嫁田「よーっす京太郎!」

京太郎「なんかいつもより機嫌がいいな。何かあったのか?」

嫁田「分かるか?実はこの前彼女とついに初○したんだわ」ゴキゲン

京太郎(嫁田の奴何時の間に…松実先輩達には脈もないしこのままでは赤土先生みたいになってしまう!)

京太郎(よし!今日は麻雀部サボってナンパしに行くか)

京太郎「ねぇそこのき「京太郎こんなところで何してんの?」

京太郎「って憧!?お前こそなんでこんな所にってか部活はどうしたんだよ」

憧「私は…今日は用事があって休むって伝えてあるわよ。それでアンタはどうしたの?」

京太郎「それは…その」カクカクシカジカ

憧「アンタそういう事いってると灼やハルエに刺されるわよ。それにしても前から馬鹿だって思ってたけど京太郎ってほんっっとバカよね」

京太郎「流石にナンパするために部活サボったのは言い訳できないけどさ、流石にひどくね?」

憧「るっさい!馬鹿だから馬鹿だって言ってんのよ!この馬鹿」

憧(大体彼女欲しくて私をナンパするくらいなら最初っから私に言いなさいよ)ボソボソ

憧「とりあえずこんな所で立ち話するのもアレだしさっさと行くわよ」ウデヒッパリ

京太郎「行くって何処にだよ?」

憧「ファミレス。私をナンパしたんだから何か奢ってよね?」

憧(一応私にも脈はあるってことよね?今日は部活休んで友達が言ってたハートリング買いに来て良かったかも)

憧「ほら、さっさと行くわよ京太郎」

京太郎「そんなのひっぱんなって、憧!」


カン