《心が逸るのは君の所為》


はやり「みんなー!!ありがとーー☆」

 ワーー!! ハヤリーーン!!





はやり「ふぅ、疲れた」

はやり(最近困ったことがある。それは……)

京太郎「お疲れ様です」

はやり「あ、ありがと」ドキドキ

はやり(そうこの子だ。熱心に付き人をやってくれるこの子に……恋をしてしまった)

はやり(でも私にはファンの皆がいる。京太郎君のこと、好きだけど、でも……)

京太郎「はやりさん。この間聞いてもらいたいことがあるって言ってたと思うんですけど」

はやり「なにかな☆」ニコ

京太郎「お、おお」

はやり「お?」




京太郎「俺、はやりさんのことが好きです!」

はやり「はやぁ……はやっ!?」

はやり(え、えええええええええ!!!!片思いだと思ってたのに両思いだったの!?!?)

京太郎「だから……ずっと側にいさせてください!!!」

はやり(それプロポーズだよね!?)

はやり「え、えっと……私と京太郎君すっごい歳離れてるけど」

京太郎「そんなの関係ありません!好きになってしまったんですから!」

はやり(私の片思いだけだったらどんだけ楽だったの!京太郎君とファン……あぁぁぁ、京太郎君だけのものになって、京太郎君を私だけのものにしたいけど……)

はやり「はやぁぁぁぁ!!!ごめんなさいぃぃぃぃ!!!!!」ダッ!

京太郎「!?」

はやり「はやっ!!??」バァン!

京太郎「わぁぁぁぁぁぁ!!!大丈夫ですか!?顔ぶつけましたよね!?」

はやり「うぅぅ……」

京太郎「ここの扉内開きだって忘れてたんですか?えっと、冷やすもの……あった」

はやり「ありがとう……」



京太郎「それで……やっぱり駄目……ですよね」

はやり「…………はやりは皆のものだから。アイドルだから」

はやり「両思いだってわかって嬉しかったけど、やっぱり、ごめん……」

京太郎「……待ってたらいけませんか?」

はやり「……いつになるかわからないよ?」

京太郎「待ちます。ずっと待ちます」




    こんなに胸が痛くなるのは君の所為だよ

    涙が止まらないのも君の所為

    このぐちゃぐちゃな笑顔も君の所為

    だから責任、とってね?



カン!