久「……思ったんだけどね」

京太郎「なんですか突然」

久「須賀くんって初対面の女の子から絶対怯えられるわよね」

京太郎「唐突に傷つく言葉投げられたっ!?」ガビーン

久「だって、身長何センチだっけ? デカいし、金髪だし、そういうのに慣れてる子なら好印象かもしれないけど、普通の女の子からしたらチャラそうだし怖そうよね」

京太郎「地毛ですし、デカいのも自分の意思じゃどうにも出来ませんて!」

久「まあまあ、第一印象の話だって。中身はそうじゃないって私だって分かってるわよ。でも須賀くん自身もちょっと身に覚えあったりしない?」

京太郎「……まあ、初めて咲に話しかけた時は滅茶苦茶怯えられましたけど。……和にだって最初かなり警戒されてたし」ブツブツ

久「人は見た目が何割、とかなんとかって言葉もあるくらいだしね~
。……そこで私は閃いた」

京太郎「通報した」

久「……」

京太郎「……」

ピシガシグッグ

久「そんなこんなで気付いたのよ。初対面の人にも多分満遍なく好印象与えることが出来る須賀くんのパーツ」

京太郎「マジですか」

久「マジマジ大マジ。ずばりそれは……」

京太郎「それは?」

久「声、よ」

京太郎「……はあ。どうも」

久「あら、思ってたよりリアクション薄い」

京太郎「いきなり声って言われてもピンと来ないと言いますか。それに自分が聞こえてる声と他人が聞いてる自分の声とか凄い違うじゃないですか。俺カラオケ行った時マイク通して聞こえる自分の声に軽く引きましたもん」

久「あー、あるあるね、それって。……まあそれは単純に須賀くん自身が自分の声を聞きなれてないだけよ。他人からしたら結構良い声してるわよ?」

京太郎「はあ、ありがとうございます」

久「まだピンと来てないわね? ま、それは後々実感してもらうということで。……私、閃きました。須賀くんにちょっと協力して貰う、部費調達方法を」

京太郎「はあ、モノによりますけど」

久「んふふふふ、楽しみにしておいてね~」

ガチャリ、バタン

京太郎「……一体何考えてるのかあの人は」






【独り身の】女性向け同人音声について語るスレPart517【夜のお供に】

380 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:bAdmacHisa
期待の新人現る↓
えいちてぃーてぃーぴーころんすらっしゅすらっしゅDLFukuyamaVoice

381 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:TELlscRew1
自演乙

382 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:SaIntsuBaRA
ほほう……この囁き音声、中々にすばら!

383 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:10keYAndesae
おお……ええやん。あれやな声優で言うところの福◯ヴォイスやな。ええわ……
381もサンプルだけでも聴いてみぃ。割と堪らんで

384 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:gm30sukOYaa
取り敢えず発売する全ての女性向け同人音声を片っ端から買い漁っている私が断言する。この新人さん絶対売れる

385 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:kaSuMI2daN
384はリアル捨てすぎじゃないですかね……
意見には同意。今度は後輩モノ作って貰いたいです

386 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:etoPEnNodoKa
待 っ て た
この声質の人を生まれてからずっと待ってた取り敢えず俺様系上司と行商人とちょっと下心あり同級生を希望キボンヌふぅおおおおおおおおおお滾ってきたあああああああああ

387 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:TELlscRew1
業者ばかりかこのスレ。福◯ボイスとか至高の声質。そんなのを同人レベルに求めるとか……愚か

388 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:NoRYOuKo
リーマンモノはよ

389 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:IKeDaaAaAaa
コーチに焦がれる生徒モノはよ

390 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:88rIniDOl
旦那モノはよ

391 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:gm30sukOYaa
はよ

392 以下、名無しに代わりまして雀鬼がお送りします ID:130WaLNUts
お前ら必死すぎ







掲示板に投下される三日前

京太郎「あの……部長。
なんですかこの台本。
そしてなんで放送室に連れ込まれてるんですか俺」

久「放送室が落ち着くのってなんだろうねあれ。
……その台本は文芸部の知り合いに頼んだらあっという間に仕上げてくれたのよ。
須賀くんの声録音したの聞かせたら『神が降りてキター!』って言って凄い勢いで書いてくれたわー」

京太郎「何時の間に声録ってるんですか……それに……
うわっ、なんですかこの内容。小っ恥ずかしい台詞ばっかですね」

久「乙女はそういうのが好きなものよ?
はい、それじゃ須賀くんこれパース」ポーン

京太郎「なんですかってうわっ、何これ怖っ!? 生首!? マネキン!?」

久「正解はダミーヘッドマイクでしたー。
それじゃ須賀くん。それを……そうね、和の顔だと思って台本にある台詞を情感たっぷりに読み上げてくれる?」

京太郎「いきなりなんなんですか!? 
説明して下さいよ! それにこんなの恥ずかしくて読めませんて!」

久「前に須賀くんの声結構イケボだって言ったじゃない? 
それを利用して女性向けの音声データを販売してみようかなーって。
和でイメージしにくかったらまこでも咲でも優希でも、勿論私をイメージしてくれていいわよ? 
あっ、バイノーラルについてはこっちでやっておくから心配しないで!」

京太郎「バイノーラルってなんですか!? 
いやですから無理ですって! そんなテレビ局のADみたいに3、2、1ってやられても!」



無事録音出来ました

カンッ