竜華「京くん京くん」

京太郎「はい」

竜華「今日は、うちの誕生日です」

京太郎「知ってます」

竜華「もうすぐ、終わります」

京太郎「そうですね」

竜華「……」

京太郎「……」

竜華「なんか、言うことあれへんの」

京太郎「いえ、特にないですけど」

竜華「……」

京太郎「……」

竜華「…むーーー!」

京太郎「急に唸ってどうしたんですか」

竜華「そら唸りもするわ!うちまだおめでとうって聞いてへんもん!」

京太郎「そうでしたっけ」

竜華「そうやの!うちずっと待ってたから間違えへんもん!」

京太郎「……竜華さん!」

竜華「は、はいっ!」

京太郎「お暇だったんですね」

竜華「うがーーーーー!」

京太郎「どうどう、キャラじゃないですよ竜華さん」

竜華「ぷーいだ。京くんなんかもう知らんもん」

京太郎「ごめんなさい。竜華さんの反応が面白くてつい…」

竜華「つーん」

京太郎「竜華さん、竜華さーん」

竜華「……」

京太郎「本当に悪いと思ってます。今度こそちゃんと言いますから」

竜華「……」

京太郎「だから、こっちを向いてください」

竜華「…ほんまに?」

京太郎「ええ、本当にです」

竜華「…わかった。ちょっと待って、準備するから」

京太郎「はい」

竜華「すーっ、はー…すーっ…はーっ………よしっ、ええよ!お願い!」

京太郎「竜華さん、この度は本当に誕生日おめでとうござい」

京太郎「ましたー」

竜華「うにゃあああああああ!!」


カンッ