淡「大星あわいぬです!がるるーっ」

憧「あ、新子憧にゃんです…にゃ、にゃー…」

京太郎「なにこれ」

淡「えっとね、きょーたろーが最近疲れてるって言ってたから」

京太郎「うん」

憧「淡が何かしてあげようって提案して…」

京太郎「うんうん」

淡「そういえば動物好きだったなって思って」

京太郎「うんうんうん」

憧「じゃあ動物になればいいんだって言い始めて」

京太郎「うん?」

淡「私は犬っぽいしアコは猫っぽいから」

京太郎「あれあれ?」

憧「コスプレして、その……ご奉仕してあげようって…」

京太郎「スタァァァァァァァップ!!!!」

京太郎「おかしい、どこがってレベルじゃない。全部がおかしい」

淡「何がおかしいって言うのさ!せっかくこの淡ちゃん…いや、あわいぬちゃんが考え出したのに!」

京太郎「おすわり」

淡「わんっ!」ペタン

京太郎「素直に言うことを聞くのがおかしければ犬の真似して鳴くのもおかしい…いや、おかしくないのか…?常識ってなんだ…?うごごごごご…」

憧「にゃ、にゃーん…にゃあ~…」クイクイ

京太郎「憧、恥ずかしいならやらなくていい…ていうか恥ずかしくなくてもやらなくていいですはい」

憧「べ、別に恥ずかしくなんかないしっ…!」

京太郎「大丈夫、わかってるから。憧の頑張りは全部。な?」ナデナデ

憧「にゃ、にゃあ~ん…♪」ゴロゴロ

京太郎(どうやって喉鳴らしてんだろう)

淡「…うー、わんわんっ!ばうっ!」ガバッ

京太郎「おわっ!?」

憧「ふみゃっ!?」

淡「ふこーへー!ふこーへーだよ!こっちもかーまーえー!」ユサユサ

京太郎「わかった、わかったから…揺さぶるの止めて…」ナデナデ

淡「んへへぇ…わんわーん♪」スリスリ

憧「むー…にぅっ!」ペシン

京太郎「いてっ」

憧「……」ジー

京太郎「はいはい、お前も撫でろってことな…」ナデナデ

憧「……♪」ゴロゴロ

淡「がるるー、がるがるー♪」

京太郎「……まぁ、確かに癒されなくもないかな…」

京太郎(胃壁とか理性とかがゴリゴリ削れる以外は)

カンッ