※東方projectが苦手な人は注意(成分薄いですが)

東京のとある一角にて

京太郎「咲と淡に頼まれたから着てみたけど……なんか妙な気分だな、コスプレって」森近霖之助コス、伊達眼鏡使用

京太郎「確か魔法の森って所の入り口で、古道具屋をやってる人なんだっけ。少し変わった感性してそうだな」

店員「お客様、お連れの方が準備を終えましたのでどうぞこちらへ」フォォン

京太郎「あ、はい。いよいよ御披露目ってやつか、アイツらがどうなってるのか少し楽しみだな」

?「あっ、来たわよ京太郎さん」

?「おお、スガキョン!待ってたぜ♪」

京太郎「……え?……巫女と魔法使い?随分とミスマッチな組み合わせ……そしてどうしたその口調」

巫女?「どうしたって、何よ霖之助さん。いつもこの喋り方じゃない」

魔法使い?「妙な組み合わせって、いつものメンバーだろ?変なスガキョンだぜ」

京太郎「(……あれ?そう言えば、何か先程までの店と外観違うような)……つかぬことを聞くが、お前ら何者だ?」

淡「やっぱスガキョン変だな……まぁ、良いけどさ!私は大星淡!普通の100倍の魔法使いだぜ!」ニカッ

咲「……私は宮永咲、この『麻雀郷』を覆う宮永結界を司る巫女よ」

京太郎「え……えええええええ!!?」


そう、そこは麻雀により少女たちが空を飛び、舞い、遊ぶ……幻想的な世界であった……一人のイレギュラーを除いて。

小林リッツ幻樂団作『東方麻雀郷』、その始まり。

店員「……そう……貴方は最早逃れられない……」フォォン

久「麻雀郷は全てを受け入れる、それはとてもとても残酷な事ですわ」ニヤリ