流れとは断ち切るものッ!

ガチャ バタン

良くぞいらっしゃいました。
まずはこちらにお掛けください……お茶も『今』ご用意いたしましたので……。

カチャン コトッ スッ

さて、貴方様がお聞きしたいのはどういった内容なのでしょうか?
わざわざ龍門渕家まで来られて、当主様やお嬢様ではなく、一執事風情の私を尋ねてこられた……それは何か深い理由がおありのはず。

……ああ、なるほど……『彼』の事、でしたか。
ええ、もちろん知っていますよ……『10年前』から親交のある、私の貴重な友人ですからね。
しかしわざわざ私に聞きに来なくても、彼に直接会いに行けばよいのではありませんか?
その方がきっと良くお分かりになるかと、百聞は一見に如かずと申しますし。

留守……でしたか、表札でしばらく戻らないと?
……んっふ、合点がいきました……では忙しい彼に代わって貴方の取材にお答えするとしましょうか……。

『悪魔狩り(デビルハンター)』である須賀京太郎のお話を……ね。







南大阪……。

絹恵「……ハァ……ハァ……」

フラ… フラ…

絹恵「あかん……なぁ、ウチ……何であんな事を……」


十数分前、姫松高校にて……。

絹恵『そうやって……いつもいつも、お姉ちゃんはウチより先を行ってて……ッ!』

洋榎『き、きぬ……どうしたんや急に?なんかあったんか?』

絹恵『お姉ちゃんには分からへんよね、ウチの気持ちなんて……!麻雀が強くて、リーダーシップとれて、皆に人気のお姉ちゃん……それを見続けてきた妹の気持ちなんて!!』

洋榎『ーーーーッ!?絹、何いうてんのや!?』

恭子『……まさか、絹ちゃん。あんたが春の大会の後から、急に勝率上がったんは……最近ネットで話題に上ってる『悪魔』が憑いたから、なん?』

絹恵『ッ!……う……』メソラシ

洋榎『お……お前!絹!悪魔なんぞにとり憑かれとったんか!?』

絹恵『……そうや、ああそうや!悪魔に憑かれ取った!それが何か悪いんか!?』

洋榎『あ、ああ!悪いわそんなもん!さっさとそう言うのの専門家に!』

絹恵『さ、触んなや!!』

バシーン! ドサッ

絹恵『あ……』

恭子『し、主将!大丈夫か!?』

漫『な、何の音で……主将が倒れてる!?』

由子『か、顔がすごい腫れてきたのよ~!』

絹恵『う……うぅ……』

洋榎『……き、き……ぬ……なんでや……?』

絹恵『見ないで……そんな眼で見ないでやーーーーー!!!』

ダダダダダダッ!

恭子『絹ちゃん!』

洋榎『……きぬぅ……』グスッ…


絹恵「私……せっかく手に入れた力で、お姉ちゃんに、皆に認められるって思ってた……でもお姉ちゃんはもっと凄くて……いつもならそんなことないのに、頭にきて……」

フラ… フラ…

絹恵「あげくに詰め寄られたら、抵抗して怪我させて……お姉ちゃん、今頃ないてるかも知れへん……」

ガクッ…

絹恵「限界……やね、もう……祓ってもらうしかないわ……『悪魔』に憑かれてから麻雀で強くなっても、人間関係はどんどん悪くなっていった……そもそもウチには過ぎたモンだったんかもなぁ……」

『それは困る』

絹恵「え?」

ドクン

絹恵「あぐっ……!」

『お前は俺から力を借りていたんだ、じゃあその分利子を払ってもらわないとな?』

ドクン

絹恵「利……子……?何や、それ……聞いて、ないわ……ッ!」

『それは……』

ダダダダダダダダ ズサァー!

洋榎「きぬぅ!!」

絹恵「ーーーーーお、おねえ……ちゃん……ッ!」

洋榎「これ、めっちゃいたいわ、あほ……!でもな、おねえちゃんやからゆるしたる!はようもどりーーーー」

ドクン

絹恵「が、があああああああ!!」

洋榎「はっ!?きぬ!どうしたんーーーー」

絹恵「あかん!来ないで!」

ドクン

絹恵「ウチはもう……全て遅かったんや……!!」

ドクン

洋榎「きぬ……ッ!?」

絹恵「ごめん……ね……おねえ……ちゃ……」

ガクッ バシュウウウウウウン!! 

洋榎「き、きぬううううううううう!!!」


悪魔『フフフ……ハハハハハハ!!ワレココニコウリンセリ!!』

洋榎「あ、ああ……ぐっ!おまえ!きぬをどこへやったんや!!」

悪魔『ハ?ハハハハハ!ウチハココヤン、オネエチャン!』ケタケタ

洋榎「き、きぬのからだを……のっとったんか!?」

悪魔『ソウイウコトダヨ、ホカニナニガアル?シカシジャンシノカラダハヨクナジム!ソレナリニツヨイヤツダッタカラナオサラカナ!?』

洋榎「おまえ……きぬをかえせぇ!!」

ゲシバキゲシ ヒョイッ

洋榎「あ、はなさんか!ぼけぇ!」ゲシゲシ

悪魔『カエセダノ、ハナセダノ……ソレヲイワレテカエスヨウナボケジャナインデナ、ハハハハハハハ!!サテ、コウリンイチバンノゴチソウノジカンダ』ニヤリ

洋榎「……へ……?」ピタッ

悪魔『オレノシュショクハニンゲンダカラナ、オマエハツヨイジャンシダカラ、アジモカクベツダロウヨ』ジュルリ

洋榎「ひ、ひぃッ!」ビクッ

悪魔『ソレジャ、イタダキマース、オネエチャーン!』アーン

洋榎「だ、だれかたすけてやああああああああああ!!」ワタワタ

シャキンッ ダダダダンッ! ブンッ!

悪魔『ガァッ!?』ズバッ!

洋榎「おわぁっ!?」

ガバッ スタッ

???「ふぃ~間に合った!危うく依頼を完遂できないかと思ったぜ……」シャキン

洋榎「あ、あら?」キョトン

悪魔『クゥ……オレノカラダヲキズツケルトハ……ナニモノダ!?』バッ

???「あ?俺を誰か知らないのか?まぁ、本格的に仕事始めたのまだ最近だしな……仕方ないか」コツコツ スッ

洋榎「お……おお……」ストンッ

???「貴女はここで見ていてください、必ず妹さんを救ってみせますから」

洋榎「……おまえ……だれなんや?」

???「俺、ですか……?」

シャキンッ ビッ

京太郎「須賀京太郎、『悪魔狩り(デビルハンター)』です」

【咲安価】京太郎「悪魔も泣き出す」ハギヨシ「mission1……ですかね」

乞うご期待!(まだ自スレが終わりそうに無いので大嘘)