《つい出ちゃった》


理沙「ただいま」

京太郎「おかえりー」

理沙「!」クンクン

京太郎「あ、気付いた?良い匂いしてるだろ」

理沙「炊き込みごはん!」

京太郎「正解!少しだけ工夫してるけどな」

理沙「?」

京太郎「ささ、荷物を置いて早くご飯を食べようぜ」

理沙「」コクリ

京太郎「それじゃ出すぞ……」

理沙「」ゴクリ

京太郎「どうぞ」コト

理沙「ふぁぁぁ」

京太郎「生姜とごぼうの炊き込みご飯だ。生姜は細切りにしてあるから食感も楽しめるしアクセントにもなるんだよ」

京太郎「それからメインは鳥の照り焼き。あとほうれん草のおひたしも用意してる」

理沙「和風!」

京太郎「結構良い感じに出来たと思うぜ!」

理沙「……このほぐしてるの」

京太郎「お、いいところに気付いてくれた」

理沙「?」

京太郎「そのほぐした鳥の照り焼きはご飯半分食べたら乗っけて」

京太郎「で、これをかけるんですよ」ゴト

理沙「……!出汁!」

京太郎「そう、出汁。出汁に昆布茶の粉末を溶かしたものだ。わさびもちょっと入れたら美味しいだろうな。もちろんのりも用意済み」

京太郎「……理沙さん、顔が緩んでるぜ」ニヤ

理沙「」ハッ

京太郎「さぁ召し上がれ」

理沙「」ハグハグ

京太郎「んー!やっぱ生姜入れたの正解だぜ。炊き込みご飯の味付け自体は薄めにしたから鳥の照り焼きと味が喧嘩しあうこともないし」

理沙「おひたしもいい感じ」

京太郎「あー、やっぱ和食最高だな」

京太郎「あ、半分食べた?んじゃのっけてのっけて……で、この出汁を」トポトポ

京太郎「ほいどうぞ」

理沙「……ジュルジュル……!」

理沙「しんけん美味しい!」

京太郎「しんけん?」

理沙「!?」カァ

京太郎「あぁ!そういえば理沙さん大分県出身だったな」ポン

京太郎「他に大分の方言ってどんなのがあるんだ?」ワクワク

理沙「……」

 ズイ

京太郎「?」










理沙「きょ、京太郎んこと……好いちょるよ」








京太郎「…………」

理沙「言ったけん……京太郎?」

京太郎「…………ぅ」

理沙「?」

京太郎「方言最高!」

理沙「!?」ビクッ

京太郎「可愛いよ!理沙さん可愛すぎ!」

理沙「」カァァ

京太郎「もっかい!もっかいお願い!」

理沙「もう言わない!」

京太郎「そんなー」ショボン

京太郎「……駄目?」

理沙「言わない」プイ

京太郎「残念……理沙さん」


京太郎「俺も理沙さんのこと大好きだぜ」ニコ

京太郎「さ、ごはん食べようぜ。うわっ、ちょっとふやけちゃってるよ」

京太郎「ん?理沙さん? お~~い」


カン!