「あ! そろそろ順番だじぇ!」

京太郎「あんまり騒ぐなよ、恥ずかしい」

まこ「そんなん今さらじゃろ……」

和「そろそろみたいですよ、竹井先輩」

久「そうね、和」

咲「…………あの、どっちか手を離してくれないと」

久「だってよ、和」

和「……手を離してあげたらどうですか?」

久「私が先に手を繋いだんだもん。 私の方が優先権持ってるから」

和「竹井先輩の方が長い間咲さんと手を繋いでたんですから手を離してくださいよ。 後輩に譲ってください」

久「先輩を立てなさいよー」

まこ「二礼、二拍手、一礼じゃろ。 どうせ両手使うから離してやりんさい」

久「……はーい」

和「……わかりました」

優希「咲ちゃん大人気だな! ちょっと妬けるじぇー」

京太郎「はっ、手ぇ繋いでやろうか?」

優希「余計なお世話だ! 私には染谷先輩がいるじぇ!」

まこ「だから手は離さんとダメじゃって」

優希「はーい……」

京太郎「怒られてやんの」

優希「うるさいぞ京太郎! このフラれ系男子!」

京太郎「……勘弁してください」

優希「あ……うん、ごめん」

京太郎「うん……ごめん」

久「ほら、新年早々暗くならないの! 神様の前なんだから元気よく挨拶してお祈りしましょ?」

優希「さすが竹井先輩、いいこと言うじぇ! ほら、元気出せって!」

京太郎「お前のせいで凹んでるところあるんだけど……」

優希「私はお前のことフってないだろ?」

京太郎「だからもうフラれたとかそういう話しはやめろって!」

和「須賀くん、染谷先輩にフラれたのがだいぶ堪えてるみたいですね……」

咲「和ちゃん……いや、うん……なんでもないよ」

まこ「あんなんどっちも冗談じゃからな……?」

京太郎「いやでも、ぶっちゃけ染谷先輩だったら全然……」

まこ「……いちいちそういうこと言うから言葉が軽くなるんじゃ」

京太郎「……気をつけます」

咲「京ちゃんは口が軽いというか……なにも考えないで喋ってるからね」

和「そういう人はいまいち信用できませんね」

優希「会話のテンポはいいんだけどなー」

久「須賀くんは打てば響くからついついいじりたくなっちゃうのよねー」

京太郎「先輩はもう少し加減してくださいよ……かわいい後輩でしょ?」

久「かわいがってあげましょうか?」

まこ「……あんたが言うと不穏な意味に聞こえるわ」

久「どういう意味よ!?」

まこ「さあのう……」

優希「……春から毎日、初心者を全国クラス三人で囲んでぼっこぼこに……」

京太郎「……たしかに、その言い方だとちょっとイジメっぽいな」

久「ただの練習でしょ!?」

京太郎「冗談ですって!」

久「まったくもう……」

実際、初心者には優しくない運営をしていたからちょっとドキッとする

なんだかんだで麻雀を楽しんでくれてるみたいだからいいんだけど……たぶん

来年以降はまこがしっかりやってくれるはずだし初心者が入っても……

……いきなり全国とか行っちゃったし初心者の子は入りづらくなっちゃうのかしら? 風越みたいな名門校ってわけでもないし厳しい指導者もいない……というか、そもそも指導者がいないんだけど

