咲「京ちゃん、私そこまでぽんこつじゃないと思う」

京太郎「お前、とうとう頭のヒューズでも飛んだか?」

咲「ぽんこつっていうことはさ、何やらせてもぐだぐだな感じってことだと思うの」

京太郎「重症だな、自分の半生も振り返れなくなるとは…」

咲「もー!真剣に聞いてよ!」

京太郎「悪い悪い、で?」


咲「とりあえず私、運動なら勝てそうな人いる」




そんなこんなで




成香「わぁ~、立派な競技場ですね~」

京太郎「ええ、これぞ長野が誇る『透華誕生記念・生まれたばかりの最愛の娘にパパがテンションに任せて建てちゃいました♪てへぺろ♪競技場』です」

成香「な、長いお名前なんですね…」

京太郎「ええ、目立つことが好きな透華さんでも恥ずかしくて1km以内には近づきたくないそうです」


咲「むぅー…ちょっと京ちゃん!早く始めよう!」


京太郎「わーったわーった! 本当にありがとうございます成香さん、こんなことの為に来てくれて」

成香「いっ、いいんですよ!私も…その………あなたに会いたかったので」

京太郎「(最後ら辺、ごにょごにょと何言ってたんだろ)…じゃあ、スタートラインまでお願いします」

成香「はいっ」



京太郎「種目は100m走で先についたほうが勝ち、分かりやすいな」



咲「負けないから…!」ゴゴゴゴゴ

成香「こ、怖いです…」


京太郎「位置について、よーい……」


パァニッ…


咲「ううぅぅぅ~~!」ドタドタドタ

成香「ふぇやぁぁぁぁ~~!」バタバタバタ



京太郎「……なんだあの人ら、斬新すぎるフォームだな」



咲「ううぅぅぅ~~!…ふにゃっ!?」コケッ



京太郎「あ、やっぱり」


成香「だ、大丈夫ですか!…うにゃっ!?」コケッ


京太郎「あーもうメチャクチャだよ…」



結果発表


京太郎「えー、勝負は互角で二人ともゴールにつけなかったんですけど…
    最初に咲がコケてしまった分、成香さんのほうが数センチレベルで上回っていたので成香さんの勝ちってことで」

咲「うぅ~、こんなはずじゃ…」

京太郎「いや、俺は予想してた
    …ともかく成香さん、今日は本当にありがとうございました」

成香「い、いえ!須賀さんに会えただけでもとても良い日になりました!こちらこそお礼を言わせてください」

京太郎「天使や」

成香「そ、そんな天使様だなんて!」

京太郎「なるっちマジ天使」

成香「はうぅぅ~~///」ポー

咲「きょ、京ちゃん!次の勝負にいくよ!」

京太郎「え、まだやんの? ったく…

    それでは成香さん、約束どおり今度北海道へ行った時に一緒に函館の教会めぐりですね」

成香「は、はい!楽しみにしてます!」



京太郎「(コケるまでのタイムである意味すごい記録が出たことは…二人には内緒にしておこう)」



次の対決!


京太郎「悪いな淡」

淡「いいよ、暇だったし!勝てばきょーたろーがチューしてくれるんでしょ?」


京太郎「…は?」


咲「きょ、きょきょきょ京ちゃん!いいから始めよう!」

京太郎「こいついつも急かしてんな……で、対決は学力テストな、国数理の三教科」


咲「絶対勝てる!」

淡「あーテストめんどいなー、でも勝ったらチューかぁ…でへへ」




結果


咲 国語90点 数学29点 理科50点  総合169点

淡 国語20点 数学99点 理科50点  総合169点




咲「ま…まさか こんなことが……なぜ…そんなバカな……」ブツブツ

京太郎「へー淡は数学得意だったのかー」

淡「だって一番簡単じゃーん!解けばいいだけなんだし!」

京太郎「(考えようによってはテストで一番知識がいらない教科ともいえるか…)」

淡「てなわけで……んー///」

京太郎「アヒルの真似か?」

淡「違わいっ!ちゅーだよちゅー!ほら、早く!んー!」

京太郎「勝ったら、って事じゃなかったか?お前ら同点じゃん」

淡「細かいこと気にしてないで早くこのスーパー美少女淡ちゃんの唇を……」


チュッ


淡「あわ……?」


京太郎「同点だから、ほっぺな」

淡「あわ…/// あわわ……あわぁ~…/////」

京太郎「じゃ、気をつけて帰れよ~」

淡「あわっ!///」





咲「…大星淡と同じ……同じ頭のレベル……」ズーン



チュッ



咲「ぴゃっ?!きょ、京ちゃん!?」


京太郎「同点だからな、お前にもだ」



咲「は……………



  はぅあ~…//////」ドサッ



京太郎「さ、次の対決の準備か…」

ファイナルラウンド!


咲「いよいよ決着をつけるときがきたね…」ゴゴゴゴゴゴ

照「負ける要素がない」ドドドドド



京太郎「えー対決内容は……おつかい

    …なあ咲、お前って意外にチャレンジャーだったんだな」


咲「チャレンジでもないよ!たかがおつかいぐらい!家のことは私がやってるんだから!」フンス

京太郎「(おつかい以外はな……お前の親父さんが買い物にいけないときは俺が一緒に行くように親父さんに頼まれてるってのに)」



照「私は道が複雑な東京にいるけど迷ったことはあまりない」フンス

京太郎「(部員みんなで一人で外に出さないようにしてるって風の噂で聞いたんですがそれは)


    …とにかく二人にはこのメモに書かれている物を買いに行ってもらいます
    先に帰ってきたほうが勝ちなので、はいよーいスタート」


咲「この勝負、貰ったよ!」

照「あまり強い言葉を使っていると弱く見えるよ」


京太郎「(30分くらいしたら行こうかな…)」


結果


ゴウン…ゴウン…

咲「ふぇえええ…京ちゃ~~~ん」



チュン…チュン…

照「商店街を歩いていたと思ったらどこかの屋上に出ていた……」






京太郎「………そろそろ行くか」


対決を終えて



咲「……0勝1敗2引き分け……うぅ…やっぱり私、ぽんこつなんだ…」トボトボ

京太郎「………まあ、俺はそうは思わないけどな」


咲「え?」


京太郎「勝てそうな相手を選んで、内容もぐだぐだだったけどお前なりに頑張っただろ、それならぽんこつじゃねーよ」

咲「……くすっ、何それ褒めてるの?」

京太郎「おう、最大の賛辞だぜ」

咲「ふふっ、もー」


京太郎「んなことより、久々にお前の手作り料理が食いたい気分だ

    人呼んだり、準備したり、今日は結構忙しかったんだぞ?
    飯ぐらい食わせてくれよな」


咲「はいはい、しょうがないなぁ京ちゃんは」

京太郎「なにがしょうがないだ、この~」

咲「きゃっ、髪はやめてよ~!」




カンッ