ド変態しずもんトリロジー

~白虎の章~


穏乃「すぅーーーーーーーーっ………」


憧「……」

穏乃「ぷはっ、はぁ~~~~~……」

憧「……」

穏乃「すぅぅーーーーーーーーーーーーっ………」

憧「……」

穏乃「ぷっはー!はぁぁ~~~~……」

憧「あのさ」

穏乃「ん、なに? すぅぅーーー…」

憧「ちょっとストップして

  ……何やってんの?」


穏乃「何って、これ?


   京太郎のシャツ」


憧「はあ?」

穏乃「京太郎が遊びにきたときに忘れていったシャツだよ」

憧「あ、アンタ…それに顔埋めてたの?」

穏乃「だって京太郎の匂い好きなんだもーん、すぅぅぅーーーーー」

憧「また始めた……ああもういいや、好きになさい…」

穏乃「ぷはっ、はぁぁ~~~……



   もう、最高…」ホッコリ



憧「まったく親友があんなに変態だったなんてショック大きいな……」ゴソゴソ


パクッ



憧「うん、やっぱり時代は京太郎のパンツ食いでしょ」ムシャムシャ


患ッ




~羅刹の章~

憧「ふぅ、シズの家のお菓子は本当においしいわね」

穏乃「えへへ~、ありがとう!

   あっ、そうそう!新商品があるんだよ、ぷろでーす?したのは何とこの私!」ドドーン


憧「プロデュースね

  すごいじゃないシズ、見せて見せて」


穏乃「確か、ここに試作品が……あった!はい、これが新商品『京餅』!」


憧「でかっ?!しかも京太郎の顔そっくり!?」

穏乃「髪をきんとんで作って、目のところはあんこ、んで唇はぎゅうひで作ったんだよ!

   これなら京太郎の顔を舐め放題、齧り放題、唇ちゅっちゅし放題!」


憧「欲し…じゃなくて!何考えてんの!?」


穏乃「他にもね~………あ、これこれ!

   じゃーん、『西王京』!」


憧「え?これ西王母(桃の形をした和菓子)?

  ……また何か、かなり大きいんだけど」


穏乃「なんとこれは、京太郎のお尻の形と大きさを忠実に再現したお菓子なのだー!」

憧「もっとよく見せ……じゃなくて!アウトだからアウト!」

穏乃「あとこっちの羊羹は特にオススメ!」

憧「なにこれ変な形してるけど……キノコ?コケシ?」


穏乃「これは京太郎の×××の形と大きさを忠実に再現して…」

憧「買う……じゃなくて!いくらなんでもひどすぎ!捕まるでしょ!」

穏乃「えー、でも売れると思うんだよね~全国的に」

憧「ていうか何であいつのお尻の形とか…あ、あの……アレ…の形とか知ってんの?!」

穏乃「お風呂とかのぞいたから」

憧「あっさり言うなー!このバカシズ!」

穏乃「あ、思い出したらムラムラしてきた…ちょっと部屋に戻るね!」ドタドタドタ



憧「…はぁ~」ゴソゴソ

パクッ


憧「やってらんないわ……」ムシャムシャ


甘ッ


~降魔の章~


穏乃「ウキー!キキーッ!」ガシャガシャ

憧「シズが発情期になったわ」


玄「うーむ、京太郎君を監き…ゲフンゲフン、とっ捕まえて手篭めにするために作った檻も
  そのうち野生パワーで壊れされちゃうよ」


憧「何で具体的な感じに言い直したの?
  …それにしてもどうしよ、もう京太郎と色々する妄想だけじゃ足りなくなってるみたいだし」


宥「大丈夫だよ玄ちゃん、憧ちゃん、昨日届いたこれを見せれば…」カチャカチャ

玄「あ、それは……じゃあテレビをしずちゃんに向けてと」

憧「DVD?それで何とかなるの?」



穏乃「キキッ!キャキャッ!ウキャー!」



京太郎『えー皆、久しぶり…かな?』



穏乃「ウキ?」ピタ



京太郎『あまり奈良に遊びにいけなくてごめんなさい、俺も阿知賀のみんなに会いたいから予定を組んでいるところです』


穏乃「…」



京太郎『そうだ穏乃、お前が送ってくれたお菓子おいしかったぞ!奈良にいったらもっと食わせてくれよな!』


穏乃「…京…太郎…」


京太郎『憧もますます綺麗になってるだろうし、玄さんと宥さんのいるあたたかい旅館にも泊まりたい、
    灼さんとボウリングもしたい、晴絵さんからも色々教えてもらいたいよ』


憧「ふきゅきゅ…」ニヨニヨ

宥「あったか~い…」ポカポカ

玄「んほぉぉぉぉぉーーー!京太郎くんが私の名前呼んだぁぁーーー!!」ビクンビクン

京太郎『てなわけで短いですけど須賀京太郎、近日馳せ参じる…ってことでご視聴ありがとうございました!ばいびー』


穏乃「京太郎……うん、待っているからね」



憧「とりあえず一旦は落ち着いてくれたか~…」

宥「うん…でも京太郎くんが来たらまた爆発するかも」

玄「らめぇぇぇーーー!!」ビクンビクン





穏乃「どうもお騒がせしましたー!」ペッコリヨンジュウゴド


憧「ふう、自覚あるならもうちょっと理性をね…」

宥「まあまあ憧ちゃん…」

玄「誰にだって自分を抑えられなくなるときはあるんだから!」

憧「(……言ってる本人がその最たる見本のくせに)」


穏乃「みんな…」ぐすっ




灼「へい、えぶりばでぃ…京太郎の靴下を使った蕎麦ができたからみんなで食べよ……」


穏憧宥玄「わぁい!」


カンッ