顧問が特に口出ししないのはいいところだけど、反対に言えば特になにかしてくれるというわけでもないし……

優希「竹井先輩?」

久「ん? ああ、ごめんごめん」

来年の清澄麻雀部も大事だけど、ここで私が心配してても仕方がないしね……みんなでなんとかしていくだろう

当面の問題は、受験だ

わざわざ初詣に来たんだからしっかりお願いしとかないとね……

財布から五円玉を取り出して、お賽銭箱に放り込む

せっかくだからいろんな御縁を結んで貰いたいものだ

学業は当然として、みんなとも長く付き合っていきたいし……恋愛……はまあいいや、健康……これはお母さんの分もね。 あとは、うーん……











――――――

久「よしっ! それじゃあおみくじ引きに行きましょう!」

まこ「ずいぶんと長かったのう?」

久「いろいろお願いしといたからね」

優希「言ったもん勝ちだじぇ! たくさんお願いしておけばひとつぐらい聞いてくれるかもしれないし……」

和「そういう考え方もありますか……」

咲「私は欲張りすぎてもダメかな―って気もするからそんなにいろいろ考えてなかったけど……」

まこ「性格が出るのう」

優希「京太郎はちゃんとお願いしたか? かわいい彼女ができますようにーって」

京太郎「……いや、別に?」

優希「したんだな」

久「したのね」

京太郎「いや、ほんと! もっと別のこともお願いしましたし! マジで!」

咲「別のことも、ねぇ……やっぱりお願いするだけしてみたんだ?」

和「そういうことは神様に祈ってどうにかなることではないと思いますが……」

まこ「というかここって縁結びは……」

久「効くわよ?」

和「えっ!? 竹井先輩、こ、ここ恋人がっ!?」

京太郎「ほう?」

優希「ほほう?」

久「だから違うっつーの! ……去年は新入部員お願いしたら四人も来てくれたからね」

まこ「ありがたいことじゃ……来年も人入ってくるとええんじゃが」

咲「みんなでインハイで結果出しましたし、きっと人もたくさん入ってきますよ!」

優希「ムロもたぶん清澄に来るし、最低ひとりは確保してるじぇ?」

和「女子は団体戦にエントリーできそうですね……須賀くんも、後輩が入ってくるといいんですが」

京太郎「うん、俺もやっぱり団体戦出てみたいしな……みんなのレベルはまだまだ遠いけど、頑張れば県大会上位ぐらいは狙えるかもしれないし……」

久「ふふっ、油断しちゃダメよ? 長野は男子だって結構なレベルなんだから……須賀くんだってまだまだなんだからね?」

京太郎「わかってますよ……ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いします」

久「うん、みんなでビシバシ鍛えてあげるわ!」

まこ「やっぱり全員揃って県大会突破したいしのう」

和「そうですね、努力すればきっとやれます!」

咲「頑張ろうね、京ちゃん」

優希「次の大会の時は京太郎にもタコスを作ってきてやるじぇ」

京太郎「おう! 俺だってみんなの期待には応えたいからな!」

久「大会で活躍すれば女の子の人気も出るかもよ?」

京太郎「マジですか!? よし、全国出場でみんなあれだけ……俺だって……むふふ……」

優希「……こいつは期待できなそうだじぇ」

咲「はぁ……ほんとに京ちゃんは……」

京太郎「そうと決まれば早速運試しだ! 大吉引くぞっ!」

優希「お前の引きの弱さは折り紙つきだけどなー……ふふん、あんまり悪いのが出たら交換してやるじょ?」

京太郎「ほざけ! 俺の方が悪かったらタコス奢ってやるよ!」

優希「なんだと!? タコスがかかっているとなれば負けるわけにはいかんじぇ! 私に勝てると思うなよ!」

