もし地震が起こったら 白糸台高校の部室にて

グラグラグラグラグラ

京太郎「うわっ!めちゃくちゃ揺れてる!」

淡「おお!すっごいじゃん!地震だよ!」

菫「能天気に喜んでいる場合か!早く何処かに隠れ……ちょっと待て、照はどこだ?」

京太郎「さっき菓子類を抱えてダッシュで部室から出て行きました!」

菫「なんて馬鹿なことを!」

淡「そんな、テルー!」

京太郎「お、俺!連れ戻してきます!」

菫「馬鹿者!お前まで身の危険に晒されるんだぞ!」

淡「キョータロー!行っちゃ駄目だよ!」

京太郎「……ごめんなさい、菫部長、淡……それでも俺、あの人を見捨てられないんだ!!……ん?」ガチャガチャ

淡&菫「……?」

京太郎「あ、開かねぇ!どうなってんだ!!?」

菫「ッ!まさか地震のせいで歪みが生じたのか!?」

淡「うそぉ!!それじゃあ閉じ込められたみたいなもんじゃん!!」

京太郎「そんな……」

菫「……」

淡「キョータロー……」

京太郎「くそっ……くそぉっ!!照さぁぁぁぁん!!!」

照「なに?京ちゃん」ガチャッ

三人「」

照「?どうしたの?皆して固まって」

京太郎「て、照さん……無事だったんですね」

照「えっ、当たり前じゃない。私が外に出たくらいに、もう地震治まってたんだから」

京太郎「えっ、あっ」

菫&淡「「……そういえば」」

京太郎「あ……ああ……////」プルプル

照「京ちゃん大丈夫?顔真っ赤だよ?」

京太郎「う、うわあああああああああん!!!」ダダッガチャッバタンッ

照「……そんなに恥ずかしかったのかな?私の名前叫ぶの……」

カンッ!