ザー ザー

京太郎「くっそ、帰るときになって雨が強くなりやがったな」

淡「ホントバケツひっくり返したみたいだね。こういうのなんていうんだっけ、ゴリラ豪雨?」

京太郎「ゲリラ豪雨な」

淡「ゴリラげうう?」

京太郎「逆だ逆、ってかお前わざとやってるだろ…」

淡「あはは、ばれたか~」

京太郎「にしてもホント酷いな、服や鞄もかなり濡れてるし」

淡「京太郎は普通の傘だからいいじゃん、私なんか折りたたみだから上まで濡れてきてるし…」

京太郎「ホントだな…ってお前上透けてるじゃねーか!」

淡「うわっホントだ。まぁこの雨だしね~」ケラケラ

京太郎「いや、笑ってる場合かよ!ったく、ちょっと待ってろ…ほれ、俺の上着着てろ」

淡「別にいーよ、どうせその服も濡らしちゃうし、京太郎にだったら見られても私は気にしないよ?」

京太郎「他の奴にお前のそんな姿見せたくねーんだよ、さっさと受け取れ」

淡「ん、分かった。まったく京太郎は優しいんだから♪」

京太郎「独占欲が強いだけだよ」

淡「私はその方が嬉しいよー?」スリスリ

京太郎「ちょ、濡れた体で擦り寄ってくんな!…こんな雨なのにお前は本当に元気だな」

淡「うーん、なんていうかさ。ここまで土砂降りだといっそ気にならなくなってくるというか…」

京太郎「あー、靴に水が入ってきたり、服がぬれたりとかがか?」

淡「そうそう。で、もうどうでもいいやって思えて、いっそ楽しくなってくる」

京太郎「あーわかるかも。俺も中学のころとか台風の時に折れた傘捨ててダチと走り回ったな」

淡「それは京太郎が馬鹿なだけじゃないの?」

京太郎「残念だったな、その後しっかりと風邪ひいたから俺は馬鹿じゃねーよ」

淡「やっぱり馬鹿じゃん」アハハ

京太郎「うっせ。まぁ、確かにそう考えるとこの雨も面白く思えてくるな」

淡「うん、それに…」

京太郎「ん?」

淡「今は京太郎といっしょに居るからね!淡ちゃんは火の中水の中草の中どこであろうと、京太郎と一緒なら楽しいんだよ!」アワァ

京太郎「流石に火の中は楽しんでる余裕ないだろ…ったく、嬉しいこと言ってくれるなーこの!」グシャグシャ

淡「あわー!やめろー!」

京太郎「へへっ、さっきのお返しだ」

淡「うぅ…髪の毛グシャグシャになっちゃったじゃん!」

京太郎「もうすぐ俺ん家だし、すぐに直してやるよ」

淡「やった!約束だからね!」

京太郎「別に約束しなくたってそれぐらいならやってやるっつーの」

淡「よーし、そうと決まれば京太郎の家まで走るぞー!」タタタ

京太郎「ちょ、待てって淡!」

淡「あははー!ヤバイ!凄い濡れる!たのしー!」

京太郎「そりゃ雨の中走ったらそうなるだろ!ええいクソ!こうなりゃヤケだ!行くぞ淡!」

淡「オッケー京太郎!」


なにナチュラルにこいつら同じ家に向かってるんだろうね…
カンッ!