咲「神様の前で賭け事なんてしていいのかなあ……?」

和「日本の神様はいろいろと寛大な気がしますが……」

久「今日は須賀くんの奢りでタコスパーティーかしらねえ」

まこ「……なんであんたまで奢らせる気満々なんじゃ」

京太郎「よーし……行くぜっ! ……しゃあっ! 見ろ! 小吉だ! ……小吉!?」

和「まあ、気合いでいいものが引けるのなら苦労はありませんね……」

久「これは奢りで決定かしらねー」

優希「ふんっ、小吉で喜ぶなんて小市民め! どうだっ! 来たじぇ! 大吉!」

京太郎「なぜだっ!? たしかに俺の流れだったはず……!」

咲「京ちゃんこそなにを根拠にそんな自信が……」

まこ「邪心垂れ流しじゃったし仕方ないんじゃないかのう……」

和「あっ! ゆーき、ゆーきっ! 私も大吉でしたよっ! やりましたっ!」

優希「のどちゃんお揃いだじぇ! 咲ちゃんはどうだった?」

咲「私は吉だったよ」

まこ「わしは中吉じゃ」

久「吉と中吉ってどっちが上なんだっけ……あ、私も大吉! いぇいっ!」

優希「よしっ! 京太郎の奢りだ! タコスの屋台に行くじぇ!」

京太郎「おう……つーか最近タコスの屋台という存在に違和感を覚えてなかったけどさ、普通はなかなか無いもんだよな?」

優希「タコスあるところに私あり、私あるところにタコスありだじぇ!」

京太郎「それで納得するしかないのか……」

咲「よろしくね、京ちゃん」

久「ごちそうさまー」

京太郎「ああもうっ! わかりましたよ! 優希が3人分は食べるからきっついんだよな……」

まこ「別に無理せんでもええんじゃぞ? 京太郎だって大変じゃろ?」

京太郎「いえ、染谷先輩にはお世話になってますし気にしないでくださいっ! もちろん和も!」

和「すみません、ありがとうございます」

優希「行くぞっ! 京太郎、ダッシュだ!」

京太郎「だあっ! 待てって! 屋台もタコスも逃げねぇよ!」

久「……須賀くん、優希のタコスは当然のように3人分計算した上に買っちゃうのね」

咲「京ちゃんの中でそれが当然になってるみたいですから」

和「……なんだか申し訳ないですね」

まこ「まあ、京太郎が好きでやってるんじゃから気にせんでええんじゃないかのう?」

彩乃「あ、会長……じゃなくって、久ちゃん!」

菜月「おはようございます!新年明けましておめでとうございまーす!」

久「あら、ふたりとも明けましておめでとう! 今年もよろしくね!」

まこ「今年もよろしくのう……寺平先輩、受験勉強の方は……」

彩乃「ぎゃー! まこちゃんそれは聞いちゃダメだってば! 今日はある程度ゆっくり過ごすの! ……久ちゃん、調子の方は……?」

久「私にも聞くなって! まあ、ぼちぼち? 内木くんにも会ったけど帰って勉強するって言ってたわよ」

彩乃「内木くんは年が明けても真面目ですよねぇ……新年早々お勉強とかしたくないですよー」

菜月「まあなんとかなりますって!先輩方頭いいじゃないですか!」

まこ「なんとかなる、よりもなんとかする、の方になるんじゃないかのう……」

久「そうそう、なんとかするわよ! まだまだ日程も余裕あるし!」

彩乃「……よ、余裕ある? うーん……うん、まだ一週間以上ありますし……」

咲「先輩、私たちもお買い物行ってきます」

久「あ、うん! わかったわ!」

菜月「ごめんね宮永さん、原村さん、竹井先輩取っちゃって……」

和「いえ、気にしないでください……飲み物なにかいりますか?」

久「私お茶! あったかいやつ!」

まこ「わしは大丈夫じゃ……すまんのう」

咲と和が走っていく……優希と須賀くんの向かった方向と同じだから合流するつもりなんだろう

