宥「ひぅ…」ガグブル

憧「うわーうわー!?」顔真っ青

玄「なっなんてことないですのだ」震え声

灼「…こっこっちには、はるちゃんが居るし」涙目

晴枝「………小鍛治さんは嫌だ」チーン

穏乃「何か思い出してる!?」


咲「………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ


絹恵「なんや…あれ」

由子 「清澄の大将なのよー」

漫「……準々決勝の時よりこわないですか?」

恭子「………(こっち睨んどる!?)」

洋榎「おぅおぅ!こっち睨んどるな!ええ度胸やん」


咲「……眼…欲しいな」ゴゴゴゴゴゴゴゴ


洋榎「あかん、用事思い出したわ」振り向きダッシュ

絹恵「お姉ちゃん待って!?」

由子「逃げるのはずるいのよー!」服つかみー

漫「……大丈夫ですよ、たぶん」

恭子「…せやな、流石に問答無用って訳じゃないはずや」


咲「……きょうちゃん、どこかな」


洋榎「恭子狙われとるでー」

恭子「ウチ!?ウチなの!?」

由子「恭子の恭に女の子だからちゃん…恭ちゃんなのよー」

漫「…ご無事を祈っときます」

恭子「なんでやーーーー!?」

絹恵「あ……男の人が近づいとる」


咲「京ちゃん」ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「―――して、眼―いのか?」

咲「うん」すっごい睨みつけ


宥「あの人すっごいあったかい」ほんわか

洋榎「あの睨みつけに怯えもしないやと?」

灼「……すっごい顔近い」

由子「すっごい仲良しなのよー」

玄「あの人……何者?」

漫「あの魔王相手に優先にしとるから……もしかして強い?」

憧「只者じゃないのは確かね」ゴクリッ

恭子「あ…手引いて行った」ほっ

穏乃「流石長野……魔境だ」


カンッ