<さきにゃん・ころたん>
「んぁ……」

夜、京太郎が寝ていると何やら隣でごそごそと音がする。
その音に京太郎は眼を覚まし横を向いた。

「衣…どうかしたか?」

隣では衣が寝ていたはずだ。
何かあったのだろうかと京太郎は体を起こし衣を見る。

「…京太郎」「なんだ、体痛いのか!?」

隣に居た衣は顔を真っ赤にさせ汗をいっぱいかいていた。
眼は潤み熱を帯び太股をもじもじとさせていた。
衣の耳にある大きな兎耳はシュンと垂れ下がっている。

「……もしかして」

さきにゃん・さきわんを飼う為には国家試験が…以下略
あらゆる病気や症状も覚えないといけないのだ。
そして衣の症状には京太郎も見覚えがあった。

(油断してたー!衣は体も小さいし、まだだと思ってたのに!)

「京太郎…衣は病気なのか?」

黙っている京太郎に衣が不安がり目に涙を溜め見つめてくる。

「お腹の奥が熱くなってキュンと切なくなる」

(…落ち着け俺!)

「明日朝一で咏さんのところ行こうか」

「うん」

シュンとなる衣を抱きかかえ朝まで悶える衣の頭を撫で続ける。

「ん~きちゃったねぃ」

「やっぱりかー!」

「衣はやはり病気なのか」シュン

ペットショップ店長兼獣医権さきにゃんの 三尋木咏が衣を見て呟いた。
京太郎は顔を赤くし叫び、衣は京太郎の服を掴みシュンと項を垂れる。


「発情期だねぃ」

「ですよねー」

「発情期?」

さきにゃん・さきわんは人に近い性質をしているが所々は動物のままだ。
年中発情している人と違ってしっかりと発情期が存在する。
それは京太郎自身知っているし解ってもいた。

「まだ先とばかり…」

「体が小さくても女性は女性だしねぃ」

「そうか…衣は、発情していたのか」

咏と京太郎が話している隣で衣はほっと一息を着いた。
病気で無いと知りほっとしたのだ。
発情期の恥ずかしさはもとより無かった。
人と動物の違いだろう、子供を残すという行為に恥ずかしいなどの感情は無い。

「とりあえず…抑える飲み薬な」

「ありがとうございます」「抑えるのか?」

京太郎は注意事項を聞きながら咏から貰った薬を確認する。
中には二つの薬が入っている、赤と青のカプセルだ。

「あれ…この青いのは抑える薬ですけど…赤いのは?」

「あぁ…疑似精○」「うん?」

「やった後にそれを入れてあげろよー」

「…どこにさ、てかやるって何!?」

京太郎は汗を大量にかきながら咏をぎこちなく見た。
そんな京太郎に咏はニヤリと笑って自分のお腹の少し下を触った。

「他の子なら薬で抑えるだけすむんだけどなー衣は兎だからな」

「…」

そうだった…兎は人間と同じく万年発情期だ。
一時的なら薬で抑えられるが年中は無理だ。
薬だって副作用がある大量に使えない、京太郎が相手をしないといけないのだ。

「ころたん、可愛がってもらえよー♪」

「ころたんじゃない!衣だ、後いつも可愛がってもらってる!」

胸を張ってニコニコと笑う衣を見ながら京太郎は
ころたんや…可愛がるの意味違いますよーと現実逃避するのであった。


カンッ