京太郎「べいびーあいらーぶそーすきすきべいびーっと…ん?」スタスタ

もこ「…」

京太郎「あの子、道端にうずくまって…おい、どうした?」

もこ「?」

京太郎「そうそう、お前だよ。うずくまってどうしたんだ?ぽんぽん痛いのか?」

もこ「…」フルフル

京太郎「ちがう?じゃあなんでこんなところで…」

もこ「…!?」キュルルルル…

京太郎「……ああ、そういう……」

もこ「…」モゾモゾ

京太郎「あ、顔隠した。おーい、おいってばー」

もこ「…」

京太郎「おーい、つんつーん」ツンツン

もこ「…」プルプル

京太郎「こっちむかないとやめないぞー。つんつんつーん」ツンツンツンツン

もこ「っ…!」ガブッ

京太郎「い゛っでぇ!?」

もこ「っ!っ!」がじがじ

京太郎「痛い痛い痛い!もう突っつかないから!離せ!離して下さいお願いします!」

もこ「…」ぺっ

京太郎「ひでー目に遭った…うわ、歯形ついてら…」

もこ「」キシャー

京太郎「威嚇すんなよ…俺が悪かったって」

もこ「…ふんっ」

京太郎「…んで、お前さん腹減ってんだろ?ウチ来るか?」

もこ「…?」

京太郎「いや、なんでって…このままほっとくのも寝覚め悪いしなぁ…美味くはねぇと思うがとりあえず腹いっぱいになるぐらいは食わせられるぞ?」

もこ「………」じー

京太郎「今いち信用できないって?よーし、そんなら奥の手だ。ほれ、手付け」ヒョイ

もこ「…!」

京太郎「コンビニで買いたてほやほやのおにぎりだ。とりあえずこれ食ってからもう一回考えてくれ」

もこ「…っ…っ!」ハモハモ

京太郎「聞いてねえ。そしてちょろい」

もこ「…………!!??」

京太郎「おぅ!?どうした!?」

もこ「………っ!!」ブンブン

京太郎「え?梅干だなんて聞いてないって…?いや、確かに言ってないけど……案外子供舌?」

もこ「……!」ベシベシ

京太郎「痛い痛い。しょうがねぇなぁ…おかかやるよ」

もこ「!」ハモハモ

京太郎「ホンットにちょろいのなお前。別の意味でも心配になってきたわ」

もこ「……?」ハグハグ

京太郎「いんや、なんでもね。とりあえずウチ来るか?」ナデナデ

もこ「………」

もこ「…………」

もこ「……………」こくり

京太郎「はい、行き倒れ一名ごあんなーい…いや、犬猫みたいな言い方は失礼か?」

もこ「?」



カンッ