憧「うーん…」イジイジ

京太郎「髪の毛いじってどーしたよ?」

憧「あ、京太郎」

京太郎「おう」

憧「んー、ちょっと髪が伸びてきたから切ろうかどうしようかって」

京太郎「そんなに伸びたか?」サワッ

憧「うひゃっ…!き、急に触んないでよ!」

京太郎「っとと、悪い悪い。髪は女の命、なんだっけか?」

憧「覚えてるなら軽々しく触ろうとしないでよもう…」

京太郎「と言われてもなー、触り心地すげーいいんだよなお前の髪…」サワサワ

憧「ひゃ、もうっ!言ってるそばからぁ!」

京太郎「いや、これは俺は悪くないと思う。つい触りたくなる髪質をしているお前が悪い!」わっそわっそ

憧「やっ、もう止め…止めろって言ってんでしょ!!」ゲシッ

京太郎「ごふっ!」

憧「ふーっ…ふーっ…ふーっ…!」

京太郎「すまん、俺が悪かった。だからステイステイ」

憧「私は犬猫じゃないわよっ…!ったく…」

京太郎「でもちっちゃい頃に比べたらほんと段違いだよなー…その時は悪かったってわけじゃねーけどさ」

憧「そりゃあこの歳になったら色々手入れする方法学べるし…自分磨きってヤツよ」

京太郎「ほーん」

憧「何よその生返事…言っとくけどあたしだけとかじゃないんだからね?普通の女の子はやってるものよ」

京太郎「穏乃は?」

憧「あたしさっき普通のって言ったわよね」

京太郎「オーケー、理解した」

憧「まったく…少しぐらいは気を使えっていつも言ってるのに…」イジイジ

京太郎「まぁ最近ジャージ以外の服も持つようになったぽいしちょっとは使う様になっただろ…ホットパンツとパーカーだったけど…

    うん…ジャージ以外を着る様になったと言う意味では…」

憧「……」ジー

京太郎「ん?なんでい、こっちをジーッと見て」

憧「……なんでもない」プイッ

京太郎「?」

憧(……シズが気を使う様になったのはアンタに褒められてからよ……まぁ、あたしもだけどさ)

憧「……まったく、このニブチン」ボソリ

京太郎「なんかいったかー?」

憧「なんでもないってばー」

カンッ