怜「ほっ!」バッ

京太郎「……」

怜「せいっ、やっ!あちょー!」バババッ

京太郎「……何やってんですか?」

怜「うひゃいっ!?…な、なんや京やんか……驚かさんといてーやもー」

京太郎「一応ノックしたりとか声かけとかやったんですけどねえ…」

怜「やったところで気づかれへんかったら意味ないやろ」

京太郎「それでも一応の筋は通してますから。気づかないほうが悪いって言うあれです」

怜「むー……なんや京やん生意気ー。入った頃はあんな素直やったのに…」

京太郎「そら毎日毎日『京やんはノリ悪いなー』って理不尽なこと言われたらこうもなりますって…」

怜「なんやそれ私の真似?ヘッタやなー」ケラケラ

京太郎「」イラッ

ごすっ

怜「いった!叩いたか!?今私の事叩いたか!?」

京太郎「叩かれるようなことするからでしょうが」

怜「先輩の扱いがなっとらんなー…こら教育ちゃうか?」

京太郎「先輩らしく振舞うならそれ相応の扱いしますけど?」

怜「ほほー、言うたな?」ババッ

京太郎「…なんですかそのマスターアジアっぽい構え?」

怜「上下関係躾けるには闘るのが一番やろ。さぁ覚悟せぇ…!」ダッ

京太郎「…」スッ

ベチッ 怜┗-京

怜「うりゃー!そりゃー!せいやぁー!」ブンブンブン

京太郎「……」

怜「はぁ…はぁ…はぁ…」

京太郎「……ていっ」ペチッ

怜「あうっ」

京太郎「……」

怜「……きょ、今日はこのぐらいにしといたるわ」ゼェゼェ

京太郎「さいですか」

怜「……と、見せかけて隙ありー!」ガバッ

京太郎「うおっ」

怜「ふははは、どうだこの密着感!この季節には暑ぅて辛いやろー!?降参するんやったら今のうちやでー!」

京太郎「……」

怜「おらおらどうしたー!?暑苦しすぎて声も出せんかー!」

京太郎「……」ギュウ

怜「ふぇ、な、なんやいきなり抱きしめてきて…」

京太郎「……」ギュー


怜(なんや、これ……汗臭いのに…汗臭いのに、なんか落ち着いてきて……)

京太郎「怜」ボソッ

怜「ふぁぁ!?急に名前で呼ぶなんて…」

京太郎「どうした、俺はまだ全然参ってないぞ?もうお終いか?」ボソボソ

怜(そ、そんな耳元で囁かれたら…!あ、もうあかん)

怜「ぷしゅ~~…」キュー

京太郎「……勝利!」グッ

竜華「ほほー。そらめでたいなぁー」

京太郎「えっ」

セーラ「…部室で何やっとんねんや」

京太郎「いえ、特に何も…」

浩子「江口先輩、無粋ですよ。そらナニをやっとったに決まっとるやないですか」

京太郎「やってないですやってないです。ていうかいつの間に…」

泉「私達はちゃんと声かけましたよ?それでも気づかんかったみたいやけど…」

京太郎「Oh…」

竜華「で、申し開きは?」

京太郎「…………や、優しくして欲しいかなーって……」

竜華「却下♪」





ぎにゃあああああああああああああああああああああああああああ…………


カンッ