ちょっとした続き


ヒソヒソ

久「ねぇ、あれ、どう思う?」

咲「なんかドギマギしてるというか、普段とはやっぱり違いますよね」

優希「お互いが意識しているようにみえるじょ」

和「私にもそう見えます」

久「まこにもようやく春が来た…かな?」

咲「そういえば、私達ってそういう話がほとんどないですよね」

優希「む? そういう話とな?」

咲「恋愛というか~…、なんか、そういう甘酸っぱい話だよぉ」

和「確かにそうですね。 実はお付き合いしてたりする、なんて人はいないんですか?」

久「私はないかな」

優希「右に同じだじぇ」

咲「わ、私も…」

和「そういう私もそうです」


久「好きな人もいないの?」

優希「私とタコスは両想いだじぇ!」

和「あんまり異性を意識したことはないんですよね」

咲「わ、私も…。 というか、男の人とお話したりっていうのがあんまり」

久「そうねぇ…、私もいろいろと忙しいから…」

咲「恋愛小説のようにはいきませんね」

和「華の高校生なんですけどね」

優希「でも、それでも寂しくない辺り、それが余計に虚しいじぇ…」

久「私なんて今年卒業よ…」

久「はぁ…」

咲「はぁ…」

和「はぁ…」

優希「はぁ…」


久(でも、あえて言うなら須賀くんとか?)

久(うん、悪くないんじゃないかしら。 見た目も中身も…)

久(あれ? そう思うとなんだか…)


優希(んー、あんまりそういう恋愛的な面では意識してなかったけど)

優希(私のこと一番わかってくれてるのは京太郎かもしれないじぇ)

優希(なんだかんだ言っても、いつもワガママ聞いてくれるし…。 あれ? なんだか…)


和(男の人は正直苦手です。 いやらしい目で見られたりしますし…)

和(でも、須賀君とは普通に話せるんですよね…。 ん?これって…)

和(いやいやいや!! そんなオカルトありえません! ただ部活の仲間な…だけです…よ?)


咲(よく考えたら、私が家族以外の男の人と話すのって、本当に京ちゃんくらいかも)

咲(あっ、そう考えたら、京ちゃんってもしかしたら私にとっての白馬の王子様なのかも…♪)

咲(なんてね。 でも、もし本当に告白されたら、きっと私は…。 って、これって私京ちゃんを…?)


久(本当に魅力的に見えてきたわ)
優希(ま、まさか私が犬に対してそんな…)
和(そんなオカルトありえない…はず)
咲(あぅ、なんだかまともに京ちゃんの顔見れなくなってきたよぉ)

終わり

名前:
コメント: