京太郎「よし、次あれに乗りましょうか!」絶叫系で興奮中

セーラ「よっしゃ、このまま制覇したろうや!」臆せず突っ込んでいくタイプ

竜華「あははっ!二人ともはしゃぎすぎやん!」遠くで見て楽しむタイプ

怜「……(まさかなぁ……セーラは普通に来たけど、泉と船Qが用事で来れへんってなってまうとは。……二重の意味でチャンスではあるけど、ウチはどうしたらええんやろか)」激しいのは無理

竜華「ん、怜?どないしたん?元気ないで!……はっ!まさか体調悪いとか!?」

怜「え……いやいや、そうではないんよ。ただちょっと考え事してただけや」

竜華「考え事って…悩みって事なん?だったらウチが聞いたるよ!」

怜「えっとそれは……その……(い、言えへんわ。京太郎が好きだって自覚してもうたなんて……)」

竜華「う、ウチには言えん様な事なん?」ナミダメ

怜「うう……」


一方。

京太郎「ひゃっほう!!」

セーラ「うはああああ!!激しいなこの乗りもの!!ごっつ楽しいわ!!」

京太郎「マジですね!っとセーラさん、この先に落ちるところで写真とるのがあるんですよ」

セーラ「おう、知ってるで!雑誌で情報はバッチリ……ッ!そうや、二人で好きなポーズとらへん?」何か思いついた

京太郎「お、良いですね!重力に逆らって、頑張ってみましょうか!」

セーラ「おう!あ、来るで!1!」

京太郎「2の!」

京太郎「さあああああああ(チュッ)あああああん!!?」

セーラ「……(や、やった……やってもうた……////)」首を頑張って伸ばし頬に口付けた

京太郎「せ、セーラさん!?い、いまの!」

セーラ「じ、事故や」

京太郎「え?」

セーラ「重力での事故やった!う、うちかて突然でびっくりしたんやで!」

京太郎「あ、そ、そうなんですか。いやーびっくりしたぁ!」

セーラ「(さ、さすがに……まだ早いよな?告白するんは……)」

京太郎「まぁでもそれなら、俺役得でした。まさかあのセーラさんに、頬とは言えキスしてもらえるんなんて光栄ですしね」

セーラ「そ、そうか?あはは、それならよかったわ!(こ、好感触っぽい?結構、嬉しいもんやな……)」

京太郎「ーーーーっと、竜華さんと怜さん、ベンチにいるみたいですね」

セーラ「ん?ああ、どうしたんやろ?結構真面目な空気っぽいけど」



怜「わかった、白状するわ……竜華の涙には勝てへん」

竜華「うん、それで一体……」

怜「ウチな……京太郎のこと好きになってしまってたみたいなんや……」

竜華「……えっ?」

怜「私、竜華より前から連絡先交換してたやろ?だからいろいろと話しているうちに……」

竜華「と、怜……」

怜「なぁ、どうしたらええと思う?竜華と喧嘩になるんわ私嫌や……どうしたら……」

竜華「……うん、怜!大丈夫や!」ギュッ

怜「ふぇっ?」

竜華「まさかそんなことになってるなんて、ウチ気づかんかった。やっぱり怜は演技上手いわ!」

怜「……竜華」

竜華「事情は分かった。……でもな怜、分かってるとは思うかも知れへんけど……ウチも京太郎くんが好きなんよ」

怜「うん……」

竜華「だからこれからは、互いに親友で、ライバルや!」

怜「……うん?」

竜華「互いに同じ人が好き、でも仲は悪くなりとうないっていうなら、真っ向勝負で京太郎君を振り向かせた方が勝ちって事で、文句は一切なし!」

怜「……でもそれ、負けた方が……」

竜華「うん、でもそれで互いに何もせずに京太郎君が誰かに取られちゃったら、互いに後悔するやろ?……だからいっそ逃げない方が良いって思う」

怜「それも……そうか……」

竜華「なんなら三人で住んでもウチ、ええで!?」

怜「そ、それ……も悪くはないんかな?」

竜華「ま、とりあえずライバルって事は確定なんやで、怜?」

怜「む……そやな、本妻戦争言う言葉もあるくらいや。この際やから負けへんで?」

竜華「望むところや!」

京太郎「おーい!二人とも!戻ってきましたよ!」

竜華「あ、京太郎君!セーラ!おかえりー!」

怜「ええタイミングやな、ちょうど話終わったとこやったで」

セーラ「話って……何をや?」

竜華&怜「「……秘密やで」」

カンッ?



ところで

京太郎「写真出来てるでしょうから、見に行きましょうか」

セーラ「え……よ、四人で行くんか?」

竜華「ん?どうしたん?何か都合悪いことでもあるん?」

怜「(あれ……なんやろ、嫌な予感が)」

京太郎「まぁ、事故って言うかなんと言うか……あ、ここですね」

セーラ「な、なぁ京太郎!やっぱ後で……」

店員(17)「こ、こちらがお客様方の写真です……(さ、最近の若い子って大胆だよぉ!)」

竜華「ほう、どれど……」

怜「……えっ」

京太郎「いやー、事故らしいんですけど。まさかこんな事あるんですね!役得でした!」

セーラ「あ、あはは……」

竜華「(ま、まさか……)」

怜「(灯台下暗し……)」

竜華&怜「「(敵はすぐ側にいた!!)」」

カンッ!!