……気を遣わせちゃったわね。 ちょっと申し訳ないなぁ

まこ「寺平先輩は、どこの学校を?」

彩乃「私は東京の方の学校受けるつもり。 大変だろうけど一人暮らしとかもしてみたいし……そういえば久ちゃんは……」

久「……私は県内かな。実家から通えるとこ」

菜月「あ、そうなんですか? なんか意外ですね」

久「そう?」

彩乃「たしかに……久ちゃんこそ一人暮らしとかして社会人の予行とかにするつもりなんだと思ってたわ」

久「まあ私もいろいろ考えたんだけどね……ほら、実家の方が楽だし!」

彩乃「あ、その理由ならむしろ納得かも」

菜月「ふふっ、たしかにそれらしいですね」

久「ちょっと、ふたりとも私をなんだと思ってるわけ?」

彩乃「二年間、散々内木くんに仕事押し付けてたじゃないですか」

菜月「そりゃあそういう人だと思ってますよ?」

久「もう、失礼ね!」

まこ「……まあ、そんなこと言っても本当は……」

久「ちょ、ちょっとぉ! まこ! なにを言う気よ!?」

まこ「……さあのう?」

彩乃「ん? なにか秘密が?」

菜月「まこちゃんはほんと竹井先輩と仲いいよねぇ」

まこ「菜月と寺平先輩には負けるわ」

彩乃「いやごめん、勝てる気しないわ」

久「まあ? 私とまこは超仲いいし?」

まこ「……またすぐそういうことを言うんじゃから」










――――――

しばらく彩乃と菜月との会話を楽しむも、なんだかんだ彩乃だって真面目でしっかりした子だ

私たちよりも早く来ていたようだし勉強をすると言って帰ってしまった

……私も、もう少しみんなと話したら帰ろうかしらね

まこ「……進路」

久「ん?」

まこ「県内で、実家から通うんじゃね」

久「ああ……言ってなかったっけ?」

まこ「うん……なんも言わんから聞かんかったけど……そりゃあ、県内でもいいところはあるが……あんたならもっといいところも行けるじゃろ?」

久「まあね……でも、お母さん一人にするのも心配だからね」

今は、私とお母さんの二人で暮らしてるわけだし……私が一人暮らしするとしてもなんとかなるだろうけど、二人きりの家族が離れちゃうのは……

まこ「……離れるのは、あんた自身も寂しいんじゃろ?」

久「…………うん」

……情けないけど、それも事実だ

咲のところは、お姉さんとも仲直りして……夏以降の様子を見る限りご両親の方も仲はきっと回復に向かっているのだろうけど……うちはそうじゃない

お母さんを放っておけないし、私だってあまり離れたくはない

もちろん、まことも……咲、和、優希に須賀くん……麻雀部のみんなとだって離れたくはない

高校を卒業する以上、みんなと離れちゃうのはどうしようもないんだけれど……それでも、いつでも会いに行ける場所にいたいと思ってしまう

まこ「ふふ……あんたは寂しんぼじゃからねえ」

久「むー……いいでしょ? 別に……みんなが思ってるほど私は大人じゃないもの」

まこ「わかっとるわかっとる……あんたとは長いからのう」

……普段はちゃんと年上らしくカッコつけれてると思うんだけどね

ふとした時にはつい甘えてしまう……なんというか、まこって包容力あるもの

久「……まこは甘えさせてくれるから好きよ?」

まこ「はいはい、ありがとね」

ポンポンと頭を撫でられる……子ども扱いされても、ちょっとうれしく思っちゃうのはやっぱり私が甘えんぼな証拠なんだろう

さっき須賀くんも言ってたけど、まこは私を甘やかしすぎよね……このままだとダメ人間になりそうだ

久「……まーこー?」

まこ「ん? どうした?」

久「……なんでもなーい」

まこ「ん、そか」

……まあ、まことゆっくり過ごせるのも高校を卒業するまでだ

少しくらい甘えちゃってもいいわよね?

