白望「…ごちそうさま」カチャッ

京太郎「はい、お粗末さまです。お茶淹れてきますけど、何がいいですか?」

白望「んー…緑茶…ぬるいの…」

京太郎「了解です」スタスタ

ジャー カチャカチャカチャ……

白望「………はふー」ダラン

京太郎「それにしても、良かったんですか?シロさん」

白望「…何が?」

京太郎「今日のことですよ。せっかくの誕生日なのに、いつもと同じようにだらけちゃって…ケーキぐらいは用意しましたけど」

白望「んー…別に良い…何かするのダルいし…」

京太郎「はぁ、まったく……もう慣れましたけどね」

白望「…それに」

京太郎「?」

白望「いつも京には世話かけてるから…たまの休みにダルくない日があっても良い」

京太郎「あらやだシロさんお得意の『ダルデレ』。そんな事言っても美味しいお茶しか出ませんよ?」とぽぽぽぽぽ…

白望「ダル…」

京太郎「はいはい、ついでにケーキも持ってきちゃいましたから起きて起きてー」

白望「ん…」ムクリ

京太郎「本当なら恒例のアレを歌いたいですけどシロさんダルがりそうですしね…今回は省略しちゃいますか」

白望「ん」

京太郎「そんじゃ、いただきますっと」

白望「いただきます…ねぇ、食べさせて」

京太郎「正直知ってた。はい、あーん」

白望「あむ…ん」

京太郎「味のほうはどうです?」

白望「んー…ダルくない感じ」

京太郎「さいですか。あーん」

白望「あむ…」

――――――――

―――――

―――






京太郎「ふー…」ダラー

白望「ん…」モゾモゾ

京太郎「っと、どうしました?」

白望「ちょっと落ち着きが悪かっただけ。もう直った」

京太郎「そですか」

白望「ん…」

京太郎「…」ナデナデ

白望「…」だるーん

京太郎「白望さん」ナデナデ

白望「…なに?」

京太郎「来年も、再来年も、これからも…ずっとこうしていられたらいいですね」

白望「…もっといちゃいちゃしたいの?」

京太郎「身も蓋もなく言えば」

白望「…ん。じゃあダルくない程度には…仕事頑張る…」

京太郎「俺も、もっと頑張りますよ」

白望「…」キュ

京太郎「シロさん?」

白望「あまり頑張ってないほうがいちゃいちゃできるから…ほどほどでね」

京太郎「あはは、りょーかいです」ギュッ

白望「ん…」スゥ…


カンッ