穏乃「京太郎ォ!後少しだよォ!!」ピョンピョン

京太郎「わ、分かってるっつーの!!……しかしアイツすげぇな、あんな軽装でいっつも登ってんのか?良く怪我とかしないなぁ……」アセダク

穏乃「……」ピタッ

京太郎「ふぅ……やっと追いつい「シィッ!」……どうした?」

穏乃「……あれ」

オオスズメバチ「(オオスズメバチがやって来たんです!)」ブゥンブンブンブゥー

京太郎「うわぁ、でけぇ……」

穏乃「……私さ、昔一人で山に入った時……襲われてさ……必死に逃げたら麓で待ってたお父さんに助けられたんだ」

京太郎「トラウマもんだなそれ」

穏乃「うん、そうなんだ、うん」腰が抜けてる

京太郎「通りでおとなしいと……お前も女の子らしいとこあるじゃないか」

穏乃「こんな時言われても素直に喜べないよぉ……」ガクブル

京太郎「しょうがねぇな、ほれ」背中見せる

穏乃「あっ……で、でも……」アタフタ

京太郎「それじゃ何しようにも動けないだろ?遠慮すんなって、それとも俺の背中は嫌だってか?」

穏乃「そんな!……事はないよ」

京太郎「じゃあ、ほらほら。時間が惜しいぞ、この後松実館の温泉入るんだしさ……ちゃちゃっと降りよう」

穏乃「じゃ、じゃあ……お願いします」ギュッ

京太郎「任されましたっと、おお軽い軽い」ヒョイッ

穏乃「私って軽い女かな?」

京太郎「いや、実は結構重いかもな」

穏乃「えっ?そ、そうかな?」

京太郎「ああ、お前は沢山の人の思いを背負った大将だ……軽いはずないって」

穏乃「……それは、皆同じじゃない?」

京太郎「そんな事ない、大将は信頼が無いとなれない位置だぜ?赤土さんも言ってたろ?」

穏乃「……京太郎も?」

京太郎「ん?」

穏乃「京太郎も私を信頼してくれてるの?」

京太郎「当たり前だろ……だからさ、不安とかあるならもっと言ってくれよ?」

穏乃「……京太郎が、今日山登り着いてきたのって……」

京太郎「お前の不安払拭のため、お前皆がいると自分を隠しちまうからな。だから、二人きりなら弱音吐いてくれるかなって」

穏乃「……京太郎」ギュッ

京太郎「なんだよ」

穏乃「京太郎……」グスッ

京太郎「だからなんだよ」

穏乃「……ありが……とぉ……だいすきだよぉ……」グスッ

京太郎「……おう」

カンッ!