※淫夢要素はありません
※淫夢ネタが分からない方、嫌いな方は飛ばしてください


淡「あわあわ ふれふれ かあさんが~♪…こっから知らない!」


私の名前は淡ちゃん!今日は学校が振り替え休日でお休みなのに、あいにくの雨…

でも私の心はうきうきなんだ!だって、きょーたろーが東京に遊びにきているから!

今はうちの学校近くの安宿で一人で宿泊してるんだ~

突然行って、びっくりさせてやろうっと♪


……


淡「おーいきょーたろー!…留守みたい


  …あれ、開いた
  鍵壊れてるのかな?

  まあいっか、お邪魔しまーす!(不法侵入)」


<無人の部屋、と、ここで淡の視線が乱れたままのベッドにとまる>



淡「……(高校百年生の眼光)」


<当然のように近づく淡>




淡「こ、ここできょーたろーが寝てたのかぁ……すんすん





  くんくん





  くんかくんか

  すーはーすーはー」





京太郎「あれ、何でドア開いてんの…」


淡「!?」


京太郎「あっ!お前なにやってんだオイ!」

淡「ごめん!ごめんってば!」

京太郎「オイお前、どうやって人の部屋に入り込んだ!」

淡「あわーん!ごめんなさーい!」

京太郎「何やってたんだ人の部屋でお前!オイ、謎の巨乳化、オイコラ!仮面ライダーなんだろお前!」

淡「なにそれ!違うよ!」

京太郎「じっとしてろ!逃げられねーぞお前!菫さんに電話してやるからなお前!」

淡「え!ちょ、ちょっとそれヤバイって!」

京太郎「あーもしもし?菫さん?あ、すみません、いま自分の部屋に変態ダブリー屋が入り込んでるんですけど…
    不法侵入ですよ不法侵入(アイマスネタ)!今すぐきてください!お願いします!」


あわあわのあわーん!が好き


菫「シャープシューターだ!何が目的だ淡!物か、お金か!」

淡「違うよ~!!」

京太郎「こいつ布団の上で枕抱えてたんですよ」

菫「布団の上で枕を…抱えて?」

京太郎「はい、多分変態だと思うんですけど(名推理)」

菫「…とにかく連れて行こう」

京太郎「お願いします」


……

菫「お前、須賀のことが好きなのか?」

淡「…///」

菫「…こんなことが学校にばれたらマズいだろう
  お前、私のいう事を聞くか?」

淡「…」コクン


菫「私に良い考えがあるんだ(司令官)」




……


バタンッ


京太郎「ファッ!?」


菫「大人しくしろ!」

京太郎「なにするんだ!?流行らせコラ!流行らせコラ!(日本のハンドボール)」

淡「抵抗しても無駄だよ!」

京太郎「お前ら二人なんかに負けるわけねーだろ!流行らせコラ!流行らせコラ!(京太郎SS)
    淡この野郎!流行らせコラ!」



照「……」バッ


京太郎「なんだお前(素)」



<京太郎が東京に来てからずっとストーキングしていたチャンピオン>



菫「三人に勝てるわけないだろ!」

京太郎「馬鹿野郎お前!俺は勝つぞお前!」


淡「縛るよ!」

京太郎「やめろぉ!ナイスゥ!」


照「いい体してるね京ちゃん…」サスサス

京太郎「やはりやばい(冷静)」




<ここから先は有料になります 見たい方はnelly-gruziya@mailまで連絡して、どうぞ>


カン