バスケットボールとハンドボールは似ているようで細部のルールが違う。

なので、ハンド出身がバスケをやるとよくトラベリングで笛を吹かれる。

俺もその例に違わぬ1人だったのだが……

京太郎「バスケで全国に行くことになった?」

久「えぇ、だから、須賀くん、バスケットを教えて頂戴」

京太郎「でも、負傷退場のさせ方位しか教えられないですよ?」

久「大丈夫よ」

和「何がですか!?」

気付いたら俺は笛を持って選手たちに指示を出していた。

俺、麻雀部だよな?

まぁ、収穫はありそうだからいいけどな。

京太郎「ふはっ……いいシュートじゃねぇか、咲」ナデナデ

咲「あ、ありがと、京ちゃん」(バスケしてる時だけなんか人相悪いなぁ。ま、撫でてもらってるしいいや)

京太郎「バァカ!!それじゃダブドリだって何度も言ってるだろ!」

優希「タコス食べたいじぇ」(ぐっ……そうだったじぇ)

まこ「逆じゃ、逆」スリーポイントスパァン


そう、色んな物と出会えるんだ。


それはたとえば、『ライバル』―――


華菜「100点取られても101点取ったらこっちの勝ちだし!」

久保「調子乗んなァ池田ァ!」



ビビー!! スパッ!

衣「ふふ、これでもう7度目だぞ、ブザービーターは……。衣のオフェンスを止めるんだろう?」



桃子「いやぁ、流石にフリーでならスリーでも外さないっすよ」

佳織「私、ゴール下もミドルも入らないですけどなぜかスリーだけは入るんですよね……」



そして、『挫折』――――


清 澄 88
龍門渕 90


一「ふぅ……」(勝敗を分けたのはPGの技術力の差だったか)

優希「……」(皆はちゃんと相手と互角以上にやれてたのに、私がもう少し頑張ってれば)

京太郎「……大丈夫だ。あと2つ勝てば、全国に出られる。その為にはお前が必要なんだぞ、優希」ナデナデ

優希「京太郎……」


――――全国を巻き込んだ姉妹喧嘩

照「日本一になりたいの?なればいいよ、夏が終わったら私は京ちゃんを連れて世界に出る」

咲「行くならお姉ちゃんだけでどうぞ、京ちゃんだけは渡さない」ゴゴゴ

京太郎「え?俺それだけの為に監督になったの?」

――――全国の強豪たち
恭子「後半、60点取るで、主将」

洋榎「おぅ、ラン&ガンで優勝するんや!」

郁乃「……寝言はよしぃな」


マホ「パーフェクトコピー!」

裕子「うん、アウトだからな?」

煌「実は私、今までファウルアウトしたことないんですよね」


メガン「本場のバスケを見せてあげまショウ」エアーボール

智葉「実は私、ドリブル出来ないんだ」

ミョンファ「試合中歌ったら退場させられました」テヘッ

ネリー「ポンコツしかいないんだけど……」


豊音「本気でダンクしちゃったらゴール壊れちゃうよ~」

ギャラリー「あれは、ディフェンスに定評のある臼沢!」


憧「よし、飛べぇ、シズ!!」

穏乃「…らぁ!」ドガッ

ギャラリー「阿知賀は身長的に不利なのにそれを感じさせないな」


泉「アイアムナンバーワンルーキー!!」

怜「これが私の……エンペラーアゴホッゴヘッオホッゴホン」バタ

審判「レフェリータイム!」

ちゃちゃのん「こんなん考慮しとらんよ……」

京太郎「……一応、要警戒だぞ、全国2位なんだからな?」

――――俺たちの熱い夏が、今始まる。