不良「おらテメェ!人様にぶつかっといて謝りもせぇへんのかい!」

京太郎「いやいや、今さっき謝ったばっかりじゃないですか!?」

不良「謝る言うならもっと誠意をみせんかいボケェ!!」

京太郎「誠意って……何をすればいいんですか」

不良「んなもん決まっとるやんけ、とっとと財布出せやゴラァ!!」

京太郎「金取る気満々かよ!?」ガーン

京太郎(大阪に転校して学校には麻雀部は無いわヤンキーさんには絡まれるとか……初っ端からついてねえじゃん俺!!)

不良「おらとっとと出すもんだせや、そうすりゃあ腹パン一発で済ませてもええで!」

京太郎「殴んのは確定かよ!!」

京太郎(別にケンカは得意っつーわけじゃないし……よし、全力で逃げよう、相手が一人なら撒くことぐらいなら)ジリッ

不良2「よおヤッちゃん、何しとるんや?カツアゲなら俺も混ぜてや」ニヤニヤ

不良3「それにしてもヤッちゃんはやさしいなぁ、俺なら有無を言わさずシメてるわ!」

不良「おうお前ら、ちょうどええわ!お前らもやるか?」

京太郎「」

不良2「ええんかぁ?わいちょうど小遣い欲しかったんやぁ」ニヤニヤ

京太郎(はは、やべえ逃げ道無くなっちまったーあっははー!)

京太郎(……はぁ、頑張ろうって気合い入れた矢先にこれか、……何か挫けそうだなぁ)

京太郎(……咲の奴、元気かなぁ)

不良「ほな痛い目見とう無かったら諭吉さんを一枚ばかり……」パキポキ

??「うっわー、今どきあないに漫画みたいな不良いるとは思わんかったわぁ」

不良「ああ!?誰やねんお前!!」

京太郎(……男…の子? だよな……学ラン着てるし)

??「おっちゃんら、あんま弱い者イジメしたらアカンで?正直ちっさい男に見えるわ」

不良「お、おっちゃっ!!?」ガガーン

京太郎(ぷっ……)

不良3「テメェ!ヤッちゃんは老け顔気にしてるんやぞ!!シバくぞゴルアァ!!」

京太郎「あ、おい! 逃げ」

??「ほいっと」スッ

不良2「うおっ……がはっ!?」ステーン

京太郎「うわっ……頭から」イタソー

不良3「テメェ!」ブンッ

??「自分はノロマやなぁ」ヒョイッブンッ

不良3「ぐぁっ……っが!?」バキッ…ガンッ!
京太郎(か、かわしてカウンター入れたよ……すっげぇ!)ドキドキ

不良「こ、この野郎がぁ!!」チャキッ

京太郎(ナイフ!? こいつ背後から刺す気か!?)

京太郎「っ!!……危ない!!」バッ

??「えっ!?」

不良「死ねやゴラァ!!」ダッ

京太郎(あ、ヤバいなぁ……自分で庇っといてなんだけどこれは死んだかなぁ)

京太郎(ここで麻雀強くなって、咲達に強くなったぞって言ってやりたかったのに……俺は……)

??「屈むんや!!」

京太郎「はぁっ!? この状況で!?」

京太郎(つかそんな事したら庇う意味が無いような……)

??「ええから早よせえや!」

京太郎「えっ!? こ、こうすか!?」スッ

??「おりゃっ!」ダンッ

不良「な…!ぶほぁっ!!?」ガスッ…ドサッ

京太郎「が、顔面に跳び蹴り!?」

??「ふぅ……そこのアンタ、ケガとか大丈夫?」

京太郎「……はっ!? はい! おかげさまで!!ありがとうございました!!」

??「あはは、ええってええって」ケラケラ

京太郎「それでもありがとうございます!なんつーか俺……いろいろ感動しました!!」バッ

??「んー……ならその気持ち、ありがたく受け取っとくな!」ニコッ

京太郎「………はい!」

京太郎(気持ちの良い人だなぁ……尊敬しちまうよ)ポケーッ

??「……ああっ!?」

京太郎「ど、どうかしました!?」ビクッ

??「な、なぁ!今何時か分かる!?」

京太郎「えっと……今は五時半過ぎですね」

??「うっわヤバッ!!オレもう行くな!」ダッ

京太郎「あっ、ちょっ待っ……は、早っ!?」

??「あ、そうや」クルッ

京太郎「?」

??「あんなぁーさっきは弱い者イジメとか言うてアカンなぁー!」

??「さっき庇ってくれたときカッコよかったでぇーー!!」

京太郎「………っ!」

京太郎「あっ……名前…!」

??「ああせや!言い忘れてたわ!!」

セーラ「江口セーラ! 千里山女子三年のセーラや!!」

京太郎「」

セーラ「ほなさいならァーー………」ダダダダッ……

京太郎(……え、千里山女子? 女の子!? 女の子だったの!!? つか三年!!!? 年上だったのかよぉッ!!!!??)ガーンガーン

京太郎「……あれ?」ヒョイ

京太郎「生徒手帳……? 千里山女子のだから江口さんのかな」

京太郎「……渡しに行くべき、だよなぁ」

京太郎「女子高かぁ、入らせてくれんのかなぁ……、最悪先生か誰かにでも渡せば良いか」

京太郎「……さてと、この人達が目覚める前に帰ろう」スタスタ

京太郎(けどなんかさっきまでのモヤモヤしてた分が吹っ飛んじまったなぁ、やっぱあの子のおかげなのかな)

京太郎「江口セーラさんか……」

続かねぇ