洋榎「京太郎京太郎。ガムやろ」ホレ

京太郎「ありがとうございます」スッ

 バチン

京太郎「いってぇぇーーー!!」

洋榎「ナイスリアクション」グッ

京太郎「な、なんですかこれ!」

洋榎「ガムパッチンやで」

京太郎「いやいやガムパッチンの包装違いますよね、普通のガムの包装ですよね。自作したんですか?」

洋榎「ええやろ?」ドヤ

京太郎「小学生ですか!」

洋榎「絹にもやってんけど、あいつ引き抜く前に気付いてもうてさ」

洋榎「手引っ込めて『これ痛い奴やん』とかぬかしおった。関西人の風上にもおけんわ」

京太郎「そりゃ痛いのはやですもん。引っ込めますよ」

洋榎「お姉ちゃん絹をあんな子に育てた覚えないわ」ヨヨヨ

京太郎「育てたの雅枝さんですよね?」

洋榎「ん?ずっと指さすってるやん。そんな痛かった?」

京太郎「まぁ、ちょっと……」

洋榎「うーん……」

 パク

京太郎「!?」

洋榎「にゃめふぇたら、にゃおるやろ」ペロペロ

京太郎「」カァァ


雅枝「うちの娘が大胆やった件について」

洋榎「!!???」ガリッ

京太郎「いってぇぇーーー!!」

洋榎「うわぁぁ!すまん!」

洋榎「てかおかん!いつからおったんや!!」

雅枝「悪戯しかけるところからや」

洋榎「結構黙ってみてたんやな!!」

雅枝「邪魔したらあかんかなぁって思って。後おもろいもん見れそうやったし」

洋榎「悪趣味やわ」

雅枝「実際おもろいもん見れたし」

洋榎「!! ちゃ、ちゃうねん。これは……ああああああああ!!」ジタバタ

雅枝「これやから娘いじりはやめられん」

京太郎(関西人ってこえぇ)

雅枝「あ、京太郎君ももう息子やと思っとるさかい」

京太郎「!?」

雅枝「お義母さん、って呼んでくれてええんやで」

京太郎「それは、その、えっと……」

洋榎「気ぃ早いわ!」

京太郎「あ、復活した」

雅枝「なんなん?結婚せんの?」

洋榎「け、けけけ、けっこっ!!!」

雅枝「別に絹でもええけどな」

洋榎「それはあかん!!京太郎はうちのや!!」

雅枝「じゃあええやん」

洋榎「それは………あああああああ!!!」ジタバタ

雅枝「扱いやすいわー」

京太郎(雅枝さんには素直にいこう)


カン!