久「……はい、手!」

まこ「今度はなんじゃ?」

久「繋ご? みんなと合流するまででいいから」

まこ「……甘えんぼ」

久「知ってるくせに」

まこ「まあのう」

久「……ほんと、みんなとこうやって過ごせるのももう少しなのよね」

まこ「……前にも言ったじゃろ? わしらはみんなあんたのこと好きなんじゃよ。 卒業したっていつ来てくれても構わんって」

久「そうだけどさぁ……やっぱりこう、感傷的になっちゃうわけよ」

まこ「まあ、そらそうじゃろうなぁ……」

久「はぁ……やっぱりちょっと……いや、すごく寂しい! せっかくかわいい後輩たちもいるのに卒業なんてしたくないー!」

まこ「アホなこと言わんの。 ……ほれ、みんなあそこにおるぞ。 手ぇ離しんさい」

久「……やだ! 寂しいからこのまま行く! 寒いし!」

まこ「ったく……それならちゃんとした格好で来んさいって」

久「なによ? ちゃんとした格好してるでしょ? この前まこにもらったマフラー、あったかいわよ?」

まこ「…………そりゃあ、よかったわ」

久「ふふっ……照れなくてもいいのに」



優希「せんぱーい! これ、タコスだじぇ!」

和「どうぞ、お茶買っておきましたよ」

久「ありがとっ! 和、これお茶代ね……須賀くんごちそうさま」

京太郎「ああ、うん……わかってました……」

咲「京ちゃんが自分で奢るって言ったんでしょ?」

京太郎「わかってるよ! だから文句も言ってないじゃんか!」

優希「こらこら、咲ちゃんにあたるなって……今日もタコス係ご苦労様だじぇ!」

京太郎「……うるせー! だいたいお前タコス食い過ぎなんだよ! 二の腕とかヤバイんじゃねぇのか!?」

優希「あっ!こら! 乙女の二の腕を握るなっ!」

和「もう! 須賀くん、セクハラですよ?」

久「そういえば、なにかで聞いたんだけど……二の腕の感触っておっぱいと同じらしいわよ?」

まこ「また余計なことを……」

優希「…………」

京太郎「…………」

優希「い、いつまでやってるんだ! すけべ! のどちゃーん! 京太郎におっぱい揉まれたぁ!!」

和「死んでください」

京太郎「ばっ! 違っ! いや、ほんと誤解だって! 違うんだよ! つーか二の腕だし! 胸じゃねーし!」

咲「……しばらく二の腕はしっかりガードしないとですね」

久「そうねぇ」

京太郎「いや、触らねーよ! つーかお前の胸に興味ないから!」

咲「……京ちゃんはそういう失礼千万なこと言うからモテないんだよ? あ、和ちゃんは気を付けてね」

和「半径5m以内に入らないでくださいね、須賀くん」

京太郎「酷っ! そんなに俺って信用ないの!?」

和「たった今ゆーきに淫行を働いたじゃないですか」

京太郎「だから誤解だって! 見てただろ!?」

優希「うぅ……私の心は激しく傷ついたじょ……タコスを食べないと癒されないじぇ……」

京太郎「まだ食うのかよ!? つかやっすいなお前!?」

優希「安心しろ! ほんとに胸揉みしだかれてたらこんなもんじゃ済まさんじょ!」

和「司法関係はいい方をいくらでも紹介できますよ?」

京太郎「僕は無実ですから!」

まこ「こらこら、さっきから不穏な言葉を往来で叫ばんの」

久「ふふふ……もう、みんなほんとに楽しいんだから」






久「……それじゃあみんな、私はそろそろ帰るわね」

咲「え? 竹井先輩、帰っちゃうんですか?」

久「これでも受験生だからねー」

和「それじゃあ、次に会うのは……」

久「学校始まってからかしら? まあ、センター終わるまでは部室も顔出さないで頑張るつもりだけど」

優希「それはちょっと寂しいじぇ……」

久「私だって寂しいわよ! 優希、ハグ!」

優希「ぎゅーっ! 竹井先輩、頑張って!」

久「よしっ! 優希に元気もらったし頑張るわ!」

京太郎「それじゃあ先輩、これ……」

久「ん?」

咲「あ、私も……」

優希「もちろん私も準備してるじぇ!」

和「みんな考えることは同じですね……」

まこ「みたいじゃなあ」

久「……御守り?」

京太郎「まあ、学業成就ってことで……勉強は力になれませんけど、頑張ってくださいね」

咲「応援してますから!」

優希「御守りなんて気休めかもしれないけど……気持ちは伝わるかなって」

和「ふふ、先輩なら大丈夫でしょうけどね」

まこ「すまんのう、こんなことしかできんでな」

久「もう…………十分よ、ばか」

京太郎「お? 泣くぞ? 竹井先輩が泣くぞ?」

優希「先輩が涙もろいのはもうわかってるじぇ?」

久「うるさい! からかわないの! 本当に泣きそうだから!」

咲「えへへ……喜んでいただけたみたいでうれしいです」

和「もう先輩の卒業までそうないですからね……ことあるごとに泣かせてみせますよ?」

久「ふふ……もうっ、期待しちゃうんだからね?」

まこ「これで失敗したらかっこわるいぞ? ……ま、心配はしとらんけどね」

久「みんなにかっこわるいとこなんてもう見せないわよ! まあ見ときなさい? しっかり決めてくるからね!」



みんな、こうやって私のことを気にしてくれて……応援もしてくれてる

卒業したらなかなか会えなくなっちゃうけど、心の距離はきっと近いままだ

とにかく、卒業までにみんなでやりたいことはまだまだ一杯ある。 お勉強なんかであまり時間を取られるわけにはいかない

私にはみんなに貰った御守りもある。 きっと、他のどんな御守りよりも御利益のある御守りだ

久「さぁて……ま、さっさと決めてみんなで遊びにいきましょうかね!」


カン!