京太郎「……そんな病気あるんですか?」

医者「ええ、大変珍しい病気なんですが……」

京太郎「でも、背だって180くらいありましたし、ハンドボールやってたんで割と筋肉だって……」

医者「この病気にホルモンは関係無いんですよ。
ですが、覚えはありませんか?顔が女性っぽいと言われたり声が時々妙に甲高くなったり」

京太郎「あ……」

医者「残念ながら、この病気に治療法はありません。
幸い、変化は段階的なので徐々に慣れていくしか……」

京太郎「そ、そんなっ!」



久「須賀くん、アレとソレの買い出しお願い」

京太郎「はい」

久「それとコレも……」

京太郎「わかりました。じゃあ、行ってきます」

久「お願いねー」


京太郎「…………」バタン

京太郎「ふー……やばいな、最近サラシもキツくなってきちゃったな」パサー...

京太郎「元々男にしては高めの声だったからある程度誤魔かせるけど、コレばかりはな……」モミッモミッ

京太郎「こうなっちまってから和の気持ちも解るようになったけど、大きくても重いだけで邪魔にしかならないな…………」

京太郎「ふふっ、男だった時の自分だったら真っ向から否定するんだろうな…………」

京太郎「最近は筋力も落ちてきたし……潮時かな?」

久「須賀くーん、その前に皆の分のお茶入れて頂戴」

京太郎「あ、はーい!」



サラシ「…………」ポツン





優希「ツモ!リーチのみと……裏が乗って満貫だじぇ!」

和「やはり東場での優希は手が早いですね」

咲「本当、特にここ最近は以前にも増して素早いよね」

優希「そりゃあ、全国では強敵と戦いましたし。
才能に磨きがかかっちゃったかな?」

和「調子に乗ってると足下をすくわれますよ」

京太郎「皆、捗ってるな。お茶を入れてきたから一息ついたらどうだ?」

優希「おぅ、犬か、ごくろうだじ…………え?」

和「須賀くん、ありがとうございま…………す?」

咲「どうしたの二人と…………も?」

京太郎「ん?どうした、三人して固まっちまって」サラシワスレオパーイ

優希「あ、あの……犬?」

京太郎「だから、その犬呼ばわりはやめろって」

優希「あ、うん……須賀さん?」

京太郎「その呼ばれ方も気持ち悪いけどな……なんだよ?」

優希「ちょっと失礼して……」モミッ

京太郎「は……?」モマレッ

優希「…………」

和「…………」

咲「…………」

京太郎「…………」

一年勢『いやああああぁぁぁぁ!!』

久「何事っ!?」


この後、無茶苦茶モミモミされた。